CZuidUaVAAA83bc







1 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2018/01/03(水) 18:33:28 ID:m6OfXN/E

瑞希「あけましておめでとうございます。765プロ一めでたいアイドル、真壁瑞希です」

瑞希「プロデューサー。自分で言ったことですが、めでたいアイドルとは何を指しているのでしょうか」

瑞希「今年のおみくじは末吉で……むむむ、瑞希、アイデンティティクライシスだぞ」

瑞希「……いつも通りでいい?分かりました。いつも通り等身大の真壁瑞希です」

瑞希「それではいつも通りのお仕事に行きましょう、プロデューサー」


お仕事内容:>>2 




2 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2018/01/03(水) 18:34:01 ID:/pEC72Zc

クイズ 




4 :賭博イチロー:2018/01/03(水) 18:36:18 ID:???

強そう 


quizmkb-min




5 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2018/01/03(水) 18:46:44 ID:m6OfXN/E

瑞希「プロデューサー。私、考えました」

瑞希「新年一発目のここで活躍すれば、今年はもう真壁瑞希の年と言っても過言ではないはずです」

瑞希「このクイズ番組には頭のいい芸能人の方がたくさんだけど……私負けませんよ、おー」

瑞希「問題を聞いて、分かったところで押す。シュミリェ……シミュレーションもバッチリです」

瑞希「乙女ストームのセクシーアンド頭脳担当、真壁瑞希の華麗なクイズを見ていてください」


どうなった?:>>7
1:並みいる強豪を倒して見事優勝!優勝賞品の豪華おせちをお持ち帰り
2:奮闘するも一歩及ばず。皆から暖かい拍手で健闘を称えられる
3:珍回答連発!脱落後も敗者席からのコメントで場を沸かす
4:その他(自由記述) 




7 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2018/01/03(水) 18:49:08 ID:s/05blp2

2 




10 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2018/01/03(水) 19:06:19 ID:m6OfXN/E

瑞希「プロデューサー。私、勝てませんでした。知力の壁は、分厚いです」

瑞希「劇場のみんなにも手伝ってもらって勉強した成果は出せました。……あとは私の努力が足りませんでした」

瑞希「おせち、皆と一緒に食べたかったなぁ……ぐす」

瑞希「……プロデューサー。急に手を握られるとびっくりしてしまいます」

瑞希「嫌、ではないです。……プロデューサーの手、私の手であったかくなーれ」

瑞希「……はい、いろんなことを学んで来年こそ勝ちます」

瑞希「そしたら劇場でみんなとパーティしましょう、おー」


次のお仕事:>>12 




12 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2018/01/03(水) 19:07:16 ID:PLeN2Tf6

グルメレポート 




13 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2018/01/03(水) 19:17:43 ID:m6OfXN/E

瑞希「はむっ……おぉっ!こ、このケーキ……まるで口の中でバトンをぐるぐると回しているような、そんな豊かな味がします」

瑞希「……どう、でしょうか?美味しそうな表情、できてましたか?」

瑞希「……むむむ、道は険しいぞ、瑞希」

瑞希「ケーキ屋さんのリポート、私には不向きみたいです……」

瑞希「プロデューサー。何かアドバイスをいただけないでしょうか」


安価>>15
1言葉での表現を鍛えてみろ!とアドバイス
2表情が豊かになるような特訓をしよう!とアドバイス
3踊りと歌で味を表現してみよう!とアドバイス
4その他(自由記述) 




15 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2018/01/03(水) 19:20:33 ID:/pEC72Zc

他のアイドルに聞く 




16 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2018/01/03(水) 19:27:47 ID:m6OfXN/E

瑞希「なるほど、さすがはプロデューサー。やりますね」

瑞希「劇場の皆は凄いタレントの持ち主……きっとレポートのコツだって教えてくれるはず」

瑞希「あまり迷惑になるのもダメですから、誰か一人に聞くことにします」

瑞希「プロデューサーはどなたに聞くのが最適だと思いますか?」


グルメリポートのコツを聞くアイドル(ミリオンライブ):>>18 




18 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2018/01/03(水) 19:29:40 ID:1qHsTiDU

未来ちゃ 




27 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2018/01/03(水) 20:02:55 ID:m6OfXN/E

瑞希「そういうわけで事務所にいる春日さんに突撃取材だぞ」

瑞希「さて、どこに……おや、あそこのソファの上……」

未来「zzz……でへへへ……♪静香ちゃん、そんなに食べれないよぉ……むにゃむにゃ……」

瑞希「プロデューサー。寝正月を堪能中の春日さんを発見しました。どうしま……え?叩き起こせ?」

ドテンッ!

未来「わぁぁっ!?なになにっ!?何が起こったの!?」

瑞希「叩くのは忍びなかったので、毛布を思いっきり引っ張ったら春日さんが落っこちてしまいました」

未来「なんだかいい夢を見てた気がするのに……あっ!瑞希ちゃん!この前のクイズ番組、すごかったね!」

瑞希「ありがとうございます、春日さん。来年こそは優勝を目指します」

未来「わぁ……!瑞希ちゃん、やっぱり凄い!私なんて一問も分からなかったよぉ、でへへ……」

瑞希「春日さんもやればできます。毎日頑張れば優勝も夢じゃないぞ」

未来「うーん……おせちは欲しいけど勉強……。……!なんだろ、生クリームの匂いがするような」

瑞希「あ、それは私が先ほどまでケーキ屋さんにいたからです」

未来「ケーキ屋さん!?いいなぁ、うらやましいなぁ……」

瑞希「実は、そのことで少しご相談が」

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

未来「あの有名なケーキ屋さんでのグルメリポート!?瑞希ちゃん、すっごーい!」

瑞希「とても美味しいショートケーキでした。その感動を見ている皆さんにも伝えたいんです」

未来「ふむふむ……見てる人にってことは、やっぱり動きがある方がいいんじゃないかなっ」

瑞希「なるほど、確かに大げさすぎるぐらいの表現の方がカメラにも映えるかもしれません」

未来「たとえば手をこうして……ここに当てて……こう!どうかなっ!?」

瑞希「す、少し恥ずかしいです。でも、これでみんなにおいしさが伝わるなら……」

未来「あとは……美味しい!だけじゃなくて……」

瑞希「……参考になります。おかげで何とかなりそうです。この恩は必ず返します」

未来「ううん、いいよいいよ!瑞希ちゃんには勉強をいっつも教えてもらってるし、こっちこそ恩返ししなきゃね!」

瑞希「それでは、ロケに行ってきます。……あの、春日さん」

未来「ふぇ?」

瑞希「プロデューサーが凄く怒った顔で後ろに立っていますよ?」

未来「ぷ、ぷぷぷ、プロデューサーさん!違うんですっ、これはダラダラしてたんじゃなくて……あぁぁあぁぁぁっ!?」

瑞希「……お互いに頑張ろう、おー」

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

瑞希「では、いただきます。……あむっ」

瑞希「……!このショートケーキ、ふわふわとしたスポンジの中にまでいっぱいにイチゴが詰まっています」

瑞希「甘酸っぱいイチゴ、まろやかなクリーム、優しい味のスポンジケーキが口の中で混ざり合って……」

瑞希「……よし、やるぞ」

(両手を合わせてハートマークを形作り、胸の前に当てる)

瑞希「と、とっても、とーっても、美味しい、ぞ♪」

瑞希「み、瑞希のオススメケーキ、みんなも食べてねっ♪」


正月休み最終日にこの番組が放映されると、瑞希の珍しい赤面した表情とポーズが話題になり食レポしたショートケーキはすぐに売り切れた。

あと未来ちゃは冬休みの宿題の出来があまりにも悪くて中学校で叱られた。

次のお仕事:>>30 




30 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2018/01/03(水) 20:05:43 ID:iJJKLK4w

着ぐるみショーの中の人 




34 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2018/01/03(水) 20:30:57 ID:m6OfXN/E

瑞希「着ぐるみの中の人……スーツアクター瑞希、いぇい」

瑞希「顔を見せない仕事ですが、だからこそ言葉や声の抑揚に力を込められます」

瑞希「リトルミズキとかで慣れている?……ノーコメントでお願いします」

瑞希「きっと見ている人には小さい子どもが多いはず。夢や希望を与えるために、頑張るぞ」

瑞希「ところで、何の着ぐるみを着るんでしょうか」

安価:>>37
1:遊園地のマスコット、クマの着ぐるみ
2:警察署のマスコット、フクロウの着ぐるみ
3:某球団のマスコット、ツバメの着ぐるみ
4:その他(自由記述) 




37 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2018/01/03(水) 20:32:35 ID:E44zOhjU

4某球団のマスコット、謎の魚 




39 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2018/01/03(水) 20:37:48 ID:s5KcNnRA

謎の魚ってなんだよ 




40 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2018/01/03(水) 20:40:55 ID:1NIEGrKQ

こいつですね


y5EyzoE-min


zTlTcNS-min




41 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2018/01/03(水) 20:44:33 ID:VdB3wWmU

きっ、きしょい…
口の中には野獣のケツ筋でも入ってるのかな? 




42 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2018/01/03(水) 20:48:03 ID:m6OfXN/E

瑞希「……これは、すごいセンスを感じます」

瑞希「名前は……ついていない?ファンからは"謎の魚"呼びされている……」

瑞希「では私も謎のアイドル真壁瑞希として精いっぱい盛り上げてみせます」

瑞希「骨を模したスーツの上に、このアンコウのようなものを被るんですね」

瑞希「よいしょ……頭が重たくて、ちょっと動き辛いかも」

瑞希「似合ってますか、プロデューサー?……ふふ、困らせてみたぞ」

瑞希「球場に出たらしばらく跳ねまわって、皮を脱いで骨の状態になったら特技を披露……よし、頑張るぞ」


瑞希in謎の魚に降りかかったアクシデントとは?
安価:>>45
1.本番後に着ぐるみが脱げなくなる
2.瞳孔の開ききった伊東元監督が乱入
3.その他(自由記述) 




45 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2018/01/03(水) 20:51:37 ID:1qHsTiDU

1 




46 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2018/01/03(水) 21:03:38 ID:m6OfXN/E

瑞希「お疲れ様です、プロデューサー。手品、みんなに喜んでもらえてよかった」

瑞希「わぁぁって歓声が着ぐるみの中にいても聞こえてきましたよ」

瑞希「この子は野球チームのマスコット。つまりあの人たちはみんなチームのファン……」

瑞希「今日のイベントにもたくさんの人が来てたから、きっと地域の皆に愛されているんですね」

瑞希「私たちも日本全国、いや世界中の人から愛されるように頑張りましょう。夢はおっきく、だぞ」

瑞希「……どうして着ぐるみを脱がないのか?」

瑞希「……脱がないのではないのですよ、プロデューサー。……脱げないんです」

瑞希「背中のジッパーが壊れてしまったみたいです。今、人を呼ぼうか迷っていたところにちょうどプロデューサーが」

瑞希「そういうわけなので、少し手伝って貰えないでしょうか。汗まみれで喉もカラカラな瑞希を助けてください」


安価:>>48
1.女性の球団スタッフを呼んできて事情を説明する
2.自分の力でなんとか脱がせられないか挑戦する
3.その他(自由記述) 




48 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2018/01/03(水) 21:05:56 ID:/pEC72Zc

マーくんに助けてもらう 




50 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2018/01/03(水) 21:08:13 ID:fKRN1e8E

マーくん(千葉ロッテのカモメマスコット) 




52 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2018/01/03(水) 21:23:37 ID:m6OfXN/E

瑞希「プロデューサー。助っ人を連れてきてくれましたか。そちらの方は……」

瑞希「マーくん……なるほど、このチームのもう一人のマスコットの方ですか」

瑞希「蛇の道は蛇、餅は餅屋、マスコットのことはマスコットに……プロデューサーの見識には恐れ入ったぞ」

(背中のジッパーをかちゃかちゃやるマーくん)

瑞希「……おぉ、今動きました。私が何回やっても一向にずれなかったのに」

瑞希「やはりコツがあるのでしょうか。……プロフェッショナルはどの世界にもいるんですね」

(ジッパーを一番下まで下ろすと颯爽と駆けてゆくマーくん)

瑞希「ありがとう、マーくんさん。これでようやく着替えられます。……ふーっ」

瑞希「おお、プロデューサー。わざわざお茶を持ってきてくれたんですか。ありがと……う?」

瑞希「なぜプロデューサーはかたくなに壁から目をずらそうとしないまま退室しようとしているのでしょう」

瑞希「着替えとは言っても体操着を着ていますよ?……はい、学校指定の体操服です」

瑞希「私のぼでぃーは貧相なので、確かに眼福にはならないかも……ふむ、そういう問題じゃない?」

瑞希「体操服の上にジャージを着るだけなので、別に出なくても……あっ、素早い動きで逃げられてしまいました」

瑞希「……プロデューサーになら見られても気にしないのにな」

瑞希「……ぁう、でも、今はダメかも。汗、いっぱいかいちゃったし、臭いもするかも……」

瑞希「ここはお互い痛み分け、ですか」


次のお仕事:>>55 




55 :賭博イチロー:2018/01/03(水) 21:25:53 ID:???

自衛隊に体験入隊 




59 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2018/01/03(水) 21:28:15 ID:/pEC72Zc

(肉体派の仕事で)笑っちゃうんすよね 




60 :美と健康を考えた、高カカオポリフェノール:2018/01/03(水) 21:30:31 ID:???

過去の経験が活きますね


Bbx11JC-min


ZvWMQWX-min




61 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2018/01/03(水) 21:59:12 ID:m6OfXN/E

瑞希「自衛隊の体験入隊……なるほど、私の活躍の場をさらにアクション方面へ広げる布石ですね」

瑞希「ふむふむ……最近、大企業の研修などで増えてきた自衛隊の体験入隊にアイドルが挑む!心躍るコンセプトです」

瑞希「基礎訓練などを二泊三日で行なった後、皆さんの前でライブ。把握しました」

瑞希「ところでここにプロデューサーの名前があるのですが、これはプロデューサーも参加するということですよね?」

瑞希「……聞いてない?ふふ、お気の毒様です。一緒に頑張りましょう、プロデューサー」

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 

瑞希「お疲れ様です、プロデューサー。……ほんとにお疲れみたいですね」

瑞希「はい、私は元気です。、みんなで行進したり、体操したり、回れ右をいっぱいやったりしました」

瑞希「プロデューサーの方は……筋トレやランニングが中心でしたか」

瑞希「その日のうちに疲れが来るプロデューサーはまだ若い肉体ということですね。ポジティブに捉えましょう」

瑞希「そろそろ消灯時間みたいなので私は失礼します。明日も頑張りましょう、プロデューサー」

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 

瑞希「……サー、プロデューサー……」

瑞希「起きましたか、プロデューサー。机に突っ伏していたので毒を盛られたかとビックリしました。……冗談です」

瑞希「私の方は今日3km走やボール投げをしました。おかげで少し腕や足が痛い気がします」

瑞希「プロデューサーたちは……山道を歩く訓練。わぁ、大変そう……」

瑞希「明日はライブ、ある意味私たちがここに来た目的ですから、暖かくして休んで備えましょう」

瑞希「……よしよし、プロデューサーがんばれー。……ふふ」

瑞希「それでは、失礼します。おやすみなさい」

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 

瑞希「三日間お疲れ様でした、プロデューサー」

瑞希「最後に乗せてもらったヘリコプター、音と振動が凄かったですね。飛行機とはまた違った乗り心地でした」

瑞希「それにライブも盛り上がって、楽しかったなぁ。自衛隊の皆さんは意外とアイドルが好きなのでしょうか」

瑞希「レポートもしっかりできたし、オンエアが楽しみです」

瑞希「プロデューサーの筋肉痛も、それまでに治っているといいですね……あっ、そうだ」

瑞希「私がよく効くおまじないをしてあげますから、目をつぶって動かないでください……むむむ、むむ」

(プロデューサーの腕にきゅっと抱き着く瑞希)

瑞希「ふふふ、ドッキリ大成功。ぶいっ」


次のお仕事:>>63 




63 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2018/01/03(水) 22:00:20 ID:wEW/TsJo

相撲部屋に入門 




65 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2018/01/03(水) 22:01:41 ID:1qHsTiDU

美奈子が喜びそうな仕事だあ 




66 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2018/01/03(水) 22:21:03 ID:m6OfXN/E

瑞希「どうも皆様、765プロの木村庄之助、真壁瑞希です。……深い意味はないですよ」

瑞希「今日はお相撲さんの普段の生活を探るべくやってきました。私はまわしを履かないぞ」

瑞希「早速、稽古を見学させていただきます。……わぁ、凄い迫力……!」

瑞希「テレビで見ていると太ってるとしか見えませんが、こうして間近で見ると筋肉でごつごつしているのがよくわかります」

瑞希「ここの部屋はまだ若い力士が多くてこれからの飛躍を期待されているそうです」

瑞希「ふれー、ふれー、みなさん!がんばれー、がんばれー、みなさん!」

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 

瑞希「お相撲さんの応援といえばずばりご飯。今日は特別にこの真壁瑞希の鉄腕をふるいたいと思います」

瑞希「ちゃんこ鍋の作り方はばっちり美奈子さんから習ってきました。えへん」

瑞希「今度は自分が行きたいと目の色を変えていましたが、プロデューサーは必死に止めていました。何故でしょうか」

瑞希「こうやって誰かのために料理をたくさん作って、喜んでもらうというのはなんだかこそばゆい気持ちになります」

瑞希「……まるで新婚みたいなセリフ?……プロデューサーがヘンなことを言うから危うく塩と砂糖を間違えるところでした」

瑞希「誰かのためにご飯を作ることは珍しくないかと。……今度プロデューサーにも作ってあげましょうか?」

瑞希「……そんなに喜ばれるとは思ってもみませんでした。これは奮って料理を作らないと」

出来上がった瑞希特製ちゃんこは力士の皆さんがおいしくいただきました。
なお美奈子の出演は未定の模様。

次のお仕事:>>68 




68 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2018/01/03(水) 22:23:57 ID:K0H8OY22

川島瑞希さんと限定ユニットを組んでライブ 




71 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2018/01/03(水) 23:15:48 ID:m6OfXN/E

(ライブ会場内に小気味よいフォービートが流れ始める)

瑞樹「川島瑞樹よ!イェーイ☆」

瑞樹「今日はスペシャルゲストォ……」

瑞樹「ええ、私があんまり言うとね、私より目立っちゃうから」

瑞樹「嫌なんだけどね、フフッ(大人のジョーク)」


瑞樹「真壁みずk……」

(真壁瑞希、露出の高い水着のような衣装にマフラーをつけた状態で天井から降下)

(真壁瑞希、手には自身の宣材写真に使われている真顔をプリントアウトしたお面を携えている)

瑞樹「あぁ……(一瞬の動揺)」

瑞樹「ンハッ☆(分かるわ)」

瑞希「行くぞー」

瑞樹「コラボ曲よ!」

瑞希「ダイナモ感覚、ダイナモ感覚、よー、よー、よー!いえーい!(テンパり気味)」

瑞樹「DJDJ……(優しさ光るタイトルフォロー)」


瑞希「いざ!ワン、ツー、スリー、フォー!」

瑞希「DJ,DJ. Lonely night~(入念なリハーサルの成果)」

瑞樹「カモンッ!(期待) イエィッ!」

瑞希「DJ,DJ. Lonely night~ いぇい、フラッシュ!」


♪~
カモン、クラップ・ユア・ハンズ・
アンド・スタンプ・ユア・フィート
ラジオから流れてくるブギ
FM AM 耳を澄ます 真夜中のエアチェック
まるでマイケルとクインシー
足して2で割ったようなファンタスティック・トーク 
「キング・オブ・ロック・ウィズ・ユー」
君は最高のDJ!

♪~
エブリバディ カッ飛びのパーティー
スタジオから放つこのクラクション
(ここで瑞樹、緊張気味の表情の瑞希の隣にやってきてウィンク)
ハートブレイキン 心癒すマイクロフォン
真夜中を突き刺すこのプログラム・ショウ
エア・チェック 1,2
ディスク・ジョッキー・フレッシュ
みんなのために盛り上げるぜ
弾むリズムに心高ぶらせて
あの娘にとどけよメッセージ

♪~
(ここから瑞樹のソロに突入。瑞希、持参した自分の顔のお面を集め始める)
DJ! お願いさ、あの娘に
DJ! とどけて、ワン・モア・チャンス
DJ! この想い、あの娘に
(瑞希、自分の顔のお面を客席に投げる(恵みの雨瑞希))
DJ! とどけて、チェンジ・ユア・マインド!

瑞樹「今もこの胸にグッドタイムス!」
瑞希「グッドタイムス!」
瑞樹「Oh,Baby!(超絶美声)」
瑞樹「夢に溢れてたグッドタイムス!」
瑞希「グッドタイムス!」 




72 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2018/01/03(水) 23:35:37 ID:m6OfXN/E

♪~
たくさんの絶望 ア・リトル・ビット・オブ希望
東京の夜を信じよう
瑞希「皆さん、もっと目立ちましょう!いっぱい楽しみましょう!」
だけど今夜はラジオの前で

瑞樹「送る FEEL THE VIBE! I FEEL SO GOOD!」

瑞希「FEEL THE VIBE!」 瑞樹「I FEEL SO GOOD!」 

二人「「SAY HOOW!」」 観客「「「「「HOOW!」」」」」 

二人「「EVERYBODY CLAP YOUR HANDS! OH, YEAH!」」

♪~
今夜、
(瑞希、いえええええええいと声をあげながら溌溂とした表情で客席を沸かす)
無くしたものだけを全部
集めてワンモアチャンス!
(瑞樹、カメラの前で媚び媚びのぶりっこのポーズ(引 か れ た ア イ ド ル))
DJ! この想い、あの子に
DJ! とどけて、チェンジ・ユア・マインド
素顔のぼくだけグッドタイムス
見つめてほしかったグッドタイムス
瑞樹「Get busy now!」 




73 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2018/01/03(水) 23:36:01 ID:m6OfXN/E

瑞希「DJ,DJ. Lonely night~(真壁くんの美声がライブホールに響き渡る)」

瑞希「いぇい!皆さんも一緒に歌いましょう、さぁ!(ライブ特有の一体感)」

瑞希「テレビの前の皆さんも一緒に歌ってください!(電波の海を越える瑞希)」

瑞希「みんなで一緒に……」

(ここで大興奮の観客席が映る(ボルテージ120%))


♪~
一枚の葉書、一枚のファックス、
たくさんのメールに溢れ出す
二人「「ラヴ!」」
リクエスト・ソングをかけると、
感じるあの日々、あの時の感触
忘れない彼女との記憶が
思い出すたびに揺れ動き出すのさ
ラジオの前で踊ってくれ
二人「「EVERYBODY CLAP YOUR HANDS! OH, YEAH!」」

♪~
青春!イコール、あの娘といた日々
瑞樹「スイートメモリー!(全力)」
青春!甘く締め付けられていく
I Can't stop I love her!

♪~
(ここから二人が仲良くカメラの中心で時折視線を交わしながら熱唱、尊い)
DJ! お願いさ、あの娘に
DJ! とどけて、ワン・モア・チャンス
DJ! この想い、あの娘に
DJ! とどけて、チェンジ・ユア・マインド
今もこの胸にグッドタイムス
瑞希「グッドタイムス!いぇいっ、いぇぃっ!」
夢に溢れてたグッドタイム!
瑞希「グッドタイムス!Everybody!」

DJ!お願いさ、あの娘に
DJ!とどけて、ワン・モア・チャンス
DJ! この想い、あの娘に
瑞希「後ろの方!ちゃんと見えていますよ!」
瑞希「どうですか気分は!最高ですよねー!」
瑞樹「DJ!Get busy now!」

瑞樹「イエーイ!」

瑞希「はい手を挙げて!(真壁ポリス、ノリの悪い奴を一斉検挙)」

瑞希「ほら、みんなで手を挙げましょう!(真壁ポリス、無事観客全員がノリに乗ってることを確認)」

瑞希「派手な hip hop We don't stop Rock'in to the beat!」


瑞希「DJ!」 瑞樹「DJ!」

瑞希「DJ!!」 瑞樹「DJ!!」

瑞樹「自他とも認めるパーティーマン!(ゲストを持ち上げる歌手の鑑)」

瑞希「(照れ隠しのリリック)」

瑞希「派手な hip hop We don't stop Rock'in to the beat! いぇいっ!」

瑞樹「Everybody needs somebody……」

瑞樹「Get busy now!」


こうして346プロ・川島瑞樹と765プロ・真壁瑞希との夢のコラボライブは大盛況の内に幕を閉じた。

次のお仕事>>74


参考:[完全版]NONA REEVES DJDJ→LOVE TOGETHER 書き起こし
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read_archive.cgi/internet/20196/1408877396/-100 







77 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2018/01/03(水) 23:45:25 ID:pHQU005E

こいつすげぇノーナファンだぜ? 




74 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2018/01/03(水) 23:42:07 ID:/pEC72Zc

打ち上げ 





78 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2018/01/04(木) 00:05:01 ID:2K1jMEx.

瑞希「お疲れ様です」

瑞樹「はぁい、お疲れ様ー♪」

瑞希「本日は本当にありがとうございます。トップアイドルの川島さんと一緒に……」

瑞樹「瑞希ちゃん!」

瑞希「……?」

瑞樹「瑞樹って呼んでちょうだい♪一緒にライブまでやった仲なんだから、ねっ♪」

瑞樹「あっ、お姉ちゃんって呼んでくれてもいいわよー。瑞希ちゃん可愛いんだもの」

瑞希「……分かりました。では――」

瑞希「瑞希お姉ちゃん、今日は楽しかったです。本当にありがとうございます」

瑞樹「………………」

瑞希「あの……瑞樹、お姉ちゃん?」

瑞樹「やぁぁぁぁぁん!カワイイわねえ、瑞希ちゃん!本当の妹にしちゃいたいわっ!」

(瑞希、感極まった瑞樹の腕の中に抱え込まれ密着される)

瑞希「うわ、わわわわ……」

瑞樹「お肌もスベスベ、歌も上手でトークもできる!もぉ大好き♪」

瑞希「あの、瑞希お姉ちゃん、酔ってたり……?」

瑞樹「やぁねぇ、これが素よ!ライブも楽しかったし、ちょっとテンションが上がってるのっ♪」

瑞希「すごい……このパワフルさがトップアイドル……!メモメモ……」

瑞樹「瑞希ちゃん、他にも何か聞きたいことがあったらお姉ちゃんいっぱい教えちゃうわよ♪」

瑞希「聞きたいこと……。あの、他言無用でお願いできますか」

瑞樹「モチのロンよ!ささ、言ってみて言ってみて♪」

瑞希「それでは、その……そろそろ息が苦しくなってきたので、腕を……」

瑞樹「あっ……!」

瑞樹ちゃん(28)に聞きたいこと
安価>>80
1.美容について
2.体格について
3.恋愛について
4.その他(自由記述) 



80 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2018/01/04(木) 00:08:10 ID:GZtHYkfo

3
プロデューサーが好きなんですけどどうすればいいですか?  




83 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2018/01/04(木) 01:00:19 ID:2K1jMEx.

瑞希「では……ええと……」

瑞希「私の友人の相談でも、いいでしょうか」

瑞樹「……ええ!いいわよ」

瑞希「その子は身近にいる年上の男の人のことが気になっていて、不意に近づかれてドキドキしたり、笑顔に胸が高鳴ったり……」

瑞希「確証は持てないのですが、この気持ちはきっと恋心だろうと思って……いるそうです」

瑞希「でも男の人はきっと仕事の担当だとしか認識していません。それに年も離れています」

瑞希「思いを伝えても、それはきっとお互いにとってプラスのない結末になると、私は思っています」

瑞希「……どうすれば、どうすれば彼女に思いを絶たせることができるでしょうか」


瑞樹「……難しい質問ね。誰かの気持ちを変えるのは簡単じゃないわ」

瑞希「はい。でも、私はどうしても彼女に諦めさせたいんです」

瑞樹「彼女自身の気持ちは確かめた?簡単に諦めさせられるようなものなのかしら?」

瑞希「……よく、分からないです。私には、判断できませんでした」

瑞樹「ふぅん…。でも、彼への恋を無かったことにさせたい。そう瑞希ちゃんは思っているのね?」

瑞希「……はい」

瑞樹「それは何故かしら、瑞希ちゃん。どうしてあなたは彼女の恋心を阻もうとするの?」

瑞希「それは……私たちはアイドルだから。アイドルは皆のために歌を歌うんです……誰か一人のためではなくて」

瑞樹「アイドルとしての活動に支障が出るから、ね。……それだけかしら」

瑞希「………………」

瑞樹「ゆっくりでいいわ、私、待つことには慣れているのよ。恋も仕事もね」

瑞希「……ふふっ。瑞樹さんは優しいですね」


瑞希「…………怖いんです」

瑞樹「怖い、ねぇ」

瑞希「彼の周りには凄い美人さんや気立てのいい女性がたくさんいます。だから……負けるのが怖い」

瑞希「勇気を出しても、あっけなく破られて、その後で彼の態度が変わってしまうことが怖いです」

瑞希「でも、思いを秘めたまま彼の傍にいるのが嬉しいのに辛くなって、だからもう諦めようって……」

瑞希「……そうすれば、彼女は傷つかずに済むって、そう思ったんです」


瑞樹「……わかるわ。ここまで築いてきた関係を崩したくはないもの、誰だってそう思うわよ」

瑞樹「でも瑞希ちゃん、ホントはもっと別の道があるって気づいてるんじゃない?」

瑞希「別の道……」

瑞樹「彼女が苦しんでいるのは、どんなに悩んでも諦めようとしても彼のことを好きだという本物の気持ちを隠し切れないから」

瑞樹「それなら、その気持ちを貫き通すのが私は一番後悔の残らない考えだと思うわ」

瑞希「でも……お言葉ですが、アイドルは恋をしては……」

瑞樹「瑞希ちゃん、アイドルっていうのはね自分の鏡なの。素顔の自分の映し身が歌って踊るのよ」

瑞樹「恋に悩んで心が暗くなれば鏡に映る姿だって澱んでしまう」

瑞樹「同じようにね、恋心を強く持ち続けて明るく生きる姿はまぶしく輝くアイドルとして皆の目に映るの」

瑞樹「あなたが恋をして、アイドルが輝いて、ファンが感激する。それは悪いことかしら?」

瑞希「……この話に、私は関係していませんよ?」

瑞樹「あら、ごめんなさい。記憶力では若い子に負けるわねー」

瑞希「肌の美しさや元気では、瑞樹お姉ちゃんが一番若々しい。……にこっ」

瑞樹「もーっ!瑞希ちゃんったらお世辞が上手いんだから!」

瑞樹「……ライバルが多いのは大変よね。よく分かるわ」

瑞樹「でも大事なのは相手の長所や魅力じゃないの。自分がどう魅せるか、相手をどれほど思っているか、これに尽きるわ」

瑞希「……ありがとうございます。アドバイス、ちゃんと彼女に届けてきます」

瑞樹「ふふっ♪また一緒に歌いましょうね、瑞希ちゃん」 




84 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2018/01/04(木) 01:00:40 ID:2K1jMEx.

瑞希「迎えに来ていただきありがとうございます。……はい、大変楽しい打ち上げでした」

瑞希「瑞樹お姉ちゃんは私の中で師匠レベルに位置付けられました」

瑞希「プロデューサーの位置づけ?それは……」

瑞希「とても大切な人、です。まだ私の言葉では全部言い表せないぐらい特別で大事な存在……」

瑞希「だから……傍にいてくださいね、プロデューサー。すぐ近くで私の成長を見ていてください」

瑞希「私が成長しきったら……その後どうするか一緒に考えましょう」

瑞希「アイドル活動を続けるのか、それとも……ふふふ、私の将来は無限大ですよ」 




85 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2018/01/04(木) 01:01:41 ID:2K1jMEx.

残ってたらまた明日続きやるかもしれません(やるとは言ってない)
安価に付き合ってくれた兄貴たちありがとう!フラーッシュ! 




87 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2018/01/04(木) 01:02:34 ID:wxsB14Xc

ああああああ!!!いい!!いい!!!! 


ああああああ!!!




91 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2018/01/04(木) 01:27:59 ID:e6LP1zF6

玉も竿もでけえなお前(褒めて伸ばす) 




92 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2018/01/04(木) 01:46:00 ID:XDwNvpjY

真壁くんは可愛いし川島さんは素敵だし
やっぱりみずきがナンバーワン! 






http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/20196/1514972008/







誕生日にまとめようと思ってたので






このエントリーをはてなブックマークに追加