25a04c9e62c8c129a4bfdf4db1b33ca8-min



d_155807pr
【20%OFF】 援助交配 総集編1




1 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/03/03(金) 20:16:58 ID:rCDGfgk6

晶葉「なんといっても私は天才だからな!」

晶葉「むっ、依頼か! まかせろ! どんな内容なんだ?」

>>3
依頼内容 




3 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/03/03(金) 20:17:35 ID:YoV757Bc

巨乳先輩根絶 


0a2bdc76-min




4 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/03/03(金) 20:17:44 ID:KDUqBLBk

がんばれ 




5 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/03/03(金) 20:17:56 ID:kqm9NYCM

頼むよー 




6 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/03/03(金) 20:18:30 ID:T2c6obyk

いいゾ~これ 




7 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/03/03(金) 20:23:01 ID:rCDGfgk6

晶葉「巨乳先輩根絶……?」

晶葉「それはつまり、私よりも芸歴の長い、かつ胸の大きなアイドルを消す、ということか……?」

晶葉「物騒なのはダメだぞ! それに私はきちんと正当な手段でトップを目指すつもりだ」

晶葉「……あ、それから……その……む、胸が大きい方が好きなのか?」

晶葉「それとも大きいのが嫌いだから、そういう依頼をするのか?」

晶葉「答えによっては、私の食事メニューが変わってくるかもしれないぞ」


>>10
どうやら「巨乳先輩」を理解していないようだ、どうしよう?
1.みたけりゃみせてやるよ(サンプルを見せる)
2.いたいけな女子中学生にうんこの擬人化の女体化したものを見せてはいけない
3.その他(自由安価) 




10 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/03/03(金) 20:25:07 ID:Q5p8jqaI





12 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/03/03(金) 20:28:18 ID:rCDGfgk6

晶葉「なに、その根絶したい画像のサンプルがある……?」

晶葉「巨乳先輩というのは誰か特定個人のことなのか」

晶葉「どれどれ……」

http://blog.livedoor.jp/g_ogasawara/tag/%E5%B7%A8%E4%B9%B3%E5%85%88%E8%BC%A9

晶葉「」


晶葉「」



晶葉「」


晶葉「……ハッ!? わ、私はいったい、何を見たんだ……?」 





15 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/03/03(金) 20:33:38 ID:rCDGfgk6

――

―――――

晶葉「……」

晶葉「……なるほど、いろいろ聞かせてもらったことをまとめよう」

晶葉「この巨乳先輩というのは、もともとは、その……ゲイポルノビデオの、男優で」

晶葉「そこに女性の胸をくっつけた、キメラである、と……」

晶葉「……」

晶葉「わ、私は天才だがまだ子供なんだぞ! こういうのは18歳以上にならないと見ちゃダメなんだぞ!」

晶葉「ばか! ばか! スケベ!」

晶葉「フーッ、フーッ……」

晶葉「……と、とにかく。言いたいことは分かった。普通の画像に紛れて流れて来たり、胸の大きな先輩キャラを探すのに苦労するんだな」

晶葉「……やっぱり大きい胸が好きなんじゃないか!」 




17 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/03/03(金) 20:40:30 ID:rCDGfgk6

晶葉「しかし……私はネットワーク関係になると専門外だ」

晶葉「泉ならあるいはネット用フィルタリングができたりするかもしれないが……」

晶葉「うーん……私にできることといえばロボ作り……」

晶葉「ロボか……よし、閃いたぞ!」

晶葉「少し待っててくれ。今作るぞ!」


 トンテンカン  トンテンカン 


晶葉「できたぞ! 巨乳先輩コラを作ろうとする人間の元へ降りたって野獣部分を美少女の画像へ差し替えるロボだ!」

晶葉「ネット上の画像はよくわからないから作ろうとする人間の意思を読み取ることにした」

晶葉「そしてこの……ゲイ男優の顔を別の少女のものへ代えるのだ!」

晶葉「これで作ることができなくなれば、きっと減るはずだ。フッフッフ、どうだ!」 




20 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/03/03(金) 20:43:23 ID:QP81M8m.

兵器開発を止めるための発明を行う科学者の鑑 




22 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/03/03(金) 20:48:00 ID:rCDGfgk6

晶葉「それでは起動だ!」

ロボ『ピピッ キョニュウセンパイ カンチ こらシマス』

晶葉「飛んで行ったな。これで画像での被害は格段に減るはずだ」

晶葉「作ったものが別のものに差し代わるのは非常に恐ろしい。私も一製作者としてその恐怖はわかる」

晶葉「だが、人を傷つけるものは許されない」

晶葉「仕方のないことなんだ……」

晶葉「さて、効果の方はしばらくたってからだな!」 




23 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/03/03(金) 20:49:29 ID:rCDGfgk6

――

――――

その後しばらくしてから、非常に精度の高い巨乳の池袋晶葉のアイコラが散見されるようになった。
晶葉は何かに気付いたような顔をした後、真っ赤になりロボを呼び戻したという。
巨乳先輩コラはその間は止まっていたが、ロボが戻ってくると途端に巨乳先輩コラは再び投下されるようになった。
それに反比例するように池袋晶葉のアイコラは減ったらしい。


晶葉「しまった……美少女の画像のサンプルをどこかから引っ張ってくる機能をつけ忘れた……」

晶葉「まさか……そこに私の画像が……」

晶葉「うぅ……こ、こんなにいっぱい変な画像が作られてしまった……」

晶葉「つ、次こそは失敗しない! こ、この画像は……い、泉! ネットの画像の消し方を教えてくれ! えっ、消えない!?」 




24 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/03/03(金) 20:56:29 ID:rCDGfgk6

晶葉「コホン、いろいろあったが……とりあえずの改善は見られたな!」

晶葉「ロボには『美少女』の画像を検索する機能をつけたから特定の誰かが被害者になり続けることももうないはずだ」

晶葉「……え? 今度は『美少女』の検索結果に無編集の野獣先輩が混ざってきてそのせいで新しい巨乳先輩が!?」

晶葉「し、知らない! 私にだってできないことはある!」

晶葉「す、少なくとも単純な被害は減ったんだ……それで勘弁してくれ……」


晶葉「……それで、今度はどうしたんだ? 新しい依頼か?」

晶葉「ふむふむ……」


>>27
依頼内容 




27 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/03/03(金) 20:57:39 ID:kZc.dFNs

厨ポケ狩り講座して 






YAMANO FULLBOOST




31 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/03/03(金) 22:01:25 ID:rCDGfgk6

晶葉「厨ポケ狩り講座……?」

晶葉「ふむふむ、なるほど。ポケモンのことか!」

晶葉「……それは紗南に聞いたほうがいいんじゃないか?」

晶葉「はっきりいって、私はそれほど詳しくないんだ」

晶葉「期待に応えられなくて悪いが……専門的な話になるのなら、そちらのスペシャリストに聞いたほうが……」


>>33
1.天才なのにできないの?そんなんじゃ甘いよ と煽ってみる
2.無理なら仕方ないので諦める
3.その他(自由安価) 




33 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/03/03(金) 22:02:50 ID:c.Y9v81E





34 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/03/03(金) 22:06:57 ID:rCDGfgk6

晶葉「……何? 天才だからできないことはないって言っていた?」

晶葉「確かにそうだが、物事には専門家がいるんだ。私よりもキミのほうが……」

晶葉「……」

晶葉「……ああもうっ! わかった! そこまでいうならやってやる!」

晶葉「少しそこで座ってまっていろ!」


 トンテンカン   トンテンカン


晶葉「できたぞ! ジバコイルだ!」

ジバコイル「ジーン」

晶葉「いいか、どんなに強いポケモンでもトレーナーは人間だ!」

晶葉「つまりトレーナーを狙われたら負ける! ワハハ! さぁ覚悟しろ!」 


36447




36 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/03/03(金) 22:11:01 ID:rCDGfgk6

ジバコイル「ジーン」

晶葉「私のジバコイルは特別製だ! というか、実際のところコイツはロボだ!」

ジバコイル「ジーン」

晶葉「残念ながら現実世界にポケモンはいないからな……つまり、物理が一番ということだな!」

晶葉「なに? ポケモンに関係ない?」

晶葉「……それでも聞きたいといったのは、キミだろう? ふふ、さあおしゃべりはここまでだ!」

晶葉「捕まえて『ごめんなさい』って謝らせてやる!」


>>39
どうなった? 




39 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/03/03(金) 22:13:27 ID:kZc.dFNs

もこう登場 




41 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/03/03(金) 22:25:52 ID:rCDGfgk6

(⌒,_ゝ⌒)「そこまでですわぁ……」

晶葉「な、なんだお前は!」

(⌒,_ゝ⌒)「厨ポケ狩りなら僕でしょう。ポケモンは現実です」

晶葉「……つまり、ポケモンバトルか」

(⌒,_ゝ⌒)「まぁ、結果は見えてますね」


>>43
対戦結果 




43 :KMRカレーうどん:2017/03/03(金) 22:29:04 ID:???

晶葉10戦10勝 




44 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/03/03(金) 22:31:30 ID:KDUqBLBk

つよい(確信) 




45 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/03/03(金) 22:33:43 ID:rCDGfgk6

晶葉「……」

(⌒,_ゝ⌒)「」

晶葉「……その、なんだ。大丈夫か……?」

(⌒,_ゝ⌒)「まあ、子供相手にムキになるのも大人らしくないんで」

晶葉「しかし……」

(⌒,_ゝ⌒)「切断読み降参させてもらいます」

晶葉「あっ」


晶葉「……消えたぞ?」

晶葉「いったいなんだったんだ……」 




47 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/03/03(金) 22:36:25 ID:kRm/E/Bk

乙倉悠貴の切断だ! 




48 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/03/03(金) 22:39:02 ID:rCDGfgk6

晶葉「コホン、改めてだ」

晶葉「ポケモンはどんどん増えている。差別化をすること自体が難しいこともあるだろう」

晶葉「しかし、助手よ……キミは、プロデューサーだ。たくさんの少女たちの輝ける方法を見つけてくれる人だ」

晶葉「キミが単純に『勝ちたい』のなら、つよいポケモンを使うのが手っ取り早いだろう。銃には銃を持ち出すほうがいい」

晶葉「それでも諦められない、何かがあるのなら……君のすきなポケモンでかてるようにがんばるべき、じゃないかな」

晶葉「もちろん、どうしても諦められない何かにしがみつくからにはそれを言い訳にしてはダメだ」

晶葉「……ロボだなんて、今どき流行らない。少女らしくない趣味では、可愛いって思ってもらえない」

晶葉「なんてことを私がいったら、キミは怒るだろう? フフ、大丈夫だ。私は天才で、ついでにどうやら美少女らしい!」

晶葉「こうやって胸を張って、君の大切なパートナーの強みを引き出してやるんだ」

晶葉「頼んだぞ、プロデューサー!」 




49 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/03/03(金) 22:41:30 ID:rCDGfgk6

――――

晶葉「おや、ポケモンのほうはもういいのか? そうか……」

晶葉「紗南は強いな……まったく勝てない。努力値も種族値もパーティ構成も練ってるつもりなんだが……」

晶葉「あれがゲーマーの勘ってヤツか。私の一手先をいかれてしまう」

晶葉「さて。何か用事があるんだろう? どうしたんだ?」


>>53
依頼内容 




52 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/03(金) 22:46:56 QP81M8m.

晶葉の手料理が食べたい 




53 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/03/03(金) 22:47:01 ID:eTLNWGYU

うんちして? 




56 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/03/03(金) 22:51:34 ID:rCDGfgk6

晶葉「種族値じゃなくて個体値? わ、わかってる! ちょっと言い間違えただけだ!」

晶葉「……コホン、もとい……え、手料理が食べたい?」

晶葉「普段、食べるものに気を使えないとかなら万能調理ロボぐらいは作れなくもないぞ?」

晶葉「……そうじゃなく、私の手料理がいいのか……」

晶葉「そうか……」

晶葉「……」

晶葉「その……はっきり言うぞ。ロボは作れるが、料理はあんまり作れない」

晶葉「それでも……いい?」

晶葉「……そっか。ふふ……」 




57 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/03/03(金) 22:51:52 ID:rCDGfgk6

うんち提案だった(池沼) 


14676614_663309257180035_7183705356613189632_n-min




TS魔法少女なお!2nd!!




58 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/03/03(金) 22:52:39 ID:85NbaxDo

>>57
汚いからこのまま続けて、どうぞ 




59 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/03/03(金) 22:52:55 ID:N2ZBVt7.

>>57
料理でオナシャス! 




60 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/03/03(金) 22:54:52 ID:ieX6/JXU

>>57
いいだろそんなこと!ホラ続けろ続けろ! 




61 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/03/03(金) 22:55:02 ID:rCDGfgk6

うんち先に書きます……許してください、何でもしますから! 









65 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/03/03(金) 22:59:09 ID:rCDGfgk6

晶葉「それで、いったいなんの……」

晶葉「……うん?」

晶葉「すまない、少し疲れで耳が遠くなっていたみたいだ」

晶葉「その、今……私に……なんて言ったんだ?」

晶葉「……」

晶葉「なるほど、聞き間違いではなかったみたいだな」

晶葉「な、なんで急にそんなことをいうんだ! 嫌に決まってるだろう!」


>>66
1.いや、健康診断で検便があるからよろしくって意味だ
2.なんで?
3.むしろ俺がうんちする
4.その他(自由安価) 




66 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/03/03(金) 23:00:48 ID:N2ZBVt7.

1 




68 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/03/03(金) 23:03:42 ID:rCDGfgk6

晶葉「あっ……」

晶葉「コ、コホン。そうか……そうだよな、うん」

晶葉「……それは、助手が集めるのか?」

晶葉「そうか……」

晶葉「……直接病院に持っていったりするのはダメなのか?」

晶葉「なんというか、その……恥ずかしいというか……」

晶葉「というかだな、年頃の女子に向かってあまりにもデリカシーがないぞ!」

晶葉「ま、まったくもう……」


(うんち編 おわり) 




69 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/03/03(金) 23:04:34 ID:60YP3WBM

優しい世界 




71 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/03/03(金) 23:11:18 ID:rCDGfgk6

>>56から


晶葉「できたぞ! エプロン姿の私だ!」

晶葉「……さっきもいったが、私は料理のほうはいまいちだ」

晶葉「だが、しかし……天才ではないなりに、私の精一杯で作るから楽しんでほしい」

晶葉「料理の希望はあるか? ……そうかハンバーグか」

晶葉「なんだ、どうした? 付け合わせのミックスベジタブルを見るような顔で私を見て」

晶葉「そんな心配しないでくれ。他の誰かじゃなく、私を求めてくれたキミへ応えてみせる!」

晶葉「これが天才ロボ少女の手料理だ! そこで座って待っていろ!」



>>73
料理の出来栄えは――
1.美味しい
2.正直美味しくない
3.その他(自由安価) 




73 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/03/03(金) 23:16:07 ID:eTLNWGYU





74 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/03/03(金) 23:20:36 ID:9tar8Tv6

やったぜ。 




75 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/03/03(金) 23:23:05 ID:rCDGfgk6

晶葉「できた!」

晶葉「正直、渾身の出来……だと、思う」

晶葉「食べてみてくれ」

晶葉「……どう、かな。美味しい?」

晶葉「そうか……そうか。ふふ、よかった」

晶葉「あ、私の分もあるぞ。いっしょに食べよう!」

晶葉「ふふふ……本当だ。美味しいな!」

晶葉「自分で自分の才能が怖くなってくるぞ!」

晶葉「味のヒミツか……そうだな……」

晶葉「……天才でも人工的に作るのが不可能と言われる調味料が入っているから、かもしれないな」

晶葉「何のことか、なんて……わかってて聞いていないか? ……本当?」 


DF-0Z0GUIAEf8Df-min




76 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/03/03(金) 23:29:58 ID:q99FpZ5E

いいゾ~これ 




77 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/03/03(金) 23:32:28 ID:rCDGfgk6

晶葉「ふぅ、美味しかった……」

晶葉「じゃあ、後片付けもしよう」

晶葉「……え? それはロボでもいいんじゃないかって?」

晶葉「それもそうだが……だが、こうやって食べてもらったものを片づけるのまで含めて、なんだか家族にでもなったみたいで」

晶葉「少し楽しかったりするんだ。変かもしれないが、まぁ、いいじゃないか」

晶葉「天才というのは得てして少し変なものらしいしな!」

晶葉「……さて、片づけを終えたら……次に、何か私に頼みたいことはないか?」


>>79
晶葉は家の中にいる――
依頼内容 




79 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/03/03(金) 23:33:52 ID:eTLNWGYU

筋トレ 




81 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/03/03(金) 23:44:19 ID:rCDGfgk6

晶葉「筋トレ……?」

晶葉「それは私がするのか? それとも、助手の筋トレの付き合いをしてほしいということか?」

晶葉「筋トレ用のロボならあるぞ! 1週間ぐらいみっちりと付き合えばムキムキ間違いなしだ!」

晶葉「私にしてほしいというのなら……」

晶葉「……いや、何故だ? そういう仕事があるのか……?」

晶葉「まぁ、助手の頼みなら、断れないのも事実だ」

晶葉「で、どうするんだ?」


>>83
1.晶葉に筋トレロボを借りる
2.晶葉に筋トレをしてもらう
3.晶葉に筋トレに付き合ってもらう
4.その他(自由安価)) 




83 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/03/03(金) 23:47:21 ID:eTLNWGYU





84 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/03/03(金) 23:49:17 ID:pb31FEjM

過酷なロケでもあるのかな? 


1a5cdfeec22b1e4c-min




Merry Happy END




85 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/03/03(金) 23:55:44 ID:rCDGfgk6

晶葉「わ、私がするのか……」

晶葉「しかしレッスンはしてるし、基本的な筋力なら問題ないと思うんだが……」

晶葉「……フフフ、見るがいい! 天才だからといって筋肉がないわけじゃないぞ!」

晶葉「力こぶだって、こうやって……ふんっ……」

晶葉「わひゃあっ!?」

晶葉「さ、触っていいとは言ってないぞ!」

晶葉「柔らかいとか、いうなっ! 昔はペンチより重いものを持ってなかったりもしたんだ」

晶葉「ロボは転がせればなんとかなったし……」 




86 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/03/04(土) 00:05:34 ID:A/6CSUBA

晶葉「と、とにかく。私を貧弱と油断していると驚くぞ!」

晶葉「腹筋だってできるし、腕立て伏せだって……」

晶葉「……そ、それなりにできたりする」

晶葉「ま、まぁとにかく。私に筋トレをしろというからには理由があるんだろう?」

晶葉「いったい、どうしてなんだ?」



>>88
筋トレの理由は――
1.ロケの関係(内容記入)
2.個人的な性的嗜好
3.その他(自由安価) 




88 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/03/04(土) 00:13:22 ID:Ezqj.L6Y

アメリカに筋肉留学させるため 




89 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/03/04(土) 00:15:24 ID:EqTzYCI6

申し訳ないが黒人エンドはNG 




90 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/03/04(土) 00:18:52 ID:A/6CSUBA

晶葉「アメリカに留学させるため!?」

晶葉「そ、それは……すごいな」

晶葉「海外にも対応できる体力をつけるためということだったのか……」

晶葉「……ちなみに、助手ももちろんついてきてくれるんだよな……?」

晶葉「慣れない環境で1人は流石に……」

晶葉「……でも、忙しい、のか?」


>>91
晶葉の(筋肉)留学に――
1.ついていく
2.ついていけない
3その他(自由安価) 




91 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/03/04(土) 00:20:15 ID:Ezqj.L6Y

友人の黒人Pを自分のかわりにつける 




93 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/03/04(土) 00:23:06 ID:ylzvIzU6

あのさぁ... 




94 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/03/04(土) 00:27:54 ID:A/6CSUBA

晶葉「助手の友人に、任せる……か……」

晶葉「わかった。そうだな、私にとっても大きなチャンスだ!」

晶葉「ふふふ、帰ってきたときにビッグになった私を見て驚くぞ!」

晶葉「助手も、私が帰ってくるまでにプロデュースの腕を磨いて待っててくれ」

晶葉「約束だ。このハンバーグも、もっと美味しく作れるようになってみせるからな!」

晶葉「だから……だから、今日だけは、もう少し……いっしょにいさせてくれ……」

晶葉「ちゃんと、頑張るから……海外でも、私が負けないように……応援してくれ……」 




95 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/03/04(土) 00:28:18 ID:DD5.QlLo

あもしもし?あもしもし?あすいません、あの、NaNじぇいの部屋に、安価スナイパーがちょっと入り込んでるんですけど・・・。不法侵入ですよ不法侵入。あ今すぐ、来て下さい。お願いします 




96 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/03/04(土) 00:30:34 ID:A/6CSUBA

――――

その後――

>>98
1.晶葉からの連絡が途絶えた
2.晶葉からビデオレターが届いた
3.晶葉が海外で大成功したという知らせを受けた
4.その他(自由安価) 




98 :名前なんか必要ねぇんだよ!nLW2+z9:2017/03/04(土) 00:32:18 ID:???





99 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/03/04(土) 00:32:23 ID:Ezqj.L6Y

たくさんの黒人と一緒に笑顔でうつってる写真だけがおくられてきた 


91bd954e-min




100 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/03/04(土) 00:36:38 ID:XSDKIlyI

やさしい世界 




ゲーマーちゃんとのエッチなトレード~強制絶頂エンドレス~




101 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/03/04(土) 00:37:21 ID:Ezqj.L6Y

本当に良かった 




102 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/03/04(土) 00:40:40 ID:iq03J0Sc

>>101
おいコラ 




104 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/03/04(土) 00:56:58 ID:A/6CSUBA

―――

A.I――アキハ イケブクロといえば、海外のアイドルブームを席巻する理系ロボ天才女子アイドルだ。
我が担当アイドルは、宣言通りに海外でビッグになって見せた。その名前を聞かない日はない。

友人の黒人女子ヘリー(最近改名したらしい。昔の名は譲ったといっていた)からは、彼女の成長記録をつぶさに送られてきている。
慣れない環境にも負けず、懸命に努力する晶葉は巷で言われるような天才の像からは少しズレていたが――あの日、手料理を振舞ってくれた少女そのものだ。

負けてられないとこちらもプロデュースに汗を流す日々だ。
まだまだ国内にもライバルが多いが、晶葉が戻ってきても恥ずかしくない事務所である様に努力は絶やさない。
――とはいえ、疲労はたまる。激務は確実に体力を削っていく。

それでも、負けられないのだ。
晶葉に約束したのだから。身体に鞭打って、どうにか家に帰りつく。
今日は珍しく早く帰れたが、早めに寝て明日に備えよう。

ドアノブに手をかける。鍵がかかってない。
――鍵を閉め忘れたのだろうか。そこまでボケていたのか。
もしくは泥棒か。その可能性を思案していたところ、微妙に空いたドアの隙間からおいしそうなにおいが漂ってきた。

これは、間違いない。あの日の――


晶葉「おや、思ってたより早かったな。もう少しだけ待っててくれ……天才印のハンバーグができるぞ!」


ドアを開く。あの日よりも少し背ののびた少女がそこに立っていた。
そばにはどうやらドアのカギを開けるのに使ったのであろうロボがいてやれやれと頭を抱えることになった。

おかえり、とお互いに言い合って、ニッと歯を見せて笑う。
どうして帰ってこれたのか、いつまでいられるのか。
聞きたいことも、こちらから言いたいことも山ほどある。しかし、それより今は――

このハンバーグを、二人で食べよう。


終わり 




108 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/03/04(土) 00:58:40 ID:Ezqj.L6Y

>>104
乙です。感動しました 




110 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/03/04(土) 00:59:27 ID:rDVAKQ0I

>>108
てめぇ! 




112 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/03/04(土) 02:10:57 ID:uMD9kqbI

オツシャス! 






http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/20196/1488539818/







今日は池袋晶葉さんの誕生日です
おめでとうございます






このエントリーをはてなブックマークに追加




Closet of Genius
Closet of Genius





book_fanzaSelect50off