8aece827






1: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/26(金) 21:56:03 ID:o3Zxrht2


切っ掛けは部長の一言だった。



「……そういえば咲、あなた明日誕生日よね?」



10月26日。

いつも通りの部活中、部長がふと思い出したように言った。



「え? あ、はい。そうですけど……」


「おぉ! それはめでたいじぇ!」


「おめでとうございます。咲さん」


「……いや待て2人とも、今日じゃなくて明日じゃろ」


「た、確かにそうだじょ!」



そんな3人のやり取りを見て思わず苦笑いする。




5: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/26(金) 22:06:39 ID:o3Zxrht2



「……という訳だから。今日は早めに切り上げて皆で何か食べに行かない?」



ピッと人差し指を立てて提案する部長。

そ、そんな大袈裟にしてもらわなくても……と、少し恥ずかしくなって前髪を撫でる。

そんな私をよそに和ちゃんと優希ちゃん、染谷先輩もすぐ頷いた。



「アリですね」


「私も意義なーし!」


「そうじゃの」


「じゃあちゃちゃっと終わらせちゃいましょ」



い、いえそんな……本当に気を遣って頂かなくても……

せめてちゃんと部活が終わってから―――









「……あっ須賀くん、それロン。トビね?」


「ノォ――――――ッ!!!!」





……あ、終わっちゃった。


.

6: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/26(金) 22:09:38 ID:5mrVo6p6

かわいい




9: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/26(金) 22:32:36 ID:o3Zxrht2



――――――――――――
―――――――――
――――――
―――



「あ、あのっ! 今日は本当にありがとうございました!」


「いいのいいの。私一回こうやって後輩のこと祝ってあげたかったのよねー」



部長はそう言って悪戯っぽく笑う。



部活が終わってから私たちはご飯を食べる前に買い物に行った。

そこで誕生日プレゼントってことで、皆でお金を払ってブックカバーを買ってくれて。

しかもその後はケーキまで買ってくれた。



「年に1回じゃけぇ、これくらいせんとな」


「そうですね」


「私の誕生日は期待してるじょ、咲ちゃん!」



ま、任せてよ!と我ながら自信無さげに答える。




11: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/26(金) 22:48:14 ID:o3Zxrht2







……皆と別れて京ちゃんと並んで歩く夜道。

冬服に変わったとは言え、夜はやっぱり冷え込むなぁ。



「……ふぅ……」



肩をさする私を見て彼がこちらに目を向ける。

その視線に私は何も言わずに小さく首を振り、そしてそれを見た彼も何も言わず前に向き直った。





「……ねぇ、京ちゃん」


「ん?」


「今日はありがとね」


「おう。感謝しまくれ」


「……ふふっ、そうします」



……気のせいかな。

空に浮かんでる三日月も、どこか祝ってくれているようだった。




14: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/26(金) 23:11:25 ID:o3Zxrht2



――――――――――――
―――――――――
――――――
―――



「じゃあまた月曜日になー」


「うん。ばいばい」



京ちゃんの背中を途中まで見送り玄関を開ける。

お父さんからの「明日の夜はどっか食いに行くか」という言葉に笑顔でお礼を返してから、
階段を上がって部屋の扉を開けて制服のスカーフを外してベッドに寝転んだ。




「あっ、そうだ」



読み掛けの本を手に取り、早速皆が買ってくれたブックカバーを被せてみる。



「……ふふっ」



思わずそのまま本を開いて読み始めてしまう。

しょうがないよね、うん。











……結局、「咲、さっさと風呂入っちまえよー」というお父さんの声がリビングから聞こえてくるまで読書に没頭していた。



.
17: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/26(金) 23:27:32 ID:o3Zxrht2









「―――わわっ」



不意にスマートフォンが震えた。

画面には『須賀京太郎』と表示されている。



「京ちゃん? どうしたんだろ……」



えぇと、出るボタンは……

え~~っと、こうすれば良いんだっけ?



「あっ」



ま、間違って切っちゃったよ!

……どうしよう。折り返し電話しないと……

でもどうやってやるんだっけ……?



「……わわっ!?」



ベッドの上で1人慌てていると、また京ちゃんから電話が掛かってきた。

よーし、今度こそ……!




18: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/26(金) 23:37:41 ID:o3Zxrht2



「……あ、もしもし? 京ちゃん?」


『おお、悪いな。遅くに』


「う、ううん……平気だよ。こっちこそ切っちゃってごめんね」


『どうせ慌てて操作ミスったんだろ?』


「……そ……っ、んなこと、無いよ!」


『図星じゃねーか』


「…………」


『ははは、やっぱりな』


「うぅ……」




悔しくて唸りながらベッドに倒れ込む。

枕元に置いてある開きっぱなしの本に目をやって、栞を挟んでから本を閉じた。




20: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/26(金) 23:50:31 ID:o3Zxrht2



「よいしょっ…と。 ……それで、どうしたの?」



身体を起こしながら電話口に問う。

京ちゃんがこんな時間に電話してくるなんて、少なくとも私の記憶の中には殆どない事だ。



『……あぁ、いや、その、何してっかなーって』


「本読んでて、もうすぐ寝ようかなって思ってたけど」


『マジか。そりゃ邪魔して悪かったな』


「……別に電話くらいなら大丈夫だけど」


『おうそうかそうか……そりゃ良かった』



???

片方の手で前髪を撫でながら小さく首を傾げてみる。

何だか様子が変な気がするけど……どうしたのかな?




21: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/26(金) 23:55:21 ID:o3Zxrht2



「ねぇ京ちゃん。他に何か用あるの?」


『……ん、まぁ、な。うん』



どうも要領を得ない。



「……あのさぁ」


『ちょ、ちょっと待ってくれ。ちょっとだけで良いから!』


「え? 何それ……」


『ほら、たまには中身の無い会話もいいだろ? な?』


「…………」


『いやー今日の咲の嶺上開花は凄かったなぁ!』


「…………」


『しっかしああも俺の当たり牌ばっか暗槓するかね?』


「……もう……」




溜息混じりに呟いた私は、さっき閉じた本をまた開き読書を再開した。


……どうやら、片手間で聞いてても良さそうだ。




23: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/26(金) 23:59:29 ID:o3Zxrht2



そして、私が次のページを捲ろうとした時。

ふと京ちゃんが呟いた。



『―――あっ』


「……なに?どうしたの?」


『咲、誕生日おめでとう』


「え? ありがと。……ていうかさっきあんなに祝ってくれたじゃない」


『それもそうだけどさ。最初が良かったから』


「??」


『……よし、用は済んだし切るわ!』


「え? ちょっと―――」


『おやすみ、咲!』


「え、あ、うん……おやすみ……?」



プツッ




24: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/27(土) 00:03:11 ID:DuHYfl9M



そっちから掛けてきた癖に一方的に切るなんて。

なんて横暴なのかな。もう……


大きく溜息をついてから、スマートフォンの画面を京ちゃんに見立てたつもりで睨みつけた。







「……あ」





      10月27日(土)

      午前 0:00







…………。





…………。







……こういうとこずるいよなぁ。京ちゃんって。




27: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/27(土) 00:10:22 ID:DuHYfl9M



そしてスマートフォンの画面が暗転して、今の私の表情がそこに映った。





「…………ありがと」





今日はもう少しだけ起きてようかな。


そんな事を考えながら、静かにまた本を開いた。



.

28: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/27(土) 00:12:14 ID:DuHYfl9M

(終わり)
どうせ両想いなんだよなぁ……




カスタムオーダーメイド3D2 [Kiss]




29: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/27(土) 00:16:05 ID:LbV33smM

京咲尊い…




30: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/27(土) 00:17:05 ID:fZiY0FUs

まぁこういう洒落たことやりそう
おめでとうございます




31: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/27(土) 00:18:53 ID:Z2STIafw

ヌッ!(祝福)




32: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/27(土) 00:35:12 ID:3OvlL1ec

かわいい




33: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/27(土) 00:40:20 ID:p8sxRUhQ

こんな素敵なことが出来る高校生はアホみたいにモテそうな気はする




35: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/27(土) 00:44:33 ID:zl0YRdVk

綺麗な京咲ほんと好き
オメシャス!




39: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/27(土) 01:39:29 ID:yORCAe0w

>>23から>>24で日付変わってるとかちょっと粋すぎんよ~




40: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/27(土) 02:15:09 ID:tzL5YgGA

リアル時間も合わせるとか粋過ぎんよ~




43: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/27(土) 19:15:01 ID:esV.at3Q

お誕生日おめでとうございます。

京咲かわいい


DVB6dWVVoAAx78G






https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/20196/1540558563/l50







少し遅くなりましたが、誕生日おめでとうございます




【関連記事】

10月27日は宮永咲さんの誕生日です

咲「あっ、和ちゃんだ!」

京ちゃんに告白しました

10月27日は宮永咲さんの誕生日です

【SS】咲「My Special Day」

10月27日は宮永咲さんの誕生日です

誕生日スペシャル!今日は半日咲さんかわいい三昧!

10月27日は宮永咲さんの誕生日です







このエントリーをはてなブックマークに追加