images-min

【20%OFF】 母ちゃんの友達にシコってるところ見られた。




【20%OFF】 寮則があまりに理不尽な女子寮 ~茜里・柚花編~
【20%OFF】 寮則があまりに理不尽な女子寮 ~茜里・柚花編~




1: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/03/31(日) 21:27:48 ID:.to26iBk

ある日松実館の人たちの厚意により旅館の敷地内で花見をさせてもらえる事になったので
朝早くから玄が作ってくれたお弁当に早速舌鼓を打ちながらも穏乃と早食い対決をしたり
すでに酔ってる晴絵とグルになって憧に無茶振りして半ば無理矢理1人カラオケさせたり
灼の頭の上に桜の花びらが沢山落ちてるのを見て宥と一緒に笑ったりしてはしゃいでると
騒ぎを聞き付けた子ども麻雀クラブの皆や望さんたちも参加してきて大所帯になったので
すぐに食べ物も飲み物も足りなくなってしまい(買い出し行ってくるか)と考えていると
またもや旅館の人たちの厚意で料理まで用意してくれたので皆でありがたく頂いていると
玄がこんな時でも配膳をしてるので「俺も手伝うよ」と言うと「ううん、大丈夫だよ」と
にっこり笑って断る彼女に「それくらいさせてくれ」と返してから2人で旅館に向かって
厨房の人たちに微笑ましい物を見るような目を向けられたので首を傾げつつも礼を言って
何か耳打ちされてやけに顔を紅くしている玄と一緒に料理を持って皆の元に戻りたい


d95d10575ef657d9fc855964dd451034-min









3: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/03/31(日) 21:35:39 ID:ZMVnYJgg

かわいい




5: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/03/31(日) 21:50:54 ID:/6o.9GAc

かわいい(かわいい)




6: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/03/31(日) 21:58:55 ID:.to26iBk

夜になり皆が解散した後に1人残って桜を眺めながらさっきまでの喧騒を思い出してると
不意に「……何してるの?」とひょこっと玄が顔を覗いてきたので「あ、いや……」と返し
「悪い。邪魔だったか?」と言うと「う、ううん! 全然大丈夫だよっ!」と両手を振って
「好きなだけ見ていっていいのです!」と慌てて弁明している玄を見て小さく笑いながら
「夜桜も良いなと思ってさ」と再び桜を見上げてから腰掛けると「……うん。そうだね」と
同意し玄も静かに隣に腰掛けてきたので「旅館の手伝いの方は大丈夫なのか?」と問うと
「……う、うん。なんだか大丈夫みたい……」と何故か顔を紅くしゴニョゴニョと呟くので
不審に思いながらも「……そっか」と言うとこちらを見て「……お邪魔、だったかな?」と
言葉とは裏腹にお返しだと言わんばかりに微笑んでいる玄に「そんな訳ないだろ」と返し
こちらも笑ってから2人で並んで夜桜を眺めていたい




7: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/03/31(日) 22:02:33 ID:/6o.9GAc

あぁ~たまらねえぜ。




8: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/03/31(日) 22:03:28 ID:oiDhTbos

玄ちゃんが軽口を言える感じにいるのが好き


d798580e-s-min




10: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/03/31(日) 22:46:38 ID:.to26iBk

最後にもう一度だけ旅館の人たちに礼を言いに行くと「もう遅いし泊まっていけば?」と
やけに勧められたので最初は断るも勢いに押されてしまいそのまま泊まっていく事になり
てっきり勧められた以上は寝泊まりする部屋に案内してくれんのかなーとか思っていたら
他の人たちはさっさと持ち場に戻っていったので呆気に取られ思わず「……え?」と漏らし
仲居さんらしき人がまたもや玄に耳打ちをして「な、何言ってるんですか……!」と慌てて
何故か顔を真っ赤にしてる玄の肩を優しく叩きにっこり笑ってから歩いていったのを見て
その場に取り残されていると少し間を置いて小さな咳払いの後に「あ、あ、あの……っ」と
玄が口火を切ったので目を向けると「……あのね、その、あなたが良ければ……」と呟いて
「……えっと……つまり……わ、私の……部屋に……」と段々と言葉尻が小さくなっていく玄を
突っ立ったまま見てると顔を紅く染めて手を強く握って「わ、私の部屋に……来ない?」と
消え入りそうな声ながらも確かにそう囁いたのでもう一度だけ呆気に取られ「……え?」と
開いた口を塞ぐ事も忘れたまま返してその場に立ち尽くしていたい




11: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/03/31(日) 22:48:35 ID:.to26iBk

よね




14: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/03/31(日) 23:23:15 ID:ijvu/m.Y

ここで終わるとかウッソだろお前!?


20140502104413529-min




16: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/04/01(月) 06:49:15 ID:tKjz5tz6

こういうのでいいんだよこういうので




18: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/04/01(月) 21:58:34 ID:2mOyKD9.

純愛ルートえぇぞ!えぇぞ!









22: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/04/02(火) 22:33:21 ID:7EdI7U9.

一緒のベッドで寝るんですよね?




23: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/04/03(水) 21:52:37 ID:J56vJo6E

考えてみると玄の部屋に入んの初めてだなと考えながら「ど、どうぞ……」と顔を紅くして
そろそろと扉を開く玄に従って何故か軽く会釈してから部屋に入って思わず辺りを見回し
そのまま立ち尽くしていると「ご、ごめんね!ここに座って!」とサッと椅子を用意して
慌ただしく「あ、あの、お茶、淹れてくるね……!」と立ち上がって部屋を出ていったので
彼女の背中を無言で見送りどうにも手持ち無沙汰になったので部屋の中を見回してみると
香水もお香も無いのにやたら良い匂いがする事に気付き煩悩を振り払うように頭を振って
胡座を組んだまま目を閉じて玄が戻ってくるのをひたすら待っていたい




26: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/04/03(水) 22:07:17 ID:J56vJo6E

「お、お待たせしましたっ」と何故か敬語で戻ってきた玄に「おぉ!」やけに大きな声で
返事をして礼を言いながらお茶を受け取って相変わらずの美味しさにホッと一息をついて
「うまいよ」と言うと「……良かった」と微笑みながらお茶請けまで用意しようとするので
流石に今日はもう食えねーやと軽く笑うと「そっか。じゃあまた今度食べようね」と返し
棚を閉じてから元の座布団に座り同じようにお茶を飲む玄に倣ってこちらももう一口飲み
互いに他愛ない事をぽつぽつ話しながらいつしか夜も深くなって後はもう寝るだけになり
どうしても意識せざるを得なくなってしまい「お、お布団敷かないとね……」と襖を開けて
玄が布団を用意するので「俺も手伝うよ」と言って別の襖を開けると制服が掛けてあって
見慣れてる筈なのにこうして掛けてあるのを見てると何故か悪い事をしてる気がしてきて
思わずすぐに襖を閉めると「あ、あれ……?」と背中越しに玄の声が聞こえたので振り向き
「どした?」と声を掛けると「お布団がね、もう一組あったはずなんだけど……」と呟いて
「……お、おかしいなぁ……」と部屋の中を行ったり来たりして机や棚や箪笥の中を探して
そんなとこにはないだろって所をどこかテンパった様子で探しまくっている玄を見ながら
他人事のように笑っていたい




27: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/04/03(水) 22:10:35 ID:Si.03jHw

仲居さんの仕業かな?




29: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/04/03(水) 22:23:10 ID:J56vJo6E

結局見つからず何故かどこの部屋にも無いらしく一組の布団を囲うように2人で正座して
そのまま無言が続いたのでチラッと俯いた玄を見ると髪から覗く耳が真っ赤になっており
「……やっぱ帰るよ」と言うと「で、でも……っ、もう遅いし、外は寒いし、それに……」と
言ってまた無言になったので「でも流石に一緒に寝るのは……」と目の前の布団を一瞥して
また玄に目を向けると「……私は……あの、あなたが良ければ……その……」と両手を握りしめ
さらに縮こまりながらゴニョゴニョと呟くのでその言葉にこちらも急激に顔が熱くなってきて
「……い、いいのか?」と問うと無言で頷いて「マジで……?」と問うとまた無言で頷いて
そのままお礼を言ってすぐ終わらせればいいものを「な、何も変な事はしないから!」と
自ら余計な一言を継いでしまい1人で自己嫌悪に陥っていると「……大丈夫だよ」と言って
顔を紅く染めたまま気恥ずかしそうにはにかんでくれた玄にそこでやっと礼を言ってから
2人してクッソぎこちなく布団に入りたい




31: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/04/03(水) 22:42:24 ID:J56vJo6E

暗闇の中鼻腔を擽る良い匂いに鼓動が速くなりながらも意識しないように玄から離れるも
「そ、そんなに離れたら寒くない……?」と気を遣ってくれる玄に「へーきへーき」と返し
すぐ寝返りを打って背中を向けてから只でさえ広くはない1枚の布団の端の端まで寄ると
くいっと遠慮がちにシャツを引っ張られたので「……ど、どうした?」と背中越しに問うと
「……もう少しだけ、こっちに来て欲しいな……」と小声で呟くので更に速くなった鼓動に
胸を抑えながら寝返りを打つと暗い筈なのに玄の顔がくっきり見えているような気がして
向き合ったまま少し近寄ってから「このくらいでいいか?」と問うと「……うん」と言って
玄の方からも少し近付いてきたのでやけに大きい衣擦れの音を鬱陶しく思いながらもふと
さっき布団に入る前に玄が恥ずかしそうに言った『大丈夫だよ』という言葉を思い出して
「変な事をしないと信じてるからこそ大丈夫」なのか「変な事をされても大丈夫」なのか
今さら気になるもそんな事聞く訳にもいかずいつの間にか安らかな寝息をたてている玄の
その綺麗な髪をそっと撫でてみて(何やってんだ俺……)とすぐ手を放し自分も目を閉じて
ゆっくりと眠りに落ちたい




33: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/04/03(水) 22:56:20 ID:J56vJo6E

翌朝玄と抱き合った状態で目を覚ましたので「!?」とすぐに離れると玄も起きたらしく
目を擦りながら一緒に寝た事を寝惚けた頭で思い出してきたらしく「あ……」と呟いてから
ほんのり頬を紅くし少しだけついた寝癖を撫でながら「……お、おはよう……」と言うので
「お、おう」と返して窓からの日射しに目覚めの良さを感じてると唐突に「あっ!!」と
玄が慌てて立ったのでなんだなんだと顔を向けると「ね、寝過ごしちゃったよ……!」と
急いで布団を畳み始めたので首を傾げて時計を見てみるとなんともう12時を回っており
休日も旅館の手伝いあるもんなと考えながら自分も片付けを手伝い2人で玄の部屋を出て
持ち場に向かうとばったり宥と会って「おはよう」とにっこり笑う彼女に挨拶を返しつつ
玄は玄で「な、なんで起こしてくれなかったのおねーちゃん!」と頬を膨らませているも
当の宥は「起こしたけど2人とも全然起きなかったんだもん」と言って柔らかく笑うので
「うぅ……」と珍しく眉を寄せながら宥を睨む玄を見ていると宥がこちらを目を向けてから
「……あったかそうだったね」と言うので玄と抱き合って寝てたのを見られてた事を察して
どうか玄にバレませんようにと祈りながら熱くなった顔を冷ましたい




36: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/04/03(水) 23:00:07 ID:J56vJo6E

よね(ハッピーエンド)




39: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/04/03(水) 23:35:06 ID:Si.03jHw

王道の強さ


8f844c05-min








41: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/04/04(木) 04:56:56 ID:DnAM.8iQ

こういうのでいいんだよこういうので









42: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/04/04(木) 22:24:22 ID:xhQZNsYw

たまらねえぜ。


2-min


f010d52e









誕生日でも旅館のお手伝いをする松実玄さん


1: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2020/03/15(日) 20:25:43 ID:XM0hZq/c

昨日のホワイトデーや今日の誕生日でもいつも通り旅館を手伝っている玄に会いに行くと
どうやら『今日くらいは休みなさい』と言われてるのに働いていると女将さんから聞いて
「団体さんが来たから」とこちらに謝りながら忙しく駆け回る玄を邪魔する訳にもいかず
大人しく引き下がって一旦自宅に帰って時間を潰してから夜にまた松実館を覗いてみると
宴会をしてるらしく宴会場が騒がしくなっておりこれじゃまだ掛かりそうだなと考えるも
できれば今日中に渡したかったのもあってもう少し待ってみるかとその辺に腰掛けてから
時間が過ぎるのをぼんやり待ってると暫くして箒を持った玄が出てきて掃除を始めたので
声を掛けると「こ、こんな時間にどうしたの……?」と何かあったのかと言わんばかりに
心配そうにこちらに駆け寄ってくる玄を見てまだ日付が変わっていないのを確認してから
誕生日おめでとうと笑い掛けてプレゼントを手渡すと「……えっ?」と目を丸くするので
あれ?まだギリギリセーフだよな?とみっともなく慌てながら再度時間を確認していると
「そんなことのために……ずっと待っててくれたの……?」と玄が小さな声で囁いたので
いや別にずっとって程でもないしそんなことなんて言うなよと苦笑いしながらも伝えると
「ごめんね……ありがとう、すごく嬉しい……」と声を詰まらせ涙まで流す彼女に驚いて
そんな大した物じゃないから…と慌てながら不器用に慰めたい


4c7b63e8




3: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2020/03/15(日) 20:28:53 ID:XM0hZq/c

玄ちゃんはプレゼントの包装紙とか紙袋とかもちゃんと取っておきそうですごくかわいい



よね











2: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2020/03/15(日) 20:28:01 ID:QAqn1PZM

重……いや、可愛……いや、重い…


D1oMLw8U0AES6Pc-min




4: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2020/03/15(日) 20:29:47 ID:NFmYZ7JE

かわいい


3bb1c166776658967c6269d44414ca36


6aa6f1b9-s


973adbba-s




6: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2020/03/15(日) 20:37:00 ID:jou1i2L.

結婚したい(大声)


images3-min


images2-min




13: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2020/03/16(月) 00:30:42 ID:nFq7eHy2

ちょっと重いけどすき、いやちょっと重いからすき




【20%OFF】 歩音ちゃん調教日誌Vol,3-学校えっち編-






https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/20196/1554035268/

https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/20196/1584271543/







少し遅くなりましたが、誕生日おめでとうございます






このエントリーをはてなブックマークに追加





重い彼女 お姉さん編 -閉じた図書館(セカイ)で、わたしはキミの夢を見る-