きらいだから溺れる

ホラー短篇小説主流。たっぷりと、幻想に溺れていただけることを祈って。


b










の音が…

どこからともなく聞こえて来るベルの音。果たしてそれは現実なのか?幻想なのか…。

 


幻想映画館

”……まもなく上映が始まります。どうぞ、心ゆくまでお愉しみ下さいませ……”




記憶

まるで記憶にない、古ぼけた一冊のノート。表紙には「夢の記録」の文字。どうやら過去の自分が書いたもののようだが…。

     




蝉。蝉。蝉。蝉。せみみみみ。





 
道端で拾った〈犬〉を飼っているという友人。突然に音信不通になったため、住居である古いアパートにまで行ってみると、戦慄の事実が…。

         9




「一度、あなたもあの夢を体験してみればいい。すぐにわかるでしょう。あそこがどんなに忌まわしく……恐ろしい場所なのかが」


   



にごり

香り高い料理を目の前に、迷いながら男は語り出した。そこで明かされた、グロテスクで異様な男の過去とは…。

     



削除してよろしいですか

”……削除してよろしいですか?”

   



よじれる

寂れた楽器屋で出会った男の小指は、奇妙に捻じれていた。男はかつてピアニストだったというが…。捻じれた指に隠された真実とは。




仔虫奇譚

いつからか、ずっと腕に巻いている薄汚れた包帯。……取るわけにはいかないのだ、絶対に。掘り起こすことに一体何の意味があるだろうか?――自分さえも忘れている、歪な幻想に満ちた記憶など。

     



におい

「……角部屋の住人?……さあ。どんな人が住んでいるんでしょうね?」

 


魅惑のパスタ(記念小説)


パスタが食べたいという〈彼女〉のため、汗ばむ指で数回包丁を握り直し、決心がつかぬまま、恐る恐る震える掌に力を込める。ああ、何度やってもこの瞬間には慣れない――。




いびつな…

”……度々の御来店、誠に有り難う御座います。御期待に添えまして、本日は特別料理〈コースV〉を御案内させて頂きます。どうぞ……御堪能下さい”

       


譫妄

石ころってね…生きているんですよ。

1


恐怖症

記憶の中にある〈彼〉の姿は、いつも視界が布で覆われていた。じわじわと――しかし確実に〈彼〉を蝕む狂気は、幻想なのか。或いは…。

      


冀望

”――まだ微睡んでいたいのだ。この、おぞましく美しい……”




滅裂

「……僕の方が訊きたいくらいです。まったく主旨の噛み合わない単なる言葉のやり取りを、会話と呼ぶのかを」

     


盲目の


恋は、盲目。

 


Ivy

ロンには五歳になる愛娘がいる。親として娘のすべてが愛おしく甘やかしていたが、一つだけ大きな気掛かりがあった。それは、与えた玩具をすぐに壊してしまうというものである。はじめのうちは目を瞑っていたが……。


 


空っぽの…

これぞ、狂気。

  


幻想映画館 2

気が付くと、濡れた芝の上にいた。止まない焦燥感の中、少女に手を引かれながら向かう先は……。
幻想映画館へ、ようこそ。






止まない雨。傘の下でも、天井の下でも、雨は降り注ぐ。…ずっと。

 


目的地まで

こんばんは。AI car auto driving system へようこそ。





幻の

”あなた”という、幻。






「狂気と正気の境界線に於ける研究と考察」という気になる投稿文が、新聞社に郵送で持ち込まれた。そこに記載された、およそ現実とは考え難い、あまりにも非人道的な実験内容に、真意を確かめるため、記者である佐久森は、投稿主である老夫のもとへと取材へ向かう。元精神科医兼、分析医であったと名乗るその男は、淡々と研究内容について語り始めるが……。そこから展開は、予期せぬ狂気へと走り始める。



幻想学級奇譚

プレハブの美術室に眠る”狂気の”アート。薄暗い理科室に纏わる”グロテスクな”記憶。更新した憶えのない学級日誌。この学校(クラス)は、”何か”がおかしい…。
怪奇と幻想に渦巻く、6年X組へ、ようこそ…。


理科室〈心臓〉  
美術室〈血管〉  
放送(室)〈網膜〉  
昇降口〈脣〉
教室〈蕩〉



c






霧の街 /完結

母親とともに新しく住むことになった町は、通称「霧の街」と呼ばれていた。別名「朝顔の町」とも知られるその土地で過ごして行くうちに、次第に高校生の直季は、町全体に妙な違和感を覚え始める。町中で頻繁に流れる濃霧注意報のアナウンス。路上に設置された「悪魔に注意」の看板。「霧の中の住人」と識別される一部の町民の存在。気付けば、異様とも恐怖とも付かぬ得体の知れぬ異変が、周囲で起こり始めていた。この町には一体、何が隠されているのか?…


         10

11 12 13 14 15 

16 17 18 19 20

21 22 23 24 25

26


another 
 
 

ぼっこれ・る /連載中

「……一緒に、来てみるかい。“呪い”の調査に」
文化人類学研究者である衣黒とともに、不可解な父親の死の真相を探っている黒淵京。明らかになる”オマネキチョウ”と呼ばれる村の存在。異様な信仰。およそ現実とも思えぬ幻想と狂気に満ちた片鱗に、果たして京自身は狂わずにいられるだろうか?…






d










S病棟の怪(実話怪談)
 
 






閲覧いただきありがとうございます。


ホラー短篇小説を中心に文章を書いています。他、ミステリなど。

サイトのおおまかな作風の雰囲気を掴んでいただくには、「Ivy」を一読していただくのが早いかと思います。

基本的に希望ある物語は描きません。どうぞ纏わるような闇をお愉しみください。

猶、すべての作品はフィクションであり、作品の無断転載を一切禁止しています。
感想などありましたらお気軽に。色々と拙い所はありますが、よろしくお願い致します。


アーカイブがごちゃごちゃしているので、〈
目次〉を用意しています。大体の作品はそこから飛べます。どうぞご利用ください。







🔪ホラー

 古石の主力です。
 一部に強い残酷描写を含みます。苦手な方はご遠慮ください。



🔪ミステリ

 ホラーに分類するか迷ったものは、こちらにカテゴライズしています。



🔪ちょっと猟奇的な一家とその飼い猫の記録。 /連載中

 ブラックコメディ。たまに特別篇が登場します。
 別館はこちらから。(クズ家サイトへ飛びます)



🔪その他

 幻想を紡ぎます。








……書いてる人……

アイコンb
悪夢を愉しんでいただこうと色々試行錯誤していますが、如何せんすべては夢幻なもので、何がどうなっているのかいないのか、それすらよくわかっていません。
密かに某ミステリ新人賞×選考通過歴などありますが、特に何もできない人間です。
お笑い大好き。最近のお気に入りは、事故物件住みます芸人の松原タニシさんとか。ジェラードンとか。








幻想学級奇譚








「………放送室………悪戯か…?ふざけやがって……」

 独り言を言いながら、小辻は教室のドアに手を掛け、

〈……くっくっく……おまえのおおゲンソウだよ……〉

 ぴたりと、その動きが止まった。

〈クソッタレな幻想。ありもしない、ゲンソウ。・・……血塗れにしないと。血塗れ。全部、血塗れ・・〉

 ぶちゅ、と、肉が潰れる音がした。

 閉じられた教室のドアの前で、こちらを向き、呻きながら、崩れるようにしゃがみ込む姿を、呆然と見つめる。眼帯にじわりと血が滲み、たらたらと頬に滴ってゆく。眼帯には、ボールペンが深く突き刺さっている。

わけが、わからない。

〈……・・らせ…・ないと・……血塗れに、血塗れ、血塗れ、ちまみれ……・〉

 …また……。またなの……。

 得体の知れぬ何度目かの恐怖に、身を、震わせる。

声を失い、浅く息を吐き出していると、

〈……わたし は・・見たくないものは 見させない。みたくないものは、みない……・。血塗れの……目玉の……きおく…〉

 いつの間にか、アナウンスの声が、“女”に変わっていることに気付いた。

 ニイギ…。

小辻が、わたしの名を、呻いた。

〈………あなた が、目 くれると・言ったのよ……。いまさら…?…いまさら・・・“見たくない”?〉

 きいいいいいいいいいん。

 目を、閉じていた。

…ハウリング。

「……どいつもこいつも…」

 頭皮を掻く音。深い溜息。

聞き慣れた、声。「幻想、幻想、幻想………。幻想をただ、愛するだけ」

 はっとして、目を開く。

……志賀野。

 声にしようとして、息を呑む。

 小辻の前に立ち、自らの顔の前に、ペンを突き立てている、その姿に。

「………志賀野…!」

 ようやく声を発すると同時に、そのペンが、持ち主の左目に突き刺さった。

 ぶちゅ…。と、気味の悪い音とともに、その眼球が真っ赤に染まる。

「し、志賀野……」

「眼球に付いている〈網膜〉の部分が、“カナメ”なんだよ…」

 ぶちゅちゅちゅ、と音がした。

 わたしの目の前で、志賀野は自らの指先で、左眼球を神経ごと引き摺り出した。ずるずると、視神経を司る赤く細長い管が、赤い滴りを帯びてどこまでも続いてゆく…。

 悲鳴を呑み込むわたしの目の前で、志賀野は微笑んだ。…いつもの、不気味な笑み。

「……志賀野“くん”…?!!」

 悲鳴を上げるように名前を呼んで、小辻はふらふらと、細い足で歩み寄った。

「な、……な、何を……目、が…?!」

「僕なら、大丈夫です…」

 抉られていない右目が、黒髪の教師を“見下ろし”た。「“幻想に愛される”のは……僕の、特権なので」

 志賀野の肩を抱くその貌に、わずかに怪訝の色が混じる。が、それもすぐに消え去った。

「……ほ、…保健の先生……呼んでくるから……!!」

 新木“さん”。と、縋るように、名前を呼ばれる。

 マスカラの付いた長い睫毛がぱたぱたと瞬きを繰り返し、わたしの目を見て、逸らされた。

 無音でドアが開き、閉じてゆく。かつかつと、黒いパンプスの“ヒールの音”が、廊下に響き渡る…。

 ………。

 ………。

 ………なんだろう…。何か…が……。

…ミキちゃん。

 名前を呼ばれ、意識を向けると、血塗れの笑顔とぶつかった。

 ……なぜだろう。なぜか、頭の中がぼやけているような……。

「行こう」

「……え…?」

「次、音楽室」

 赤く湿った掌で優しく腕を引かれ、あやうくわたしは教室を飛び出しそうになった。

「ちょ……し、志賀野……」

「どうしたの?」

「え……いや……だって……」

わたしは、頭の中のもやもやを振り払うのに、必死だった。「…あ、あんた、……その顔で、行く気……?」

 静寂。瞬き。

 ……笑み。

「こんなの、気にしないよ」

「え、で…でも、さっき、あんた……」

 目玉、が。

 そう言いかけて、言葉を呑んだ。…その指先が、掌に絡まったせいで。

「早く。…先生が戻ってくると、面倒くさいんだ」

 再び、腕を引かれる。

 ……なんなの。

 なんなのよ。志賀野のくせに……!

 

 

近づいて来るヒール音。“男子の”、憧れの先生。

 もやもやなんか、消えていた。









↑このページのトップヘ