no title



1: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2020/10/09(金) 23:27:00 ID:cf92j4n2

「私は大丈夫です。お気遣いありがとうございます」といつもそう言って周りに気を配り
自分の事は後回しにしてる彼女に感謝しながらも3年生に進級してからは部長業に奔走し
受験勉強も重なって毎日忙しそうにしている彼女がある日無人の部室に居残りしてたので
差し入れを持っていって労りの言葉を掛けるとやはり「これくらいなんてことないよ」と
お礼を言いながら微笑んだけどその笑顔が少しだけ無理して作っているように感じたので
暫しその場に佇んでから隣に腰掛けると「どうしたの?」とこちらを向きつつ問う彼女に
いや何となく放っておけなくて…と返すと僅かに目を見開いた後に小さく息を吐くように
「……そうだね。あなたの言う通り、少しだけ無理してたかも」と苦笑しつつ呟いたので
あの煌が弱音を吐いた事に驚きながらも余裕が出てきたかなと考えて軽口を叩いていると
「……肩、借りるね」と言われてえっ?と聞き返すよりも早く煌が寄り掛かってきたので
その不意打ちに座ったまま硬直してしまい「ごめん。少しだけでいいから……」と呟いて
ゆっくり目を閉じた煌の体温を密着して感じながらも邪な思考を振り払って無言でいると
いつしか小さな寝息が聞こえてきたので(やっぱり疲れてたんだな)と小さく笑いながら
そのまま寝させてあげたい

そう思いました




3: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2020/10/09(金) 23:35:32 ID:zUnwcC5c

かわいい




4: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2020/10/09(金) 23:40:02 ID:/Yzh2hro

タメ口になってるんですね




5: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2020/10/10(土) 00:09:38 ID:gi0IN8HQ

こういうのでいいんだよこういうので


20180922233140




6: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2020/10/10(土) 08:32:14 ID:Bl0/rPpg

こういうのでいいんだよこういうので


20180922233140





不良天使ちゃんに強制耳かきさせてみた。




7: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2020/10/10(土) 08:39:10 ID:ytOdCSno

すばら
続きがあるならなおすばら




9: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2020/10/10(土) 10:46:19 ID:8/f5e31A

タメ口で話す関係になれてるってだけでも幸せを感じる




10: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2020/10/10(土) 12:17:46 ID:ayXV/QNA

興奮する


5cf05703-removebg-preview-min












煌「どうしました? 浮かない顔して」


1:名前なんか必要ねぇんだよ!:2020/12/01(火) 20:09:45 ID:VUZSJRzI

煌「えっ……自分は姫子に嫌われているかも知れない?」

煌「いやいやいや、それはないですよ。だっていつも仲よさそうに……」

煌「え? 波風立てたくないから合わせてただけ…?」

煌(…そういえば……)


姫子『んー、それロン。……あんた成長せんねぇ、毎回同じ迷彩に引っかかって。センスなかばい』プププ

煌(冷静に思い返すと……)

姫子『あんたって普通っちゅーか、中途半端やねぇ。容姿も性格も成績もソコソコで特徴がなかったい』ケラケラ

煌(姫子は割と、いや割とというか……)

姫子『なに鼻の下伸ばして後輩と話しとる! はよ罰ゲームの買い出し行ってこんね!』ゲシッ

煌(結構ひどい事をしているのでは……)


煌「いやいやいやいや! あれは決して姫子の本心では…!」

煌「いえ、仰る通り本心じゃなければ許されるという事は無くてですね!」

煌「……いえ、こちらこそ申し訳ありません。姫子寄りの立場で考えてしまいました……」

煌「あの……姫子には私からそれとなく伝えますから、出来ればこれまで通りに姫子と接してもらえませんか?」

煌「! そうですか! ありがとうございます! いやー、良かった良かった」

煌「え? 優しいですか? そんな…大切なチームメイトが落ち込んでいるいたら慰めるのは当然ですよ」

煌「? 『大切なチームメイト』と言いましたが……」

煌(おや、最初の時よりも落ち込んでしまいました……どうしたんでしょうか?)



eb8d103e

煌ルート来た?




3:名前なんか必要ねぇんだよ!:2020/12/01(火) 21:09:15 ID:VUZSJRzI

【学生寮】


煌「姫子、ちょっといい?」

姫子「んー? なんね?」

煌「この前、彼がすごい落ち込んでたんだけど、何かあった?」

姫子「んー……いつも通りやな、なーんもなかばい」

煌「いつも通り仲よさそうに見えたけど?」

姫子「んー……ばってん……そんじゃつまんなか」

煌「それじゃさ、これまで通りじゃ無くて少し接し方を変えてみたら? 彼も意識が変わるんじゃない?」

姫子「…そんなん…今さら恥ずかしか……///」

煌(おおぅ……)クラッ

煌「素直にそういう所を見せればいいと思うんだけどなぁ……」

姫子「そいは負けた気がして嫌ったい」

煌「またそんな事言って……のんびりしてる間に他の人に取られても知らないからね」

姫子「うぐ……まぁ、努力はすったい」

煌「うん、素直に、優しくね」




5:名前なんか必要ねぇんだよ!:2020/12/01(火) 22:52:38 ID:VUZSJRzI

煌「どうですか、最近姫子とは」

煌「え。素っ気なくなった?」

煌「いえ、そんな……私の力及ばずで申し訳ないです……ちなみにどんな感じですか?」


姫子『ロン。…あー、今の打ち方は……やっぱなんでもなか』

姫子『最近のあんたは…うん…中の中の上って感じやな』

姫子『買い出し? じゃあ私も一緒に……私のも一緒に買ってきて』


煌(下手くそか!)

煌「え? いえ、姫子は体調が悪いとかそういうのではなく……貴方はやっぱり姫子の元気がないと調子出ませんか?」

煌「当たり前……ですか、そうですよね」

――ズキッ

煌(……?)ズキズキ

煌「え?…『大切なチームメイト』だからですか……うん、私もそう思います」ニコッ

煌「姫子には貴方が心配していたことを伝えますので、また元通りに…ふふっ、はい、ほどほどにですね、伝えておきます」




12:名前なんか必要ねぇんだよ!:2020/12/03(木) 21:09:22 ID:UHQEQajw

姫子「……は? それ本当にあいつが言うとったん?」

煌「うん。体調が悪いのかー、とかすごい心配してたよ」

姫子「そっちじゃなか。『大切なチームメイト』って本当に言っとった?」

煌「え、うん。そうだけど……」

姫子「あいつ……私に惚れられてるくせに生意気ばい……」

煌「どういうこと?」

姫子「だって私のこと女としてやなくてチームメイトとしてしか見てなかってこっちゃろ?……本当に生意気ばい」

煌「はー……なるほど。そう言われればそうかも……」

煌(ん……? チームメイトとして?)


煌『大切なチームメイトが落ち込んでいたら慰めるのは当然ですよ』


煌(あの時の彼は……確か最初よりもさらに落ち込んでしまって……)

煌(……いやいやいやいや! 気のせい、考えすぎ、私の自意識過剰でしょう、きっと!)

姫子「…? 花田、どしたん? なんかテンパっとる?」

煌「あ、ううん? なんでもない……いやー、彼にも困ったもんだねー、あはは」

姫子「……本当にどしたん……大丈夫?」

煌「…ありがと。大丈夫だから、本当に。……全く、素直にその優しさを彼にも出せればねぇ……」ニヨニヨ

姫子「むっ! 心配しとんのに、そんイジワル言うんかー!」ペシペシ

煌「あはは、ごめんごめん…姫子は本当に優しいよね」

姫子「何ね改めて、知っとったっしょ?」




13:名前なんか必要ねぇんだよ!:2020/12/03(木) 21:10:18 ID:UHQEQajw

煌(ちょっと素直じゃないところがあるけど、優しくて、可愛いくて、全国でも有名な選手なのに気取ったところがなくて……)

煌(……姫子はとってもいい子だよ、もっとちゃんと見てあげてよ、お願いだから)


煌「あ……いえ、どうぞ」

煌「いえいえ、避けてなんかいませんよ。たまたまです」

煌「……どうですか、姫子とは。すっかり元に戻って、ほどほどに優しくなった様子ですけど」

煌「そうですか! ええ、私も友人として二人が仲よくしているのを見るのは嬉しいですよ」

煌「私ですか? 私はいつも通りですよ、可もなく不可もなくって感じです。あ、体調も悪くないですよ?」

煌「悩み…? いえ、特には……え、落ち込んで見えてました? 参りましたね……」

煌「本当、大丈夫ですよ…そういう皆に優しいところ、とてもいいと思います」

煌「違う…? ああ、私も『大切なチームメイト』に入れてくれてたんですね」

煌「……それも違う…?」

――やめて。

煌「ああ、先程言っていた『友人』でもありますね」

――その先は言わないで。

煌「……私、予定あるんでした。申し訳ないですが、失礼しますね」

――その言葉を待ってる人は他にいるから。

煌「あっ……」

姫子「花田……」

煌「ごめんね……でも……」


 その後は言葉が出なくて、部屋まで逃げ帰るとベッドに潜り込んだ。
 どうするのが正しかったのか、どこかで間違えたんだろうかと、どうにもならない事をずっとずっと考えていた。


3859114f




15:名前なんか必要ねぇんだよ!:2020/12/03(木) 21:32:23 ID:a227F7To

煌ルートいけないか…?


Ej_oFq2UcAAlTKV




16:名前なんか必要ねぇんだよ!:2020/12/03(木) 21:39:36 ID:3bVBQt1M

お前じゃい!




18:名前なんか必要ねぇんだよ!:2020/12/06(日) 18:57:44 ID:HGPWXxus

続きはどこ…ここ…?




17:名前なんか必要ねぇんだよ!:2020/12/03(木) 22:00:28 ID:E0L3Vvvg

未だにウーロン茶が先に来る




少し遅くなりましたが、誕生日おめでとうございます






このエントリーをはてなブックマークに追加



【速聴・脳バグ】イキ癖ドープラーニング~リップキストランスナイトTwin~



【耳かき・羊抱きまくら・添い寝】やおよろ温泉郷 ~羊神まよいのふわふわ一緒に眠りたいぴったり寄り添いご奉仕~【CV.石見舞菜香】











お売りください。駿河屋です。