20120502184017_original

1 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/10/27(火) 18:41:38 ID:G6axAuBc

設定ガバガバ注意


咲さん誕生日会場

咲(私は麻雀のせいで色んなものを失ったと思っていた)

咲(でも今みんながいてくれるのは麻雀のおかげなんだよね)

咲「人生って不思議だなぁ…」

和「咲さん」優希「咲ちゃん!」京太郎「咲」

久「そろそろ始めるわよー」まこ「そうじゃな」

和・優希・久・まこ・京太郎「お誕生日おめでとう!」

咲「みんなありがとう!」 




3 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/10/27(火) 18:44:08 ID:G6axAuBc


和「おめでとうございます咲さん、これプレゼントです。」

咲「わあーありがとう和ちゃん!」

和「咲さんに喜んでもらえたようでよかったです」

咲「さっきね今日は和ちゃんが企画してくれたって聞いたよ」

和「確かに企画したのは私ですが、みんなの協力があってこそですよ」

咲「ありがとう和ちゃん!とっても嬉しいよ!」ニッコリ

和(やっぱり…咲さんの笑顔を…最高やな!) 


SuU6ifmv




4 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/10/27(火) 18:45:04 ID:G6axAuBc

咲「ねえ和ちゃん、初めて会った時の事覚えてる?」

和「初めて…確か咲さんは本を読んでましたね」

咲「うん、私は和ちゃんの事見てすっごくキレイな子だと思ったんだよ。」

和「そっそれは…ありがとうございます///」

咲「私ね…和ちゃんが初めてなんだ。」

和「初めて??」

咲「うん、麻雀を通じてできた…初めてのお友達!」※みなもちゃんとかがそうだったらごめんなさい

和「咲さん…」

咲「私ね和ちゃんに会えて本当に良かったと思ってるよ」

和「私も…そう思います。」

咲「和ちゃんこれからもよろしくお願いします。」

和「こちらこそよろしくお願いします咲さん」

咲「あはは、改まるとちょっと恥ずかしいね///」

和「そうですね…///」 




5 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/10/27(火) 18:47:06 ID:G6axAuBc

京太郎

京太郎「おめでとう咲、これプレゼントな」

咲「京ちゃんありがとう。」

京太郎「咲も大きくなったなぁ…」

咲「あはは、京ちゃんおじいさんみたい」

京太郎「まああんまり大きくなってない所もあるけど…」

咲「むー!京ちゃん意地悪!」

京太郎「冗談だ冗談、めでたい日に主役が怒るなって。な?」

咲「もー京ちゃんったら」

咲(そういえば…麻雀部に入ったのも京ちゃんがきっかけだったんだよね)

咲「えーと、京ちゃん。」

京太郎「どうした?」

咲「その…ありがとう京ちゃん」

京太郎「ん?別に何もしてないけどどした?」

咲「その…私が麻雀部に入るきっかけを作ってくれたのは京ちゃんだから」

京太郎「あー、そういえばそうだったな」 


e9e4934e




6 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/10/27(火) 18:47:49 ID:G6axAuBc

京太郎「初めはただの人数合わせのつもりだったけどな」

京太郎「咲にあんなすごい実力があったとはたまげたなぁ…」

咲「あはは、あの時は麻雀嫌いだったんだけどね」

京太郎「今は好きになったのか?」

咲「うん!」

京太郎「なら良かった」

京太郎(まあ今の咲が楽しそうだし…連れて来てよかったな。) 




8 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/10/27(火) 18:49:13 ID:G6axAuBc

優希

優希「どーん!」

咲「わっ!?優希ちゃん」

優希「ふはは!油断した所をおめでとう咲ちゃん!」

咲「あはは、優希ちゃんありがとう」

優希「そしてこれはプレゼントのタコスだじぇ!」

咲「わぁ美味しそう!」

優希「これで咲ちゃんもタコス好き!つまり私の嫁になるのだ~!」

咲「えぇっ?!それって和ちゃんはどうなるの??」 


de678fb2




9 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/10/27(火) 18:50:27 ID:/OkDV0zg

ハギヨシが出てくるかどうかビクビクしてしまう 




10 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/10/27(火) 18:50:50 ID:G6axAuBc

和「ゆーき…私とは遊びだったんですか??」ニコニコ

咲「修羅場?!」

久「修羅場ね」ニヤニヤ

まこ「修羅場じゃの」ニヤニヤ

京太郎(和もノリノリだな~)

優希「のどちゃん!待ってくれ違うんだこれは!えーとえーと…そうだ!」

優希「どっちも私の嫁になれば解決だじぇ!!」

咲「まさかの一夫多妻制?!」

和「アリですね」

咲「納得しちゃった?!」 




11 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/10/27(火) 18:51:51 ID:G6axAuBc

優希「というわけで咲ちゃんこれからも末長くよろしくだじぇ!」

和「末長くよろしくお願いします咲さん」

咲「えーと…うん、よろしくお願いします」

和「やったぜ。」

久(たぶん和は半分くらい本気ね…)

まこ「1年は仲が良いの~」 




12 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/10/27(火) 18:54:17 ID:G6axAuBc


久「さて今度は私ね、おめでとう咲」

咲「部長、ありがとうございます。」

久「これは私からのプレゼント、それと…ありがとね咲」

咲「え?私何かしましたか?」

久「咲が麻雀部に入ってくれて、合宿したり大会に出たり全国に行けたり…」

久「私の夢見てた事がみーんな叶っちゃったからね」

咲「部長…」

久「もっちろん他のみんなにも感謝してるわよ?」

久「でも今日は咲の誕生日だから改めて感謝を…ね」

咲「ありがとうございます。」

久「よし!真面目な話終わり!閉廷!」

咲(閉廷??) 


20121023224603c95




13 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/10/27(火) 18:55:49 ID:G6axAuBc

久「ところで咲、部室にある本は全部読み終わっちゃった?」

咲「部室の本ですか?そうですね大体読み終わりました」

久「何か欲しいのがあれば言ってね?いつでも入れるようにするから」

咲「え?いいんですか?」

久「大丈夫大丈夫、まだ部費に余裕あるし」

咲「え?あの本部費で買ってたんですか?」

久「そうだけど?」

咲「あそこの本はほぼ私しか読んでないのにいいのかなぁ…?」

久「なーに本で咲が釣れたなら安いものよ」

咲「確かに釣られましたけど…」

久「万が一部費が足りなくなったら権力で何とかするから心配ないわよ!」

咲「まずいですよ!」 




14 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/10/27(火) 18:57:28 ID:G6axAuBc

まこ

まこ「ワシの番じゃな、おめでとう咲。これはワシからな。」

咲「ありがとうございます染谷先輩」

まこ「そういえばこの間藤田プロがまた咲と打ちたいと言うとったな」

咲「藤田プロが?」

まこ「ああ全国でどんだけ成長したか確かめてやるじゃと」

咲「あう…前回ボロボロだったし何だか緊張します…」

まこ「まあ今のお前さんなら大丈夫じゃろ」 


ee8496bd




15 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/10/27(火) 19:00:05 ID:G6axAuBc

まこ「というわけでメイド服用意して待っとるぞ」

咲「着なきゃ駄目ですか…?」

まこ「まあそう言わんで店の為に頼む、おんしらがいると他の客から好評でな」

咲「和ちゃんはともかく私は…」

まこ「そんなことはないぞ、咲も可愛い」

和「そうです!!」

咲「和ちゃん?!」

和「ですから私と一緒にメイド服を!」

咲「和ちゃんがそこまでいうなら…」

まこ「交渉成立じゃ、では今度の休みはよろしくな」

和(まこさん、計画通りです)b

まこ(ナイスじゃ和)b

咲「うーん何かうまく丸めこまれたような…」 




16 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/10/27(火) 19:03:54 ID:G6axAuBc

優希「はいはい!私もメイドやるじぇ!」

まこ「おお、優希も来てくれるか!」

優希「私がいれば売り上げ大繁盛間違いなしだじぇ!」

まこ「頼もしいの、この際じゃ京太郎も来てくれるか?」

京太郎「え?メイド服はちょっと…」

まこ「誰が京太郎のメイドをみたいと思うんじゃ…執事服じゃ執事服」

京太郎「それならやります!」

京太郎(執事服か~なんかハギヨシさんみたいだな!) 




17 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/10/27(火) 19:07:17 ID:G6axAuBc

久「ちょっとー!私だけ仲間外れ?」

まこ「お?なんじゃ久もやりたいんか?」

久「だってみんなだけ楽しそうなんだもの!」

まこ「来るなら歓迎するが…久は執事服な」

久「なんでよ!」

まこ「メイド服が足りないんじゃよ」

久「…仕方ないから我慢するわ。」

まこ(久には執事服の方が似合うと思うが…) 




18 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/10/27(火) 19:12:23 ID:G6axAuBc

久「じゃあみんな!今度の休みはまこの家に集合ね!」

咲・和・優希・まこ・京太郎「おー!」

咲(やっぱり麻雀部で過ごす毎日は…すごく楽しいな)

久「さぁ誕生日会の続きするわよー!」

優希「よし京太郎!一発芸するじぇ!」

京太郎「なんでだよ!」

こうして楽しい誕生日会になりましたとさ 




19 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/10/27(火) 19:12:47 ID:s5b5PJxQ

やったぜ。 




20 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/10/27(火) 19:13:16 ID:G6axAuBc

その夜宮永家

咲「遅くなっちゃった…ただいまー、ってまだお父さん帰ってきてないのか…」

咲「あれ?手紙が入ってる」

咲「でもこの手紙切手も消印もないけど…何が書いてあるんだろ?」

咲「えっと…」

『お誕生日おめでとう あなたの人生に幸せがあふれますように』

咲「えっ?!この字は…!」 




21 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/10/27(火) 19:17:58 ID:G6axAuBc

東京

淡「テルー!今日はどこに行ってたの?」

照「ちょっと外出してただけ」

淡「でもずーっといなかったよね?」

菫「あー淡、あんまり聞かないでやってくれ」

淡「だって気になるんだもん!」

亦野「そういえば今日はご機嫌ですね宮永先輩」

尭深「何か良いことがあったみたい」

淡「そうだよ!なんか機嫌いいし!」

照「そ、そんな事はない」

淡「ねーテルー教えてよ~」

照「別になんでもない」

菫(しかし学校をサボって長野まで行くとはな…姉は大変だな。)

照(向こうに行くのは大変だったけど…咲にバレなくてよかった) 


a9stjd2-c




22 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/10/27(火) 19:19:37 ID:G6axAuBc

長野

咲「ありがとうお姉ちゃん。」

そして幸せな誕生日は終了! 




23 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/10/27(火) 19:23:07 ID:G6axAuBc

咲さん誕生日おめでとうございます!
読んでくれた人ありがとうございます。 




24 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/10/27(火) 19:47:03 ID:taU.Dy.w

スレタイの遊び心すき 




25 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/10/27(火) 20:06:06 ID:G6axAuBc

ここから綺麗な誕生日で終わりたい人は閲覧注意



少し前 部室

和「いよいよ…日にちが迫ってきましたね(迫真)」

優希「どうしたのどちゃん??」

京太郎「何かあったっけ…?」

和「まあ優希は仕方ないでしょう…須賀君、本当に心当たりありませんか?」

京太郎「急に言われてもなぁ…」

和「はぁ…つっかえ!ホンマ使えへんわ!」

京太郎「えぇ…?」

優希(のどちゃんがおかしなテンションになってるじぇ…)

和「辞めたらこの仕事?こんなアホらしい…」

京太郎「申しわけございません…」 




26 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/10/27(火) 20:06:50 ID:G6axAuBc

和「仕方がありません…ヒントをあげましょう」

和「10月27日です。」

京太郎「10月27日…あっ…(察し)」

和「ようやくわかってくれたようですね」

優希「その日に何かあるのか??」

和「ええ、とっても大事な日です」

京太郎(まあ和にとっては大事な日だよな…)

優希「のどちゃんもったいぶらないで早く教えるじぇ、何の日なんだ??」

和「10月27日は…咲さんの誕生日です!」 




27 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/10/27(火) 20:07:51 ID:G6axAuBc

優希「おおー咲ちゃんの誕生日は10月27日なのか、それはめでたいじぇ。」

京太郎「そうかもうそんな時期か」

和「それでですね!咲さんの誕生日を盛大に祝う為にみんなで話し合いましょう!」

京太郎・優希(テンション高いな~)

優希「ああなったら和ちゃんは止まらないじぇ。」

京太郎「みたいだな…」

和「それでですね、やはり誕生日と言ったらサプライズかと思いまして」

京太郎「まあそういうのがあった方が嬉しいよな」

優希「賛成するじぇ!」

和「ではまずプランAです」 




28 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/10/27(火) 20:09:33 ID:G6axAuBc

プ ラ ン A

咲「今日は練習厳しかったな~」

咲「あれ?何で電気ついてるんだろ?」

ガチャ

咲「お! お前何やってんだオイ!」

京太郎「すいません」

咲「オォイ京ちゃん…何、人の家に勝手に入り込んでるの?」

京太郎「すいません」

咲「何やってたの京ちゃん部屋の中入って。オイ、京ちゃんおいゴラ…」

京太郎「すいません」

咲「変態金髪少年がコラ、仮面ライダーなんだろ?(龍騎)おいゴラ」

京太郎「すみません…すいません」 




29 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/10/27(火) 20:10:32 ID:G6axAuBc

咲「じっとしてて。逃げられないよ京ちゃん」

咲「和ちゃんに通報しちゃうからね!」

京太郎「堪忍してください、堪忍してください」

咲「え、堪忍じゃ済まないよ、だから和ちゃん呼ぶんだよ。分かってるの?」

京太郎「堪忍してください、堪忍してください」

咲「あもしもし?あもしもし?あ…すいません、あの、自分の部屋に変態金髪少年がちょっと入り込んでるんですけど…。」

咲「不法侵入ですよ不法侵入!(天海春香)今すぐ、来て下さい。お願いします」 




30 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/10/27(火) 20:11:16 ID:G6axAuBc

和「警察だ!(弁護士と検事の娘)」

咲「和ちゃん!!」

和「咲さんが困ってると聞いて駆けつけました」

和「それより何が目的ですか?(咲さんの)私物ですか!?」

京太郎「違う違う堪忍してください」

和「特に部屋に異常はありませんか?」

咲「異常はないですけど、京ちゃん布団の上で、枕抱えて…」

和「布団の上で枕を…!?(羨望)抱えて…!?(嫉妬)」

咲「多分変態だと思うんですけど(名推理)」 




31 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/10/27(火) 20:12:21 ID:G6axAuBc

和「…とりあえず連れていきます」

咲「はい、お願いします」

和「立ちなさい」

咲「1人で大丈夫??」

和「大丈夫ですありがとうございます咲さん。」

咲「お願い和ちゃん」

和「さあ須賀くん立って!行きますよ!」 




32 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/10/27(火) 20:13:16 ID:G6axAuBc

和「お金が目的で入ったんじゃないんですか?」

京太郎「……」

和「違うんですか?」

京太郎「……」

和「じゃあ一体何が目的で?」

京太郎「……」

和「もしかして咲さんのことが好きなんですか?」

京太郎「……」

和「そんなことが学校にバレたらまずいでしょう?」

京太郎「……」

和「私の言うことを聞きますか?」

京太郎「…はい」

和「私にいい考えがあります。ついてきてください」 




33 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/10/27(火) 20:14:06 ID:G6axAuBc

ドタバタ!

咲「何だお前ら?!」

和「抑えてください!」

咲「何するの和ちゃん、流行らせコラ!」

咲「二人とも何なの?!ドロヘドロ!(名作)」

和「抵抗しても無駄です!」

咲「うざったい…」

咲「お前ら二人なんかに負けるわけねぇだろお前コラ!(慢心)」

咲「流行らせコラ!流行らせコラ!」

咲「ムーミン野郎(部長)お前離せコラ!」 




34 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/10/27(火) 20:15:57 ID:G6axAuBc

ここで窓から覗いていた優希が参戦

咲「何で優希ちゃん!?」

和「3人に勝てるわけ無いでしょう!」

咲「馬鹿野郎お前俺は勝つぞお前!」

和「フル焼きそば!」

咲「あ、オイやめて!」

咲「みんなの言うとおりなんてならないからね!」

和「縛るぞ!(リザベーション)」

咲「離して、このっ!」

縛られる咲さん、静かに退場する京太郎と優希

和「もう抵抗しても無駄ですよ…」

咲「う、やめろぉ(建前)ナイスゥ(本音)」

咲「うあーやめろお前どこ触ってんでぃ!(江戸っ子)」

咲「おっ・・・女の○○○触って喜んでんじゃねーよ!」

和「さ、咲さんの体…///」

咲「ンァイ・・・どけコラ!(必死)」

和「咲さん!お誕生日おめでとうございます!」

オォン!アォン!

フゥン!ホォン!ホォン!

二人は幸せなキスをして終了! 




35 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/10/27(火) 20:17:03 ID:G6axAuBc

和「…どうでしょうか?」

京太郎・優希「えぇ…(ドン引き)」

和「かなりのサプライズだと思うんですが」

京太郎「待て待て待て待て、ある意味サプライズかもしれないが普通に犯罪だ」

優希「みんな捕まっちゃうじぇ」

和「確かに…咲さんには刺激が強過ぎるのかもしれませんね」

京太郎「いやいやそういう問題じゃないだろ…」

和「ではプランBを」

京太郎・優希「まだあるの?!」 




36 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/10/27(火) 20:18:47 ID:G6axAuBc

プ ラ ン B

咲さんの家

和「ぬああああああん疲れたもおおおおおおおん。キツかったですねー今日は」

優希「なあ今日はもうすげえキツかったじょ」

咲「ホントに…」

和「何でこんなキツいんですかね、やめたくなりますよ~」

優希「どうすっかな、もう私もなー」

和「脱ぐの速いっすね…」

優希「シャツがもう、ビショビショだじぇ」

咲「ウフフッ(笑)」

和「お風呂入ってさっぱりしましょう」

優希「入るじぇはやく」

咲「そうだね」

和「ふぅー、あ、待ってくださいよ」

優希「咲ちゃん、早くするじぇ」 




37 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/10/27(火) 20:19:29 ID:G6axAuBc

3人で狭い風呂場で入浴

和「白菜かけますね」

優希「おす」

和「疲れましたねぇ」

優希「ああ大変だったなー」

和「こんな毎日続いたら辞めたくなりますよねー」

優希「咲ちゃんも今日疲れたろう、なあ」

咲「疲れました」

優希「なあ?」

和「じゃあ流しますねー」

優希「おお、頼むじぇ」

和「ふぁー、頭にきますよ」

優希「おう。もう一回イッてくれ」

和「いいですか?ハーイ」 




38 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/10/27(火) 20:19:59 ID:G6axAuBc

(湯船から2人をチラチラ見る咲さん)

優希「おう、のどちゃんサンキュ。次っ…咲ちゃんもだじぇ」

咲「え、私もやるの?」

優希「当たり前だ、なあ?」

和「うーん、私もヤりましたから。」 




39 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/10/27(火) 20:20:29 ID:G6axAuBc

優希「咲ちゃんも結構、洗い方うまいじょ」

咲「あ、ありがとう」

和「私も後から洗ってください、頼みますよー」

咲「えっ…」

咲「じゃ、流します」 

優希「あっ、おい待てぇい、肝心な所洗い忘れてるぞ」

咲「え、肝心な所…?」

優希「何トボケてるんだ?ココアライオン」

咲「わかりました…」 




40 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/10/27(火) 20:20:55 ID:G6axAuBc

和「菅 野 美 穂」

和「何か咲さん嬉しそうですね」

咲「いや、そんな…」

和「フゥーッ…優希、上がりますか?」

優希「そうだなあ…流すじぇ」

咲「熱くないですか?」

優希「おっ、いいぞぉー。ふぅー」

和「上がったらタコスですかね優希?」

優希「そうだなー今日はいっぱい食うぞぉー」 




41 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/10/27(火) 20:22:14 ID:G6axAuBc

風呂から上がる

和「フー↑↑」

優希「アッツーウ!!」

和「フーアー、(ノンアルコール) ビール!ビール! アッツゥー↑」

優希「あーはやく(ノンアルコール)ビール飲もーじぇー。おい、冷えてるかー?」

和「んぁ、大丈夫、ばっちぇー冷えてますよ。…フー!」 




42 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/10/27(火) 20:23:44 ID:G6axAuBc

しばらくくつろぐ3人

和「優希、これ夜中腹減んないっすか?」

優希「腹減ったなー」

和「ですよね?」

優希「うーん」

和「この辺にぃ、美味いラーメン屋の屋台、来てるらしいっすよ。」

優希「あっ?そうか?」

和「じゃけん夜行きましょうね~」

優希「おっそうだな。あっそうだ(唐突)、オイ咲ちゃん!」

咲「えっ、何?」

優希「咲ちゃんさっき私らが着替えてる時、チラチラ見てたじぇ(因縁)」

咲「いや、見てないですよ」

優希「嘘付け絶対見てたじょ」

咲「何で見る必要なんかあるんですか(正論)」

和「あっさっ咲さん、さっきヌッ、脱ぎ終わった時にさ、なかなか出て、来なかったですよね?」

優希「そうだよ(便乗)」

咲「いっ、いやそんなこと…。」

優希「見たけりゃ見せてやるよ(震え声)」 




43 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/10/27(火) 20:24:44 ID:G6axAuBc

和「ほら見とけよ見とけよ~」

優希「ホラ、見ろよ見ろよ。ホラ」

和「何やってんだホラ見とけよ。よく見ろよホラ、逃げんなよぉ」

咲「うう…」

優希「ホラ、見ろよぉ」

野獣「見ろよ~。なんだよぉー、ホラ見ろよ。」

咲「やめてよ。嫌だ…」

和「ホラホラホラ。くちあけっ、口開けんだよホラ」

優希「嬉しいだろぉ~!?、ホラ、オラァ!」

和「ホラホラホラホラ」

和「ホラー。ホラ喜べよホラホラホラホラ。ホラ口開けんだホラホラ、ホラホラホラ、ホラホラ。ホラホラ、ホラホラホラ。もっと、舌使えよ舌ホラー」

咲「やめてよ…」

和「オラ!」

咲「ンッ!ンッー、ンッー!」

和「もっと舌使って舌。アアーイィ!アッイイヨイイヨイイヨ~。ちょっと歯ぁ当たんよ~」 




44 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/10/27(火) 20:25:40 ID:G6axAuBc

(汚いのでカット)

優希「どうだ咲ちゃん?気持ちいいだろ?」

咲「気持ちいいです…」

(黙々と迫真の行為が続いた後)

和「イキますよぉ、イキますよ、イクイク…ハァ…ハァ…ハァ…ヌッ!…ウッ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、 ヌ゛ッ! ハァ、ハァ、ハァー…」

和「さ、咲さん…誕生日おめでとうございます」ハアハア

優希「お、おめでとう咲ちゃん!」ハアハア

咲「ふ、2人ともありがとう…」ハアハア 




45 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/10/27(火) 20:27:38 ID:G6axAuBc

和「というのがプランBですが」

優希「」

京太郎「さっきと変わらないだろ!いい加減にしろ!」

和「ふんふむ、これも駄目ですか…」

京太郎「なあ和、その…無理にサプライズとかしなくてもいいんじゃないか」

優希「そうだじぇ!」

和「でも…」

京太郎「咲ならきっと無理に驚かせなくても喜んでくれると思うぞ?」

優希「私もそう思うじょ」

和「喜んでくれる…でしょうか?」

優希「のどちゃん!みんなで考えれば大丈夫だじょ!」

京太郎「そうだよ(便乗)」

和「…わかりました、ではサプライズは無しの方向で。」

京太郎・優希(よかった諦めてくれた…)

こうして普通の誕生会になりました、めでたしめでたし

終わり!閉廷! 




46 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/10/27(火) 20:28:15 ID:G6axAuBc

大変申し訳ありませんでした 




47 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/10/27(火) 23:57:38 ID:MoLQiYsg

オツシャス!
咲たんイェイ~ 




48 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2015/10/27(火) 23:59:16 ID:sik/.emM

のどっち淫夢厨説 






http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/20196/1445938898/







様々な誕生日スレが立っていて流石咲さんだなと思いました






このエントリーをはてなブックマークに追加