kctnkbyuugumo_006_01-650x390







1: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/04/29(日) 23:58:49 ID:jcJn7Xng

夕雲(お嫁さんですよん)『zzzz』

提督ママ『お、お前さ夕雲さ、狸寝入りしてんだら?さっさと起きろよ起きろよぉ~』

夕雲『これは寝言だけどママのミルクを飲まなきゃ起きません♥︎ それとも朝勃ちしてるからこれを鎮めてあげないといけないのかしら?♥︎♥︎♥︎』

提督ママ『ファッ!?朝っぱらからセクハラとかやっぱ好きなんすねぇ~』

夕雲『早くしないとお仕事に遅れちゃうけど言うとおりにしてくんなきゃ一生寝たきりのままなんですよぉ~?♥︎』

提督ママ『まったく、しょうがねぇなぁ~ホライグどぉ~』

ズボンのホックを外し、豊かな金玉が弾けるように飛び出す。中身は特濃野獣ミルクがたっぷり詰まっており、夕雲は毎朝これをお腹に入れてから登校しているのだ。
受精を施そうと、勃起した変色亀頭を夕雲の薄く開かれた下の口へと当てがう。呼応するように、亀頭の先が奥に吸い込まれる。

提督ママ『乳首もコリコリしてやるからなぁ~』

秋雲「あなたぁ~~~~♥︎♥︎♥︎♥︎♥︎♥︎」

ぬっと伸びた筆がキャンバスの空白に触れる。ただそれだけで、秋雲さんはほとばしるような叫びとともに絶頂しました。秋雲さんちょっといいかしら?


133-min




3: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/04/30(月) 00:00:27 ID:HqiQaeNw

逆じゃなくて提督がママなのか…




5: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/04/30(月) 00:15:02 ID:jhYxFULI

青年提督が申し訳程度の白エプロンととってつけたようなしょうもない化粧(主に口紅)してそう




7: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/04/30(月) 00:22:50 ID:x9M/XCNA

提督ママ『巻雲、起きてくれよなぁ~頼むよぉ~』

巻雲(お子さんですよん)『zzzz』

提督ママ『お、お前さ巻雲さ、狸寝入りしてんだら?さっさと起きろよ起きろよぉ~』

巻雲『これは寝言だけどお母様のミルクを飲まなきゃ起きませーん!それに朝勃ちもしてるからこれも鎮めないとねぇ~』

提督ママ『ファッ!?どこでそんな言葉覚えたんですかこの子ったらねぇ~』

巻雲『早くしないとお仕事に遅れちゃうけど言うとおりにしてくんなきゃ一生寝たきりのままなんですよぉ~?』

提督ママ『まったく、しょうがねぇなぁ~ホライグどぉ~』

ズボンのホックを外し、豊かな金玉が弾けるように飛び出す。中身は特濃野獣ミルクがたっぷり詰まっており、巻雲は毎朝これを紅茶に入れて放置しているのだ。
受精を施そうと、勃起した変色亀頭を巻雲の薄く開かれた口へと当てがう。呼応するように、亀頭の先に歯が当たる。

提督ママ『乳首もコリコリしてやるからなぁ~』

巻雲『ママーッ!!!!!!!!』ガリッ

提督はほとばしるような叫びとともに悶絶した。ダメだなこりゃ。


134[2]-min




8: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/04/30(月) 00:37:56 ID:x9M/XCNA

提督ママ『風雲、起きてくれよなぁ~頼むよぉ~』

風雲(お嫁さんですよん)『......///』

提督ママ『お、お前さ風雲さ、狸寝入りしてんだら?さっさと起きろよ起きろよぉ~』

風雲『こっ......これは寝言だけどその、ママの......ママのミルクを飲まなきゃ起きません!!♥︎ そ、それに提督も朝勃ちしてるからこれを鎮めてあげないと!♥︎♥』

提督『ファッ!?朝っぱらからセクハラとかやっぱ好きなんすねぇ~(ニタニタ』

風雲『だ、だから早くしないとお仕事に遅れちゃうけど......言うとおりにしてくんなきゃ一生寝たきりのままなんだからね.....♥』

提督『まったく、しょうがねぇなぁ~ホライグどぉ~』

ズボンのホックを外し、豊かな金玉が弾けるように飛び出す。中身は特濃野獣ミルクがたっぷり詰まっており、風雲は毎晩このことを考えながら眠れぬ夜を過ごしているのだ。いやらしい
受精を施そうと、勃起した変色亀頭を風雲の薄く開かれた下の口へと当てがう。呼応するように、亀頭の先が奥に吸い込まれる。

提督『乳首もコリコリしてやるからなぁ~』

秋雲「ああ^~~~~~~~~♥︎♥︎♥︎♥︎♥︎♥︎」

ぬっと伸びた筆がキャンバスの空白に触れる。ただそれだけで、秋雲はほとばしるような叫びとともに絶頂した。......って何描いてんのこらぁ!


kazagumo




10: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/04/30(月) 00:52:58 ID:DepDNoVk

何やってんだこの陽炎型…




11: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/04/30(月) 00:56:36 ID:x9M/XCNA

提督ママ『長波サマ、起きてくれよなぁ~頼むよぉ~』

長波(旦那サマだぜ)『zzzz』

提督ママ『お、お前さ長波さ、狸寝入りしてんだら?さっさと起きろよ起きろよぉ~』

長波『これは寝言だけどママのミルクを飲まなきゃ起きまっせーん!!それともなんだ、そいつを鎮めてやらねぇといけねぇのか~?』

提督ママ『ファッ!?朝っぱらからセクハラとかやっぱ好きなんすねぇ~』

長波『早くしないと仕事に遅れるけど言うとおりにしてくんなきゃ一生寝たきりのままなんだよなぁ~?♥︎』

提督ママ『まったく、しょうがねぇなぁ~ホライグどぉ~』

ズボンのホックを外し、豊かな金玉が弾けるように飛び出す。中身は特濃野獣ミルクがたっぷり詰まっており、長波は毎日これをおにぎりにぶっかけて改修しているのだ。
受精を施そうと、勃起した変色亀頭を長波の薄く開かれた下の口へと当てがう。呼応するように、亀頭の先が奥に吸い込まれる。

提督ママ『乳首もコリコリしてやるからなぁ~』

秋雲「ママーーーッ♥︎♥︎♥︎♥︎♥︎♥︎」

ぬっと伸びた筆がキャンバスの空白に触れる。ただそれだけで、秋雲はほとばしるような叫びとともに絶頂した。潔く寝ろバカ。


135[2]-min




12: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/04/30(月) 01:06:08 ID:x9M/XCNA

提督ママ『高波、起きてくれよなぁ~頼むよぉ~』

高波(犯罪ですよん)『zzzz』

提督ママ『お、お前さ高波さ、狸寝入りしてんだら?さっさと起きろよ起きろよぉ~』

高波『こ、これは寝言だけどママのミルクを飲まなきゃ起きないかも、です♥! それに朝勃ちしてるからこれを鎮めてあげないといけないかもです︎♥︎♥!!』

提督ママ『ファッ!?この年でセクハラとかやっぱ好きなんすねぇ~』

高波『は、早くしないとお仕事に遅れちゃうけど......言うとおりにしてくんなきゃ一生寝たきりのままかも......です♥︎』

提督ママ『まったく、しょうがねぇなぁ~ホライグどぉ~』

ズボンのホックを外し、豊かな金玉が弾けるように飛び出す。中身は特濃野獣ミルクがたっぷり詰まっており、高波は今日はじめて男の味を知ることになるのだ。
受精を施そうと、勃起した変色亀頭を高波のピッチリと閉じた下の口へと当てがう。呼応するように、亀頭の先が少しずつ奥に吸い込まれる。

提督ママ『乳首もコリコリしてやるからなぁ~』

秋雲「アウトォォォォォォォォオオオ!!!」

ぬっと伸びた筆がキャンバスの空白に触れる。ただそれだけで、秋雲はほとばしるような叫びとともに絶頂しました。ちょっと頭おかしいかも。


c9a42cccb97e79e86f6a-min




13: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/04/30(月) 01:23:43 ID:x9M/XCNA

提督ママ『藤波、起きてくれよなぁ~頼むよぉ~』

藤波(お嫁さんですよん)『zzzz』

提督ママ『お、お前さ藤波さ、狸寝入りしてんだら?さっさと起きろよ起きろよぉ~』

藤波『これは寝言だけどちんちんミルク(直球)を飲まなきゃ起きまっせーん♪ それに朝勃ちしてるそいつを鎮めてあげないとにぃ?♥』

提督『ファッ!?朝っぱらからセクハラとかやっぱ好きなんすねぇ~』

藤波『早くしないとお仕事に遅れちゃうけど言うとおりにしてくんなきゃ一生寝たきりのままなんだからねぇ?にひひひっ♥』

提督『まったく、しょうがねぇなぁ~ホライグどぉ~』

ズボンのホックを外し、豊かな金玉が弾けるように飛び出す。中身は特濃野獣ミルクがたっぷり詰まっており、藤波は鳥海を見習って毎朝これを紅茶に入れてから登校しているのだ。
受精を施そうと、勃起した変色亀頭を藤波の薄く開かれた下の口へと当てがう。呼応するように、亀頭の先が奥に吸い込まれる。

提督『乳首もコリコリしてやるからなぁ~』

秋雲「ママーッ!!!!!!!!」

ぬっと伸びた手が秋雲に触れる。そこからのドラゴンスープレックスで秋雲は絶命した。おしまい。


285-min




14: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/04/30(月) 01:31:40 ID:x9M/XCNA

提督ママ『浜波、ドロップしてくれよなぁ~頼むよぉ~』

浜波(何だこいつ!?)

提督ママ『お、お前さ浜波さ、狸寝入りしてんだら?さっさと出ろよ出ろよぉ~♥♥♥』

浜波『』

提督ママ『ファッ!?朝っぱらからセクハラとかやっぱ好きなんすねぇ~』

浜波『』

提督ママ『まったく、しょうがねぇなぁ~ホライグどぉ~』

ズボンのホックを外し、豊かな金玉が弾けるように飛び出す。中身は特濃野獣ミルクがたっぷり詰まっており、浜波に毎朝これを紅茶に入れさせてから登校させるのだ。
受精を施そうと、勃起した変色亀頭を浜波の薄く開かれた下の口へと当てがう。呼応するように、亀頭の先が奥に吸い込まれる。

提督ママ『乳首もコリコリしてやるからなぁ~』

浜波『』

ぬっと伸びた手が空を切る。ただそれだけで、提督はほとばしるような叫びとともに射精した。諦めろ。


284-min




15: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/04/30(月) 01:32:25 ID:x9M/XCNA

提督ママ『OKNM、起きてくれよなぁ…誰?』

OKNM(誰?)『惰眠を貪りたい』

提督ママ『お、お前さOKNMさ…誰?』

OKNM『ミルクが欲しいという気持ちは他の艦娘以上だと思う』

提督ママ『ファッ!?朝っぱらからセクハラとか…誰?』

OKNM『HELP!HELP!』

提督ママ『まったく、しょうがねぇなぁ…誰?』

困惑する頭を冷やし、同様の質問を繰り返すように言い出す。中身は特濃野獣疑問がたっぷり詰まっており、OKNMは毎朝自らの認識を消してから登校しているのだ。
受精を施そうと、勃起した変色亀頭をOKNMの薄く開かれた口へと当てがう。呼応するように、乳首の先に歯が当たる。

提督ママ『乳首もコリコリして…誰?』

AKGM「気持ちいい…気持ちいい、気持ちいい」

誰?


252-min




16: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/04/30(月) 01:42:52 ID:x9M/XCNA

提督ママ『朝霜、起きてくれよなぁ~頼むよぉ~』

朝霜(クソガキですよん)『ガァーーーーzzzz』

提督ママ『お、お前さ朝霜さ、普通に寝坊してんだら?さっさと起きろよ起きろよぉ~』

朝霜『むにゃむにゃ......これは寝言だけど司令のミルクを飲まなきゃ起きないぜ!それに朝勃ちもしてるからこれも鎮めないとなぁ?』

提督ママ『ファッ!?どこでそんな言葉覚えたんだこのクソガキ!?』

朝霜『早くしねぇと仕事に遅れちゃうけど言うとおりにしてくんなきゃ一生寝たきりのままだぜ?』

提督ママ『まったく、しょうがねぇなぁ~ホライグどぉ~』

ズボンのホックを外し、豊かな金玉が弾けるように飛び出す。中身は特濃野獣ミルクがたっぷり詰まっており、朝霜は毎朝これを紅茶に入れてから登校しているのだ。
射精を施そうと、勃起した変色亀頭を出したまま壁に手をつく。呼応するように、朝霜がスタンバイする。

朝霜『ケツ穴もぐちゃぐちゃぐちゃぐちゃしてやるかんなぁ~~!!!』

提督『ヌゥン!ヘッ!ヘッ!ア゛ア゛ア゛ア゛ァ゛ァ゛ァ゛ァ゛ア゛↑ア゛↑ア゛↑ア゛↑ア゛ア゛ア゛ァ゛ァ゛ァ゛ァ゛!!!!ウ゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ァ゛ァ゛ァ゛ァ゛ァ゛ァ゛ァ!!!!!フ ウ゛ウ゛ウ゛ゥ゛ゥ゛ゥ゛ン!!!!フ ウ゛ゥ゛ゥ゛ゥン!!!!(大迫真)』

ぬっと伸びた蹴りが提督の菊門を責める。ただそれだけで、提督はほとばしるような叫びとともに射精しました。売れないなぁ。


asasimo-min




17: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/04/30(月) 01:43:58 ID:I7ONiwgU

まさか清霜までいくのか




18: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/04/30(月) 01:51:18 ID:x9M/XCNA

提督ママ『早霜、起きてくれよなぁ~頼むよぉ~』

早霜(お嫁さんですよん)『ふふ......起きてますよ?』

提督『お、お前さ早霜さ、いつまで俺のことじっと見てんだら?言いたい事あるなら言ってみろよぉ~』

早霜『ふふふっ、それじゃあ......これは寝言だけど、司令官のミルクを飲まなきゃ起きません♥︎ それとも朝勃ちしてるからこれを鎮めてあげませんとね......?♥︎♥︎♥︎』

提督ママ『ファッ!?朝っぱらからこんな誘ってくるとかやっぱ好きなんすねぇ~』

早霜『早くしないとお仕事に遅れちゃうけど......言うとおりにしてくれなきゃ、いつまでもいつまでも見つめたままなんですよ......?♥︎』

提督ママ『まったく、しょうがねぇなぁ~ホライグどぉ~』

ズボンのホックを外し、豊かな金玉が弾けるように飛び出す。中身は特濃野獣ミルクがたっぷり詰まっており、早霜は毎晩このことだけを考えて夜を明かしているのだ。
受精を施そうと、勃起した変色亀頭を早霜の薄く開かれた下の口へと当てがう。呼応するように、亀頭の先が奥に吸い込まれる。

提督ママ『乳首もコリコリしてやるからなぁ~』

早霜「......~~~~~~♥︎♥︎♥︎♥︎♥︎♥︎」

ぬっと伸びた筆がキャンバスの空白に触れる。ただそれだけで、秋雲はほとばしるような叫びとともに絶頂した。えー球審の不知火です、通報があったため愚妹を拘束します。


209-min




19: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/04/30(月) 01:53:32 ID:VezhYbzQ

気が済むまで全部やれ




20: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/04/30(月) 02:02:38 ID:x9M/XCNA

提督ママ『清霜、起きてくれよなぁ~頼むよぉ~』

清霜(将来の夢は戦艦かお嫁さんになることですよん)『zzzz』

提督ママ『お、お前さ清霜さ、狸寝入りしてんだら?さっさと起きろよ起きろよぉ~』

清霜『ムニャムニャ......これは寝言だけどママのミルク飲まなきゃ起きませ~ん......それに早く戦艦になりたいからムニャムニャ......』

提督ママ『ファッ!?朝っぱらからこんな寝言言うとかやっぱ戦艦になりたいんすねぇ~』

清霜『早くしないと武蔵さんに置いてかれちゃうけど......言うとおりにしてくんなきゃ一生駆逐艦のままムニャムニャ......zzz』

提督ママ『まったく、しょうがねぇなぁ~ホライグどぉ~』

割烹着を外し、出来立ての朝食が卓に並ぶ。中には母の愛情がたっぷり詰まっており、清霜は毎朝これを腹に入れてから出撃しているのだ。
食事を施そうと、炊き立てのご飯を清霜の薄く開かれた口へと当てがう。呼応するように、箸の先に歯が当たる。

提督ママ『お口も拭き拭きしてやるからなぁ~』

清霜『ママーーーーッ!!』

ぬっと伸びた手が頬に優しく触れる。ただそれだけで、清霜はほとばしるような叫びとともに出撃した。検閲済。


210-min




21: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/04/30(月) 02:08:22 ID:x9M/XCNA

おわり


SMCQPnd




22: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/04/30(月) 02:26:51 ID:jWlAlMwA

やっぱ風雲ちゃんの…初さは…最高やな!




25: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/04/30(月) 07:37:03 ID:AskMNs4U

優しい世界




27: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/04/30(月) 07:45:07 ID:q/mol3c.

早霜すき




29: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/04/30(月) 09:34:12 ID:au7TNUEI

沖波のAKNN化路線は悲しくなるのでドロップ率を上げてさしあげろ


AKNM-min






https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/20196/1525013929/







別バージョンですね






このエントリーをはてなブックマークに追加