主に短篇小説を書いています。 グロテスクホラー、ミステリなど。幻想、絶望に浸りたい時に。ほか、実験小説『クズ家』不定期連載中。


b










の音が…

どこからともなく聞こえて来るベルの音。果たしてそれは現実なのか?幻想なのか…。

 


幻想映画館

”……まもなく上映が始まります。どうぞ、心ゆくまでお愉しみ下さいませ……”




記憶

まるで記憶にない、古ぼけた一冊のノート。表紙には「夢の記録」の文字。どうやら過去の自分が書いたもののようだが…。

     




蝉。蝉。蝉。蝉。せみみみみ。





 
道端で拾った〈犬〉を飼っているという友人。突然に音信不通になったため、住居である古いアパートにまで行ってみると、戦慄の事実が…。

         9




「一度、あなたもあの夢を体験してみればいい。すぐにわかるでしょう。あそこがどんなに忌まわしく……恐ろしい場所なのかが」


   



にごり

香り高い料理を目の前に、迷いながら男は語り出した。そこで明かされた、グロテスクで異様な男の過去とは…。

     



削除してよろしいですか

”……削除してよろしいですか?”

   



よじれる

寂れた楽器屋で出会った男の小指は、奇妙に捻じれていた。男はかつてピアニストだったというが…。捻じれた指に隠された真実とは。




仔虫奇譚

いつからか、ずっと腕に巻いている薄汚れた包帯。……取るわけにはいかないのだ、絶対に。掘り起こすことに一体何の意味があるだろうか?――自分さえも忘れている、歪な幻想に満ちた記憶など。

     



におい

「……角部屋の住人?……さあ。どんな人が住んでいるんでしょうね?」

 


魅惑のパスタ(記念小説)


パスタが食べたいという〈彼女〉のため、汗ばむ指で数回包丁を握り直し、決心がつかぬまま、恐る恐る震える掌に力を込める。ああ、何度やってもこの瞬間には慣れない――。




いびつな…

”……度々の御来店、誠に有り難う御座います。御期待に添えまして、本日は特別料理〈コースV〉を御案内させて頂きます。どうぞ……御堪能下さい”

       


譫妄

石ころってね…生きているんですよ。

1


恐怖症

記憶の中にある〈彼〉の姿は、いつも視界が布で覆われていた。じわじわと――しかし確実に〈彼〉を蝕む狂気は、幻想なのか。或いは…。

      


冀望

”――まだ微睡んでいたいのだ。この、おぞましく美しい……”




滅裂

「……僕の方が訊きたいくらいです。まったく主旨の噛み合わない単なる言葉のやり取りを、会話と呼ぶのかを」

     


盲目の


恋は、盲目。

 


Ivy

ロンには五歳になる愛娘がいる。親として娘のすべてが愛おしく甘やかしていたが、一つだけ大きな気掛かりがあった。それは、与えた玩具をすぐに壊してしまうというものである。はじめのうちは目を瞑っていたが……。


 


空っぽの…

これぞ、狂気。

  





c





ぼっこれ

蛇信仰が残る東北のある村には、奇妙な謂れがあった――。
不審な死を遂げた父親の謎を追うため、慎は〈お招き町〉へと向かうが…。

    






霧の街

母親とともに新しく住むことになった町は、通称「霧の街」と呼ばれていた。別名「朝顔の町」とも知られるその土地で過ごして行くうちに、次第に高校生の直季は、町全体に妙な違和感を覚え始める。町中で頻繁に流れる濃霧注意報のアナウンス。路上に設置された「悪魔に注意」の看板。「霧の中の住人」と識別される一部の町民の存在。気付けば、異様とも恐怖とも付かぬ得体の知れぬ異変が、周囲で起こり始めていた。この町には一体、何が隠されているのか?…



d










S病棟の怪(実話怪談)
 
 





閲覧いただきありがとうございます。


ホラー短篇小説を中心に文章を書いています。他、ミステリなど。

サイトのおおまかな作風の雰囲気を掴んでいただくには、「Ivy」を一読していただくのが早いかと思います。

基本的に希望ある物語は描きません。どうぞ纏わるような闇をお愉しみください。

猶、すべての作品はフィクションであり、作品の無断転載を一切禁止しています。
感想などありましたらお気軽に。色々と拙い所はありますが、よろしくお願い致します。


アーカイブがごちゃごちゃしているので、〈
目次〉を用意しています。大体の作品はそこから飛べます。どうぞご利用ください。







🔪ホラー

 管理人の主力です。
 一部に強い残酷描写を含みます。苦手な方はご遠慮ください。



🔪ミステリ

 ホラーに分類するか迷ったものは、こちらにカテゴライズしています。



🔪ちょっと猟奇的な一家とその飼い猫の記録。 /連載中

 ブラックコメディ。たまに特別篇が登場します。
 別館はこちらから。(クズ家サイトへ飛びます)



🔪その他

 幻想を紡ぎます。








……書いてる人……

アイコンb
悪夢を愉しんでいただこうと色々試行錯誤していますが、如何せんすべては夢幻なもので、何がどうなっているのかいないのか、それすらよくわかっていません。
密かに某ミステリ新人賞選考通過歴などありますが、特に何もできない人間です。
最近ではサンシャイン池崎の「イエェェェイ!」がどうにも耳から離れないでいます。











こんにちは。

近々アップしたい予定のものが闇に消えてしまったので、
気を取り直して、只今、短篇ホラー『暗闇』を執筆中です。




-----------------

あらすじ

〈日常に疲労困憊し、精神が絶望状態にある中、唯一人心地を付ける瞬間が、一人暮らしのアパートの部屋で聞き慣れたネットラジオを耳にしている時だった。――今日も足を引き摺るようにして帰り着くと、ぐったりとベッドに倒れ込み、聞くともなくずっとラジオを再生している。風呂に入る時も。食事の時も。眠る時も。たとえ耳に届いていなくても。まるで空気の一部のように、それは精神安定剤だった。………聞き慣れたラジオMCの声。繰り返される内容。リピート。リピート。リピート……。……ぎょっとしていた。……“肉の話”…?なんだ、これは……?アレ。このラジオ番組は、こんな狂った内容だっただろうか?MCはこんな声だっただろうか?……日に日に何かが狂ってゆく。すでに話し声すら狂気じみてきた。おかしい。なんだろう。おかしい?一体いつから?…〉





🔪はじめにをご一読ください。
* * * *
* * * *
LINE読者登録QRコード