yPKyrgx-min



d_151935pr
【20%OFF】 今泉ん家はどうやらギャルの溜まり場になってるらしい




1: 
名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/25(土) 22:10:58 ID:ZSAyAjAM

良子「告白したいから力を貸してほしいと?……まぁ、連絡を取ろうと思えばできますがやめておいたほうがベターだと思いますよ。彼女たちとあなたでは住む世界が違うので」

良子「それでも頼みたい?……はぁ、話を聞くだけならいいですよ」

良子「で、そのお相手は誰ですか?お姫さまなら諦めるしかないですね」

良子「違う?では霞ちゃんですかね。やはり男性は大きなバストが好きだと聞きますし」

良子「後半は否定しないが違う?……へぇ」

良子「……いえ、なんでもありませんよ。だとすると巴ちゃんですか。しっかり者ですし」

良子「……違うとなると初美ちゃんですか。ポリスメン呼びましょうか?」

良子「オーケーオーケー、ジョークが過ぎました。というよりもさっき大きなバストが好きだと言ってましたね」

良子「恥ずかしがるあなたもキュートですね」(ボソッ)

良子「ん?あなたが気にすることじゃないですよ。」

良子「ということはもしかして春ですか?」




3: 
名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/25(土) 22:12:44 ID:ZSAyAjAM

良子「そうですか……。ちなみにどんなところを好きになったか聞いても?」

良子「インハイの休憩時間の笑顔に一目惚れ、ですか……。羨ましい」(ボソッ)

良子「……おっとソーリー。少し感慨深くなってつい考え込んでしまいました」

良子「まぁ春ならオーケーですよ。連絡も簡単にとれると思いますし」

良子「ただ不安なので当面私が中継する形で、手紙などでのコミュニケーションを取ることになりますがオーケーですね?」

良子「何故と言われても……、春はあまり人とコミュニケーションを取るほうではないので変なことを吹き込まれると困りますし。ソレが飲めないというのなら自分でがんばってください」

(部屋を出ようとする良子)

良子「……どうしたんですか?そんなに強く手を握って、捨てられた子犬みたいな目をして。」

良子「……お願いします、ですか……。ふふ、いいですよ。連絡を取ってみますよ」

良子「何か進展があったらまた連絡しますよ。それではグッバイです」

(家から出て一人になる良子)

良子「今日の彼は一段とキュートでしたね」

良子「ふふふ。これからもっと可愛がってあげますよ」




7: おもち成人 :2017/03/25(土) 22:50:58 ID:???

手紙破り捨ててそう




9: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/26(日) 12:04:36 ID:gOQWyJVY

数日後


良子「グッドモーニングですー」


良子「……おや、そんなにそわそわしてどうしました?」


良子「ふふ、あなたとの約束を忘れる訳ありませんよ。あなたの様子がキュートだったものでつい」


良子「からかうのはやめてください、ですか。……本心なんですけどね」(ボソッ)


良子「それで連絡の件ですが、春に直接連絡は取れませんでしたが永水には取れましたよ」


良子「ステイステイ、そう慌てないでください」


良子「巫女のため無闇に男性と会うのは良くないので、前に言ったように私を介した文通ならオーケーとのことでした」


良子「……そこまで喜ぶものですか?直接会えるわけでもないのに」


良子「……そうですか……。妬けますね」(ボソッ)


良子「いえ、おめでとうございますと言っただけです」


良子「……私もグッドエンドを迎えることを祈ってますよ」




12: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/03/26(日) 13:16:20 ID:SIIxL7pc

戒能プロとはるるにサンドイッチされたい




13: おもち成人 :2017/03/26(日) 13:20:44 ID:???

初手テスカトリポカされそう




17: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/04/02(日) 10:41:00 ID:LfOtJ5Zo

(回想)


良子「それにしても春と連絡を取りたいとは……。彼の頑固さにも困ったものです」


良子「まぁ、そういう部分も含めてキュートなので良いのですけどね」


良子「春に連絡を取るのは簡単ですが……、万が一彼と春が結ばれることになると癪ですね」


良子「……仕方ありません。彼女を頼りましょうか」(電話をかける音)


(電話が繋がる音)


良子「お久しぶりですね。……そう構えなくても大丈夫ですよ」


良子「今日はただのガールズトークをしようと思っただけですので」




18: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/04/02(日) 10:51:25 ID:LfOtJ5Zo

良子「グッドモーニングですー」


良子「レターが届いたので渡しに来ましたよ。」


良子「ふふ、そんなに目をキラキラさせて……、よほど楽しみだったんですね」


良子「……本当にキュートですね……、食べてしまいたいくらいに」ボソッ


良子「ん?どうしたんですか?心待ちにしていたレター、ここで読んでいいんですよ?」


良子「恥ずかしい?……分かりました。なら私は帰りしょうか」


良子「返事がかけたらまた連絡くださいね。それではグッバイです」


(一人になる良子)


良子「折角だからもう少し二人きりでいたかったのですが……、まぁいいでしょう。これからは二人で会う口実もできましたし。」


良子「それにしても恋は盲目というのは本当かもしれませんね」


良子「……真実を知ったら彼はどうなるんでしょうね」ボソッ




21: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/04/02(日) 13:48:53 ID:LfOtJ5Zo

どこか


??「何してるんですかー?」


?「これ?良子さんからお願いされたの」


??「お願い?どんなのですかー?」


?「昨晩電話がかかってきてね。話を聞くと良子さんには好きな殿方がいるけどその殿方は春ちゃんにお熱らしくってね」


??「はるるにですか!?以外ですー」


?「その後、『あなたたちは六女仙、神に仕える身であるうちは男性とそういう関係にはなってはいけない』」


?「『けれど春は優しいから、きっと自分を想ってくれている男性がいると知れば手紙をやり取りすると言い出すでしょう。そうなればいずれ一線を超えるかもしれない。それは防がなくてはいけない』」


?「『だからあなたには春に内密で、春の代わりに手紙をやり取りしてほしい。後は私がどうにかする』ってね。」


??「そんな騙すようなこと……」


?「えぇ、そうね。でも私がこの役目を勤めれば私たちは六女仙としての役割を守れる上に良子さんに貸しを作れる。断る理由がないでしょう?」


??「それはそうかもしれませんけど……」


?「ホントは私だって友達への恋路を応援したいのよ。でも六女仙は大切なものだから」


??「うー……、わかりました。」


?「ありがとう、初美ちゃん」


初美「今さら水臭いですよー、霞ちゃん」


霞「そうかしら?あとこのことは二人だけの秘密でお願いね?」


初美「了解ですよー!」




22: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/04/02(日) 14:24:08 ID:LfOtJ5Zo

良子「春にプレゼントを贈りたいから好きなものを教えてほしい?」


良子「……そうですね。春は黒糖が好きなので、黒糖を使ったクッキーなんて作ればいいんじゃないですか?」


良子「作り方がわからない?」


良子「! なら私がレクチャーしてあげましょう。これでも料理は得意な方なので」


良子「というわけで今度またハウスにお邪魔させていただきますね」


良子「邪魔じゃない?……ふふ、嬉しいことを言ってくれますね」


良子「それでは、楽しみにしてますよ」

---
良子「ふぅ、これであとはオーブンで焼くだけです」


良子「ん?いきなりハートのクッキーはやりすぎじゃないか、ですか」


良子「……まぁ、春はそのあたり無頓着ですからノープロブレムですよ」


良子「それにあわよくばこれで好意が伝わるかもしれませんよ?」


良子「……まぁ、伝わることはないんですけどね」ボソッ


良子「さて、それでは焼きあがるまでブレイクタイムでもしましょうか」


良子「どうしました?」


良子「お茶っ葉が切れてた?私は別に構いませんが……」


良子「買ってくるから少し留守番を頼みたいと?」


良子「……分かりました。では少しゆっくりさせていただきますね」


(一人になる良子)


良子「……ふふっ」ニコッ




23: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/04/04(火) 21:58:43 ID:QstX2Ydg

良子「・・・押し倒す相手が間違ってますよ?」


C6YumID-min




25: 名前なんか必要ねぇんだよ!nLW2+z9 :2017/04/13(木) 05:54:53 ID:???

いいゾ~これ




2
6: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2017/04/13(木) 07:24:23 ID:VDbQVy5Y

良子ちゃんのどスケベばでーすき2年前までJKだったという事実も併せてすき




【バイノーラル・耳なめ】ダメご主人様製造機~ご主人様をダメにしてしまう甘やかし過ぎ健気熱愛メイド【ASMR】







でもお前ら電車に乗ってるときに戒能プロに痴漢されたら


1 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/11/16(木) 17:37:57 ID:g9T22uJA

おもむろにズボンに手を突っ込まれて手慣れた手つきで陰茎を揉みほぐす感触。
恐怖に振り向くと、その痴漢、もとい痴女が戒能良子プロだった。
足元が覚束なくなる快感の後、戒能プロの手コキで射精させられたことを知り、情けなさと羞恥心から涙がでそうになるとする。
「このまま通報しないでホテルへトゥギャザーしてくれたらホテルで最高に気持ちいいドリームを見せてあげますよ」って言われてなすがままに連れていかれるとする。
良子がシャワー浴び終わるのをどきどきしながら待ってたらバスタオルをスケスケのネグリジェを纏っている。たっぷりとした乳房や桃色の乳首、引き締まったお腹にムチムチとした太ももや薄い陰毛に覆われている恥丘を明け透けに上気した顔で隣に座る良子。
おもむろにナニをしごきながら耳元で「あなたも好きなように私を弄んでください」と言ってくるとする。
そのあとお互いにたっぷり前戯をしてから本番開始。
「ふふっ…チェリーなんですね。ナーバスにならなくても大丈夫です。ほら、あなたのペニスを私のヴァギナに当てて…んっ、そう。そして、さっき弄ってもらったクリトリスより下の穴」
「あっ…イェス。そこです。そこからぐっとペニスを押し込めば…あ、はぁ…んんっ、グレイト。おや、どうされましたか?ペニスを入れただけでザーメンが出そうになりましたか?ふふっキュートですね」
「じゃあ一回射精しておきましょう。そうすればあなたのザーメンでもっとセックスを気持ちよくできますから」

とか言って結局5回戦までやり遂げるとする(途中、パイズリや授乳手コキによる回復作業があるとする)。
流石に射精のしすぎでナニが痛くなってきたし疲れたので帰ろうとするとメアドを交換されて戒能プロとセフレになってしまったとする。
たまげたなぁ…。 




7 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/11/16(木) 17:48:36 ID:6jWHqPwM

興奮する 




9 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/11/16(木) 17:49:20 ID:Tve/hz9w

ヌッ! 




10 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/11/16(木) 17:49:45 ID:8prlcb0g

こういうのでいいんだよこういうので 




11 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/11/16(木) 17:49:58 ID:3kKQ9WvA

ビッュフェ 




12 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/11/16(木) 17:50:00 ID:g9T22uJA

戒能良子ちゃんです


bb7VczH-min


Prgk1wm-min


XA9pDH5-min




16 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/11/16(木) 17:51:01 ID:6jWHqPwM

>>12
文章だけでなく画像も用意する有能 




23 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/11/16(木) 18:08:27 ID:F9OlLdkI

>>12
3枚目のケツが無礼すぎる 




13 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/11/16(木) 17:50:21 ID:aqY.cplc

こんなところで官能小説の恩恵にあずかるとはな 




17 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/11/16(木) 17:51:15 ID:Mld1WOLw

玉も竿もでけぇなお前(褒めて伸ばす) 




18 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/11/16(木) 17:51:35 ID:TuIh5yfU

ヌッヌッヌッヌッ!
もっとオナシャス! 




25 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/11/16(木) 18:32:08 ID:YlafnM.k

NaNじぇい民は「でも」の意味を辞書で引くべき 






http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/20196/1490447458/

http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/20196/1510821477/







少し遅くなりましたが、誕生日おめでとうございます






このエントリーをはてなブックマークに追加




童貞大好きイジワルお姉さんの極上手ほどき連続射精レッスン♪【音声作品】
【30%OFF】童貞大好きイジワルお姉さんの極上手ほどき連続射精レッスン♪