b0f8caac-min







1: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/05/22(火) 18:55:17 ID:Or0Dslmc

咲耶「ではプロデューサー、明日の朝7時に頼むよ」

P「俺がやる方なのね…」

咲耶「期待してるよ」

P「そんな朝早く起きれるかなぁ…」

咲耶「そこまで早くないと思うんだが」

P「こういう仕事してるとね…夜遅いから」

咲耶「では期待はほどほどにしておくよ。アラームも一応ね」

P「そうしてくれ」

摩美々「プロデューサーまみみもー」
三峰「三峰も!」
恋鐘「ウチも!」

P「お前さん達は自分で起きなさい」

3人「「「えー」」」

霧子「あの…私も…」

P「……あー…」

霧子「……」

P「……いいぞ」

霧子「…やたっ♪」

3人「「「えーなんでーぶーぶー」」」

咲耶「ふふっ。じゃあまた明日」

霧子「…お願いします」

P「おう」

・・・




2: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/05/22(火) 18:55:51 ID:Or0Dslmc

・・・
翌朝 AM7:15
P宅


Prrrrrrr!!

P「…んぁ…おはようございまふ…」



咲耶『お・は・よ♡(低音)』



P「ん"っ⁈……あぁ…なんだ咲耶か…」

咲耶『なんだとはなんだ。約束忘れたのかい?』

P「…あー、…あー、すまん…さっきまで飲んでた…」ごそごそ

咲耶『不健康だね』

P「(水飲みてぇ…水…)仕事だよ仕事…不本意だけど、お陰でテレビのオファー貰えそうだ…ふぁぁ…」

咲耶『毎日そんなことしてるのかい?』

P「(確か冷蔵庫ん中…あった)…流石に毎日とまではいかないけど…しょっちゅうかな…」

咲耶『それなら…』


P「…んー?」ぐびぐび


咲耶『…毎朝私が味噌汁作りに行ってあげようか?』


ゲッホゲホッ!

P「……目ぇ覚めたわ…」ダバー

咲耶『連れないな』

P「げほっ…そういうのは言う相手考えるんだぞ」

咲耶『貴方以外の男の人に言うつもりはないよ』

P「……女の子には?」

咲耶『喜んで♡』

P「……ですよね。まぁファンサービスの範囲でやんなさいよ」

咲耶『分かった。あ、霧子に電話、忘れてないだろうね?』

P「あー」

咲耶『頼んだよ。じゃあまた後で』

P「おう」

ガチャ


咲耶「……攻め過ぎた…かな?」




5: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/05/22(火) 18:59:02 ID:bNcEZBUc

つづけて




6: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/05/22(火) 18:59:09 ID:OLj/dAmM

こういうのでいいんだよこういうので




10: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/05/22(火) 19:57:06 ID:KLIQtqew

続きまーだ時間かかりそうですかねー?




15: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/05/22(火) 20:27:29 ID:Or0Dslmc


Prrrrr

ガチャ
P「…もしもし?」

霧子「おはようございます、プロデューサーさん」

P「あれ、もう起きてた?」

霧子「はい…待ってました」

P「…それってモーニングコールって言うのか…?」

霧子「さぁ?…うふふ」

P「えーと、なんだ。どうですか寝起きは」

霧子「さっき七時過ぎに電話が来て…プロデューサーさんからかなって思ったら…咲耶さんでした」

P「あー、その…ごめん。寝てた」

霧子「そうみたいですね。咲耶さん…まだ来ないのかーっ…て、拗ねてましたよ?」

P「…マジで?」

霧子「はい。まじです♪」

P「…後で埋め合わせしとくか」

霧子「そうして下さい」

P「じゃあ、また事務所でな」

霧子「はい。 あ、それと…3人にも…してあげて下さい」

P「えー…」

霧子「お願い…しますね♪」

ガチャ


P「…メッセでいいか」

カコカコ…

P『おはよう』

ピロン♪

三峰 結華 さんからメッセージ:
おはようございます(^^)/

まみみ さんからメッセージ:
Zzz...zzz..,


P(……起きてんじゃん…)

P(恋鐘は…返信来ないし。一応電話してやるか)

Prrrrr.....prrrrr

P「……寝てるな」

おわり




18: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/05/22(火) 20:31:33 ID:6pQYp1JE

>>1
日本一やお前!!




20: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/05/22(火) 20:35:09 ID:h0iEvlkI

優しい世界すき




24: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/05/22(火) 21:12:03 ID:efEyEaHU

これだから白瀬スレはやめられねェよ









白瀬咲夜「壁ドン?いいね、やろう!」(非ポンタVer)


1: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/05/24(木) 00:25:58 ID:GokfQ7ag

咲耶「というわけでプロデューサー、宜しく頼む」(壁際に立つ咲耶)

P「えー俺がやるの…」

咲耶「普通男の人がやるものなんだろう?」

P「さっきは咲耶がみんなにやってたじゃん」

咲耶「あれか?うん。中々楽しかったぞ。みんなに楽しんで貰えたかな」

P「…なに、全員にやったの?」

咲耶「摩美々には逃げられたけどね。結華や霧子には喜んでたし、凛世と甜花は3秒で堕としたよ。ふふ」

P「堕とすって…おいおい…」

咲耶「あぁでも…果穂は泣かせてしまったね…申し訳ない事をした」

P「…小学生にはキツいわな…」

咲耶「…まぁそういうことでな。消化不良というか、自分もこちら側を経験してみたいんだ。頼むよ」

P「でも…俺と咲耶じゃ身長変わんないじゃん」

咲耶「身長はそこまで関係無いよ。気になるなら私が少し屈めば問題ない」

P「…あー……」

咲耶「ダメ、…かな?」

P「……わぁーったよ。やるよ」

咲耶「んふ、恩に着るよ」




2: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/05/24(木) 00:26:32 ID:GokfQ7ag

・・・

P「えぇっと…人来ないよな…?」

咲耶「来たら来たで面白そうだね?」

P「楽しんでるなぁ…」

咲耶「楽しみさ。それよりも、ほら。あまり焦らさないでくれるかな?」

P「焦らっ……おま、……あーもう分かったよ…っしゃいくぞ…」

咲耶「優しく頼むよ♡」

P「……調子狂うなぁもう」


咲耶「……」(壁に寄りかかる咲耶)


P「……あー」


咲耶「……」(じっとこちらを見つめる咲耶)


P「…い、いくぞ……」


咲耶「……」(軽く頷く咲耶)




P「……」どんっ




咲耶「……」(ガン見)



咲耶「……」(瞼を伏せる咲耶)



P「………?」



咲耶「………」(目を瞑る咲耶)



咲耶「……んっ…」(キス顔)



P「………」



咲耶「…ん………ん?」(目を開ける咲耶)


P「……あ、あのなぁ……」



咲耶「…真っ赤じゃないか♡」



P「………勘弁してくれよ…」

おしまい




3: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/05/24(木) 00:29:42 ID:JadtSdS.

かっこいいくせにこんなかわいくてええの?これで




6: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/05/24(木) 00:32:54 ID:PBwpWZDc

ああああああ!!!良い!良い!良い!




8: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/05/24(木) 00:34:09 ID:OfxHJebY

なんて神々しいんだ…




17: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/05/24(木) 08:21:24 ID:NOiYdRgI

毎試合マルチヒットを打ってくれるような安心感









白瀬咲耶「肩揉み?いいね、やろう!」


1: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/05/26(土) 21:49:10 ID:/GdZhRTo

咲耶「じゃあプロデューサー…」

P「やらないからね」

咲耶「…話を振ったのはそっちじゃないか」

P「はづきさんが最近肩凝ってるらしいって言っただけです」


咲耶「…私も凝ってるぞ」

P「嘘つくの下手過ぎない?」

咲耶「いつになく辛辣だね…」しゅん

P「あ、いや別に邪険にしたつもりじゃ…」オロオロ

咲耶「本当かい…?」

P「あ、ああ…流石にこっちから所属の子にボディタッチは…っていう意味で…」


咲耶「…じゃあ私が貴方にしてあげよう!それならいいだろう?」ニコニコ


P「…なんか納得いかない…」

咲耶「まぁそう言わないでくれ。なに、いつものお礼だよ」スタスタ…


(Pの後ろに移動して肩に手を掛ける咲耶)
咲耶「それでは早速やろうか。ほら、PCの画面も消して」

P「いや、今まだ途中…」

咲耶「リラックスするときはね、何にも邪魔されず…自由で、なんというか救われなてなきゃあダメなんだ…二人で、静かで、豊かで…」モミモミ

P「…分かったよ(ポチー)…よくそんな台詞知ってたね…」

咲耶「結華から聞いたんだ。貴方も知ってるんだな」もみもみ

P「あー…三峰なら知ってそう…」


ピタッ
咲耶「…な、プロデューサーさん。力加減どうかな?」

P「ん?あぁごめん、すっごく気持ちいいよ。普通に上手でリアクション出来なかったくらい」

咲耶「ふふ…そうか、よかった」モミモミ




2: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/05/26(土) 21:49:43 ID:/GdZhRTo

P「やっぱ咲耶は身体が大きいからパワーがあるな。普通の女の人でも力弱くて物足りないことあるし…」


咲耶「…」グリィッ!

P「痛っで⁈」

咲耶「貴方は…たまに普通の人よりデリカシー無いことがあるな」グリグリ

P「いでででで! ごめんごめん!」

咲耶「ほら、これなんかどうだ。肘でこうして…ふっ」
(Pの肩に肘を乗せ体重を掛ける咲耶)

P「~~~~^っ!」


咲耶「ん?…どうした?痛すぎたかい?」


P「……んひ…いや、それ、めっちゃくちゃくるわ…」

咲耶「…そんなに?」ぐりぐり

P「あぁ…かなり良いとこ入ってる…ふっ…もう少し弱めにできる?」

咲耶「ふふ…いいぞ。こうかな」ぐり…ぐり…


P「あぁ^~…いぃ^~…」

咲耶「ふふ…」ぐりぐり


P「これ…クセになりそう…」

咲耶「それは光栄だね…」


P「また…お願いするかも…」


咲耶「んふ…」



咲耶「…い・い・よ♡」(低声)



P「耳元で囁くのは……やめて…///」

終わり




4: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/05/26(土) 21:52:54 ID:f1jwA90k

こういうのでいいんだよこういうので




6: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/05/26(土) 22:00:42 ID:Ob7mlllw

やっぱり咲耶さんが一番好きだ




7: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/05/26(土) 22:01:04 ID:Llaf81PM

なんて神々しいんだ…




8: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/05/26(土) 22:01:39 ID:roBHo2.6

最近の白瀬さんスレ大好き
もっと流行れ




11: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/05/26(土) 22:11:50 ID:jQ88AsfI

読んでるだけでなんか肩気持ちよくなってきた









白瀬咲耶「眼鏡?いいね、掛けよう!」


1: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/05/29(火) 21:24:47 ID:bQi6tDbM

咲耶「というわけでプロデューサー、少し付き合ってもらえるかな」

P「どういうわけで?」

咲耶「普段は顔を隠してくれと言ったのは貴方だろう? 結華に眼鏡を勧められてね」

P「あー、その話か」

咲耶「お陰様で街中で声を掛けられることも増えてね。出来れば皆に挨拶したい所なんだが…」

P「トラブルを避けるに越したことはないよ。変な奴もいるしね」

咲耶「そんなに私が大事かい…?」

P「…そりゃ大事だよ…」

咲耶「そんなに大事なら四六時中囲ってくれてもいいんだよ?…ふふ」

P「…ほら早く行くぞ」スタスタ

咲耶「…んふ♪」タタタ…


………

@メガネ屋

P「ほら、好きなもの選んでいいぞ。経費で落とすから」

咲耶「そんな連れない事言わないでくれないか。貴方にも選んで欲しい」

P「えー…俺あんまりセンス無いし…」

咲耶「じゃあこれ」(奇抜なデザインのを手に取る咲耶)

P「分かった分かった!俺も探すから!」

・・・




2: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/05/29(火) 21:25:06 ID:bQi6tDbM

・・・

咲耶「これなんてどうかな」スチャ

P「おー、似合ってる似合ってる」

咲耶「可愛い?綺麗?」

P「……綺r…」

咲耶「……」ムスッ

P「……可愛いよ」

咲耶「100点♪」

P「…あーもう…。で、どうする。色入れるか?」

咲耶「レンズかい?私は透明でいいと思っていたけれど」

P「変装用なら少し入ってた方がいいかな…いやでも逆に目立つか…」ブツブツ

咲耶「私は無色透明がいいな」

P「そう?」

咲耶「人を口説くときは、やはりこちらの目線が見える方がいいからな」

P「口説っ……あのな…」

咲耶「こんな風に、ね」


(顔を寄せて眼鏡越しに目線を合わせてくる咲耶)


咲耶「…どうだい?」


P「…その通りだと存じます」

咲耶「んふ。それに、サングラスでは皆の顔色が分からないからね」

P「…そこ、大事か?」

咲耶「大事さ」


(更に顔を寄せる咲耶)


咲耶「特に貴方の顔色は、ね」(顎クイ)


(顔を逸らすP)


(眼鏡を持ち上げる咲耶)

咲耶「紅くなるところなんか…見落としたら勿体無いからな。フフっ」


P「…見ないでぇ…///」

おわり




4: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/05/29(火) 21:28:45 ID:gQ8jYuVs

いつも転がされてるP好き




5: クロスビー :2018/05/29(火) 21:30:36 ID:???

もはやデートでは?




6: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/05/29(火) 21:32:06 ID:34e82lNE

こういうのでいいんだよこういうので




11: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/05/29(火) 22:08:45 ID:u2dHfCy.

メガネ咲耶さんのイラストがないやん!









白瀬咲耶「料理?いいね、やろう!」


1: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/03(日) 16:48:14 ID:DkJVQ2/M

咲耶「はいプロデューサー、お待ちどうさま」ゴトッ

P「…カレーの匂いがすると思ったら…」

咲耶「あぁ給湯室使わせてもらったぞ。恋鐘に教えてもらったから味は保証する」

P「まぁ確かに旨そうだ。…あれ、俺が食うの?」

咲耶「貴方に食べて欲しいんだ…」(わざとらしい演技をする咲耶)

P「はいはい。頂きます頂きますよ」


咲耶「じゃあはい、あーん♡」(スプーンを持つ咲耶)

P「……自分で食うよ…」

咲耶「ん。」ズイ 

P「……」

咲耶「ん」

P「……あーー……」

咲耶「ん♡」ピトッ

P「熱”っづ!?」

咲耶「あははは」

P「ダチョウ倶楽部ちゃうねんで!」

咲耶「ごめんごめん。ほら、もう一回」

P「…ったくもう…あーー」

咲耶「ん」

もぐもぐ…

咲耶「美味しいか?」

P「んー。んまい!」モックモック

咲耶「それは良かった。あ、ほっぺにカレー付いてるぞ。とってあげよう」

P「なんだそのマッチポンプ……いいよ自分で取るから」フキフキ

咲耶「ふふ…」




2: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/03(日) 16:48:42 ID:DkJVQ2/M

P「全くもう…(カチャカチャ)めちゃくちゃ美味いんだから普通に…パクッ…たべはへへくれればいーのに…」モグモグ

咲耶「……そんなに美味しいか?」

P「うん。うまいよ」モグモグ

咲耶「そっか…よかった」テレテレ

P「隠し味とか入れてんの?」

咲耶「ん?隠し味? それは勿論…」

P「愛とか言わないでね」

咲耶「………」

P「…怒んないでよ…」

咲耶「私は自分のセリフ取られるのが嫌いなんだ」

P「あぁそう…なんかごめん…」もぐもぐ…



P「ぷは。ごっそさんでした」

咲耶「お粗末さまでした」

P「なんだその、うまかったぞ」

咲耶「…ありがとう」

P「片付けは俺やるよ」

咲耶「あ、いや。そんな」

P「いいからいいから」




P「咲耶は普段料理するのかー?」ガチャカチャ

咲耶「いいや、あんまりやらないかな」

P「そうなのか。それならなおさら上手じゃないか」ジャー

咲耶「ふふ、ありがとう。貴方は?」

P「俺かー? まぁ学生ん時はやってたけど最近は忙しくてなぁ…」ゴシゴシ

咲耶「へえ…」

ガチャカチャ…ジャー

(Pの背後から両肩に手をかける咲耶)
咲耶「なら…貴方の手料理…食べてみたいな…」

ジャーーー……

(腕に沿って手を這わせる咲耶)
咲耶「愛情、たっぷりの…ね♡」


P「こういうの普通…逆じゃないすか」

咲耶「ダメ?」

P「……今度作るよ」

終わり




3: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/03(日) 16:48:57 ID:vE8cttxk

ああああああ!!!良い!良い!良い!




4: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/03(日) 16:49:38 ID:OsnYUfL6

こういうのが良いんだよこういうのが




5: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/03(日) 16:53:05 ID:/sMdyNMY

ほんとすき




8: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/03(日) 16:57:43 ID:n8lSsPRc

イケメン咲耶さん好き
美少女咲耶さんも好き




14: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/03(日) 18:11:52 ID:EIjW8PwE

つよい




15: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/03(日) 18:39:26 ID:9Vr/jnQo

>(竿に沿って手を這わせる咲耶)




16: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/03(日) 18:44:20 ID:1XxC4LDM

はああああ………!!









6月27日は白瀬咲耶さんの誕生日です


1: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/27(水) 00:00:03 ID:iEsYNSz.

QpzzVKo-min


おめでとうございます




4: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/27(水) 00:04:26 ID:ZlajbL6.

橘朔也さんも祝福




7: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/27(水) 00:06:41 ID:CXmAbihI

安易にポンコツに堕ちないからすき




12: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/27(水) 00:55:10 ID:ke/2RPvI

ケツが弱そう→ケツまでつよい(迫真)
初SRだったので思い入れ深いです
おめでとう!




14: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/27(水) 01:57:23 ID:QwWcmfb2

コメントまでイケメンで女の子になっちゃう!





17: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/27(水) 07:05:40 ID:QwWcmfb2

Vi編成にオススメのsSSR指咲耶すき


9AMT0pT-min




Vo型のsSSR花咲耶もすき


GZI1xnK-min




今回のイベントで手に入るsSR咲耶ももちろんすき


5Y0RcoP-min




18: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/27(水) 07:31:34 ID:QZjJWh.A

おっぱいおおきいからすき




26: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/27(水) 08:36:27 ID:JEKUZ9to

偽りのない強さを感じる




34: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/27(水) 18:08:58 ID:wzEssstE

アンティーカのメンバーよりお祝いの283Pが届いております




40: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/27(水) 19:58:25 ID:iIKBcKyE

>>34
さらっと書かれてみんな普通に受け入れてるけど
よく考えたらすごい絵面ですね




41: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/27(水) 19:59:45 ID:PaEIx9oc

>>40
ケーキ感覚で「私ひとりで味わうのは申し訳ない」とか言ってスマブラになりそう




43: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/27(水) 22:19:38 ID:H5rIAu86

VAUMAu8-min


逆ならセーフという風潮






https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/20196/1526982917/

https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/20196/1527089158/

https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/20196/1527338950/

https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/20196/1527596687/

https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/20196/1528012094/







誕生日おめでとうございます






このエントリーをはてなブックマークに追加