包・帯・組・曲2

doujin_210820150037fujiya




d_208753pr
【30%還元】 ちょっとだけ愛が重いダークエルフが異世界から追いかけてきた2




1: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2020/10/08(木) 01:37:48 ID:bBplWqnc

P「ふう。ただいま戻りました」

霧子「おかえりなさい」

P「あっ、霧子。今日も朗読のための童話に目を通してるのか?」

事務室には幽谷霧子のみが居た。霧子はソファーに座り、本を読んでいた。水色の服とは対照的なパステルオレンジ色の本だった。
彼女は最近、ボランティアとして、病院で小さい子に童話の読み聞かせをやっている。病院の中というのは、どうしても情緒不安定になる人が多いという。子供ならなおさらだろう。けれども、そんな子であっても、霧子の前ではおとなしく聞き入っているらしく、病院内でも好評なのだという。

霧子「いえ……今日は違います。でも、この本さんも面白いです」

霧子は軽く微笑んでいた。彼女の穏やかな声が、すっと壁へ吸い込まれる。

霧子「あの……スムージー作ったんですけど……よかったら頂いて下さい……」

P「ありがとう。早速いただくよ!」

ちょうど、俺も一息つきたい所だった。


bc5b6305ebb701005bd9dfd9ca06a7d7-728x409





【20%OFF】押しに弱いメンズエステ嬢とささやき密着オイルマッサージ




2: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2020/10/08(木) 01:38:39 ID:bBplWqnc

TV「We've got to show you a way」

霧子はコップを両手で持って、コクコクとお手製スムージーを飲む。俺も、スムージーを傾ける。青菜特有のえぐ味もしつつ、人参の甘みも感じながらも、爽やかな後味のする、ちょっと不思議な味だけれど、美味しい野菜スムージーだった。
のんびりとした時間が事務所に流れる。居心地の良い喫茶店みたいだ。

霧子「プロデューサーさん、新しくやってみたいことがあるのですが……」

おずおずとしながら、霧子は俺に切り出してきた。俺としては、霧子に対しては正面から向き合ってきたという自負があるので、もう少しだけ、ざっくばらんに声を掛けてくれると嬉しいのだが……。

P「ああ。やってみようじゃないか。俺も協力するよ」

だって、霧子の頼みを断るわけがないじゃないか。何であっても。

霧子「ありがとうございます。これは、プロデューサーさんのためにもなると思います……。ソファーに横になってもらえますか」

俺は言われた通りにした。あれ、霧子は何をやりたいのかを聞いてないな。まあ、いいか。

TV「コンバクノコリテショウブノウラメシヤ」

霧子「テレビさんには少し静かにしてもらいましょう」ピッ


目を閉じて下さい。

姿勢を楽にしましょう。呼吸もゆっくり、私に合わせてください。

吸ってー、吐いてー。吸ってー…、吐いてー……。吸って……、吐いてー……。

今、プロデューサーさんは草原に横たわっています。天気は晴れ。お日さまがさんさんと降り注いています。

うららかな陽気で、そよ風が吹いています。心地よい風さんです……。

そのまま、心も楽にしましょう。

プロデューサーのハートさんを思い浮かべましょう。赤いハートさんです。

ハートさんを縛る鎖さんは取り外しましょう。

まずは、黄色い鎖さん。ごめんね。

次は、橙色の鎖さん。ごめんね。

その次は、ピンク色の鎖さん。ごめんね。

今度は、赤い鎖さん。ごめんね。

最後は、青色の鎖さん。ごめんね。

すると、ハートさんは、ピクピクと動き出し始めました。

その振動は、すこしずつ大きくなっていきます。ドクドク、ドクン、ドクン。

ハートさんに耳を澄ませてみましょう。こんなことを言っています。出たいよ~……。出したいよ~……。

そうすると、ハートさんは、中から外へ花開きました。5枚の花びらで出来たお花さんになりました。

花びらさんはカラフルです。ピンク、紫、緑、濃い水色、そして、薄い水色。




4: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2020/10/08(木) 01:41:26 ID:bBplWqnc

お花さんを持って、立ち上がって、お散歩に出かけましょう。落としたら危ないので、胸にしまっておきましょう。

足元から、サクサクと草を踏みしめる音が聞こえます。

しばらく、ゆっくり、気の向くままに歩きましょう。

サクッ、サクッ、そよそよという音を、プロデューサーさんを包みます。

お花さんもお散歩できて嬉しそうです。

ぽかぽかなお日さまのおかげで、お花さんが少し大きくなりました。

すると、目の前には、水色の扉が見えてきました。

扉には4つの小さな箱がくっついています。上の部分が蓋になって、開くようです。

箱の色は、ピンク、紫、緑、濃い水色です。

この扉を開けるには、花びらさんを使わないといけないようです。

お花さんに聞いてみましょう。今日は、協力してあげるよって言っています。

まずは、ピンクの花びらさんを入れましょう。お願いね。

次は、紫の花びらさんを入れましょう。お願いね。

今度は、緑の花びらさんを入れましょう。お願いね。

最後は、濃い水色の花びらさんを入れましょう。お願いね。

カチャリ、と音がしました。これで、この扉の鍵が空いたようです。

さあ、扉を開きましょう。眩しい光が見えます。

扉の中へ入っていきましょう。さあ、何が見えるでしょうか。

ゆっくりと、目を開けて下さい、プロデューサーさん。




5: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2020/10/08(木) 01:42:21 ID:bBplWqnc

目を開けると、霧子の顔がすぐ前にあった。霧子の瞳と視線が重なると、すうっと吸い込まれそうになる。

「プロデューサーさん……いかがでしたか?」

微笑みを湛える霧子に、俺はすぐに言った。

「凄く、癒やされたよ。久し振りに、リラックスできたよ」

「ふふ♪ 嬉しいです」

すると、霧子は俺の両手をつかみながら、更に顔を近づけてきた。霧子の柔らかい手の感触に体ごと包まれてしまったかのようだ。

「プロデューサーさん……何をしたいですか」

「霧子……」

それでも言葉が出てこない俺を、霧子はやさしく諭す。

「大丈夫ですよ……。素直になっていいんですよ……」

霧子は俺に体重を預けながら、唇を重ねてきた。

ちゅっ。

「ふふふっ♪」

軽やかなキスの後、霧子は柔らかく笑っていた。


jWOtqNa-min







6: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2020/10/08(木) 01:43:22 ID:bBplWqnc

「プロデューサーさん……お散歩しましょう」

霧子は俺の体を起こし、手を握りながら俺を促した。
俺はそのまま付いていくことにした。

「えっ……」

外に出た俺は、その様子に頭痛を覚えた。
紫色の空、ピンク色の雲、緑色の路面、青空色の樹木、そして、建物が皆、この4色のモザイク模様だった。
異様極まる様子に、冷や汗が止まらない。

「どうなってるんだこれ。霧子?」

霧子は、俺の顔を見ながら告げた。

「もうすぐ……ハロウィンじゃないですか。だから、空さんや雲さんや道路さんや木さんだって仮装しているんです♪」

俺は再び空を見上げた。霧子の真上には、太陽『らしき』天体が浮かんでいた。薄い水色をしていた。

……。

「そっ、そうなんだな! じゃあ、散歩しよっか!」

「はい、そうしましょう♪」

霧子の服がステージ衣装、黄色2色主体のフリルドレスと黒いミニスカートになっているのに気付いた。いつの間に……?




7: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2020/10/08(木) 01:44:33 ID:bBplWqnc

霧子に歩調を合わせ、俺は街を歩く。色彩の暴力に目が痛む。
けれども、霧子は体が軽くなったかのように、ふわり、ふわりとステップを踏むように歩いている。
川沿いの道に出た。普段なら、ジョギングなり犬の散歩なりで、すれ違う人が居るのが当たり前なのだが、誰も居ない。
川を見ると、穏やかに流れているのは変わらないが、ザアザア、ゴウゴウと音がしている。水量が変わらないのにどういうことだ。

「川さんは姿を変えられないから、音を変えているんです♪」

霧子が声に出していない疑問にすぐに答えた。




8: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2020/10/08(木) 01:47:04 ID:bBplWqnc

「川さんの近くへ降りましょう♪」

草むらだけは何故か色が変わっていなかった。そして、踏みしめても、サクサクと別段おかしな音もしない。

「プロデューサーさんは休憩していて下さい。私のダンス見てて下さいね」

俺はその場に座った。ん? 地面はこんな感触だったか?
手で軽く押してみると、かすかだが、ポヨポヨと手応えがあった。
そんなこともお構いなしに、霧子はダンスを踊り始めた。ステージ衣装を着ていたのはこのためなのだろう。
霧子はミツバチのように、草原の上で太陽を背にしながらダンスをした。川のせせらぎが大きく響く中、霧子は踊る。
普段からの練習の成果が出ている、見応えのあるダンスだった。だったのだが、何か違和感があった。
ところどころ、ステージで見せているものと違うような……。もしかしてこれは、求愛――。

「終わりました……プロデューサーさん……いかがだったでしょうか」

そのような考えがよぎり始めた時、霧子はダンスを終えた。俺は拍手で応える。
霧子は息を整えながら、髪を元のツインテールに戻し、俺に近づくと、ステージ衣装を脱ぎ始めた。
止める間もなく、霧子はすべて脱いでしまった。
包帯や絆創膏が白い素肌にある以外、生まれたままの姿になってしまった。
そのまま、俺のすぐ前に座った霧子は、すぐに唇を奪ってきた。




9: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2020/10/08(木) 01:48:21 ID:bBplWqnc

「んっ……」

レロリレロリ、ヌチャヌチャと口の中から粘り気の強い音が発せられる。
俺は何も抵抗できない。
霧子の開かれた瞳に射抜かれながら、更に犯されていく。
霧子の舌が口の中のあらゆるところを蹂躙していく。
舌も歯茎も頬内の粘膜もベロリベロリと舐め抜かれ、霧子の唾液がダラダラと流し込まれていく。

「はあ。ふふっ♪」

霧子の口から、唾液の糸が引く。水色の太陽がそれに反射して怪しく輝いている。
そのまま、霧子は俺にお願いをしてきた。

「ダンスで、汗、かいちゃいました。プロデューサーさん……舐め取ってくれませんか」

「えっ、そんなこと……」

「プロデューサーさん……いいんですよ?」

そよりと風が吹き、消毒薬の微かな匂いと霧子の汗の匂いがしてくる。それが俺の何かをくすぐる。霧子は俺に体を預け始めた。




10: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2020/10/08(木) 01:49:26 ID:bBplWqnc

「ふふ♪ くすぐったいです」

覆いかぶさろうとする霧子の首筋、胸元、脇、胸、おなかと舐め取っていく。そのたびに、何かいけないことをしているのではないかという警告がよぎる。でも、欲求に抗うことが出来なくて……。俺は、俺は。

「プロデューサーさん。何も考える必要はないんですよ♪ 私と一緒に、素直になりましょ?」

霧子……。

「ああっ。そこも舐めてくれるんですね♪ お願いします」

おなかよりも下、つまり、霧子の『隠されてた場所』を舐め始めた。
舐めるほど、霧子は、ああっ、あんっ、あんっ、と機敏に反応する。
それにますます俺は駆り立てられる。
もっと、もっと……。霧子が欲しい。
舐めるほどに、粘液が染み出してくる。それを丁寧に舐め取っていく。
そのたび、霧子は体を震わせた。

「ああ、ああっ。イッちゃう。イッちゃいますっ」

そして、霧子は絶頂した。シャッーと吹き出す潮を俺は顔で受け止める。キラキラと乱反射する霧子の愛液。霧子を浴びる俺は、なんて幸せ者なのだろうか。声にもならない溜め息が出た。

「ふーっ、ふーっ、ううっ、ふーっ、ふーっ、ふーっ」

霧子が聞いたこともないような荒い息をしている。それさえ愛おしい。
その後、濡れてしまったからと、俺は霧子にシャツを脱がされた。




11: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2020/10/08(木) 01:50:21 ID:bBplWqnc

「プロデューサーさんのも、舐めてあげます♪」

息を吹き返した霧子に、あっという間に、霧子にベルトからズボンもパンツも脱がされてしまった。

「おちんちんさん、かわいい♪」

霧子はそのまま、深く咥え始めた。

「うんっ、うんっ、うんっ」

霧子はジュッジュッと音を出しながら、腰をがっちりと抱えるようにホールドし、首を動かしている。気持ちいい……。温かい……。
動きが止まると、霧子は、俺に一瞥をくれた。目が笑うと、再び、深いフェラが始まった。
ジュッポジュッポと淫らな音を出しながら、霧子はひたすら吸い付く。いよいよイキそうになると、霧子はそれが分かっているかのように、唾液を出しながらむしゃぶりついてくる。

「ん! んんっ、んっ。うん……」

とうとう、俺は霧子の口の中でイッてしまった。霧子はそれを受け止め、舌で俺のペニスを撫で回すように刺激し、最後まで出し切らせた。

「おちんちんさん、ごちそうさまでした」

霧子は俺の目を見ながら、ペコリと頭を下げた。


包・帯・組・曲1-min





12: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2020/10/08(木) 01:52:18 ID:bBplWqnc

「でも、おちんちんさん、まだ出したいよ~って言ってますね♪」

霧子が俺のペニスを握りながら言ってきた。当たり前である。霧子の手に握られ、軽く上下に動かされてしまっては、たとえ萎えきっていたとしても、すぐに熱を帯びてしまうだろう。

「おちんちんさん、私の中へ入りましょう」

霧子は俺に覆いかぶさり直し、腰を沈めた。

「ああっ。ふふっ♪ おちんちんさん、中で喜んでます♪」

下腹部を撫でながら、霧子は俺を見つめていた。じーっと魅入られていた。膣内はキュッと締められ、動いていなくても心地よいことこの上なかった。

「動きますよ……」

ゆっくりと霧子は腰を動かし始めていた。しっかりとなじませるように、お互いを傷つけないように、そして、高め合うように、ヌチャッ、ヌチャッと音を立てる。

「やっぱり……今のプロデューサーさん、可愛いです」

霧子は小さな声で言った。ザアザアという音がするのに、はっきりと耳に入った。
それに俺は思わず、この歳にもなっているのに、うぶに顔を赤らめてしまった。

「ほら……ふふふっ♪」

霧子は上品に笑った。









13: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2020/10/08(木) 01:53:20 ID:bBplWqnc

「プロデューサーさん、手をつなぎましょう」

霧子が俺の手のひらを握った。一本ずつ、絡め合う。親指、人差し指、中指、薬指、小指の順番で指を倒した。
しっかりとお互いを握り合うと、霧子は腰を速め始めた。
パンッ、パンッと湿った音がする。

「プロデューサーさん……気持ちいいですね……はあっ、はあっ」

お互いの体温がこれまでより多く伝わり、2つの液体がゆっくりと溶け合っていくように感じる。
霧子のシンメトリーにセットされた髪が少しずつ乱れて、ツインテールが跳ねる。
その様子を眺めるだけでも、心がドキドキしてくる。

「プロデューサーさん……ドキドキしてきましたね」

霧子は見つめてくれながら応えてくれた。

「プロデューサーさん……おちんちんさんがおっきくなってきました」

霧子がヌチャヌチャと腰を動かしながら、顔を赤らめて告げてきた。

「プロデューサーさんの大事な精子さんは、私の中に下さい。でも、急ぐ必要はありません……」

霧子は特にペースを速めるということもなく、腰を動かす。霧子が腰を上げればヌチャッと音がし、腰を沈めればパンッと音がする。それをずっと繰り返す。




14: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2020/10/08(木) 01:55:26 ID:bBplWqnc

「じれったいですか? ふふ♪ じゃあ、こうしてみましょうか」

肘を曲げながら、霧子は倒れ込み、俺に口づけした。
するとすぐに、霧子は舌を入れてきた。俺も舌を絡める。
キャンディをもらった子供のように、俺はレロレロと霧子の舌と唾液を舐め取る。
そして、体を密着させることで、霧子の鼓動が感じられる。

「プロデューサーさんのドキドキ、いっぱい感じさせて下さい。ドキドキ、いっぱいして下さい」

初恋のドキドキ、恐怖のドキドキ、いろんなドキドキがあるが、これまでのドキドキを違うドキドキが俺は感じ始めた。動悸にも近く、破裂してしまいそうだけれども、ずっと続いていて欲しいドキドキを俺は体験し始めた。
そして、霧子の鼓動が俺の心臓にそれを教える。ペースメーカーを霧子に握られてしまったような気分で、それが何故か愛おしい。

「私もプロデューサーのドキドキ、感じます。ふふふっ……♪」

霧子は嬉しそうだった。

やがて、俺の下腹部に堪えきれない感覚がやってきた。

「イキそうなんですね……いいですよ♪」

霧子は体を起こし、腰を速めた。いよいよ搾り取ろうとする体勢に入った。
さっきまでののんびりとした動きとはうってかわって、パンッパンッパンッパンッと腰を振る。
そして、膣内はさっきよりもきつくなり、内襞の一つ一つ、愛液がペニスに絡みつく。

「ふうっ、ふうっ、ふうっ、ふうっ、ふうっ、ふうっ。私もイッちゃいますっ! 出して下さい!」

それに合わせ、お互いは達した。俺はううっとうめきながら、霧子の中へ射精した。ドクッドクッと、長らく脈打った。

「ああっ! ああ……ああ……ああ……ああ……」

霧子は体を仰け反らせながら、少しよじり、口から言葉にならないような絶叫を上げたと思うと、口を小さくあけたまま、至福のひと時を感じていた。

「精子さんいっぱい……中にいただきました……ありがとうございます♪」

落ち着いた霧子は俺に声を掛けながら、再び倒れ込み、唇を重ねてきた。今度はお礼の軽いキスだった。




15: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2020/10/08(木) 01:58:29 ID:bBplWqnc

その後、俺と霧子は草原の上で寝そべった。
相変わらず、紫色の空にピンク色の雲が目に毒で、水色の太陽が怪しく輝いていた。顔を少し横に動かせば、緑色の道路、青空色の樹々が目に入る。
しかし、少しだけ、その光景にやさしさと親しみを感じた。

「プロデューサーさん……どうぞ♪」

起き上がった霧子は、未だ横になったままの俺の口に胸をあてがい、俺の頭を撫で始めた。

「ふふふ……可愛らしいです」

霧子は飽きることなく、俺の頭を撫で続けた。俺は霧子の乳房を静かに吸った。手でやさしく揉んだりした。

「ふふっ♪ ふふっ♪」

霧子はただそれだけを言うのみだった。




16: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2020/10/08(木) 01:59:09 ID:bBplWqnc

「今日はここまででしょうか……さあ、帰りましょう」

霧子が水色の太陽が差す方向を見ながらそう言うと、周りがすぐに白い光に包まれた。




17: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2020/10/08(木) 02:01:19 ID:bBplWqnc

霧子「プロデューサーさん!」っっっっっ

P「えっ、あっ、霧子! 大丈夫か?」

霧子「私は大丈夫ですけど、プロデューサーさんこそ、ああ、良かった! 急に眠り出して、なかなか起きないから、もしかしたらと思って!」

霧子曰く、スムージーを飲んで、コップを机においた途端、バタリと倒れてしまったらしい。
疲れからか眠ってしまったのかと思ったら、だんだん汗が出てきて、うめき始めたらしい。
もしやアレルギーを起こしてしまったのではないかと思い、電話を取ろうとしたところで目が覚めたのだという。
俺の服を見てみると、体を楽にするためだろう、シャツのボタンが外され、ベルトもバックルが外されていた。

霧子「ごめんなさい! 私のせいで、こんなことに!」

P「いや、自分の不摂生のせいだと思うから。それに、今は別に何ともないし、寝汗かいていただけだから」

むしろ、心配性の霧子にこんな思いをさせてしまった俺が申し訳なかった。

霧子の後ろに見える窓を見た。空は快晴だった。青空に浮かぶ太陽はいつもと変わらない光芒を放射していた。


霧子「ああ、でも……」

P「どうしたんだ?」

霧子「いえ、なんてもないです。ふふ♪」

霧子は、傍らに置いてあった淡いオレンジ色の本をバッグにしまった。


おわり


00-min





【20%OFF】催眠で家族がHなちゅーばー生活~催眠導入編~




18: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2020/10/08(木) 02:06:13 ID:ZKptp9hQ

ファッ!?




19: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2020/10/08(木) 02:07:17 ID:X5S.cJ0c

行為中の霧子の喘ぎが最低限なのが逆にエロスを強調させますね




20: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2020/10/08(木) 03:13:47 ID:oA5DoYxg

卑しカラスは混乱している




21: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2020/10/08(木) 04:19:57 ID:lMmLROA6

スムージーにLSDかなんかサーッ(迫真)されてそう


unnamed




22: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2020/10/08(木) 07:46:09 ID:fWaVJutU

どうも射精したみたいなんですよ(報告)


 どうも射精したみたいなんですよ(報告)




23: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2020/10/08(木) 08:27:46 ID:yJvPaDRM

すけべ霧子すき




24: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2020/10/08(木) 08:39:10 ID:qTj2UZnE

ハートを縛る鎖はアンティーカ以外のユニット、花びらは霧子以外のアンティーカのメンバーを示してるのかな?




25: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2020/10/08(木) 08:56:18 ID:.KYiTaYs

霧子…?




26: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2020/10/08(木) 10:34:40 ID:J6cZ9kHY

霧子はおひさまだったんだ




27: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2020/10/08(木) 10:40:23 ID:X5S.cJ0c

実際283プロのメンバーの中で霧子に誘惑された時が一番抵抗できなさそう






28: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2020/10/08(木) 11:49:28 ID:ka4ffq.Q

夢か現実か分からない不思議な霧子のSSすき
また書いて(おねだり)




33: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2020/10/08(木) 13:19:48 ID:.8Wupzw2

あの、自分の夢に変態包帯アイドルが入り込んでるんですけど、不法侵入ですよ不法侵入!(大先輩アイドル)





【期間限定110円】魔族令嬢セラ様に躾けられ、堕とされる。




35: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2020/10/08(木) 17:50:27 ID:M8D3BvOo

かーっ! 見んね霧子!
卑しか女ばい!


EIBhDczUUAA-sj6




37: タクヤのアワビ :2020/10/11(日) 09:03:00 ID:???

>>35


少し遅くなりましたが、誕生日おめでとうございます






このエントリーをはてなブックマークに追加








【25%OFF】後輩文学少女と秘密のくすぐり遊戯











お売りください。駿河屋です。