DNXWIqD

1 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 18:20:51 ID:gbQFkR6U

設定などガバガバ注意
クロスSS注意

大宮家 夜

忍「アリスそろそろ寝ましょうか」

アリス「そうだねシノ」

忍「今日はなんだか夢の中でもアリスに会えそうな気がします」

アリス「私も!シノと会える気がするよ!」

忍「ふふ…それではおやすみなさいアリス」

アリス「うん!おやすみシノ!」 




2 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 18:21:30 ID:gbQFkR6U

夢の中?

忍「ここは…?どこでしょうか??」

シーノー

忍「あれは…アリス??」

アリス「シノ!本当に夢で会えたね!」

忍「アリス!会えましたね!」

忍「夢の中でもアリスの金髪は輝いてますね」

アリス「えへへ、ありがとうシノ!」 




3 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 18:22:06 ID:gbQFkR6U

忍「でもここは何処なんでしょうか??」

アリス「見たことない場所だね…」

忍(はっ、見慣れない場所でアリスが不安がっているのでは?!)

忍「大丈夫ですよアリス!私がついてますから!」

アリス「うん!シノと一緒だったら何処でも平気だよ!」

忍「アリス!」

アリス「シノ!」

ギュ~

忍「アリ~ス」

アリス「シ~ノ」

烏丸先生「あらあら二人とも仲良しさんね。」 


mo0323




4 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 18:23:03 ID:gbQFkR6U

忍「わぁ、烏丸先生です」

烏丸先生「は~い先生です、今日はね二人に伝える事があります」

忍・アリス「伝える事??」

烏丸先生「大宮さん、アリスさん…二人にはこれから試練を受けてもらいます!」

忍・アリス「えぇ?!」

烏丸先生「大丈夫よ、二人ならきっと越えられる試練だから!」

忍「先生…試練とはなんなのでしょうか??」

烏丸先生「それはね…」

忍・アリス「それは…?」

烏丸先生「まず今から二人には三つの世界に行ってもらいます」

忍「三つの世界…ですか」

烏丸先生「そしてその世界でやることは…(迫真)」

忍・アリス「やることは…」ドキドキ

烏丸先生「金髪の人を探して一緒に写真を撮ることです!」

忍「金髪ですか?!」アリス「え?えぇ~?!」 




5 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 18:23:41 ID:gbQFkR6U

忍「その世界に金髪の人がいるんですね!」ワクワク

アリス(うぅ…シノが他の金髪の人ばっかり見ちゃうのは嫌だよ…)

アリス(ううん、頑張れ私!シノをいっぱい助けてアピールするんだ!)

忍「えへへ金髪…」

烏丸先生「それから、出来なかったらちょっとした罰があるから気をつけてね?」

忍「ちょっとした」アリス「罰?」

烏丸先生「ええ、アリスさんは苦手なカレーを食べてもらいます」

アリス「えぇ?!私カレーは辛いから苦手で…」

忍(まあ、そのくらいの罰なら大丈夫そうですね…)

烏丸先生「大宮さんはね、明日1日金髪の人が黒髪に見える呪いにかかっちゃうのよ」

忍「」

アリス「シノ!しっかりして!」 


5212a858bac09




6 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 18:24:53 ID:gbQFkR6U

忍「うぅ…先生酷いです…」

烏丸先生「ごめんなさいねそういう決まりなのよ…でも先生は二人なら大丈夫だと信じてるから!」

アリス「大丈夫だよシノ、私も頑張って協力するよ!」

忍「アリス…ありがとうございます、二人で頑張りましょう。」

烏丸先生「はい、これがカメラ」

烏丸先生「その扉からスタートね、大宮さんアリスさん頑張って!」

忍・アリス「はい!」 




7 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 18:25:42 ID:gbQFkR6U

第1の世界

アリス「ここは…どこの街かな?」

忍「日本のどこかの街のようですね」

アリス「ええと金髪の人は…」

ド ド ド ド ド

忍「あれ?向こうから何か来ますね」

アリス「何だろう?」

犬(助けてくれ~!!)ワンワン‼︎

霧姫「止まりなさいこの駄犬!!」

犬(酷い目に合うのがわかってて止まれるか!この貧乳!)

霧姫(くっ!また減らず口を!ハサ次郎の錆にしてくれるわ!)

犬(あああああああもうやだああああああ!)

アリス「怖いお姉さんが犬を追いかけてる?!」

忍「わぁ~楽しそうです。」

アリス「シノ?!」 


1800bfcf




8 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 18:26:36 ID:gbQFkR6U

アリス「止めなきゃ!」ダッ

忍「あっ、アリス待ってください~」

犬(ヤバっ!行き止まりだ!)

霧姫「ようやく観念したようね…何か言い残すことはあるかしら?」

犬(あの…夏野さん…ちょっと落ち着いて…)

霧姫「ハサ次郎!お仕置きターイム!」

犬(ひぃぃぃ誰か助けてくれ~)

アリス「待ってください!」

犬「!?」

霧姫「金髪さん…何か用かしら?」ギロッ

アリス(怖い…)ガタガタ

アリス「oh…チョットマッテ、チョットマッテ、オネエサン。」

忍「カタコト?!」 




9 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 18:27:08 ID:gbQFkR6U

忍「まあまあお姉さんもアリスも落ち着いてください」

アリス「シノ~怖かったよ~」ギュ

犬(人も来たし夏野も少し落ち着こう…な?)ワンワン

霧姫「ちっ、仕方ないわね」

犬(よかった…これで何とかごまかせたぞ)

霧姫「家に帰ったらお仕置き2倍ね」

犬(ごまかせてなかった!)ガーン 


gazou5




10 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 18:27:58 ID:gbQFkR6U

霧姫「それで、貴女達は何なのかしら?」

忍「初めまして、私は大宮忍と言います。こっちはアリスです」

アリス「コ、コンニチハ」

霧姫「そう、忍とアリスというのね」

犬(忍って…夏野と一緒だな)

霧姫「これも何かの縁…かしらね」

犬(しかしこの2人…こけしと西洋人形みたいな変わった取り合わせだな)

忍「ええと、その犬は首輪してないみたいですが…お姉さんの犬ですか??」

霧姫「ええ私が飼い主よ、まあ不肖の犬…といった所ね」

アリス(どうして飼い犬をハサミをもって追いかけ回していたのかな…?)

アリス(はっ?!ひょっとして私の知らない日本の文化…?)

アリス「日本ってすごいね…シノ」

忍「??」

犬(アリスが何かすごい勘違いしてる気がする…) 




11 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 18:28:38 ID:gbQFkR6U

忍「お姉さん、その犬触らせてもらってもいいですか?」

霧姫「構わないわ、それと私の名前は夏野霧姫よ」

忍「はい!ありがとうございます夏野さん。」

アリス「ありがとうナツノ」

犬(おいおい、あんまり俺に気安く触れると火傷するぜ?)

霧姫「黙りなさい」

犬(はい)ワン 




12 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 18:29:23 ID:gbQFkR6U

忍「わぁ~かわいいですね」

アリス「うん!ポピーみたいにフワフワだよ」

犬(こっこらお前ら、そんなに触るな)

アリス「かわいいよ~」モフモフ

忍「あぁ!?アリスのモフモフゲージがどんどん溜まっていきます!」

犬(何なんだよそのゲージは!)

アリス「かわいいよ~」モフモフモフモフ

犬(やめろアリス!それ以上やると何か…何か出ちゃうから!)

霧姫「はいはい、そろそろいいかしら」ヒョイ

アリス「あっ…」

犬(ありがとう夏野…助かったぜ)

霧姫「べっ別に貴方の為じゃないんだからね!」

犬(お、おう…)

忍「犬さん可愛かったですねアリス」

アリス「うん!」 


2eb95c94




13 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 18:30:33 ID:gbQFkR6U

忍「そうだ、夏野さんに尋ねたい事があるのですが…」

霧姫「何かしら?」

忍「この近くに…金髪の人をご存知ないですか?」

霧姫「金髪?」犬(金髪だと?)

アリス「そう私たち金髪の人を探してて…」

忍「探さないと恐ろしい事が起こってしまうんです!!」

犬(何かすごい深刻そうだな)

霧姫「そうね金髪といえば…」

犬(金髪といえば、あっ…(察し))

忍「ご存知でしたらぜひ教えてください、お願いします」

アリス「お願いします」 




14 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 18:31:56 ID:gbQFkR6U

霧姫「そこまで言うなら仕方ないわね、教えてあげるわ」

忍「ありがとうございます!」

アリス「ありがとうナツノ!」

犬(お、優しいじゃねーか夏野)

霧姫「私は基本的には優しいわよ?何処かの犬以外にはね。」

犬(なんで俺にだけは厳しいんだよ!)

霧姫「ふん、自分の胸に前足を当てて考えなさいこの駄犬」

犬(わからん…) 




15 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 18:32:34 ID:gbQFkR6U

大通り

アリス「とりあえず大通りに来たよ」

忍「この中から探すんですか?」

霧姫「いいえ、呼び出すのよ」

忍・アリス「呼び出す??」

犬(まあ召喚するっていったほうが正しいな)

霧姫「それで探してるのはどんな人だったかしら?」

忍「はい!アリスのように輝いている金髪です!」

アリス「えへへ、シノに褒められちゃった」

霧姫「今のを大きな声でもう一度言いなさい、輝いてるを強調してね」

忍「アリスのように!輝いてる!!金髪です!」

アリス「シノったら大きい声で恥ずかしいよぉ」テレテレ

??「輝いてるですって?!」

犬(はぁ…やっぱり来たよ) 




16 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 18:33:35 ID:gbQFkR6U

マキシ「シャイニー☆」

マキシ「三千世界をあまねく照らす、太陽よりも輝いているあ・た・し・☆」

黒服「Yes!マキシ様の言う通り!」

アリス「?!」

忍「わぁ~金髪です!」

霧姫・犬「(はぁ…やれやれ)」

マキシ「シャイニー☆」

忍「シャイニー☆」

アリス「シノまで?!」 


lmtxgKw




17 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 18:34:38 ID:gbQFkR6U

マキシ「それで、輝いてる私を呼んだのは誰なのかしら?」

忍「はーい!私です!」

マキシ「私の輝きがまた熱狂的なファンを生んでしまったのね…やっぱり私輝いてる!」

黒服「Yes!マキシ様の言う通り!」

マキシ「あっ!秋山忍じゃない!」

忍「秋山?」アリス「忍?」

霧姫「何かしら?白いの」

マキシ「何よ黒いの!ちょうどいいわ、ここでどっちが上か決着つけてやるわ!」

霧姫「生憎あなたに構うほど暇じゃないのよ」

マキシ「何ですって~!」

霧姫「それに、貴重なファンを放っておいていいのかしらね?アイドルさん」

マキシ「う…ちょっと待ってなさいよ!」 




18 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 18:36:15 ID:gbQFkR6U

マキシ「待たせたわね!ええと名前は?」

忍「大宮忍です!こっちはアリスです!」

アリス「こ、こんにちは」

マキシ「忍……じゃあシノちゃんとアリスちゃんね!」

忍「はい!」アリス「はい」

マキシ「いつも応援ありがとう!これからも応援してくれると嬉しいわ!」

忍「はい!」

アリス(シノ…見たの今日が初めてだよ)

マキシ「石川(黒服)、色紙とペンを用意しなさい!」

黒服「はっ、ここに」

マキシ「シノちゃんとアリスちゃんへっと、はい!プレゼント!」

忍「わぁ~サインです!ありがとうございます!」

アリス「ありがとう!」

忍(アイドルってキラキラしてて凄いです!)

犬(アイドルは凄いってね、また一つ確信させていただきました)

忍「あっあの!写真もいいですか?」

マキシ「もっちろん!」キラッ 




19 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 18:37:05 ID:gbQFkR6U

マキシ「それじゃ撮るわよ!倉地(黒服)ちゃんと撮りなさいよ?」

黒服「はい!マキシ様!」

忍「あ、ちょっと待ってください。夏野さんも…一緒にお願いできますか?」

霧姫「その白いのと一緒になんて嫌よ」

アリス「私も…ナツノと一緒がいいな…」

犬(おい夏野…ここまでいってるんだ撮ってやろうぜ)

マキシ「私も気が進まないけど…ファンの希望なら仕方ないわね!」

忍「夏野さん…」アリス「ナツノ…」

霧姫「…はぁ、わかったわよ」

忍「ありがとうございます!」アリス「ありがとうナツノ!」 




20 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 18:37:50 ID:gbQFkR6U

マキシ「それじゃ改めて撮るわよ~!」

3・2・1

マキシ・忍「シャイニー☆」

アリス「シノ?!」

カシャ‼︎


アリス「ありがとうマキシ!」

忍「ありがとうございました!」

マキシ「これからも応援よろしくお願いするわ!」 




21 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 18:39:01 ID:gbQFkR6U

マキシ「さあ黒いの!決着を…」

大門「マキシ、仕事の時間だ」ヒョイ

マキシ「離しなさいよ大門~!あの黒いのと決着を~!」

マキシ「でも、こんな風に無理矢理連れて行かれるあたしも輝いてる!」

黒服「Yes!マキシ様の言う通り!」


忍「マキシさん、素敵な金髪でした」ニコニコ

アリス(もー!シノったらニコニコしてるー!)プンプン 


20140225080256966




22 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 18:40:32 ID:gbQFkR6U

忍「あっ、新しい扉が出ましたよ!」

アリス「これで次の世界へ行けるね」

犬(えぇ?!何もない所から扉が?!)

霧姫「ふーん、何処に繋がってるのかしらね?」

犬(行く気か?!)

霧姫「さすがに行かないわよ。」

霧姫(異次元への扉…こけし…金髪…、これは…)

忍「夏野さん、ワンちゃん、お世話になりました」

アリス「ありがとう!」

霧姫「別にいいわよ、いいアイディア…もらったしね」

犬(お?新刊のアイディアか?)

忍(アイディア??)「そういえばマキシさんが夏野さんのこと秋山忍?って言ってましたが」

アリス「そういえば言ってたね」

霧姫「ああ、私は作家なのよ秋山忍はペンネーム」

アリス「秋山忍…えへへ、忍ってシノと一緒だね!」

忍「そうですね!私夏野さんの本読んでみます!」

犬(そうか!本はいいぞ!秋山忍の本で俺がオススメするのは…)

霧姫「うるさいわよバカ犬、まあ気が向いたら手に取ってみなさい」

忍「はい!」 




23 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 18:42:00 ID:gbQFkR6U

忍「それでは、私たちは行きますね。」

アリス「ありがとうナツノ、犬さん!」

霧姫「2人とも気をつけなさい、特にバカ犬とかエロ犬とか18犬とか」

犬(なんで犬ばっかりなんだよ!、2人とも頑張れよ!)

忍・アリス「さようなら!」


霧姫「…さて、早く帰って執筆しないと」

犬(お?早速書くのか?)

霧姫「もちろん、さあ帰るわよ犬!」

犬(待てよ夏野!)ワン‼︎

第1の世界終了! 




24 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 18:43:01 ID:gbQFkR6U

第2の世界

森っぽい所

アリス「みんないい人だったね!」

忍「そうですね、是非また会いたいです」

アリス「私もまた犬さんをモフモフしたいよ~」

忍「しかし扉を出たらいきなり森の中でしたね…ここは何処なんでしょうか?」

アリス「ここは日本…なのかな?」

ババババ‼︎←激しい銃撃の音

アリス「!?」忍「!?」 


img_5




25 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 18:43:52 ID:gbQFkR6U

バババババ‼︎

アリス「ひっ?!」忍「銃撃?!」

忍「アリス!危ないです!」

アリス「シノー!」

ペチッ

忍「うぅ…」

アリス「シノ!しっかりしてシノ!」

忍「アリス…どうやら私はここまでのようです…」

アリス「シノ!死んじゃ嫌だよ!」

忍「私がいなくなっても…強く生きてくださいね…」ガクッ

アリス「シーノー!!」

れんと「あれ??誰か入りこんでるみたいですね、みんな~!一旦ストップして集合です!」 




27 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 18:45:54 ID:gbQFkR6U

八千代「どしたの~?」

ほのか「トラブルかしら?」

ゆら「あれ?その人達迷子かな?」

カリラ「なんだよ~今いいとこだったのに…って何だ?そいつら」

れんと「それが…迷子さんみたいです。」

ほのか「1人倒れてるわね、大丈夫?」

八千代「流れ弾に当たっちゃった?」

アリス「シノが…シノが…」

カリラ「倒れてるのはシノっていうのか?おーい大丈夫か?シノ!」

忍「はっ?!金髪!!」

カリラ「うわっ!?生き返った!」

アリス「シノ~!よかったよ~」

ほのか「大丈夫みたいね」 




29 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 18:47:03 ID:gbQFkR6U

忍「皆さん申し訳ありませんお騒がせして」

八千代「まあ知らなかったなら仕方ないじゃんね」

れんと「大きな怪我がなくてよかったです」

ゆら「でも2人はどうしてあそこにいたの?」

アリス「ええと…私たち遠くから来てて迷って」

忍「あの…ここが何処なのか教えてもらえますか?」

ほのか「ここはステラ女学院よ」

カリラ「そしてここはC3部のフィールドって訳だ!」

忍「ステラ女学院??」アリス「シーキューブ??」

ゆら「あはは…やっぱりいきなりじゃわからないよね」(私がここに来たときもこんな感じだったなぁ…)

れんと「部室で説明しますです!それにケーキもありますよ」

八千代「2名様ご案内~」

アリス「ねぇシノ、最初はビックリしたけどみんないい人達だね!」

忍「そうですね。皆さんいい人です」 


a53b9015




30 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 18:47:40 ID:gbQFkR6U

C3部部室

ほのか「とりあえず自己紹介からね、私は陸奥ほのか」

カリラ「オレは初瀬カリラだ」

八千代「日向八千代だよ~」

れんと「霧島れんとです!」

ゆら「大和ゆらです、よろしくお願いします」

忍「大宮忍です、よろしくお願いします。」

アリス「アリス・カータレットです」

カリラ「あとそのちゃんっていう部長がいるんだけど、今日は留守なんだよな~」 




31 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 18:48:26 ID:gbQFkR6U

~部の説明~

忍「なるほど、つまりサバイバルゲームをする部なんですね。」

アリス「さっきの森はサバイバルゲームのだったんだね…」

アリス「でもサバイバルゲームって…何か怖そうだね」ガクガク

れんと「でもでも1度やってみるとすっごく楽しいですよ??」

ゆら「そうだよ(便乗)」

カリラ「そうだぞアリスにシノ!中毒になるくらい面白い!」

ほのか「いやいや中毒になったらまずいでしょ」 




33 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 18:49:31 ID:gbQFkR6U

八千代「ねえねえシノちゃんとアリちゃんはどうしてここにきたの??」

ゆら「学校に用事があったのかな?」

忍「学校にというわけじゃないんですが、ちょっと人探しをしていまして」

れんと「人探し…ですか?」

アリス「うん、私たち金髪の人をさがしてるんだよ」

ゆら・ほのか・八千代・れんと「金髪…?」ジー

カリラ「え?金髪って…オレ?」

忍「はい!カリラさんのような輝く金髪さんを探していました!」

カリラ「そんなお前…輝く金髪って…///」

八千代「あー!カリちゃんが照れてる~!」

れんと「カリちゃん先輩!」ゆら「かわいいです!」

カリラ「う、うるせー///」

忍「是非一緒に写真をお願いします!」

ほのか「カリラ、撮ってあげたら?」

カリラ「別に撮ってやってもいいんだけどよ…でもただ撮るってのもなぁ…そうだ!」

カリラ「アリスとシノもサバゲーしようぜ!」

忍・アリス「えぇ?!」 


20130704-C047




34 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 18:50:09 ID:gbQFkR6U

サバゲーフィールド

アリス「うぅ…どうしてこんなことに…」←サバゲー装備

忍「練習に付き合ってくれたら写真をという条件です、頑張りましょうアリス!」←サバゲー装備

れんと「2人ともよく似合ってますよ」

ゆら「頑張ろうね!」

ほのか「今回のゲームはランボー戦ね、簡単に言えばカリラをみんなで倒すゲームよ」

アリス「えぇ?それじゃカリラが不利すぎるんじゃ?」

八千代「その代わりこっちの武器はハンドガンだけなんだ、今回は無線有りね」

れんと「それにカリちゃん先輩はとっても強いんですよ」

忍「頑張ります!」 




35 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 18:50:45 ID:gbQFkR6U

ほのか「とりあえずシノちゃんにはれんとが、アリスにはゆらちゃんが付いてあげてね」

ゆら・れんと「わかりました」

アリス「シノ!私頑張るよ」

忍「アリス!私も頑張りますよ」

八千代「そろそろゲーム始まるよ~」

ほのか「じゃあみんなで円陣を、ゆらちゃん掛け声頼むわね」

ゆら「はい!」

忍・アリス「掛け声?」

れんと「C3部には気合いを入れる掛け声があるですよ」

八千代「2人にも教えてあげるよ!あのね…」 




36 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 18:51:25 ID:gbQFkR6U

ゲームスタート!

れんと『行きましょうシノちゃん!』

忍『はい!』

ゆら『アリスちゃん行こう!』

アリス『うん!』

ほのか『さーて私達も行くわよ!』

八千代『カリちゃん覚悟だよ!』


カリラ「さぁ…どっからでも来い!」 




37 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 18:52:07 ID:gbQFkR6U

ゲーム中盤

バババババ‼︎

ほのか『ヒット』

八千代『ちぇっ、ヒット』

れんと『ほのちゃん先輩達がやられちゃいましたか』

忍(アリスは大丈夫でしょうか…?)


ゆら『アリスちゃん、こっちに』

アリス『うん!』(シノは大丈夫かなぁ??) 





38 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 18:53:01 ID:gbQFkR6U

れんと(カリちゃん先輩はどこに…?)キョロキョロ

忍(近くにカリラさんがいるんでしょうか?)キョロキョロ

カリラ(お、2人見つけた…いくぜ!)

バババババ‼︎

れんと「?!シノちゃん!逃げてください!」

忍「れんとさん!…すいません!」ダッ‼︎

れんと「ヒットです…」

カリラ「シノは…逃がしちまったか」 




39 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 18:54:09 ID:gbQFkR6U

れんと『ヒットです…』

ゆら(れんちゃんがやられた…これで残りは3人)

アリス「ユラ!シノは?!シノは大丈夫?!」

ゆら「落ち着いてアリスちゃん、コールがないかられんちゃんが逃がしたんだと思う」

アリス「そっか…でもシノが1人に…」

ゆら「アリスちゃん…カリちゃん先輩は次はこっちを狙ってくると思う」

アリス「えぇ?!」

ゆら「2人で協力して…」

アリス「でも私…怖いよぉ…」ガクガク

ゆら(多分C3部に入った頃の私も…こんな感じだったんだろうな…)

ゆら(でも…今は違う。)

ゆら「大丈夫だよアリスちゃん、私がいる」

アリス「ユラ…」

ゆら「確かにサバゲーって怖いこともあるし辛いこともあるけど…」

ゆら「きっとそれだけじゃない、私はアリスちゃんにサバゲーの楽しさを感じて欲しいんだ!」

アリス「…うん!わかったよユラ!私頑張る!」

カリラ(お?ゆら公にアリスだ) 


75404472




40 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 18:54:47 ID:gbQFkR6U

バババババ‼︎

ゆら『来た!アリスちゃん!』

アリス『うん!』

ゆら・アリス『せーのっ!』

バンバンバンバン‼︎

カリラ「危ね!」

カリラ(即興のコンビにしてはやるじゃんあいつら)ニヤッ

カリラ「燃えてきたぜ!」 




41 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 18:55:18 ID:gbQFkR6U

バンバンバンバン‼︎

ゆら(やっぱりカリちゃん先輩は強い!)

アリス(弾が全然当たらないよ~)


カリラ(これで…終わりだ!)

バババババ‼︎

ゆら・アリス「あっ!!」

ゆら『ヒット』

アリス『HIT』

カリラ「よし!これであと残りはシノだけだな!」 




42 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 18:56:29 ID:gbQFkR6U

アリス「あのね…ありがとうユラ」

ゆら「え?私そんな感謝されるようなことは…」

アリス「ううん、ユラのおかげでとても楽しかったよ私」

ゆら「そのちゃん先輩みたくカッコ良く勝てなかったし…」

アリス「そんな事ないよ!ユラはとってもかっこよかったよ!」

ゆら「…ありがとうアリス」

アリス「サバゲーって楽しいね!」

ゆら「うん!楽しいよ!」 




43 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 18:57:33 ID:gbQFkR6U

カリラ「さーてシノはどこに隠れてるのかな??」

…ぱつ

カリラ「ん?何か聞こえたような…?」

…んぱつ

カリラ「…やっぱり何か聞こえるぞ」

…きんぱつ

カリラ「な…なんだこれ!」

カリラ「うわぁぁぁ?!」


カリラ『ヒット…』

ゆら・れんと・ほのか・八千代・アリス「ファッ?!」

ゲーム終了!! 




44 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 18:58:35 ID:gbQFkR6U

部室

忍「勝ちました~」

カリラ「な…何だったんだアレは…」

アリス「そういえばヨーコから聞いたことあるよ、シノはかくれんぼがとっても上手で…」

アリス「気配を消す事ができて、音も無く隠れるニンジャみたいだって!」

れんと「わぁ!シノちゃんすごいです!」

忍「いえいえそれほどでもありませんよ」

ほのか「すごい特技ね」八千代「ちょっと羨ましいよね」

カリラ「ぐぬぬ…オレの負けだ!煮るなり焼くなり好きにしろ!」

ゆら「いやいやカリちゃん先輩そんな事しませんよ」 




45 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 18:59:26 ID:gbQFkR6U

忍「では皆さん一緒に写真を取りましょう!」

八千代「はーい!」

れんと「記念写真ですね」

アリス「私はユラの隣がいいな」

ゆら「うん!アリスちゃん!」

ほのか「ほらほらカリラも並んで」

カリラ「わかったよ…でも誰か撮る奴呼んでこなくていいのか?」

??「心配ないさ、私がやるよ」 




46 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 19:00:58 ID:gbQFkR6U

ほのか「あっ!そのちゃん!」

忍「わぁ、部長さんです」

カリラ「帰ってたのかよ~」

そのら「まあ細かい話は後だ、写真撮るぞ」


そのら「みんな準備はいいか?当たって~」

忍・アリス・ゆら・れんと・八千代・ほのか・カリラ「弾けろ!!」

カシャ‼︎

そのら「うん、みんないい顔だぞ。」 


25767294




47 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 19:01:53 ID:gbQFkR6U

アリス「シノ!次の世界の扉だよ!」

忍「開きましたか、皆さんありがとうございました!」

八千代「え~、もう行っちゃうの?」れんと「寂しいです…」

ほのか「2人とも気をつけてね?」

忍・アリス「はい!」

カリラ「シノ、次は負けねーからな!」

忍「はい、また会いましょうカリラさん」

ゆら「アリスちゃん、またサバゲーしようね?」

アリス「うん!またねユラ!」

そのら「今度は私もよろしくな。」

忍「はい、是非お願いします。」

忍「それでは皆さん」アリス「ありがとうみんな!」 




48 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 19:02:52 ID:gbQFkR6U

カリラ「行っちまったな…」

ほのか「あっという間だったわね…」

れんと「寂しいです、けどまた会えますよね!」

八千代「そうそう、きっと会えるじゃんね」

ゆら「うん!」

そのら「そうだな…さてみんな今日の事聞かせてもらえるか?」

八千代「聞いてよそのちゃん~、なんとカリちゃんがね~」

カリラ「おいハチ!言うなよ!」

ほのか「まあまあカリラ落ち着いて」

ゆら「…」

れんと「ゆらちゃん何か考え事ですか?」

ゆら「うん、サバゲーって…面白いなって!」

れんと「はい!私もそう思うです!」

第2の世界終了! 




49 :名前なんてないんだよ?:2015/04/26(日) 19:03:46 ID:???

優しい世界 




50 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 19:04:37 ID:gbQFkR6U

第3の世界

あ↑さ↓

忍「2つめの世界も良い人ばかりでしたね」

アリス「うん!やっぱり日本は良い人ばっかりだね!」

忍「さて最後の世界ですが…ここもどうやら日本みたいですね」

アリス「じゃあ今回もきっと良い人ばかりだよ!」

忍「ふふ…そうですね」

アリス「あっ!見てシノ、あそこに金髪の人が歩いてるよ!」

忍「すいませ~ん!そこの素敵な金髪の人~!」ダッ‼︎

アリス「シノ~待って~」 


lpePp




51 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 19:05:30 ID:gbQFkR6U

忍「ちょっとお話を…」

??「ん?…フン!」

忍「」ガクッ←絞め落とされた

アリス「ええ?!シノ?!」

??「あれ?やすなじゃない…?」

やすな「あー!ソーニャちゃん何してるの!」 




52 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 19:06:49 ID:gbQFkR6U

やすな「もう!ダメでしょソーニャちゃん!」

ソーニャ「あぁわかったわかった、おい大丈夫か?」

アリス「シノー!しっかりして~!」

忍「うぅ…はっ?!別の世界が見えました!!」

やすな「よかった目が覚めたみたい」 




54 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 19:07:29 ID:gbQFkR6U

やすな「ごめんねソーニャちゃんが迷惑かけて」

ソーニャ「これに懲りたら背後から声をかけるのは止すんだな」

やすな「もー!ちゃんと謝らなきゃダメだよソーニャちゃん!」

ソーニャ「殺し屋に気安く触れるほうが悪い」

アリス「こっ殺し屋?!」ガクガク

ソーニャ「そうだ、だから私には近づかないほうが…」

忍「わぁ~映画みたいでかっこいいです!」

ソーニャ「?!」

やすな「やーい!ソーニャちゃん恐がらせようとして失敗してる~」

ソーニャ「う、うるさい!!」 


wpid-eho5mEZ




55 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 19:08:17 ID:gbQFkR6U

ソーニャ「そもそもお前らは何なんだ?」

忍「私は大宮忍といいます、こっちはアリスです」

アリス「コンニチハ」

ソーニャ(最初は刺客かと思ったが…どうやら違うようだな)

やすな「私は折部やすな!よろしくね忍ちゃんにアリスちゃん!」

やすな「でもってこっちはソーニャちゃんだよ!」

ソーニャ「自己紹介は終わったな、じゃあ私はこれで」

やすな「えぇ~!ソーニャちゃん行っちゃうの??」

ソーニャ「うるさい、私は忙しいんだ」 




56 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 19:08:58 ID:gbQFkR6U

忍「あの!ソーニャさん!」

ソーニャ「なんだ?」

忍「私達と写真を撮ってもらえないでしょうか?」

ソーニャ「写真?なんで私が…」

忍「私達ソーニャさんのような輝く金髪の人を探してるんです!」

忍「ソーニャさんじゃなくちゃ駄目なんです!お願いします!」

ソーニャ「…」

アリス(うぅ~!シノにあんな事言ってもらえるなんて~(嫉妬))

やすな「ねえねえソーニャちゃん、こんなに言ってるんだし写真撮ってあげたら?」

ソーニャ「うーん…」 




58 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 19:09:41 ID:gbQFkR6U

あぎり「何かお困りのようですね~」

やすな「わっ、あぎりさん!」ソーニャ「あぎりか…」

あぎり「おはようございます、おやおや~?そちらの人達は??」

忍「初めまして大宮忍です、こっちはアリスです」

アリス「こんにちは」(この人何処から現れたんだろ…?)

あぎり「初めまして~呉織あぎりです」

やすな「忍ちゃんアリスちゃん、あぎりさんは忍者なんだよ!」

アリス「ニンジャ!!凄いよシノ!本物のニンジャだよ!」

忍「よかったですねアリス」

アリス「殺し屋にニンジャ…日本はとっても素敵な国だね!!」

やすな(ソーニャちゃんとあぎりさんのせいで日本が誤解されてる!) 




59 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 19:10:44 ID:gbQFkR6U

アリス「じゃあアギリはニンジャだからニンジュツが使えるんだね!」

あぎり「もちろん使えますよ~」

アリス「私ニンジュツ見てみたいな!」

あぎり「わかりました~、じゃあ外国の人にウケがいいものを」

アリス「やった!」ワクワク

忍「よかったですねアリス」

やすな「ソーニャちゃん…アレかな?」

ソーニャ「アレ…だろうな」


あぎり「はい。忍法逆さまになっても髪の毛下がらないの術~」

やすな・ソーニャ(やっぱり…)

アリス「凄い!本物のニンジュツだ!」パチパチパチ

忍「すごいです!」

やすな・ソーニャ「好評?!」

アリス「シノ!写真撮って写真!」

忍「はい!」

カシャ カシャ

あぎり「ニンニン」 


eb669fa5eeff4b5c992c356fb662ced91158ea9d1358555409




60 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 19:11:46 ID:gbQFkR6U

ソーニャ「写真は撮ったからもういいな」

忍「あぁ!待ってください!」

やすな「ソーニャちゃん待った!なら勝負だよ勝負!」

ソーニャ「なんで私がそんなことをしなきゃいけないんだよ」

やすな「あっれ~?ソーニャちゃん自信ないの~?」

ソーニャ「フン、誰がそんな安い挑発に…」

やすな「やっぱり自信ないんだ~!やーい!」

ソーニャ「フン!」ビシッ

やすな「痛っ!もー!ソーニャちゃんやるなら最初から素直にいえば…」

ソーニャ「仕方ないから受けて立ってやる、さっさと終わらせて私は行くからな!」

やすな「よーし勝負だ!忍ちゃんアリスちゃんあぎりさん頑張ろう!」

忍「はい!」アリス「うん!」あぎり「は~い」 




61 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 19:13:37 ID:gbQFkR6U

だるまさんがころんだ勝負!

やすな「だるまさんがころんだで勝負だよ!ソーニャちゃんが鬼ね!」

忍「私達が全員捕まったら負けですね」

あぎり「アリスはだるまさんがころんだ知ってますか~?」

アリス「うん!イギリスではGrandmother's Footstepsって言うんだよ!」

ソーニャ「ほらほらさっさと始めるぞ」 


E382A2E383AAE382B9E383BBE382ABE383BCE382BFE383ACE38383E38388




62 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 19:14:31 ID:gbQFkR6U

ソーニャ「だるまさんがころんだ」

ピタッ

やすな(ふっふっふ、そう簡単には負けないぜ!)

ソーニャ「…」チャキ

やすな(え?!ソーニャちゃんがナイフを出した…)

ソーニャ「死にたくなかったら動いたほうがいいぞ」ヒュッ

忍・アリス(投げた?!)

やすな「危な~い!」

ソーニャ「よし、やすなは動いたから負けな」

やすな「そんなのダメに決まってるでしょ!反則だよ反則!」

ソーニャ「そうなのか?」

忍・アリス(やっぱり殺し屋だ!)ガクブル 




63 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 19:15:13 ID:gbQFkR6U

ソーニャ「…ころんだ!」

アリス「あっ」

ソーニャ「よし、アリス動いたな」

アリス「うぅ…ごめんねシノ」

忍「大丈夫ですよアリス私頑張りますから!」 




64 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 19:15:33 ID:gbQFkR6U

ソーニャ「だるまさんが…ころんだ!」

やすな・忍「…」ピタッ

ソーニャ(中々粘るなこいつら…そしてあぎりは最初の位置から動いてないぞ…)

あぎり「…」 




65 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 19:16:00 ID:gbQFkR6U

ソーニャ(そういえば忍は金髪を探してるっていってたな)「…ころんだ!」

やすな・忍「…」ピタッ

ソーニャ「あ、あそこに金髪がいる」

忍「金髪?!何処ですか?!」

アリス「あぁ~シノ~!」

ソーニャ「忍、アウトだな」

忍「つい反応してしまいました…」

やすな(忍ちゃんアリスちゃん、後は私とあぎりさんが!…でもあぎりさんは何で動かないんだろ??) 




66 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 19:16:31 ID:gbQFkR6U

ソーニャ「…ころんだ!」

やすな(よし!もう少し!)ピタッ

ソーニャ(やすなが接近してるな)

やすな(次で決めるよ!)

ソーニャ「だるまさんが…」

やすな(今だ!)ダッ‼︎

ソーニャ「ころんだ!」

やすな(まずいっ間に合わなっ!)

ソーニャ「どうやら私の勝ちだな、やすなアウトだ」

やすな「う~、くそう!くそう!」

アリス「ヤスナ惜しかったね…」

忍「もう少しでした…」 




67 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 19:17:18 ID:gbQFkR6U

ソーニャ「あとはあぎりだけだな、だるまさんが…」

あぎり「はいタッチです」タッチ

ソーニャ「!?」

やすな・忍・アリス「えぇ!?」

ソーニャ「あぎり?!さっきまでスタート位置にいたはずじゃ…」

あぎり「忍法変わり身の術~」

やすな「あれ?!私がいつの間にかスタート位置にいる!」

アリス「やった!やっぱりニンジャはすごいんだ!」

あぎり「いやいやそれほどでも~」

忍「ありがとうございますあぎりさん!」 




68 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 19:18:17 ID:gbQFkR6U

忍「では皆さん写真をお願いします!」

忍「あっ、すいませんそこの人カメラお願いできますか?」

没キャラ「わ、私?!」ドキドキ

アリス「アギリアギリ!隣で撮ろう!」

あぎり「は~い」

忍「ソーニャさん隣お願いします!」

ソーニャ「仕方ないな…」

やすな「楽しかったね!ソーニャちゃん!」

ソーニャ「…まあ、そうだな。」

没キャラ「撮るぞ~!はいチーズ!」

カシャ‼︎ 


1807068e75e4f1969050f18d79fd5280c66964641392726459




70 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 19:19:51 ID:gbQFkR6U

忍「あれは…おそらく戻る扉ですね。」

アリス「うん。行こうかシノ」

忍「はい。皆さんありがとうございました!」

アリス「みんなありがとう!」

やすな「2人ともまた遊ぼうね!」

ソーニャ「じゃあな」

あぎり「さよならです~」

アリス「ねぇアギリ!また会ったらニンジュツ見せてくれる?」

あぎり「はい、いいですよ。」

アリス「やったー!!」


忍・アリス「さようなら!」 




71 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 19:20:16 ID:gbQFkR6U

ソーニャ「おかしな奴らだったな…」

やすな「でも楽しかったね!」

あぎり「そうですね~」

第3の世界終わり! 




72 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 19:20:49 ID:gbQFkR6U

夢の中?

忍「初めの場所に戻ってきましたね」

アリス「うん、楽しかったねシノ!」

忍「そうですねアリス、とっても楽しかったです!」

烏丸先生「2人ともクリアおめでとう~」パチパチパチ

忍・アリス「先生!」

烏丸先生「2人がとっても頑張ってくれて先生とっても嬉しいわ」

忍・アリス「えへへ」テレテレ

烏丸先生「さあそろそろ目が覚める時間ね…」

アリス「えぇ?!」

忍「まさかの夢オチですか?!」

烏丸先生「ふふ…それは目覚めてみればわかるわ…」 




73 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 19:21:49 ID:gbQFkR6U

エピローグ

大宮家 朝

忍母「そろそろ起きなさい~」

忍「う~ん」

アリス「ふぁ~」

忍「はっ?!やっぱり夢?!」

アリス「夢だったのかなぁ…せっかくみんなと仲良くなれたのに…」

忍「あれ…机の上に何か…??」

忍「アリス!見てくださいこれ!」

アリス「どうしたのシノ?わぁ~!!みんなと撮った写真!!」

忍「夢じゃなかったんですね!」 


68Gb2fvc6a2b




74 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 19:22:36 ID:gbQFkR6U

犬ハサ世界

犬(夏野!今度の新刊すげー面白いぞ!)ワンワン‼︎

霧姫「わかったから吠えるんじゃないわよこの駄犬」

犬(これこの前の忍とアリスがモデルだろ?あいつらにも読ませてやりたいな~!)

霧姫「そうね、できれば読んでほしいわね」

犬(できればじゃなくて絶対読ませろ!読書の趣味がなくても読め!)

霧姫「呆れるほど強引な犬ね…」

犬(そしてこう言うんだ!)

犬(本は読んどけ!!) 




75 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 19:23:52 ID:gbQFkR6U

C3部世界

カリラ「みんな早く練習するぞ練習!」

そのら「おいおいずいぶん気合い入ってるなカリラ」

八千代「この前シノちゃんにやられたのがそんなに悔しかったんだね」

カリラ「うるせー!今度は負けねーからな!」

まゆら「はいはい、今度は負けないように練習しましょうね」

れんと「またあの2人とサバゲーしたいです!ね?ゆらちゃん」

ゆら「うん!また来てほしいね!」

そのら「今度は私もやるぞ、さぁみんな練習だ!」

ゆら・れんと・八千代・ほのか・カリラ「はい!」 




76 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 19:24:55 ID:gbQFkR6U

キルミー世界

やすな「ねえねえ、また来るかな?あの2人」

ソーニャ「知らん」

やすな「もー、ソーニャちゃんも楽しんでたくせに~」

ソーニャ「私は嫌々付きあってやっただけだ」

やすな「素直じゃないなぁ…、金髪褒められてちょっと喜んでたくせに」

ソーニャ「べ、別にそんな事はないぞ」

やすな「じゃあ今度は私が褒めてあげようか?」

ソーニャ「うっ、うるさい!」バシッ

やすな「痛っ!」

ソーニャ「先に行くからな!」

やすな「あー!待ってよソーニャちゃーん!」

あぎり「今日もいい天気です~」 




77 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 19:25:24 ID:gbQFkR6U

通学路

アリス「ねえシノ…色々金髪の人を見たけど…シノの1番は誰?」

忍「1番…ですか?」

アリス「うん!」ドキドキ

忍「私はやっぱりアリスが1番ですよ。」

アリス「本当?!わーい!シノ大好きー!」

忍「私もアリス大好きですよ」ニコニコ 




78 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 19:26:27 ID:gbQFkR6U

陽子「おはよー、おー今日も2人は仲良いな」

綾「おはよう、何かいい事あったのかしら?」

カレン「おはようゴジャイマース!」

カレン「アリスの機嫌がいいデス、何かありマシタ?」

アリス「ふふーんカレン、シノは私の金髪が一番だって」ドヤ

カレン「アリスばかりズルいデス!シノ!私は??」

忍「カレンの金髪も1番ですよ?」ニッコリ

アリス「」ガーン

カレン「やったー!イチバンデース!」

アリス「もー!シノったら~!私が1番って言ったでしょ!」

忍「お、落ちついてくださいアリス」アワアワ

陽子「おーい遅刻するぞ~」

綾「そろそろ行くわよ」

カレン「あはは、今日も2人は仲良しデース!」

終わり! 


0J1U83j




79 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 19:27:06 ID:gbQFkR6U

読んでくれた人ありがとうございます 




81 :姉帯おじさん:2015/04/26(日) 19:36:57 ID:???

終始優しい世界でよかった(小並感) 




82 :明日はもっと楽しくなるよね、ハム太郎?:2015/04/26(日) 19:37:40 ID:???

ゆら公が仲直りした後の世界でよかった 




83 :邪龍アナンタ:2015/04/26(日) 19:37:49 ID:???

お疲れ様でした

ほのぼのしててよかった 




84 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/04/26(日) 23:59:07 ID:5XWfOMGQ

やりますねぇ! 






http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/20196/1430040051/







素晴らしいラインナップの上にどの作品の世界観もちゃんと書かれてて面白かったです






このエントリーをはてなブックマークに追加