0-min

doujin_201016121905jyoshiana




d_187455pr
【20%OFF】 ふたりで一緒につくりましょう。












1: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/17(金) 23:12:16 ID:7EjYI4i.

淡「遅くなってごめんだよー。いやー、有名人ともなると辛いな・・・なんてね・・・」

時間にルーズだった筈のに「こういう時」の彼女はせっかちだ。
部屋で少し蒸し暑くてもお構いなしってぐらい
身体を押し付けてたわわなおもちが柔らかく纏わりついて来る


AM7gEUR-min

淡「ちゃんとオナ禁してたんだよね?ホントに溜まってるの?」

抜かないで居る間、ずっと淡の事しか考えられなくて
彼女の汗ばんだ匂いをふとした瞬間に思い出すと
男と女の行為で恥ずかしがりながら悶えてた姿を想起させられながらも
3週間ぐらい耐え抜いた。実物と会うと安心する感情と劣情が入り混じって
出したい誘惑を背に我慢汁が滲み出て来る・・・




3: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/17(金) 23:14:38 ID:7EjYI4i.

淡「うわぁ・・・スッゴい匂いだよ・・・こんなに興奮してるんだぁ」

自分のモノを見せると淡は顔を近づけて来て
少し心拍数の高そうな吐息を吹きかける。

淡「凄いの見せてくれたから、私も・・・へへっ」

やっぱり大きくて、瑞々しい膨らみを称えてるおもちに向かって
気が付いた頃には深い谷間に顔を埋めてしまっていた




4: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/17(金) 23:16:40 ID:7EjYI4i.

淡「そこ、汗で蒸れてるから・・・恥ずかしっ・・・あんっ」

顔を谷間に押し込みつつ乳首を指で転がしていくと
いつもの子供っぽい淡が艶っぽい声を漏らして喘ぎ始める

淡「くすぐった・・・あぁん・・・気持ちいいよ・・・」

汗でテカったおもちを見たらこちらの竿の勃起もヤバくなってきたけど
それを見越してなのか、当たり前の様に上に乗っかってきて
そのたわわなおもちの中にチンポが押し込まれてパイズリの状態に持ち込まれた。




5: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/17(金) 23:17:59 ID:7EjYI4i.

淡「コレ、好きなんでしょ?君、スケベだもんねー」

密着したまんまの態勢で柔らかく汗ばんだ谷間の中で
チンポが揉み解され、時折唾液を垂らされて滑りを追加されて
変な声が出そうなぐらい下半身が悶えて震えが走る




6: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/17(金) 23:19:00 ID:7EjYI4i.

淡「このエッチしてる匂い、何か凄いよぉ・・・」
温度ではなく雰囲気にのぼせてくれてるんだろうか・・・
彼女の蕩けた目を見た途端に溜まってた精液が飛び出して
胸の谷間を開くと粘っこいそれが糸を引いたり淡のお腹へとだらしなく垂れていった




7: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/17(金) 23:21:22 ID:7EjYI4i.

淡「君ばっかり気持ちよくなってズルいんだー。こっちは準備満タンだよ?」

誘う様に開かれた脚の先には既に濡れてる入口が待ち構えていて・・・
さっき発射したばっかりなのに、ただ正常位で突撃したくなり
彼女を押し倒しながら肉棒を突き立てた。




8: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/17(金) 23:23:04 ID:7EjYI4i.

淡「そ・・・入口で先っぽヌルヌルして・・・クリ当たってる・・・んっ!!」
濡れてる熱い部分に腰を埋めていってひとつになって奥まで辿り着くと
自然と淡の両腕を掴んで離れないようにしてゆっくり動いて行けた。




10: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/17(金) 23:23:57 ID:7EjYI4i.

淡「何それすっごい・・・熱・・・うぁ・・・あぁん」
奥までネチョネチョと音を立てて進んでいく度に口数も少なくなってくる。
ただ粗い息遣いだけが二人の会話になっていく・・・
チンポが射精までのカウントダウンを刻むかの様に脈打ってくると
正常位でのテンポを上げて少し大きめに前後してみる




12: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/17(金) 23:30:18 ID:7EjYI4i.

淡「あぁぁ・・・それ・・・凄い・・・もうダメだよ・・・気持ちいいの来ちゃう・・・」
挿入してる部分がギュッと締まると淡の腰が脈打つ様に痙攣して、自分も彼女の中で果てた。


淡「また、時間があったら、お願いしちゃおっかなぁ・・・次は負けないから」

子供っぽさと艶っぽさの間で揺れてる彼女の背中はどこか大人っぽくなっていった


77758436_p0-min




13: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/17(金) 23:35:48 ID:SXrfyIfA

ヌッ!




16: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/18(土) 03:54:27 ID:XtZXdCKg

興奮してきたな




15: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/17(金) 23:51:14 ID:7lpkn.IY

今年の夏も大星淡さんのパイズリスレが立つことを切に望む


淡「おっぱいで気持ちよくなっちゃうなんてバカみたい」


nGd5gnM-min


lYnGun8-min





【25%OFF】少子化対策『おま〇こ検診制度』~初めておま〇こに中出しスタンプ♪~おちん〇ん検診付き!【約6時間】







大星淡「コウノトリっていつくるの~?」


1: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/11/23(金) 19:55:46 ID:2qE3.fKk

淡「ほら、赤ちゃんはコウノトリが運んでくるんでしょ?」

淡「で、私ら夫婦じゃん?」

淡「じゃあ、そろそろコウノトリさん来てもおかしくないよね? ねっ?」

淡「……あっ、そうか!」

淡「私たちがコウノトリに赤ちゃん欲しいよーってお知らせしないと、来てくれないんだっ!」

淡「やだ、私って天才だね! ね? 褒めて、褒めてっ」

淡「あ、う~ん、でも、コウノトリのLINEとか持ってないしなぁ……どうやって教えるんだろ……」

淡「……え? コウノトリを呼ぶ儀式がある?」

淡「えぇ~っ!? なにそれ、なにそれっ!? そんなのあるなら早く言えよ~!!」

淡「でっ!? でっ!? どーやんのっ!」

淡「……ふんふむ」

淡「裸になって、腰と腰を打ち付けて、パンパン音を鳴らす……?」

淡「……うん、よく分かんないっ! 口で説明するより、実際にやってみようっ! えいっ、えいっ」ヌギヌギ ポーイ

淡「はいっ! 脱いだっ!」

淡「それじゃあ、パンパン、よろしくおねがいしますっ!!」


このあとめちゃくちゃセックスした。



淡「えへ、えへへ……しちゃった………しちゃった………」

淡「私たち、もう……高校100年生……だね……♡」


82731677_p0-min




3: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/11/23(金) 19:57:37 ID:bcaztg5E

最初から知ってたなこいつ




4: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/11/23(金) 19:59:25 ID:suaLg6to

かわいい誘い方ですね…




5: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/11/23(金) 20:07:55 ID:TSfUHFn6

きっとコウノドリは白いおたまじゃくしみたいな形なんだな




6: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/11/23(金) 22:38:12 ID:IB.84BJo

聖帝サウザーかな?






大星淡ちゃんとのラブホエッチ



1: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/11/03(土) 21:57:30 ID:05iJamus

淡「私の事好きなら・・・全部見て欲しいんだ・・・」

清い交際をしていても甘えてくる猫の様に密着している事が多くなった

彼女のアプローチは猛烈なモノだった。

さすがにその豊満な胸や下半身をダイレクトに触ってしまうと
こちらの理性が張り裂けて一線を超えてしまう
・・・そんなヤキモキした感情が巡って悶々としてるところを
目敏く気取られたらしい。




2: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/11/03(土) 21:57:55 ID:6XhaCE1s

続けてどうぞ




3: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/11/03(土) 22:00:53 ID:05iJamus

淡「せっかく二人きりになれる時間あるんだからさ・・・いいよ、全部受け止めるから」

自由にできる時間が限られてる中で唐突な選択を迫られてしまったある日の事。
思い切って箍を外して身体でコミュニケーションしたくなる欲求に従う事にした。

慣れないけどちょっと小洒落てるラブホに一緒に入って・・・
エレベーターに乗ってる時間が途轍もなく長く感じた。

ここまで恥ずかしさでいつもみたいな会話が出来ないからだろうか・・・
さっき部屋を選んだパネルの事すらも頭から蒸発して
早送りと一時停止を繰り返してる感覚だった




4: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/11/03(土) 22:03:17 ID:05iJamus

淡「・・・行こ」

鍵を後ろ手に隠して悠然と先んじて歩くその背中は
いつもの幼さが乖離した様な強さを醸し出している様に見えた。

淡「んしょ・・・」

手際よく鍵を開けて部屋に入って
いよいよ二人きりの時間が始まってしまう・・・




5: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/11/03(土) 22:03:21 ID:pIZ12C4A

興奮してきたな




6: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/11/03(土) 22:04:09 ID:cZ9fsdvM

どの段階のおもちなのかだけ教えてくれ




8: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/11/03(土) 22:10:19 ID:05iJamus

>>6
一応、これぐらいと思って頂ければ


fWIShKS-min




7: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/11/03(土) 22:05:16 ID:05iJamus

出来れば気持ちの整理をしたい、一瞬で良いからモラトリアムが欲しい。
そもそもこういう事をする為のハードルの高さを思うとこれから何をしていいのか分からない・・・

淡「あー!緊張したぁ!って言うか息詰まるよねこういうの!」

緊張してたのは彼女もいっしょだと分かると途轍もなく安堵してる自分が居た。




9: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/11/03(土) 22:12:45 ID:05iJamus

淡「うわー、凄い何このパネル!ワケ分かんない!」

日常じゃ見かけない発見で変にテンションが上がってるんだろうな。
とりあえず卑しくならない様にカバンからコンドームの箱を取り出して
そっと彼女がベッドの枕の奥にあるパネルを見てる間に枕元に置くと
少しだけ淡から漂ってる雰囲気が先ほどとは変わった様に見えた。




11: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/11/03(土) 22:14:21 ID:05iJamus

淡「アタシ、ちょっと無理矢理っぽくされたいからさ、服脱がしあいながら・・・しよ。」

まるで自分の体温でのぼせた様な表情で艶めいたアプローチを受ける。
きっとぎこちないんだろうな。って思い込んでたけど
少しだけ強い力で抱きしめて押し倒し、唇を奪いながら、撫でる様に胸を揉むと

淡「ん・・・ふっ・・・んっ・・・」

普段からスキンシップは多い方だったけど今やってる事は
唾液と汗ばんだ女の子の甘酸っぱい香りに包まれた
非日常的な行為だと実感してしまう。




13: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/11/03(土) 22:16:12 ID:05iJamus

そのたわわに実った乳房を波打たせるようにマッサージしたり
乳首を舐めたりしてるだけで自分も気持ちよくなる様な感じになる。

淡「ぁああっ・・・無理矢理っぽくって言ったけどやっぱ恥ずかしいなぁ」

お腹のくすぐったい所を経てクンニする所まで来たところで
淡の濃い匂いに狂わされて一心不乱にその部分の愛液とこちらの唾液を絡ませて
舌を全力で這わせると部屋いっぱいに嬌声をあげて大きく仰け反った。




14: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/11/03(土) 22:18:34 ID:05iJamus

淡「あの・・・ゴムあったよね?もう私待ちきれないよぉ」

起き上がった彼女の手でチンポを膨らまされてから
思ったよりもスムーズにゴムを着けるとチンポを包む薄皮一枚の理性に締め付けられ
これからどれぐらい出せるかの指標になってる様にも思えてきた




15: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/11/03(土) 22:22:51 ID:05iJamus

そのまま正常位で入口を慣らしながら進んでいく。

淡「はぁっ・・・あはっ・・・ああっ・・・」

大きく前後すると滑りを実感させられてすぐに出してしまいそうなので
奥まで入った辺りで淡に密着してキスしながら細かくリズムを刻む。




17: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/11/03(土) 22:24:29 ID:05iJamus

汗と唾液でしっとりとした水気を出す胸の弾力を堪能して
今この瞬間彼女を独り占めしてる事・・・色んな気持ちが脳を駆け巡る。
淡の性器の熱さと滑りに負けてしまって・・・どれぐらい続いたか分からないけど果てた。

淡「うわぁ・・・精液ってこんだけ出るんだね。ゴム重たいよぉ」

一回こういう事をやったら幻滅されるかと思ってたけど
淡の目は好奇心とも違う目に見えない何かを追いかけてる様だった。



こ↑こ↓らへんで終わりです・・・長文駄文にお付き合いいただきありがとうございます




19: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/11/03(土) 22:26:57 ID:ceTsQyCY

Y9R2N2l-min




18: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/11/03(土) 22:25:10 ID:ywha8k2M

もっといっぱい書いて♡




20: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/11/03(土) 22:50:52 ID:05iJamus

>>18
ちょこっと続きだぜ。


ここまでの体験が何日も掛けて何かを成し遂げた様な気持ちになりながら
ラブホの浴室に二人で入って・・・やっぱり気まずい。
どこが勿体なかったとか配慮に欠けてなかっただろうか・・・
シャワーの水を浴びながら一人で反省会をしてしまうが

淡「キミって大人しい感じだと思ってたけど、なんかこういうの凄いんだね・・・」

背中から抱き着かれて温いシャワーの滴る水の温度が
二人の体温で上昇していく。




21: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/11/03(土) 22:52:07 ID:05iJamus

淡「まだ出るんならさ・・・私も色々やってみたいよ・・・」

背後から甘い声で囁かれながらこちらの乳首をヌルヌル撫でられたり
そのしなやかな手をチンポに這わされて
予期せぬ後戯の時間が始まってしまった。

淡「まだ出るんじゃない?遠慮しないでよ・・・」

正面に向き直って浴室での二回戦目が始まる。




23: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/11/03(土) 22:55:58 ID:05iJamus

淡「これで気持ち良かったよぉ・・・まだビンビンだね?」

亀頭から責められて思いっきりチンポが頬張られると
立ってるのがやっとなぐらい主導権を奪われた。

淡「こういうのは?」

いわゆるパイズリをされると乳房の弾力がさらに快感を増幅させてしまい
あっという間に暴発してしまった・・・

淡「まだ時間あるんだからさ、ベッド戻って色々やってみようよ。」

この子はどこまでエロくなってしまうのか・・・
すっかり熱に浮かされた上で彼女の虜にされてしまった。そんな一日だった


これにて終了です・・・長文駄文にお付き合いいただきありがとうございます



22: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/11/03(土) 22:55:11 ID:L.Zi66vU

段々性に目覚めるあわあわ見たい


79457909_p0-min





【30%OFF】サマーフォーリー2




24: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/11/03(土) 23:01:56 ID:Dqb2pRos

ええぞ!ええぞ!




25: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/11/03(土) 23:01:58 ID:ywha8k2M

マジもうやだ最高可愛い…




26: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/11/03(土) 23:02:40 ID:WWTyxp5I

最初は照れたり甘々だけどスイッチ入ったあわあわに段々と搾られたい


70025569_p20-min




27: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/11/03(土) 23:07:45 ID:ZztWQy76

先に果てたりして(ちょっと満足させてあげられなかったんじゃないか…)とか思って背中を丸めてても
「え~そんな事ないよ♪すっごい気持ち良かった♡」
ってお姐さん感を出して耳にキスしたり肩とか揉んでくれそう




28: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/11/04(日) 00:44:01 ID:n9ejYJ.E

ヌッ!…ウッ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、 ヌ゛ッ! ハァ、ハァ、ハァー… 


3f34032f




淡「トリックオアトリート!」

淡「チョコ欲しいー?」

淡「ねぇ、サッカーってそんなに面白いの?」

淡「うわぁ…私のおっぱいで挟んだだけでこんなカチカチになるんだ」

淡(バレンタインかぁ……)

淡「おっぱいで気持ちよくなっちゃうなんてバカみたい」

淡(……あいつ絶対私のこと好きだな)





日曜×同人 2 / RADIO STAR




d_188576pr






https://jbbs.shitaraba.net/internet/20196/

https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/20196/1558102336/

https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/20196/1541249850/


https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/20196/1542970546/







少し遅くなりましたが、誕生日おめでとうございます






このエントリーをはてなブックマークに追加




【10%OFF】Guns of Succubus2 ~夢魔とメイドとマスケット~










お売りください。駿河屋です。