nagato-yuki0059-min






1: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/09/23(日) 17:54:54 ID:STwUyv0w

ハルヒ「どういうことそれ!!」

長門「(彼が私の)お体に触りますよ…」

ハルヒ「キョン!!」

キョン「いい加減にしろいい加減、どうした一体いい加減。長門最近少し変、お前最近少し変」

長門「今から72時間、あなたと愛し続ける」ンチュッ

キョン「長門ェ!」

ハルヒ「ちょっと有希!?なんであんた達キスして……」

キョン(ヤバいよヤバいよヤバいよ、ヤバい!!ヤバいって!!本当にヤバいよ、これはヤバい!!)

古泉「涼宮さんがストレスを感じたとなれば、あの神人様……黙ってませんね……」

朝比奈「たいした奴だ……」




3: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/09/23(日) 18:01:41 ID:njDcHVLA

貧乳が巨乳勝ちヒロインのヒナタポジションに行くとか厚かましいですねぇ




4: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/09/23(日) 18:06:53 ID:lppwVSHw

ハルヒはおめえらのオモチャじゃねえ!




5: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/09/23(日) 19:15:31 ID:sTpCBjxQ

Revolution.




6: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/09/24(月) 07:52:43 ID:PqoRv.OM






8: 磯辺事典子 :2018/09/24(月) 18:38:19 ID:???

朝倉さん「どのみちロクな奴じゃねーんだ見つけ次第殺るぞ!」


small-min









長門「東中出身、長門有希。ただの人間に興味はない」


1: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/09/27(木) 18:53:57 ID:kpAhS4hg

長門「この中に、宇宙人未来人異世界人超能力者がいたら私のところに来て。以上」スチャッ

キョン「え」

キョン「お、おい…それはハルヒの台詞だろ?」ヒソヒソ

長門「ハルヒ……?」

キョン(また消失か…?でも今回は四月か……)

長門「あなた……宇宙人…?」

キョン「あいにく地球人だ」

長門「そう……なら話しかけないで欲しい。時間の無駄」

キョン(やれやれ)



キョン(まさか代わりに文芸部室にハルヒがいたりして……)ガチャッ

ハルヒ「あら、キョンじゃない。どうしたの?」

キョン「たまげたなぁ」

ハルヒ「まぁ驚いても無理はないわね。あたしと有希のポジションが入れ替わってるんだもの。多分有希の仕業ね」

キョン「ファッ!?」

ハルヒ「有希があんたとの出会いをやり直そうとしてあたしの力を使ったのよ。前回は超常現象要素を消して有希とあたしで選ばせたけど、今回は超常現象要素はそのままにあたしと有希だけ入れ換えた。それならSOS団の方が好きなキョンも、団長である有希を選ぶかもしれないしね」

キョン「お、お前!なんで自分の力を自覚してるんだ!?」

ハルヒ「今のあたしは情報統合思念体によって産み出された対有機生命体コンタクト用ヒューマノイドインターフェースだもの」

キョン「そう………」

ハルヒ「まぁ今回もSOX団のメンバーを集めるのが鍵でしょうし、さっさと戻りましょ。古泉君に電話してみるわね。番号変わってなきゃいいけど……。みくるちゃんの方よろしく」ピピピ

キョン「ならいいが……」





キョン「ふー、戻れた」

長門「おかしい。戻るのが早すぎる」

喜緑「哀れ。」




2: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/09/27(木) 18:56:27 ID:OnJE6tRo

長門すき




3: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/09/27(木) 18:56:55 ID:GzJGQgqg

SEX団?




4: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/09/27(木) 18:57:54 ID:kpAhS4hg

間違えました
SOX→SOS




5: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/09/27(木) 18:57:56 ID:WQKCBcFs

このハルヒはこのハルヒで人気出そう




6: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/09/27(木) 19:06:05 ID:H7QR.1IA

SOXは下セカですね・・・


maxresdefault-min




11: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/09/27(木) 19:52:19 ID:9ovMgGKk

行動力のある長門ポジションとか強すぎる









朝倉「おはよう」 キョン「あ、朝倉ぁ!?」 ハルヒ「キョン?」


1: 割れてるんだよ!植木鉢が割れてんだよなぁお前のせいでオラァ!なぁ! :2018/09/28(金) 11:27:28 ID:???

ハルヒ「何よ、驚いた顔して」

キョン「す、すまん……朝倉に殺されそうになった夢を見て……そのせいでビビっちまった」

朝倉「もーひどい」

ハルヒ「ばっかみたい」

キョン(また消失か、壊れるなぁ)



放課後
キョン「長門、いるか」ガラッ

ハルヒ「あら、キョンじゃない」

キョン(そんなっ……!長門がいない!)キョロキョロ

古泉「お知り合いですか?」

ハルヒ「クラスメイトよ」

朝比奈「もしかして文芸部に見学にきてくれたんですかぁ? 私は部長の朝比奈みくるですぅ、書道部も兼部してるんですよぉ」

ハルヒ「あたしが副部長よ」

古泉「古泉一樹です」

キョン「(長門以外いるなんて)おっぱげた…!」



ハルヒ「みくるちゃん!ネタ探ししてくるわ!!行くわよ古泉君!」バッ

古泉「わかりました」バッ

朝比奈「いってらっしゃ~い」

キョン(役職下なのにみくるちゃん呼びなのか………(困惑))

朝比奈「ごめんね、あの二人いっつもあんな感じなの」

キョン「そうなんですね」




2: 割れてるんだよ!植木鉢が割れてんだよなぁお前のせいでオラァ!なぁ! :2018/09/28(金) 11:27:45 ID:???

光陽園前

キョン(長門!長門はどこだ!)

眼鏡長門「………」トボトボ

キョン(いたー!)

キョン「長門!会いたかったぞ!!」ギュッ

眼鏡長門「………………誰?」

キョン「お、覚えてないのか……? 何度も俺を助けてくれたじゃないか」

眼鏡長門「なんのこと…?」

キョン「ほら、宇宙人朝倉とかカマドウマとか雪山とか誘拐とか………」

眼鏡長門「………?」

キョン「くそっ……。じゃあ図書館行ったときのこと覚えてるか?」

眼鏡長門「……っ! …………覚えていない」

キョン(お、手応えありか?)

キョン「眼鏡がない方が可愛いって言ったことは?」

長門「……………覚えていない」スッ

キョン(やっぱりな♂)

キョン「屋上で俺が『くそったれと伝えろ』って言ったことは?」

長門「お、覚えていない……」

キョン「ほら、こんなポーズで」スッ

長門「っ……/// 覚えていない」

キョン(うーん、決定打が分からん)

キョン「………じゃあ何なら覚えてるんだ?」

長門「sleepping beauty」

キョン「ん?」

長門「白有希姫」

キョン「したことないぞ」

長門「した」

キョン「やば…やば…わかんないね………」

長門「もう一度したら思い出すかもしれない」

キョン「わ、わかった………」ンチュッ

長門「んっ……ちゅっ……んちゅっ……」





長門「キスしてもらえた」ブイッ

朝倉「やったじゃない!で、涼宮ハルヒの情報爆発は!?」

喜緑「ざけんな」




3: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/09/28(金) 13:17:36 ID:/EXP6avw

強い




5: 磯辺事典子 :2018/09/28(金) 17:25:03 ID:???

最近長門好きの気持ちが分かってきました




6: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/09/28(金) 17:26:40 ID:W7jm46.U

犬ハサ以外のSSとはたまげたなぁ。




同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com







朝倉《台風気を付けてくださいね》長門「う、うん」


1: 割れてるんだよ!植木鉢が割れてんだよなぁお前のせいでオラァ!なぁ! :2018/09/30(日) 20:05:16 ID:???

朝倉《じゃあもう切りますね》

長門「うん。またね」

〈ガチャン〉
長門(また台風かぁ……大丈夫かなぁ……)

〈ピンポーン〉
長門「あ、はーい」トトトッ

長門(宅配便かな……)ガチャッ

キョン《よぉ、長門》

長門「あっ…/// 今開けるね」



長門「ど、どうしたの? こんな天気なのに……」

キョン「前の台風の時停電しただろ? だから心配で来たんだ」

長門「あ、ありがとうございます……」

キョン「彼氏として当然のことをさせてもらってるだけですが///」

長門「う、うん…///」

キョン「…………で、今のうちに色々充電しておかなきゃならんわけだが、携帯とかゲームとか大丈夫か?」

長門「ぜ、全然!!」

キョン「だろうと思った…。とりあえずキリのいいところまでやってセーブしとけよ」

長門「う、うん!」



キョン「あとそうだ。ほれ、非常食」ドサッ

長門「おぉ……クッキー……」キラキラ

キョン「あのー、長門さん? もしもの時に食べるから非常食なのであって、今食べたら意味ないぞ?」

長門「わ、わかってるよ!?」ビリッ

キョン「開けながら言うな」

長門「……もぐっ………あ、美味しい!」

キョン「言ったそばから食うなよ」

長門「だって開けたら持たないし………」

キョン「まぁそうだが…」ビリッ

長門「……食べるの?」

キョン「長門の食べっぷりを見てたら食べたくなってきた」

長門「ふふっ、そっか」

キョン「おっ、うまいなこれ……」モグモグ




2: 割れてるんだよ!植木鉢が割れてんだよなぁお前のせいでオラァ!なぁ! :2018/09/30(日) 20:09:33 ID:???

キョン「…………で、全部食っちゃまったわけだが」

長門「どうしよう…」

キョン「朝倉がいたら怒られるな、こりゃ」

〈バチンッ〉
長門「にゃああああ!!」ビクッ

キョン「停電か!? えっと確か………」ゴソゴソ

キョン「あった!蝋燭! 長門、スマホで照らしてくれ」

長門「う、うん…」ピカー

キョン「えっと…ライターっと……」ボッ

長門「綺麗……」

キョン「これで少しは明るくなったな」

長門「………」

キョン「どうした?」

長門「蝋燭の火を見てたらね、付き合って1年の時に買ったケーキを思い出して……」

キョン「そっか…」ポンポン

長門「…………あの時の……続き………する…?///」

キョン「な、長門さんっ!?///」

長門「このままだと暇だけど………こんなに暗いところでゲームしたら……朝倉さんに……怒られちゃうし……///」

キョン「た、確かにそうだが……///」

長門「……寒くなってきたし……あ、暖めてほしいなぁ……って…///」

キョン「あ、あぁ……わかった……///」





キョン「なぁ長門、なんだこれは」

長門「恋愛小説」

キョン「お前の担当は幻想ホラーだろ?」

長門「あなたが恋愛小説の内容を悩んでいるようだから」

キョン「気持ちはありがたいが……こういうのはやっぱり自力で書くよ」

長門「そう……」

ハルヒ「ちょっとキョン!!有希と付き合ってるってどういうことよ!!」

キョン「先ほどの物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。」

長門「ノンフィクション」

キョン「ファッ!?」

ハルヒ「キョン!!詳しく説明しなさい!!」

古泉「困りましたねぇ……これじゃあ世界が台無しだ」

朝比奈「凄いですね、これ」




3: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/09/30(日) 20:13:11 ID:Iq2uRYjs

こういうのでいいんだよこういうので




4: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/09/30(日) 20:24:38 ID:y4//O9QQ

長門有希ちゃんかと思ったら長門だった






5: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/09/30(日) 22:13:21 ID:rqEgZilE

かわいい




7: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/09/30(日) 22:17:57 ID:YzKNbrPQ

中の人が出てる、ヤバいヤバい




8: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/09/30(日) 22:21:57 ID:rRFx3mfU

ONDISK語録を一言だけ喋るONDISKすき








ハルヒ「有希、どうしたの?あたしに相談って」長門「………」


1: 割れてるんだよ!植木鉢が割れてんだよなぁお前のせいでオラァ!なぁ! :2018/10/09(火) 09:18:00 ID:???

長門「実は…………私は今……ある人に………好意を抱いている」

ハルヒ(有希に好きな人がねぇ……。有希って純粋だから変なのに引っかかりそうで心配なのよね……)

ハルヒ「どんな人?」

長門「……あなたもよく知っている」

ハルヒ「……古泉君?」

長門「違う」

ハルヒ「じゃあみくるちゃん」

長門「苦手」

ハルヒ「………………………まさかあたし!?」

長門「そうじゃない」

ハルヒ(あれ……今とんでもない暴露があった気が……)

ハルヒ「もしかして……キョン…?」

長門「…………///」

ハルヒ(え、嘘…有希もキョンが好きなの!?)

ハルヒ「ど、どうしてキョンなの!?」

長門「図書カード……作ってくれたから……」

ハルヒ(ハハァ…不思議探索の時に作ってもらったのね。そこでキョンの優しさに惹かれたと……)

長門「それに……私が持病の貧血で倒れた時……彼が支えてくれた……。そして……眼鏡が壊れた私に…『眼鏡してない方が可愛い』と言ってくれて………」

ハルヒ(そんなことがあったのね……。それ以来コンタクトにしたわけだ……。ゲームの時もキョンに何かの許可を取ってたみたいだし、有希って尽くすタイプなのね……)

長門「………想いだけでも伝えておきたい………だから、彼に話す時に…側にいて欲しい」

ハルヒ(そういえばキョンが、有希が親戚の元に引っ越して転校することになるかもしれないって話してたわよね……。進級してもいるから無事解決した物だと思っていたけど、また話題に上がったのかしら…。それで心残りにならないように告白を……。あたしとしては絶対に残って欲しいし全力で止めるけど……万が一ってこともあるしね……)

ハルヒ「わかったわ。告白、絶対成功させるわよ!」

長門「…………ありがとう」




2: 割れてるんだよ!植木鉢が割れてんだよなぁお前のせいでオラァ!なぁ! :2018/10/09(火) 09:18:57 ID:???

次の日の放課後、2年5組教室
キョン(『涼宮ハルヒのことで話がある』って言われて来てみたが、長門遅いなぁ……。『姿』を見せろよ……)

〈コンコンッ〉
〈ガラッ〉
キョン「おっ、遅かったな。長門にしては珍し……」

ハルヒ「ほら有希」

長門「あ、あの……その……」ギュッ

キョン「ファッ!?なんでハルヒが!?」

キョン(確かにハルヒの話をするとは言ったが、何も本人を連れて来るこたないだろ!! 世界が終わっちまう!今ハルヒのこと言ったら、死ねるよ、古泉!)

ハルヒ「あたしのことは気にしないでいいわ」

キョン「いや……気になるんだが……」

キョン(長門、俺に説明してくれ。なんでハルヒとここに来なきゃいけないんだ)

長門「あの………あ、あなたのことが……す……す………す………」

キョン「す?」

長門「涼宮ハルヒのこと。それと、わたしのこと。あなたに教えておく。うまく言語化できない。情報の伝達に齟齬が発生するかもしれない。でも、聞いて。涼宮ハルヒとわたしは普通の人間じゃない。性格に普遍的な性質を持っていないという意味ではなく、文字通りの意味で、彼女とわたしはあなたのような大多数の人間と同じとは言えない。この銀河を統括する情報統合思念体によってつくられた対有機生命体コンタクト用ヒューマノイドインターフェイス。それが、私。通俗的な用語を使用すると宇宙人に該当する存在。私の仕事は涼宮ハルヒを観察して、入手した情報を統合思念体に報告すること。生み出されてから3年間、私はずっとそうやって過ごしてきた。この3年間は特別な不確定要素がなく、いたって平穏。でも最近になって無視出来ないイレギュラー因子が涼宮ハルヒの周囲に現れた。それが、あなた。(早口)」←グルグルお目々ですよん(@_@)

キョン「アンサンブルラッパ!!(適当に叫んで誤魔化す)」

キョン(古泉よ……止められなかった俺の責任だ……。俺のことを“殺したい”と思ってくれていい。それで許してくれるなら……)

ハルヒ「有希!落ち着いて!深呼吸よ深呼吸!」

長門「ヒッ…ヒッ…フー………」

ハルヒ「それラマーズ法よ。落ち着いて息を吸って」

長門「……スー…」

ハルヒ「吐いて~」

長門「はぁぁあああっ…!!(吐息)」

ハルヒ「大丈夫?落ち着いた…?」

長門「……落ち着いた」

ハルヒ(さっきの情報なんとかって何なんだろ……)




3: 割れてるんだよ!植木鉢が割れてんだよなぁお前のせいでオラァ!なぁ! :2018/10/09(火) 09:20:30 ID:???

Take8
長門「私は………あなたのことが……す………好き………」

ハルヒ(やっと言えたわね……よかった……)

キョン「おっぱ……おっぱげた!」

キョン(状況が理解できなさすぎて体がおかしくなりそうだ……。長門が俺に告白? Why?なぜ?)

キョン(『俺は長門よりもよっぽど長門の感情を知ってるつもりだし。世話になってるし』と自負してたんだがな……。冷静に思い返してみれば確かに俺に決定権を委ねることが多かった気が……いや、それは自意識過剰か…?)

キョン(長門が好きか嫌いかと聞かれたら確実に好きだと答えるが、正直恋愛対象として意識したことがないんたよな……。長門の澄んだ瞳に惹かれたことは何度もあるし、あっちの世界で長門の言動にときめいたこともある……。だが俺が今まで長門抱いていた感情はいわゆる父性であって恋愛感情ではないだろうし……)

ハルヒ(突然告白されて戸惑うのは分かるけど……何も本人の前でそんなにウンウン唸ることないでしょ…)イライライライラ

ハルヒ(ただでさえ有希が不安そうなのに……)チラッ

長門「………………申し訳なかった。さっきのは忘れて欲しい」

キョン・ハルヒ「え?」

長門「聞かなかったことにして欲しい。だから………もう悩む必要はない……」

キョン「な、長門!」

長門「また明日……」クルッ

ハルヒ「有希!」ガシッ

ハルヒ「いい? キョンは初めて告白されたからパニックになってるだけで、明日には落ち着いて結論を出せているはずよ? だからこの場は保留ということにして、また後日っていうのはどう?」

長門「私のワガママで彼をあんまり苦しめたくない。だから聞かなくていい」

ハルヒ「いいわけないでしょ!!」

長門「……」ビクッ

ハルヒ「あ、ごめんね…有希…」

ハルヒ(絶対お互い気まずくなるに決まってるじゃない………二人共SOS団を楽しめなくなっちゃう……。そのせいで有希が転校を決意してしまうかもしれない……そうなったらあの廃部眼鏡に部室を取られるのは確実よ……。楽しんでくれている古泉君やみくるちゃんに立つ顔がないわ……)

ハルヒ(これは二人だけの問題じゃない…SOS団全体の問題なの!だから神様お願い…!有希がキョンと付き合えるようにしてあげて!)




4: 割れてるんだよ!植木鉢が割れてんだよなぁお前のせいでオラァ!なぁ! :2018/10/09(火) 09:22:32 ID:???

キョン「長門!………俺は長門が好きだ」

ハルヒ「!?」

長門「……///」

キョン「正直に言えば、愛…してる。かわいい、食べちゃいたい」

ハルヒ「さらっとセクハラ発言してんじゃないわよ」

キョン「長門は『言うなよ。なんでセクハラ発言するんだよ』と思っているはず。ただ、悪いけど、長門に告白されて、この歴史的な日を…。これは恋愛の神様が言わないといけないと思っちゃったんだな 」

ハルヒ「そう……(ドン引き)」

ハルヒ(有希も引いてなきゃいいけど……)チラッ

長門「そ、そう…///」ヌギヌギ

ハルヒ「ストーーーップ!!有希!!それはまだ早いわ!!」テイッ

長門「……………ジョーク」

ハルヒ「目がマジだったわよ?」

長門「…………彼と付き合えることになったのはあなたのおかげ、ありがとう」

ハルヒ「何言ってんの、有希が勇気を出して告白したからでしょ?あたしは横で突っ立ってただけ。何もしてないわ」

長門「あなたが側にいてくれたから勇気を出すことができた。…あなたが止めてくれたから彼の返事を聞くことができた。それに───」

ハルヒ「も~、そんなの気にしなくていいわよ。……二人っきりになりたいだろうし、お邪魔虫はさっさと帰るわ。キョン!いくら彼女だからっていきなり有希に手を出すんじゃないわよ!出したら死刑だから!!」

キョン「わかってるって」

ハルヒ「じゃあね」クルッ

ハルヒ(これで……いいのよね…………)ポロポロ




5: 割れてるんだよ!植木鉢が割れてんだよなぁお前のせいでオラァ!なぁ! :2018/10/09(火) 09:23:07 ID:???

朝倉「長門さん!『涼宮ハルヒの情に訴えて能力使ってもらっちゃおう作戦』は上手くいきましたか!?」

長門「バッチリ」グッ

朝倉(あぁ^~、至急情報爆発起してくれや)

喜緑「TFEIのクズがこの野郎……」




6: 割れてるんだよ!植木鉢が割れてんだよなぁお前のせいでオラァ!なぁ! :2018/10/09(火) 10:50:23 ID:???

先日10月8日はSOS団団長、涼宮ハルヒさんの誕生日でした
間に合わなくてすみません


Do95VQLU4AEdmOk-min




7: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/09(火) 11:07:01 ID:mNwLL0Gc

これは策士




9: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/09(火) 14:48:05 ID:2xVoXlZg

語録野郎と化したキョン




11: 生徒会役淫夢共 :2018/10/09(火) 19:45:57 ID:???

告白してきた女の子ではなく男友達のことを真っ先に心配するホモの鑑






https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/20196/1537692894/

https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/20196/1538042037/

https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/20196/1538101648/

https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/20196/1538305516/

https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/20196/1539044280/







1日遅れですがおめでとうございます




【関連記事】

ハルヒ「6月24日はUFOの日よ!」

キョン「古泉が俺を狙ってるらしいけど野郎は趣味じゃないからな」

長キョン島X

キョン「こ↑こ↓」 ハルヒ「知ってるわよ。アンタん家でしょ」

キョン「昨日借りた本返すぞ、長門」

古泉一樹「”俺”って意外と……怖いですよ?」

ハルヒ「キョン!AVを撮るわよ!」






このエントリーをはてなブックマークに追加