47763d87b550def2886c1fe85e017520

d_162561pr




d_163093pr
【20%OFF】 お出かけしたのはHなギャルお姉ちゃん達との海でした




1: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/09/27(金) 00:34:05 ID:lc/dyGMg

愛依「ねぇねぇプロデューサー、見て見て!ほら」


(ブラウスを脱いでタンクトップ姿になる愛依)


「チョー焼けたっしょ?どうかな、黒過ぎ?」

「そっか~良かった。アイドルになってからちょい抑えめにしようかとも思ったんだけどね~」

「うん!プロデューサーからもオッケー出てたし、好きにさせてもらっちゃった。海、チョー楽しかったよ!」


「でねでね、水着のヒモの跡も残っちゃってさ。やばいかなーって思ったんだけど」

「ほら、うちらの衣装肩出しじゃん?冬優子ちゃんに怒られる~って」

「そうそう!でもね、『ま、いいんじゃない?エロかっこいいわよ』って。冬優子ちゃんマジで女神だよね~」

「ほらほら、これ」


(タンクトップの肩袖をズラす愛依)



「ねぇね、どう?エロかっこいい?」




2: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/09/27(金) 00:36:50 ID:lc/dyGMg

「……いや、ちょっと、カッコいい?」


「…んもー、エロいじゃないっしょ~」



「…え、こっちも見たい?」

「…ほら」

(両方の肩袖をズラし、オフショルダーっぽくなるタンクトップくん)

「……」


(鎖骨とクロスする肌色の紐跡)

(伸びきった襟首から、ビキニの焼け跡も薄っすらと見える)


「…こら、見過ぎ」


(少しだけ覗く谷間)


「…んもー♡プロデューサーのエッチ」




3: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/09/27(金) 00:40:02 ID:lc/dyGMg

「でも…こっちも見ていいよ」


(ホットパンツのベルトを少しだけ下げる愛依)


「ほら、わかる? ビキニの跡」

「こっちはね、ライブの衣装でも見えないトコ」

「冬優子ちゃんにもナイショ」

「…っひひ」



「ゃんッ…♡」

「…うん、そだよ。今日は黒」

「ブラ?あーね…」


「…さっき、来るとき外したの♡」

「だぁって、ほら」



「ロケに2人きりで前日入りって、ねえ?」




5: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/09/27(金) 00:46:25 ID:LA224WZU

愛依スレは流行らせるべき


character_02




俺を苛めていた元ヤンのナースが性処理してくれる入院生活




6: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/09/27(金) 00:49:25 ID:GBSGpMi6

あぁ^~




7: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/09/27(金) 00:49:50 ID:fHtDj04c

ヌッヌッヌッヌッ!!!




8: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/09/27(金) 00:50:01 ID:Hkj006lQ

義士も絶賛


N7LD9HkP-min




9: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/09/27(金) 00:52:25 ID:lc/dyGMg

「ホテルは二部屋取ったって?」

「じゃあさ、なんでうちのことこっちの部屋に呼んだワケ?」

「打ち合わせ?」

「…それだけ?」


「…じゃあ、ないっしょ♡」

「いつもの、いっとく?」

「んー…♡」



チュッ



「…あは。久々だね、ちゅーすんの」

「最近忙しかったかんね。プロデューサーもおつかれさま」ナデナデ



「…ぁン♡」



「ぎゅってするのは…反則っしょ」

「だぁって…」



「スイッチ、入っちゃう…的な?」


「…ん♡」




12: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/09/27(金) 01:02:31 ID:lc/dyGMg

眠いのでまた明日にでも本番書こうと思います。スレが残ってればですが
参考までに愛依さんのえっちはガッツリめかしっとりめかここのホモ諸兄の意見を聞きたいです




13: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/09/27(金) 01:10:39 ID:CgouPOWA

>>12
愛依ちゃんにガッツリフェラされたいです(願望)




15: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/09/27(金) 01:11:45 ID:dHE7MBeE

>>12
愛依ちゃんにリードされながらも最後はイチャラブで幸せなキスをして終了




16: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/09/27(金) 01:16:38 ID:iIo8yQWw

>>15
あぁ^~いいっすね^~




11: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/09/27(金) 01:01:49 ID:fLTF7Obo

ヌッ!




14: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/09/27(金) 01:11:19 ID:RDzJie.A

SANDWORKSしたい(SANDWORKSしたい)


しぶしぶックス
しぶしぶックス




20: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/09/27(金) 02:32:50 ID:rxHYz/w2

愛依ちゃんSSは心が潤うのでもっとやれ




【リアルASMR】咥えたら離さない 耳舐め大好きゆいちゃん!【息遣いを感じる距離】




21: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/09/28(土) 22:32:50 ID:UBAbnIcI

「ん。ハグ、すきぃ…」

「ね、もっかいちゅーしよ?」

「はむ…ん…」チュッチュ

「んっ、…プロデューサーは、ちゅー好きだよね」

「んふ?女のカンってやつー?…んっ」


チュッチュ


「んは…プロデューサー、これ好きなんだろーなーって分かるっていうかさ」

「でも、もっと激しめなのも好きっしょ?」

「…んぁ~♡」レロッ


レロレロ
ジュルッ


「…♡…ッ♡」

「ぇう♡…っはァ…♡」

「べろちゅー、しちゃったぁ…」

「これ、止めらんないよね…」

「んー。はむ…」

「ぁむ♡…んぐ……はァん♡…」


ベロベロ
ちゅぱ


「…!…ゃぁ♡お尻…」

「うちも撫でる…ん…」スリスリ

「んっ…んっ…れろ」




22: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/09/28(土) 22:37:16 ID:UBAbnIcI

「…ね、こっちにも…チューしたい」

サワサワ
ムギュ

「…ん、脱いで」


カチャカチャ
ムワッ


「…ッ♡」

「あはぁ……もうなんか、出てんよ?」

「キスだけでキちゃった?…ひひっ」ツンツン

「そんじゃまぁ、そのまま立ってていいよ…はァー…んむ…」


「ん……ちゅっ…んへ…しょっぱい」

「…♡」チロチロ

「んぅ…!…あは、跳ねた♡」

「じっとしててね…あむ…」


ギュ
カプッ


「んぐ…れろ…」

レロレロ
じゅる

「ろーぉ?…ひもひ?」

「ん♡…」モゴモゴ

「んは…激しくすんね…ん~…」


じゅる
じゅぽ

「…んっく…はむ」

ジュポッジュポッ
ジュプジュプ

「ハァ…んぐ…れろ…んっ♡」

「んっんっんっんぐっ」グポッグポッ

「ん~~~」チューーー



「……っぱぁ…!」ブルンッ

「はぁぁぁ……はぁ…」

「…どーよ?上手くなったっしょ」

「…もっと?」

「…いーよ♡…もっとしたげる…」カプッ





色仕掛け文庫 第一巻




24: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/09/28(土) 22:42:42 ID:UBAbnIcI



「っ♡ッ♡ッ♡ーッ♡」ジュプジュプ

「…んー?……んはぁ…」

「…今、ちょっとイきそうだったっしょ?」

「んひひ、分かるし~」

「一発イッとく?それとも、我慢する?」


「…ん、まだにする?じゃあ交代しよっか」

「ほら、おいで。好きにしていーよ♡」

むにゅっ

「あんッ♡」

「…んーん、いーよ触って…」

「脱ごっか?…まだいいの?」


「あはは…えっち。ブラ外しといてよかった」

「…っ♡…っはぁ…」

「やぁ♡…プロデューサーのすけべ…」

「そんな…サワサワしてぇ…んっ♡」

「もっと…激しくしてもいーんだよ?…」


「はぁー…はぁ~…ぅ♡」

「ね、やっぱ脱がせて…」

「んっ…よいしょ」パサッ

「どう、焼け跡…綺麗でしょ?……っ♡…そうだよ…ビキニの跡」


ツー


「やん♡…なぞっちゃ、やぁ…♡」

「んくっ♡……くすぐったいってばぁ…」


「ぁぁ~……んっ…もう…♡」

「そうじゃなくて…こうだよ」


ガシッ
ムギュッ


「もっと激しくって、言ったじゃん?」

ムニムニ

「なーにぃ?ビビってる?」

ムニッ

「あん♡」

ムニムニ

「っ♡…そーそー…好きにしちゃっていーんだよぉ…」


「…はぁ…はぁっ…ん…」

「んー?後ろからシたい?」

「じゃあねえ、そこ、寄っかかって?…うん、そんでうちは…こう!」


ぽすっ


「へへ、男の人の…プロデューサーの身体っておっきーね」


「…ほら、手はこーこっ」ムギュッ

「…んひ、どーぞっ♡後ろからモミモミしちゃってよ♡」

「…んっ♡」チュッ




25: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/09/28(土) 22:45:44 ID:UBAbnIcI



「はうっ…ッく…はァン…ッ♡」

「ちくびぃ…ばっかり…やん♡」モゾモゾ


クニクニ


「うー…うち、マジでそこ弱いからぁ…ッ♡」ビクンッ

コリコリ

「あぁ゛~待ってッ♡んぅ~」

ギュッ

「ひゃんっ♡」


「…もー、変な声出ちゃったじゃん♡」

「んーね、おっぱいもいいけどぉ…こっちも」



「ここ、ね?」

クチュ

「んぃッ♡…」

「…そーだよ…もう、ビショビショなんだ…」

「あッ…や、そんないきなり…」

「んぅぅッ♡」

「あ、待って…ちょっ…♡」


グチュンッ


「アッ♡…あぅ゛~♡、やぁん…♡」

「やだちょっ…アッ♡…イッちゃう…」

「ね、ストップストップ…んっ♡」

「…っ……はぁー♡…はぁー♡…」



ぽすっ



「あー…ちょっとイきそうになっちゃった…」

「…んー?、ほんとほんと、嘘じゃないって。プロデューサー、上手だよ♡」

「あんっ♡…こぉら、がっつかないの♡」

「ほーら、選手交代っ。次はまたうちの番ね…よいしょ」


「ん、ここ、横んなって?あーおーむーけっ」

「んっふふ~♡」のしっ

「へへ、プロデューサーのこと押し倒しちゃう♡」




【癒しの風鈴ASMR】『風鈴屋さんの癒やされマッサージ~ゆったりしながらとろとろエッチ~』




26: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/09/28(土) 22:48:26 ID:UBAbnIcI

「ねぇ、今日はなんだかおとなしーじゃん。どうしたの?」

「こないだはうちにめっちゃキスマークとか付けてくれたくせに~♡」



「…あー、そいや明日撮影だったね、忘れてた。ひひ」

「もしかしてぇ、気ぃ遣ってくれてる?明日に響かないように。…んふ、ありがとっ♡」チュッ



「じゃーあぁ、今日はうちのペースでやらせてもらおっかな♡」

ツンツン
ビクッ

「こっちの準備は万端だね…ゴム、着けたげる」


ピリッ
クルクルー


「わっ、今めっちゃビクンってした!あはは~」

「…キミのこと、今からまた気持ちよくしてあげますからねー♡」ツンツン


「んしょっと…」

ゴソゴソ

「ここ…かな?挿入れるよ…?」



ずぷんっ



「~~~ッ♡」

ズプププ…

「……キ、たァ…♡♡」

「あぁ~…♡…これ、マジ奥にクる…♡」

「…ッあハァ…ッ♡」


「プロデューサー、気持ちー?」

「熱い?マジ?ごめんごめん」

「でも、おさまらないから我慢してね♡」

「ちょーっとずつ、動かすから」


ずぷぷ

「アゲて~…」


ぬぷ

「下げて…ェ~」


ズチュッ

「あげ……アンッ♡」



「…もうちょい、激しくしよっか♡」









27: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/09/28(土) 22:52:59 ID:UBAbnIcI

ギッシギッシギッシギッシ


「アンッ♡あんっ♡」


グチュングチュンッ


「あっ♡プロデューサー、イきそ?イきそッ?」

「イきそーっ…でしょっ……顔っ、書いてあるよッ♡」

「……ッ♡ハーッ♡フーーッ♡」


パチュンパチュンパチュンパチュン!


「っ♡……はい、ストーップ♡」

パチュン……



「まだ、イかせてあーげない♡」

「だぁってぇ、プロデューサーってば一回でヘバっちゃうじゃんっ♡」

「今日はねぇ、久々のナカヨシだからぁ、長~く楽しみたいの♡」

「だからぁ、もうちょいガマンね~。今度はぁ~」



ゴソゴソ
ぐりんっ


「へへ、どーよ。挿入れたまま向き変えんの」

「柔軟体操始めてから、こんなことできるようになったんだよ~?」

「あはは、こんなことに使っちゃダメだよね~♡」


「でもほら、んっ♡…どうプロデューサー。いつもとなんか違う感じするっしょ?」

「また動かす……ひゃんっ!」


「ちょっ、どこ触ってんの…」




28: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/09/28(土) 22:54:22 ID:ftlc4rnA

あぁ^~




ハッスルタイム!




29: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/09/28(土) 22:56:03 ID:UBAbnIcI

「え、ビキニの跡?」


「あ、そっかぁ…オシリにも跡ついちゃってんだっけ?」

「あんっ♡…だから、なぞっちゃ、やぁ…♡」

「それぇ…指先でスーッてやんの…んっ♡…ダメぇ…♡」

サワサワ

「あぁんぅ…腰、止まっちゃうっ…」

「ひぅ♡…んぃっ♡……ッフーーーッ♡」ブルブルッ



ガバッ

「うぇっ!?」

ギュッ

「ど、どーしたのプロデューサー、起き上がって…」

「え、四つん這い?」



「…いーよ。ワンちゃんみたいに、えっちしよっか♡」


ゴソゴソ

「…んあ♡」

「うひっ♡…だからぁお尻撫でちゃ…」

「やぁぁあ…♡…おっぱいはぁ…もっとダメぇ…♡」


パンッパンッパンッパンッ!


「ア゛ッ♡あっあっあっ♡」




「あぅ♡うううっ♡」

バスッバスッ

「ちょーきもちぃ♡やっ、止めて♡」

ヌヂュッヌヂュッ

「いくっ♡いくいく♡イッちゃうッ♡」

グチュングチュンッ

「アッ♡…ひっ…♡…~ーッ♡」


ズプンッッ!


「…ッッっっ♡♡♡」


にゅぽんっ


「ッア゛……♡♡」

ヘナッ
ドサッ


「あ゛ー…♡…ちょっとイッちゃったぁ……♡」

「こし、抜けた…プロデューサぁ…」


のしっ

ズプンッ


「へっ…?♡」


パチュンッパチュンッパチュンッ!


「ッッ♡………っア♡」

「ばかばかばかッ♡…ちょっ♡……あ~~~~ッ♡」




30: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/09/28(土) 22:57:38 ID:UBAbnIcI


ぼすっばすっ


「んっんっんんんっ♡」


ぺたんっ…


「んっ……ん♡……あぇ…?」

「どーしたのプロデューサー……んっ、続けてっ…はぁ…いーんだよ?」


「…えー…最後は、一緒に?」

「…んもーっ…はぁ……人のこと1回イかせといてそれ言うー♡?」

「…んへ…うそうそ。いーよ、一緒イこ♡…」



ゴソゴソ


「はー♡……やっぱ最後はぁ、いーっぱいぎゅーしてぇ…いーっぱいチューしてぇ…ハメハメしたいって感じ?んひひっ」


ゴロンッ


「ほら、ぎゅーしたげる。おいでー♡」

がばっ

「あん♡…よーしよし♡」


「あはは、おっぱい好き?うちのちっちゃい弟みたい♡」

「えー、家族にヤキモチ妬かないでってばぁ。ほら、家族以外だと………アナタが初めてだし?」

「…あー恥ずいッ!早くシて♡」


ギュッ
ズプンッ


「あンッ♡」

「最後くらい、ゆっくり…ね♡」




31: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/09/28(土) 22:59:47 ID:UBAbnIcI

ズチュ
ズプッ

「っ♡…でも…♡…妬いちゃうのは…っ…うちも一緒かなぁ…」

ナデナデ


「今日はね…久々にプロデューサーと2人きりって思ってね、すっごく嬉しかったんよ?」

「いつも、ほら。プロデューサーは他の子にも付きっ切りじゃん」

「たまーにさ『うちだけ見て』って、思っちゃうこと、あんのよ♡」


ズプンッ


「はァンッ♡」

「…んへ、ビクッてした♡ こーいうこと言われるの、グッとキちゃう系?」

「んー…じゃーねぇ…」



ギュッ

「好ーきっ♡」


チュッ

「だーいすき♡」


チュッチュッ

ビクン

「アイシテル♡」


ビクンビクンッ


「………♡♡♡」ペロッ




32: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/09/28(土) 23:02:18 ID:UBAbnIcI

「ほら、プロデューサー…ちゃんと腰、動かして♡」


ぱすっ…
ぐちゅ…


「んー♡…そこ、グリグリして♡」

グチュ

「~~~♡♡♡」


「プロデューサー」

「すき、すき♡」


グチュッグチュッ


「あーいしてるっ♡」


パンッッパンッ!


「~ッ♡~~ッ♡」


チュッ


「はむ、しゅきぃ♡……」


ジュルジュルジュル
レロレロレロ


「はぁ、イくっ♡イクいくいくッ♡」


れろちゅ
はむはむ
チューーーー…


「……いっしょ、イこ♡♡♡♡」


バチュンッッ!


「…ッッッ♡♡♡♡」


ビクンビクンッッ!
びゅるびゅるっ!
びゅーーーーっ!

ギューーーーーー


「ーーーッ♡♡♡~~~ッ♡♡」ビクンッ




33: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/09/28(土) 23:03:40 ID:UBAbnIcI



愛依「…ちょーきもちかったね、プロデューサー♡」

「てゆーか、結局打ち合わせとかしてないね…まぁ、明日の朝早起きすればいいっしょ♪」

「じゃ、明日ちゃんと起こしてね、プロデューサー」


「…えー、自分の部屋で寝ろって?」

「やーだ♡今日は一緒に寝んの!」

「他のスタッフに気づかれたら…そん時はそん時的な?まぁ打ち合わせしてたってことで何とかなるっしょ♪」


グイッ

「ほら、ハグしておやすみしよーよ」

ギュ

「ん、おやすみ♡」




mei_img_pc-min




リップキャバ




34: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/09/28(土) 23:08:36 ID:N0dJESAM

ヌッヌッヌッヌッヌッヌッ!!!!




35: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/09/28(土) 23:24:23 ID:NG9Ralg6

すばら!すばら!
愛依ちゃんほんとすき




36: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/09/28(土) 23:29:08 ID:qYLGIxnY

ああああああ!!!良い!良い!良い!


ああああああ!!!




37: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/09/28(土) 23:48:19 ID:3/rfcCyI

これまでギャルは敬遠してたけど愛依ちゃんのお陰で新たな性癖に目覚めたゾ
どうしてくれんのこれ(感謝)



やはり黒ギャルは道徳的優位




41: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/09/29(日) 01:39:08 ID:nG1X7zjA

ど射み


 どうも射精したみたいなんですよ(報告)




43: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/09/29(日) 01:57:47 ID:ZEL2UMI2

愛依ちゃんの囁きとか破壊力高過ぎない?




38: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/09/28(土) 23:50:01 ID:EEOco4m6

感謝




39: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/09/29(日) 00:28:32 ID:oUvi9wvw

圧倒的感謝


1de1cd8d36b5de16f576cd9004a02c87






https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/20196/1569512045/







さっき立ってて思い出したので






このエントリーをはてなブックマークに追加


はーとまーく多め。2
はーとまーく多め。2





部活さぼって彼女と甘くて激しいぬちょぬちょセックス朝までしちゃいました!