2010年04月29日

フリチラリア ダビッシーとポンティカ

0fc3f765.JPG

昨年、球根屋さんドットコムの井上さんのところで、いくつかフリチラリアを求めた。

開花しないものもあるが、私にとって初めて育てるダビッシーが開花した。

 

自分の中で、フリチラリアの花は、春爛漫になってから咲きだす、という思いがあって、ペルシカもそうだが、もっと遅く咲くような気がしていた。思いのほか、今年のペルシカが花が早く上がって、ほかの子はどうかな?と思って覗いたら(ほかの鉢は、結構日陰のほかの鉢の陰に置いていたのだった)咲いてた!

あわてて日に当てたのだった^^;(何しろ、我が家は日陰ばかりなので・・・)

ダビッシーの初姿です。うれしい。

メレアグリスを濃くしたような外側に、ミハイロフスキーのような内側?見本の写真とは少々色気が違うようだが、初めてなので、来年も咲かせられたなら、色を比べてみよう。

123

 

 

 

 

 

 

456

 

 

 

 

 

 

71314

 

 

 

 

 

 

910

 

 

 

 

 

 

81112

 

 

 

 

 

 

1516

 

 

 

 

 

こちらは、ポンティカ。今日つぼみが付いた。

17

    ↓ちなみに4月25日はこんな感じだった。

1

  
Posted by g_snowdrop at 23:37Comments(1)TrackBack(0)

4月の庭 キルタンサス ファルカータス

38a05cec.JPG

去年の4月、大きめの球根に蕾が付いた。数年咲いていなかったものなので、これは何が咲くかな?と楽しみにしていたら、なんと「キルタンサス ファルカータス」だったのだ。しかし、私が物珍しがって、咲いた姿を写真に写そうと、あれこれいじりまくっているうちに、折れた・・・ショックだった。

去年は一つしか咲かなかったので、そのまま、あきらめるしかなかった。

今年は球根2つに花が咲いた。

こんな形で蕾が付きだした3月末。ザリガニの鋏みたいね。

32

 

 

 

 

そして、4月4日12! 今年も咲く、とうれしかった。

3

 

 

 

 

 

 

次は4月11日、一週間でちょっと開いた。そんなに大きな違いはない。

去年もこのころ、このつぼみは何?と思ったはずなので、ほぼ同じぐらいで成長しているようだ。植物はほんとに偉いね。寒かったりもするのにねぇ。

45

 

 

 

 

 

 

翌週、4月18日 お天気のいい日の昼間なので、ちょっと写りが悪いかな・・・

678

 

 

 

 

 

 

 

4月20日の朝、出勤前

910

 

二つを比較。

 

 

 

 

111213

 

 

 

 

 

 

4月24日

141516

 

 

 

 

1718

 

 

 

 

 

 

4月25日

1920

 

 

 

 

212223

 

 

 

 

この二日間が満開。今年は怖がって^^花に触らないで写したので、花の中までしっかり覗けていない^^;

4月30日、一週間見なかったら、しおれだしていた。

242526

 

 

 

 

 

 

約1ヶ月ぐらい、花が楽しめた。去年が、花のいい時の姿で終わったので、今年は満足。ありがとう、フォルカータスちゃん♪

来年も咲いてくれますように。

 

 

  
Posted by g_snowdrop at 22:49Comments(0)TrackBack(0)

2010年04月24日

4月の庭 リキュウバイ

7f5d3033.JPG

リキュウバイ(利休梅)は、中国原産のバラ科の木。名前は千利休にちなんでいるのだが、利休縁ということではなく、お茶花に使われていたから、とのことだそうだ。

我が家にはこの木はもう6−7年、居る。松屋の趣味の園芸フェスティバルのとき、見本庭に使っていた木を頂いたもの。岩淵さんの「顔」で頂けたもので、その時はどんな花が咲く木なのかも全く知らなかった。その後、日のあまり当たらない我が家で、鉢で育っていたこの子は、毎年あまり花をつけなかったが、ここ数年、地植えして、去年から花がそこそこ付きだした。

数年前、ぽんさんのお庭でこの木を見たとき、我が家の子と同じだとは夢にも思えないほどの花付きだった^^ぽん庭では、リキュウバイだとは思わずに、この木は何?と聞いたのだった^^;

4月4日、気が付いたら咲きだしていた。

136

 

 

 

 

 

 

 

花もそこそこ、付いてうれしい限り♪

マルバヤナギザクラ、という呼び名もあるようで、確かにたわわにしなった姿は柳のようかも。

派手さはないけど、とても好きな木です。

245

 

 

 

 

78

 

 

 

 

 

 

11

910

  
Posted by g_snowdrop at 22:12Comments(0)TrackBack(0)

2010年04月18日

4月の庭 テンナンショウたち

cac56c24.JPG この素心の雪餅草は、2年前にやまくささんでちび苗を連れ帰ったもの。

今年の1月後半にお邪魔した時、「あの素心、元気?」と富澤さんに聞かれた。元気、と答えたものの、そういえば、去年、葉が出ていたよねぇ、と半信半疑だったのだ^^;

で、先日、見たらニョキニョキ伸びていて、一安心♡ その子が咲きだして、ルンルン気分の私^^

 

では、咲き始めから。

4月4日、葉が出てきた。

1

 

翌週、11日、蕾、というより咲き始め。

234

 

 

 

 

 

 

 

また、数日。雨に当たって56いるが,開きだしている。

 

 

 

 

 

 

今日の姿。78

 

 

 

 

 

 

横から。

910

なんか嬉しい♪

 

 

 

 

 

24

 

 

 

 

 

 

 

こちらのスペースは、今年は葉だけかな?去年のNLの春バザーの子たち。

131422

 

 

 

 

 

 

 

こちらの黒ウラシマも、葉だけか・・・

12

 

 

 

 

葉だけ出て、咲かないのだけど、茎は黒いのだ。

23242526

 

 

 

 

 

 

 

ここの子は咲いた。どど様から頂いた球根だ。ミミガタテンナンショウ(茨城産)

11

 

 

 

 

 

 

だが、奥の日が当らない場所の素心のムサシアブミは葉のみ。

芽出しのとき1

12

 

 

 

 

 

 

27

 

 

 

 

 

 

↑この子も、そのうち植えかえないといけないのかな。

 

桃色天南星に至っては芽も出ない^^;(球根はある)

掘り返してみたら・・・根も芽も出ていない・・・

10どうなっているのか、このまま腐らせないように頑張ろう。

 

 

 

 

 

 

もうひとつある、普通の雪餅草のエリア。ここには、南国や斑入りやツクシヒトツバなどがいる。

151617

21

 

 

 

 

 

 

181920

 

 

 

 

 

 

28293031

 

 

 

 

 

 

3233

 

 

 

 

 

 

89

1112

 

 

 

 

 

 

14

 

この筋のある葉が、ウラシマさんの葉。ナンゴクウラシマソウ。見えているユキモチソウの葉は大きいまるっぽいもの。

 

 

 

 

1

5

6

 

 

 

 

 

 

上のつぼみは、ツクシヒトツバテンナンショウ。周りの斑入りの葉はこの下、左の早くから咲きだしたテンナンショウのもの。この子は斑入りテンナンショウ。

37

 

 

 

 

 

 

 

1013テンナンショウ、あれこれ♪

  
Posted by g_snowdrop at 23:12Comments(0)TrackBack(0)

2010年04月17日

4月の庭  フリチラリア ペルシカ

ff1f372a.JPG

ペルシカ のその後。

本当にすごいスピードで、「伸びた」という表現が当っている^^

ペルシカを育てるのは3回目だと思うが、今までの中で一番成長するスピードが速いように思える。

 

 

では、蕾あたりからどうぞ。

12

 

 

 

 

 

 

1

23

5

 

 

 

 

 

 

67

 

 

 

 

 

 

 

8910

 

 

 

 

 

 

1314

15

 

 

 

 

 

 

1617

 

 

 

 

 

 

1820

 

 

 

 

1921

 

 

 

 

 

 

222324

 

 

 

 

 

 

252627

 

 

 

 

 

 

4

567

 

 

 

 

 

 

見事にそそり立ちました♪

但し、二つの球根が2方向に延びてしまいました^^

 

それから、アルバのほうは、今年はダメみたい。葉は展開したが、蕾が付かず、残念。また、2球のうちの1球は出てこない。もう少ししたら掘り返してみようと思う。

こちらが、アルバの芽出しから成長の様子なのだが、初めはよかったのだが、だんだん成長しなくなった。

41112

 

 

 

 

 

 

 

ペルシカのほうは、2球植えて、片方からは2芽が出たのだが、ひとつは途中まで伸びたが成長が止まってしまった。これの真ん中。

3

 

 

 

 

アルバのほうは、2球植えて1球から1芽でたのだが、成長しなかった。

ここで止まってしまった。残念。

12

 

 

 

 

 

 

掘り返してみたら・・・ 球根からは根も芽も出ていなかった・・・

9

 

 

 

 

 

 

この違い、なぜでしょう? でも、芽が出たほうも咲かなかったので、来年もう一度チャレンジしてみます。

8

  
Posted by g_snowdrop at 22:16Comments(0)TrackBack(0)

2010年04月11日

4月上旬から中旬の庭

a46d7663.JPG

写真を写すのが間に合わないーー

昼間、家にいないので、日が高くなって開く子などは、咲いている姿が見れないでいたり、咲き始めて、3−4日たっていたりすると、その間を見ていないのでもうこんなに成長した♪とびっくりする。

春は、植物の開花に合わせると、毎日がほんとうに忙しい。朝、出勤前の見回りが、実はうれしい悲鳴だったり^^;

でも、そこに楽しさが詰まっていて、小さな幸せを感じつつ、張りのある毎日が送れる。私なんて、植えっぱなしでお世話というお世話もできないのに、応えてくれる植物に感謝する日々だ。

 

水仙たちが満開

312

 

 

 

 

 

 

45910

 

 

 

 

 

 

6131415

 

 

 

 

 

 

7811

 

 

 

 

 

 

161718

 

 

 

 

 

 

192021

 

 

 

 

 

 

 

この南アフリカ産のブルビネラ、やはり、路地では今頃に咲くのだ。去年、3月で咲かないの?と小黒さんに不思議がられたけど^^

122223

 

 

 

 

 

 

 

ピンクのハナニラ。1株しかないつもりだったのだが、3か所で咲いている・・・はて、どこからもらっていたっけ?

4511

 

 

 

 

 

 

 

211920

 

 

 

 

 

 

 

レディジェーンは、相変わらず丈夫で毎年咲いてくれる。

67

 

 

 

 

 

 

172324

 

 

 

 

この子も、2か所で咲いている。種が飛んだかな?

891018

 

 

 

 

 

 

ムスカリたち。151617

 

 

 

 

 

 

カロライナジャスミンも、気が付いたら満開。

1819

 

 

 

 

 

 

ビンカマジョールもあちこちに顔を出している。

20

 

 

 

 

 

 

 

こちらも咲きだした。S氏にはあとで大変なことになるので早く抜け、といわれているが、なんとなく可愛くて、抜けないまま^^;

2122

 

 

 

 

 

 

 

バビアナも咲きだした。まず1種類。

121314

 

 

 

 

 

 

scilla reverchonii の満開の状態。あんなに小さな蕾からこんなに開いて開花。

1516

 

 

 

 

 

 

 リュウキンカ。この場所には何種か植えたのだけど、今日までにこれしか出てこない・・・

2522

 

 

 

 

こちらは烏葉リュウキンカ123

 

 

 

 

岩淵家からお嫁入りしたイカリソウ。我が家のイカリソウの中では一番早い開花。

123

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、森先生からの子。NL新年講演会でのお土産。

45

 

 

 

 

 

 

こちらの大株のものは、多分同じ種類だと思うが、その数年前に先生のオープンガーデンに行ったときに連れ帰った子。

8

345

 

 

 

 

 

 

 

これらは、やまくさ からのもの。

3410

2

 

 

 

 

569

1

 

 

 

 

 

 

白花ハナズオウ。NLの笠原さんが種から育てたもの。まだまだちびちゃんだが、秋にはマメ科だけあってさやが付く。いつか、木になるので、その時はどこに植えるか悩む。咲き始めの葉がきれい。

剣葉ではなく、細い幹を見てくださいね^^この子の葉は最後の7枚目です。

123

 

 

 

 

14111213

 

 

 

 

 

 

 

ショウジョウバカマは今年も葉ばかりさま。

23

 

 

 

 

菫もあちこちで主張している。

67

 

 

 

 

 

 

 

 

これから咲く花たちの葉がいろいろ出てきている今。

123

 

 

 

 

 

 

 

89

 

 

 

 

 

 

 

1045

  
Posted by g_snowdrop at 20:08Comments(0)TrackBack(0)

2010年03月29日

3月後半の庭2

プリムラ・ベリス(カウスリップ)とブルガリスが咲いた 。ブルガリスは丈夫で、もう数年毎年出てくるが、カウスリップは2度枯れて、あきらめていたのだ。この子は昨年の春、伊豆の中島さんからいただいたもの。今年、咲いてくれてうれしい。それから、このブルガリスは、森先生から来たもの。先生が、春はブルガリスが咲く庭がいい、とおしゃっていたとき、何かの会でいただいた。

e518df77.JPG

9

1011

 

 

 

 

 

 

 

17 レンゲショウマが出てきた。

 

 

 

 

 

13

ジョウザンのつぼみ

 

 

 

 

 

12

9

11

 

 

 

 

鯛釣り草もお目覚め。

 

8

 

 

 

 

 

 

 

テンナンショウたち

 

10ムサシアブミ・素心

13

 

 

 

 

 

この子の後ろの鉢、梅田さんからの黒花。ニョキニョキと出てきたのも黒いねぇ♪

12

2

10

 

 

 

 

 

 

7

1

3

 

 

 

 

 

 

9

この子は、雪餅草・素心のはず。

 

 

 

 

 

 

6セントウソウが咲いた。これが枯れずに元気で咲いてくれてうれしい。

5

3

 

 

 

 

 

 

リュウキンカ

4

1415

 

 

 

 

 

 

8

烏葉も。

 

 

 

 

雪割草・黒三段。現関東支部長、飯島さんから頂いたもの。数年前の昭和記念公園の展示会の時、一目ぼれした子。咲き始めが黒くて、だんだん緑&ピンクが乗ってくる。面白いよね。

1234

 

 

 

 

 

 

567

 

 

 

 

 

 

2122

 

 

 

 

ほかの千重も。

161718

 

 

 

 

 

 

ヘレボルスもまだまだ満開

232425

 

 

 

 

 

 

2627

4

 

 

 

 

 

 

20

7

 

 

ガランサス・エルウイッシーも最後。フリチラリア・ウーバーブルビスが1つだけ咲いた。この子は古くからの子。今年植えた子はまだ葉ばかり。

 

 

 

 

19

 

ファルカータス。今年こそ、ちゃんと最後まで咲いた姿を見てあげないと^^去年は、折れちゃったから^^;

 

 

65

 

 

 

 

 

 

8

 

 

 

 

まだまだ、続きそうですが・・・写真が追いつきません。

  
Posted by g_snowdrop at 23:25Comments(0)TrackBack(0)

2010年03月28日

3月後半の庭

雨ばかり降って、また、寒さがぶり返した。せっかく届いた桜の花だよりも、一進一退。このあたりの見ごろは4月頭のようだ。

我が家の球根植物の小さな花たちは、見回るこっちの暇がないのに^^どんどん咲きだしている。こうやって、毎年、花の開き始めが見れないんだなぁ。今年は頑張って朝、見回らないとね^^;

気が付いたら咲いていたアリアム・パラドクサム

f4284351.JPG12

 

 

 

 

3456

 

 

 

 

 

 

 

scilla greilhuberi

789

 

 

 

 

 

 

1011

 

 

 

 

 

 

 

scilla reverchonii

91011

 

 

 

 

宮崎さんからの

141213

 

 

 

 

 

 

678

1

 

 

 

 

 

 

12

 

 

 

 

 

 

345

 

 

 

 

 

 

クロッカス・ジャンヌダルク

151617

 

 

 

 

 

 

アルブカ

234

 

 

 

 

 

 

 

フリージア

567

 

 

 

 

 

 

 

 

ラケナリアたち

89

 

 

 

 

 

 

10

1

 

 

 

 

131112

 

 

 

 

 

 

23

 

 

 

 

 

 

 

25

24

 

 

 

 

 

 

 

 

202122

 

 

 

 

 

 

 

水仙、オドルス・プレヌス

2

1415

 

 

 

 

 

 

16171819

 

 

 

 

 

 

111213

 

 

 

 

 

 

キルタンサス

1

 

 

 

 

ムスカリさんたち

2019

 

 

 

 

161514

 

 

 

 

 

 

スノーフレーク

18

2

 

 

 

 

フリチラリア ペルシカ アルバ

2123

 

 

 

 

 

 

69

 

 

 

 

 

 

こちらが、普通のペルシカ。なんだか、毎日見るたびに大きくなっている^^

181920

 

 

 

 

 

 

22

24

25

26

 

 

 

 

 

 

345

 

 

 

 

 

 

78

  
Posted by g_snowdrop at 21:54Comments(0)TrackBack(0)

2010年03月15日

花盛り3

da61cd53.JPG

ヘレボルス以外で今、咲いている花たち

ミニスイセンのトッポリーノとオドルス

どちらも、はまうつぼさんからの購入品

 

トッポリーノ23

 

 

 

 

 

 

オドルス2

オドルス

 

 

 

 

 

 

レモン・・・・2

 

こちらは以前からあるレモンなんちゃら^^丸の内花市の柳さんのおまけで、毎年咲く。

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

1

キアネラ・アルバ

こるちかむ

オーニソガラムナナム

 

 

 

 

 

 

 

球根から芽が出、葉が出てきた。これが春の楽しみ。

ペルシカスイセンチューリップクロッカス

 

 

 

 

 

 

左のラケナリアは何年も前に片山さんから頂いたものだと思う。真中ははまうつぼさんから、右は今年の購入品。葉がマッソニアのように幅広い種類。出窓においていたらニョキニョキ伸びて、あっという間に咲いた。ほかのラケナリアは我が家では外に置いてある。

ラケナリアヴァンジリアエ

ラケナリア

 

 

 

 

 

 

32コウム

 

 

 

 

 

 

コウム

 

 

 

 

ムスカリ

ヒアシンス

 

 

 

 

 

 

ムシトリスミレ

コリダリスコシノカンアオイ

 

 

 

 

 

 

雪割草は、我が家での置き場は日陰なので、やっと咲いてきた感じ。

こちらは玄関前に置いているものの一部。新潟からの分はまだ満開になっていない。

8654

 

 

 

 

32ヘパティカ1

ヘパティカ

 

 

 

 

 

 

コバイモは、実は、先日のサンシャイン・ヘレボルス展示会のあと、西武デパートの屋上で買ったもの^^みんなで屋上を散策中、この3種、安いよねぇ・・・でお持ち帰りしてしまった^^みんな可愛く咲きました。先日の花のつどいで、この3種類のコバイモの大鉢を、武田さんが展示されていた。ああなるまで育てられたらいいのだけど、とりあえずの目標は、来年も咲かせられることだ^^;

イズモコバイモ

イズモコバイモイズモ

 

 

 

 

 

 

細花コバイモ

ホソバナコバイモ

ホソバナ

 

 

 

 

 

 

 

アワコバイモ

アワコバイモアワコバイモ

 

 

 

 

 

 

 トサコバイモ

 

トサコバイモ、今年もとりあえずは葉は出た。

 

 

 

 

ヒナマツリソウは1月に行ったやまくささんで買ったもの。コバイモと同じ時期に咲いた。

ヒナマツリソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

丈夫なバイモも満開だ。

この球根もう10年近く元気だ。背が高くなるのでほとんど倒れてしまっているが、このバイモのようにほかの種類も丈夫だとうれしいんだけどね^^

バイモ234

  
Posted by g_snowdrop at 23:52Comments(0)TrackBack(0)

花盛り2

 

f0435b3a.JPG 

では恒例のヘレボルスたち

とりあえず、写真を撮ったもののみ

 

アーグチフォリウス

56

 

 

 

 

 

 

1234

 

 

 

 

567

9

 

 

 

 

 

 

13141516

 

 

 

 

10

11128

 

 

 

 

 

 

17182019

 

 

 

 

 

 

25262728

 

 

 

 

 

 

29

30

3132

 

 

 

 

 

 

 

33

343536

 

 

 

 

 

 

37383940

 

 

 

 

 

 

41424344

 

 

 

 

 

 

45464748

 

 

 

 

 

 

49

50

51

53

 

 

 

 

 

 

54

55

5758

 

 

 

 

 

 

21222324

  
Posted by g_snowdrop at 23:30Comments(0)TrackBack(0)

花盛り1

2e4e2fc3.JPG

先月末頃から、咲きだした。しかし、お天気がころころ変わるので、中々首が伸びてこなかった。やっといろいろ展開。

まず、ブラックダブル。

この9枚は同じ花だ。写真の写し方、光の入り方でこんなに色幅が出る。まさに赤紫からグレイ、ブルーブラック、黒と違う花のようだ。

24

 

 

 

 

 

 

 

731

 

 

 

 

 

 

 

56

9

 

 

 

 

 

 

次は、緑のセミダブル、2種。スポットの入り具合が違うのだがほとんど似たような花^^どうしても好みなので、同じような花ばかりが集まってしまう^^

どちらも若さま印だ♪

まずその1、

21

 

 

 

 

 

 

345

 

 

 

 

 

 

 

その2、実際はその1と花の色はそう変わらないのに、写真にしたらずいぶんと色が違うように見える。

67

 

 

 

 

 

 

9108

 

 

 

 

 

 

 

こんなのばっか、これも色が気に入っているけど、みんな同じような花色^^;

11128

 

 

 

 

 

 

 

これもけっして色がきれいではないけど、どうかな?

123

 

 

 

 

 

 

47

 

 

 

 

 

 

12

5

 

 

 

 

 

 

この糸ピコは、頂き物の苗から咲いた。3年前に頂いたまま植えかえないでいたら、小さなポットのままで咲いてしまった^^;

小輪でかわいい。

123

 

 

 

 

 

 

 

45

 

 

 

 

 

 

 

 

パーティドレス系2種

43

 

 

 

 

 

 

 

21

 

 

 

 

 

 

 

この子はお気に入りのまん丸ミストシャワーだったんだけど今年は7枚で咲いた。

123

 

 

 

 

 

 

 

まん丸グリーンブロッチ、お気に入り

45

 

 

 

 

 

 

 

ビロードみたいなセミちゃん。このタイプ、弱いんだなぁ

345

 

 

 

 

 

 

 

こちらも頂き物。

656

  
Posted by g_snowdrop at 22:57Comments(0)TrackBack(0)

2010年02月26日

今年のGalanthusたち

 

 

c5699d35.JPG

23

 

 

 

 

 

 

この写真、おめかし写真でしょ^^     Galanthus    George Elwes   

2月の東京ドームのラン展は、花のつどいの日の午前中にでかけたため、朝、咲きそうな鉢をいくつか持って出た。この鉢もそのひとつ。

水道橋までの電車の中、暖房で温かかったので、この子が開いてしまった。友人を水道橋の駅で待っている時、そうだ、写真を撮ろう、と思い立ち、ホームにある椅子に鉢を置いて撮影。だからバックが水色の椅子なのです。

普段の写真ではなく、なんか、写真館で写したよそいきになってしまった^^;

 

さてさて、我が家のSnowdrop、

今年はダブルの子たちがお目見えしない。つぼみはついていたのだが、見落としてしまったか・・・

では、咲き始めからどうぞ。

5

 

 

 

 

123

4

 

 

 

 

 

 

131415

 

 

 

 

 

 

2324

 

 

 

 

 

 

26

2732

 

 

 

 

 

 

3334

 

 

 

 

 

 

40

41

 

 

 

 

 

 

1112

 

 

 

 

 

 

1617

22

 

 

 

 

 

 

6

9

10

28

 

 

 

 

 

 

7

29

 

 

 

 

36

373839

 

 

 

 

 

 

1819

2021

 

 

 

 

 

 

30

31

35

 

 

 

 

 

 

25

8

 

どどんこ師匠からのエルウイッシー

 

 

 

 

最後にイカリアエがまん丸で咲いていた♪

424344

 

 

 

 

 

 

4546

 

 

 

 

  
Posted by g_snowdrop at 23:21Comments(0)TrackBack(0)

2010年02月24日

ラン展とヘレボルス展

ab271982.JPG

東京ドームの「世界らん展」は今年で20年。私は今までに2回は行ったと思う^^;

この世界らん展の事務局の方にも新年会でお目にかかって、いろいろお話をお聞きした。しかし、自分があまり蘭を知らないし実感がないので、申し訳なかった。

私は派手な蘭にはあまり興味がないのだが、やはり行けばそれなりに楽しい。可愛い地味な蘭もあるし、変わった蘭を見るのもうれしい。で、今年は、S氏の解説付きで、駆け足ながら見てきた。

展示の規模もすごいけど、売店もすごい。さすが、種類が半端ではない蘭さんたち。南米や台湾、中国のお店もいくつもある。

 

12

この蘭、売り場でとても気に入って、欲しかったけど、やはり育てられないと思いあきらめた。

 

 

会場の雰囲気など、どうぞ。

1

23

11

 

 

 

 

 

 

45

910

 

 

 

 

 

 


67813

 

 

 

 

 

 

変わって、ヘレボルスの展示会。

日本クリスマスローズ協会主催のサンシャインシティ・クリスマスローズの世界展は今年で8回目。こちらはほとんど足を運んでいる。

ヘレボルスは、種の種類も少ないので、ラン展とは規模が違いすぎるが、この花は、昔に比べると、色幅がものすごく豊富になっている。交配されている方々の努力のたまものだと思う。クリスマスローズ協会の、一般園芸人の大鉢もたくさん展示されていて、その方々の夢も一緒に展示されているのだと思う。

また、原種交配やそのままの原種も、地味だけれど私は好きなので、この展示会では、そうした原種がすべて見られるのがうれしい。これはナーセリーの方々の協力なくしてはできないことだ。これを見るだけでもサンシャインには足を運ぶ価値があると思う。

今年は、最終日のオークションを手伝うことになった。初めての試みのオークション、前の席の人でないと、なかなか花色や形がわからないので、もっと楽しく情熱的な解説があったらもっともっと盛り上がったかな、とも思うが、高く売ることが意図ではないので・・・

22

市場の専門のセリ担当の方が行ったが、協会役員でもよかったかも^^そのほうが、各ヘレボルスごとに、愛情たっぷりのコメントが聞けたかも。シノさん、やってみたかったようだったのだけど、残念でしたね。私は、会計のお役目でした。

 

 

あまり写真がないけど、会場はこんな感じ。

有名園芸人の寄せ植えやアレンジもありましたが、写真を撮れてなかった・・・

1

まずは入口の押し花を使った作品。これも有名な方なようです。

 

 

10

アシュウド・ナーセリーのコーナー

 

 

 

展示品をいくつか。若さまの「絹」は、ニゲルとチベタヌスの交配。ピンクアイスと呼ばれているものの若さま版だ。

2345

 

 

 

 

 

 

678

 

 

 

 

92021

 

 

 

 

 

 

寄せ植えもいくつか。

111213

 

 

 

 

 

 

 

オークションの展示品

15

オークションが近ずくと、会場前に集められた。

14

 

 

 

 

野田さんのゴールド。(なんと、びっくりの知り合いが落札した^^)

1617

16

 

 

 

 

 

 

 

松村さんのダブル。

1819

 

 

 

 

 

 

 

それから、今までずーーと日本橋三越屋上のチェルシーガーデンで開催されていた「ヘレボルス倶楽部」の展示会は今年は別の場所に移った。

チェルシーガーデンも、経営がマリポサから変わって、どうも新しい店舗のトップとの話し合いがつかなかったようだ。で、屋上には、今までやっていたのだから、と、チェルシーガーデンにいるフレグランスさんと、屋上に縁あるユッキーさんが中心になって、各ナーセリーやお友達中心に呼びかけ、今まで以上にもなる規模の展示会を開催した。各ナーセリーからは、原種や原種交配のお宝株も出ていた。

では、日本橋三越、屋上の「チェルシー・ガーデン」のクリスマスローズ展。その様子をどうぞ。

210

13

11

 

 

 

 

 

 

1412

9

 

 

 

 

 

 

6781

 

 

 

 

 

 

345

 

  
Posted by g_snowdrop at 22:43Comments(0)TrackBack(0)

2010年02月11日

若さまのナーセリー

f80d385a.JPG

私がヘレボルスにはまってから、早10年。一番最初に、花の選び方などを教えてくださったのが、若さまだ。本当にお世話になった。当時は、しょっちゅう一緒になって、たくさんヘレボルス談議をした。楽しい日々だった。

その若さまが、ご自身で「WAKAIZUMI FARM」というナーセリーを初めてもう随分たったが、数年前に、自宅以外にも大きなハウスを建てられた。この郊外のハウスにはまだお邪魔できていないのだが、今年からご自宅のハウスで、直売をされることになった。

早速、初日の1月23日に、関西から来た友人と一緒にお邪魔した。また、今までの恩返しを兼ねて、1月30日と2月11日、直売のお手伝いに行ってきた。

 

若さまの作られた花は、みんな素晴らしいです。ネットで購入するよりもお安く、まさか〜という価格で求められますので、ぜひ、この機会に、お邪魔してみてはいかがでしょう。

詳しくはここで確認してください。地図もありますよ。

また、親株や原種の大株など、お宝で目の保養もできそうです。

卑弥呼もありました。(このときは販売してました)

まだまだ、どんどん咲いてきています。

あまり、写真は撮っていませんが、自宅ハウスの雰囲気でも。

14

1516

 

 

 

 

 

 

 

 

2卑弥呼ヒデコートダブル2

 

 

 

 

 

 

糸ピコ1378

 

 

 

 

 

 

3

456

 

 

 

 

 

 

 

11

12

 

 

 

 

原種2917

  
Posted by g_snowdrop at 22:29Comments(0)TrackBack(0)

2010年01月31日

帰燕の冬献立と街で見かけたあれこれ

6f9165aa.JPG

古くからお付き合いのある、スキー仲間の先輩が、仕事場を昨年、赤坂サカスの前にある事務所から、溜池方面に引っ越した。前の場所がよかったのに、と思いきや、引っ越し先は、今話題の代議士の事務所が入っているあの高級マンション^^報道陣がエントランスでたくさん待機。つかまるのでしょうか・・・?と聞いてしまいそう^^;(絶対つかまりそうもない、かな?)

 

久しぶりにお会いし、事務所見学後、会食。

帰燕のすぐそばなので、お連れした。

スキー談議、近況報告、仲間の話などで楽しく過ごした。今年80歳になられるが、毎週末はスキーに行かれている、お元気さんだ。以前、私もいっしょにスキー教室をやっていた。今は、ほとんど、シニアレースらしい。スキーの指導員なのでそのお役目もあるのだろう。

 

それでは、帰燕、冬の献立。

蓋つきの入れ物が素敵です。蓋をあけると幸せが待っています^^

123

 

 

 

 

 

 

4567

 

 

 

 

8910

 

 

 

 

アンティーク鶴のお皿に盛られたフグ刺しを頂いたあと、お皿を写してみました。

   ↓

その次に、お刺身(4種類あったと思う)が出たのだけど、話と食べることに夢中になっていて、写し忘れ^^頂いた後の空のお皿^^;

                    ↓

1112

 

 

 

 

このお店・帰燕さんは、お店のつくりが面白い。後から付け足した形のようなのだが、入口が左右二つあり、左がカウンター、右がテーブル席。

今回、最初はテーブル席で頂いていたのだけれど、カウンターのお客さんが帰られたので、先輩と、カウンターへ移動させていただき、店主さまとじっくりお話しながら食する楽しみも味わった。

131514

 

 

 

 

 

 

お酒も獺祭を最後に頂き、お食事&デザート。今回も大満足でした。

先輩は、事務所のちょっとした集まりでお昼懐石や奥様との夕食にこれからもお邪魔したいとのこと。16171819

 

 

 

 

 

 

そうそう、その後、仕事で赤坂へ行った時、ランチに2回行きました。

平日ランチ、限定20食で、電話で予約をすれば、1500円でおいしいランチが頂けます。仕事仲間をお連れしたところ、全員絶賛♪

通常は懐石ランチ、5250円(+サービス料)、2009年のミシュランの1つ星を獲得の、おいしくて、ボリュームも満足できるお店です。夜もお料理10000円から。

このブログ「月水金」も参照。帰燕さんの素晴らしいレポートがいくつも載っています。

 

     *          *          *

 

休日の昼下がり、電車の中で真向かいに座られた方の靴に、ふと目が行った。

近くで見たくなり、お隣の席が空いたと同時に移動^^話しかけてみた。

123

 

 

 

 

ご自身で、古くなった革靴に描かれたそうだ。お教室に通っていらっしゃるそう。TEXという絵の具でSEIWAさんというところから出ているとのこと。検索してみた。これかな?

4

男性用のコーデロイの古くなったパンツの裾を2本縫い合わせ、おそろいの絵を描いたバックも素敵だった。

 

 

 

 

 

卒業された仕事仲間の友人が、やはり、シャツに絵を描いていて、私もスノードロップとヘレボルスを書いてもらった。

絵心のある方が、どんどん、素敵な作品を作られている。なんか、素敵だな、って心が躍った昼下がりだった。

 

友人に書いてもらったシャツ

54

 

 

 

 

321

 

 

 

 

 

 

 

 

          *          *          *

 

浅草橋から浅草まで、ぶらぶら歩きをしているときに目に入ったお店。

8

ワンちゃん専門のケーキ屋さん。かわいい犬用のケーキがいっぱいあった。

人間も食べれるのでしょうか、と思わず聞いてしまった私に、「食べられますよ、でも甘くないですよ」とのお返事。

ワンちゃんのいるお宅は、ワンちゃんのバースディに買ったりするのだろうか・・・

 

 

 

567

 

 

 

 

 

 

 

 

          *          *          *

 

最後は、東京タワー をどうぞ。

芝から六本木まで、時間があったので歩いてみた。久しぶりに東京タワーの足も

とを見た。

9

121011

 

 

 

 

 

 

13

 

 

向かいにある鏡張りのビルに、東京タワーが写っているのがわかるかな?

 

 

 

 

別の日、仕事仲間と、お台場へ講演会へ。 久しぶりに「ゆりかもめ」に乗った。

ゆりかもめでは、行きも帰りも、先頭車両の一番前の席に座れた。

東京タワー、ベイブリッジ、観覧車、など東京の夜景がきれいだった。お台場まで、中々夜に行くことが無いのだが、東京観光として、ゆりかもめで、夜景見物もありか、と新しい発見をした。

新橋駅からと、先頭の席からのタワーも、おまけで^^

1415

  
Posted by g_snowdrop at 19:37Comments(0)TrackBack(0)

2010年01月10日

国際多肉の新年会

a55ce70d.JPG

国際多肉植物協会の新年会に初めて行ってみた。

この写真は、品評会一位の方のもの。コノフィツムという名前を初めて知った。

 

 

新年会というので、どんな会なのかと思っていたら、大きな会場で、たくさんの業者さんの売り場があり、広い場所にたくさんの椅子が並べられ、集会ができるようになっている。また、狭い通路を挟んで、集会場所の隣に会員の展示品が並んでいる。参加の人は三々五々、自由に会場内を行き来していて、その間、セレモニーも進行している。そして、正面では、ビンゴ大会開催、セリ開催と大賑わいだった。

1721

 

 

 

 

久しぶりに長野・錦玉園の児玉さんともお会いできた。

23

 

 

 

 

 

 

 

展示品の数々、初めて見る多肉もあり、楽しかった。

そうそう、マリポサにも商品がはいっていた、SPECIS NURSERY(藤川商店)さんも、多肉の会のたびに出展されているそうで、店主さまに紹介していただいた。ここの植物は、南アフリカの球根がたくさんある。そうか、Kくん、ここで仕入れていたのね・・・と納得した。Kくんは花のつどいに、目を見張る珍しいものをたくさんお持ちになる方で、いつもどこで手に入れるのかな?と興味があったのだ。

22

 

 

私もいくつか、手に入れた♪

 

ほかの売り場も様子も。

2524

50

 

 

 

 

 

 

では、当日の様子などを。まず、品評会作品あれこれ。

集会会場のすぐ横に並んでいる。

場所の関係もあるのだけど、後ろにまとめて展示したほうが見やすいし危なくないかも。まあ、業者さんの売り場との兼ね合いもあるのだろうが、狭くて人が行きかうので立ち止まって見ているとすぐに渋滞^^

14

 

 

 

 

1234

 

 

 

 

 

 

5678

 

 

 

 

 

 

9101113

 

 

 

 

 

 

15161819

 

 

 

 

 

 

20

12

4948

 

 

 

 

 

 

 

 

そうそうコノフィツムという、最初に書いた名前。詳しくはここを参照

私の好きなリトープスもこの仲間のようだが、今回の品評会一位の方のものをご覧ください。とっても可愛い♪

26272829

 

 

 

 

30313233

 

 

 

 

34353647

 

 

 

 

この最後の大きな葉のものは違う種類だが、珍しい貴重なものらしい。

こちらはリトープス。

37

 

 

 

 

 

 

これも仲間かしら?よくわからないけど可愛い。

46

 

 

 

 

 

食虫もきれいでしょ。初めて近くでじっくり拝見。楽しい一日でした。

38394344

 

 

 

 

 

 

 

40414245

  
Posted by g_snowdrop at 23:43Comments(0)TrackBack(0)

2010年01月09日

冬の庭

4

7be23019.JPG冬といっても温かい日もあり、何やら咲きだしている。

コニファーたちも色がきれい。

 

 

 

 

冬の庭は、エネルギーを蓄える庭。寒さにじっとしているようでいて、実はしっかり動いている。この季節の芽ぶきの準備や花花が抱えているかたいつぼみが見えてくる姿がとても楽しみ。

うちでは一番早く咲くラケナリア2種。赤いほうが片山さんからの頂き物。青いのは、ビリデフィローラ。

1

20

 

 

 

 

 

 

2 21

 

 

 

 

 

37

36

7

 

 

 

 

 

 

 

右は、マリポサの閉店バーゲンで買った自転車の花台。

6

7

13

 

 

 

 

 

 

 

そろそろ芽ぶきの準備に入っている木たち。

32333435

 

 

 

 

 

 

3

31

 

 

 

 

 

 

 

バビアナも咲きだした。

5

1119

 

 

 

 

 

 

 

マッソニアも満開。

8

12

28

 

 

 

 

マユハケオモトは、昨年、6年かかってやっと咲いたもの。秋の声が聞こえ始めてから、つぼみが付き、今、こんな状態。

27

40

13

 

 

 

 

26

38

 

センボンヤリもふわふわに。

 

 

 

 

10

14

白のハナニラ

 

 

 

43

39

リュウキンカとカンアオイも。

 

 

 

4142

バイモが出てきた

 

 

 

24

30

 

 

 

 

 

 

9

23

 

 

 

 

 

 

25

 

肥後椿も、大きくなって2回まで届く。

花もたくさんついてぼとぼと落ちる花柄の始末が・・・^^

 

 

 

 

22

12

 

コームもつぼみを抱えだした。

 

 

 

 

一番早い、スイセン。

6789

 

 

 

 

 

 

1011

 

コルチカムもお目覚め。

 

 

 

 

アンドロシンビウムも元気に咲いている。

36

15

17

16

 

 

 

 

 

 

1844

 

 

 

 

444546

15

 

 

 

 

 

 

 

オーニソガラム・ナナム  これを調べているとき、素敵なブログに遭遇。南アフリカ球根を扱っているショップもしているようだ。ゆっくり読ませてもらおう。ささやかなうれしいこと1234

 

 

 

514

 

 

 

 

 

 

  
Posted by g_snowdrop at 19:16Comments(0)TrackBack(0)

2009年12月06日

うれしいプレゼント

e1387438.JPG

昨日は雪割草協会・関東支部の忘年会だった。28人集まり、大盛況。新潟から岩淵さんも参加。雪割草の神様(仙人だけど^^)の参加で新しい会員さんたちは大喜び。久志さん、武田さん、田中さんという大家も参加で関東支部幹部の勢ぞろいだった。

 

来年の2月末の上野グリーンクラブの雪割草展示会では、初めて国際雪割草協会と日本雪割草協会のコラボとのこと。土曜が武田さん、日曜が岩淵さんの講演があるそうだ。富澤さんが企画などにいろいろご苦労されているのだろう。丁度サンシャインと重なるけど、どこかで行けたら、と思う。

雨の中、出掛ける前にポストを見たら、段ボールの箱。あれ、頼んだ球根はみんな来たはず、と思ってあけたら、ニュースレターの小川さんからで、フィリチラリア・ペルシカのアルバが2球入っていた。

一夜明け、今日はいいお天気。先週のニュースレターでいただいた那須産天南星の種や昨日の雪割草忘年会でいただいた南天やモモイロテンナンショウ(アリサエマ・キャンディディシマム)と一緒に、小川さんからのプレゼントを植えた。

2那須産のテンナンショウの種

 

←那須産天南星

 

 

← ペルシカ・アルバ

 

ネリネ見学会の時、球根屋さんドットコムから、品切れでペルシカ・アルバが入らなかった話をしたら、ドイト花の木で見た、と話されていた。ドイト花の木はボロさんのとこだけど、今頃もうないだろうね・・・と話していたのだった。よっぽど私がほしそうな顔をしたのだと思う^^小川さんが川口の改良園に行ったとき、あったので買ってきてくれたのだった。

モモイロテンナンショウも、そういえば、初めてやまくさへ行ったとき、ご一緒したnovaraさんたちが買っていたような気が・・・アリサエマを集めるようになった今、そういえばこのモモイロちゃんと出会いがなかった。どこかで見つけていたらきっと買っていただろうこの花。しかし、手に入った。そして、ペルシカ・アルバも。実は、先週のニュースレターでは、ベッセラ・エレガンスの球根も手に入れたのだ。

そういえば、1か月前にも梅田さんからも貴重な黒の浦島さんを送っていただいた。

アリサエマ

 

←黒の浦島草(小さい鉢)

←桃色天南星(大きい黒い鉢)

 

なかなか手に入りにくい、しかもほしいなぁ〜と思っていたものが、少々待てば手に入るようになってきた。いつか、小山さんが「ほしいと思ったものは、縁があるもので少々待ったら手に入るんだよ」と言っていた。ヘレボルスやガランサスなどではそういうこともあったが、これは私の得意分野^^他の物でも、このことが私にも巡ってきたのか、と思われた昨日だった♪

みなさんに感謝です。ありがとうございます。枯らさないように頑張りますので温かく見守ってやってください。

 

ヤマボウシはすっかり葉が落ちた。我が家の紅葉と実。そして芽出し。しかし、サルビアはまだ咲いている^^

123

 

 

 

 

 

 

457

 

 

 

 

 

 

689

 

 

 

 

 

 

ビバーナムジョウザンオーストラリアンブルーベル

 

 

 

 

 

 

鉢123

 

 

 

 

4芽出し

 

 

 

 

 

 

ハマエンサスP コリンボーサの種

 

 

 

 

 

 

1112

 

 

 

 

 

 

 

先週は人間ドックだった。毎年同じところに行っているのだが、今までは検査が終わって問診までの間、平和島のクアハウスがついていたのだが、今年はお台場の大江戸温泉物語になっていた。大江戸温泉物語の知識が全くなく行ったのだが、アカスリがあったので思わずお願いしたため、2時間しかない中、食事も温泉もと、とても忙しかった。病院に戻るバスの中で、一緒に行った人が、足湯でドクターフィッシュという魚が角質を食べるというものがあってやってきた、と話していた。

109年12月5日 007

 

 

 

 

 

 

32

ここで浴衣をもらって入館。

中は浴衣で歩くのだ。

 

 

 

 

よーし、来年はこれを体験してみよう^^と思った。忙しくしていて行く前にチェックできなかったが、砂蒸し風呂もあるようだ。来年の人間ドックの楽しみができた。一年また、頑張ろう。人間ドックが終わって会社に戻ったのが5時前、11時まで残業した。年末年始が追い込み、この週は毎日残業でした。

検査の結果…毎年同じようなもので、太りすぎに関してがひっかかります。それ以外は元気です。が、しかし、今年は再検査になりそう・・・とほほ。先々週の暴飲暴食が影響したかな、今週も水曜を除いて月から日まで予定があるので、ほどほどに飲みましょう、と自分に誓う。

  
Posted by g_snowdrop at 23:40Comments(0)TrackBack(0)

2009年11月30日

11月後半

駅までの道、ちょっと目先を変えたら、あれ・・・皇帝ダリアだ。この植物がこのあたりのお宅に植えてあるなんて、ちょっと感動した。ハンカチの木(但し、これは「コンロンカ=あかね科、中国・四川や雲南で見かけるダビディアとは別物)の鉢植えも満開。珍しい植物がちょくちょく見られる。うれしい。

皇帝ダリアハンカチの木

 

 

 

 

 

 

11月の後半は多忙だった。

11月20日の夜から家の用事で関西へ。

こちらではあまり動けなかったけど23日だけは、ちょっぴり園芸モードへ。花友のりばーしぶるさんとお会いして、彼の古い知り合い、百舌鳥園さんへお邪魔し、お話を聞くことができた。

mozu1

mozu2mozu3

 

 

 

 

mozu6mozu5mozu4

 

 

 

 

 

 

 

戻って24日から29日まで毎晩飲み会。(平日は社用)

石狩の毛ガニと白子鍋。

石狩1石狩2石狩3

 

 

 

 

 

 

土は11月いっぱい、ランチでシャンパン飲み放題となっている表参道うかい亭へ友人のたっての希望で出かけた。10日ほど前に仕事で行った時と違うメニューにしてみた。マッシュルームの大きさにびっくり。まるでどんこの椎茸のようで本当においしかった。みんな大満足。

うかい亭11うかい亭8うかい亭1

 

 

 

 

 

 

うかい亭2うかい亭3うかい亭4

 

 

 

 

 

 

うかい亭5

うかい亭7

うかい亭6

 

 

 

 

うかい亭9うかい亭10

うかい亭12

 

 

 

 

 

 

 

日はニュースレターで、朝10時から来年の打ち合わせと種子配布のお手伝い。種子配布は今まで一人の方がお骨折り下さっていたが、今回からみんなでやることになった。たくさんの種類で山のような量でちょっとびっくりした。しかし、初めて見るような種もたくさんあって、とても勉強になった。

写真は河合君のマッソニアと、花房さんのポリキセナ。このポリキセナはエンシフォリアということで出品していたのだけど、コリンボーサのような気がする。河合君も出していて、品種が違うのでは・・・と言って、いつか分けてね、家のものと比べて見たいから、と伝えたら、そのままいただいてしまった。ありがとうございました。

花の集い123

 

 

 

 

 

 

4

 

今回は旧友・Alexさんが初参加。最後まで残った葉のきれいなアラム2種など押しつけてしまった^^

 

 

 

 

今日は「食堂かたつむり」の試写を見たあと、会社に戻って残業。

年に3回ある大忙しの時期に当たる今頃は、忘年会も重なり、それ以外は会社で遅くまで座りっぱなしで、カロリー過多でますます太る^^

 

庭には原種シクラメン(柳さんの丸の内市)とポリキセナやベッセラ・エレガンスやラケナリアの球根類がお仲間に入った。そして、日枝が咲きだした。

c64d6f57.JPG

ヘデリフォ葉

 

 

 

 

 

 

日枝蕾花

 

 

 

 

 

 

そして、久々に庭に水やりをした土曜、ふと見たらスノードロップが咲き終わりかけていた。この子は我が家では一番古顔の子で、7年ぐらい植えっぱなし。いつも、まあ、早めに咲くこともあるが、年を明けたころが常だった。今年はきっと関西に行く頃には咲いていたのだろう。まさか、と思っていたので全く見ていなかった。そして、水やりをしようとすると雨が降っていたので(神様のお恵み、と思っていた。多忙でなかなか水やりができなかったから^^;)ここしばらく、庭の隅々までが観察できていなかったのだった。

スノードロップ1

23

 

 

 

 

11月中に咲いて終わったのだから、いいことあるはず、と希望を持って歩んでいこう。

 

こちらは葉しかでない、秋咲きのレギナエ・オルガエ

ヒガンバナ科らしく、葉に白い筋がはいっている。

4

 

 

 

 

11月後半の庭。

プミラカシワバアジサイ

 

 

 

 

 

 

2ブータンルリマツリ

 

 

 

 

 

 

ツバキ34

 

 

 

 

 

 

ツバキ12

 

 

 

 

 

 

河合君からいただいた、ポリキセナ

ポリキセナ

  
Posted by g_snowdrop at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2009年11月16日

日比谷公園の菊花展

959b924d.JPG

菊の展示を見たのは、数年前の新宿御苑。モウズイカさんが上京したオフ会以来だ。

会社から近いのでお昼休みのあと、ばたばたと行ってみた。駆け足だったが、以前には記憶のない、砂糖菓子の菊、天皇家の菊のご紋と同じ菊が見れたので、時間を作って行ってみてよかった^^

 

取り急ぎ、解説ができませんが、写真のみ。

まんまる端正な髪型みたいな菊と、わざとぐちゃぐちゃにしたような菊の対比が面白かった。これは「菊の芸」なのだと思うのですが、駆け足で見たため、きちんと聞くことができなかった。11月23日まで開催のようなので、再度行ってみる予定。

でも、いつも思うこと。はじめての植物でも、あまり興味がない植物でも、展示会やナーセリーさんなどでたくさんのものを見ると、やはり、良し悪しというか、自分の好みのものが分かるというか、やっぱりなんでも勉強だ。

そして、いつでもその展示品の売り場があって、趣味家が集って、自分の好きな花の話にどっぷり浸っている。今日もまたそうだった。なんだか嬉しくなったひと時だった。

 

1

←この展示は、帝国ホテルの方から入った日比谷花壇のある入口にあったもの。

↓は展示会場の場所。春秋のガーデニングショーの時の場所よりも地裁側だった。

 

131416

 

 

 

 

235

 

 

 

 

91112

 

 

 

 

17

18

 

 

 

 

25

4

 

 

 

 

192021

 

 

 

 

 

 

242223

 

 

 

 

15

30

31

 

 

 

 

 

 

29

32

6

 

 

 

 

 

 

1078

 

 

 

 

 

 

262728

 

 

 

 

33

 

 

 

  
Posted by g_snowdrop at 23:40Comments(0)TrackBack(0)

2009年11月15日

11月も半ば

eaaec4d6.JPG

あっという間に11月も中旬になってしまった。

写真はちょこちょこと写してはいるのだが、写真の整理と画像をアップすることが少々面倒になってしまっている今日この頃^^

78

 

 

 

 

 

 

もう、仕事は年末年始に向けてのあわただしさが始まっている。来年に向けての仕事も動き出して、頭の痛いこともちらほら見えてきた。

しかし、この世に私は一人しかいない。まったくの希望がない、なんていうことはありえない。事態は常にいい方向に向かっている、と思って頑張っていこう。

今日、残っていた球根、届いた球根を植えた。植えっぱなしの何鉢かも植え替えた。この春、咲かなかった鉢も、ひっくり返してみたら、中で芽出しをしていた。

ほうら、いいことあったじゃない。

今、一生懸命頑張っている人には、必ず、いいことが起きるから、それまでゆっくりでも一歩一歩頑張ろう。あなたはあなた、わたしはわたし、だから。

ネリネも終わりかけ、原種シクラメン・ヘデリフォリウムたちもそろそろ咲き終わった。今は葉がきれいだ。ポリキセナが咲きだした。野牡丹がまだまだ美しい。寒ランとツバキが知らないうちに咲いていた。気がついたら葉っぱがどんどん落ちている山帽子の紅葉。春咲く球根たちも芽出し、季節がゆっくりと廻っている。

こんな小春日和の午後の庭の植物たち。

1

45

 

 

 

 

 

 

2

3

 

 

 

 

 

 

6

78

 

 

 

 

 

 

7

11

3

 

 

 

 

 

 

109

 

 

 

 

 

 

910

1

 

 

 

 

 

 

111213

 

 

 

 

 

 

141516

 

 

 

 

12

2

5

 

 

 

 

 

 

1719

6

 

 

 

 

 

 

5

8

6

 

 

 

 

 

 

20

21

 

 

 

 

 

 

22

1

 

 

 

 

 

 

49

 

 

 

 

 

 

242223

 

 

 

 

 

 

212019

 

 

 

 

 

 

181716

 

 

 

 

 

 

4

32

 

 

 

 

 

 

151413

  
Posted by g_snowdrop at 22:16Comments(0)TrackBack(0)

2009年10月23日

1000年の山古志

d3a75036.JPG

1000年の山古志というドキュメンタリ映画を見た。

 

地震で壊滅した村のその時から今、再び村に帰った方々の、その期間と人生を描いている。

山古志の一人一人が、自分の人生と向き合っている、その生き方と選択。出演されている方々のエネルギーと大きな思いに溢れている秀作だ。

 

 

 

 

 

 

200410/23の中越地震のとき、ディズニーシーでミスティックリズムというショーを見ていた。これは水の精、大地の精、火の精たちによる幻想的な世界を描いたもので、ショーの最中に椅子が揺れたのが、ショーの演出によるものだと思っていた。しかしそれは新潟での地震による揺れだったのだ。翌日はヘレボルス倶楽部のオフ会もあったが新潟からの会員は参加できなかった。また、新潟にいる友人たちのこともとても心配だったが、雪割草仙人の無事が確認できた。

2007年の海の日、この日もまた、新潟で地震。休日だが、朝5時から仕事が入っていて、丁度午前中のイベントの最中のことだった。イベントを見守っているとき、突然、椅子が揺れた。地震だ!と数名が上に上がった。その後、すぐにイベントは中止。テレビは地震の特番になった。この時は、2004年の地震よりも震源地が仙人や友人の住んでいる場所だったので、安否が気になっていた。夕方、会社に戻って、電話をかけたら通じて、一安心。この日、夜は、ニュースレターのお祝い会だったので、新潟の会員〔仙人や友人〕の無事を伝えることが出来た。

 

ある日、森先生から、「山古志にあった、1本桜は地震でどうなったかな・・・」という言葉を聞いた。何でも、昔、山古志で、1本咲いている桜をご覧になったそうで、周りの風景ともあいまって、その桜の印象が素晴らしく、植えるのならこの桜がいいな、と思われたそうだ。そして地震からかなりの後、村役場に電話をして、小学校かどこかに移植した話を聞かれたそうだ。

その話を聞いて、その桜を見てみたい、と思うようになった。

私は中越地震のニュースから初めて山古志村のことを知った。棚田の美しい村で、錦鯉や闘牛という産業があるということにも興味を持った。いつか行ってみたい、と思いながらもなかなか機会が無く、又、地震の影響はどうなのだろうかとも行くことに躊躇していたことも事実だ。

 

この映画を見て、この映画に出ている山古志の方々から大きな勇気と元気をもらった。

 

地震の後、崩壊した家に水が入っていく。ヘリコプターから見た山の崩れたふるさとの変わり果てた事実。壊れた牛舎で重なり合って冷たくなっている牛達、地面に溢れる死んだ錦鯉。いろいろな辛い苦しい出来事を乗り越え、それでも山古志というふるさとを選んだ人たち。崖の下の田んぼに水が張れたときのおばあちゃんの笑顔、子牛が生まれたときの子どもの瞳の輝き。ひまわりの種から油が取れた瞬間。藁を燃やすお祭りが再び出来た喜び。

たくさんの人たちの協力と熱意。みんなで知恵を出し合って復興していく達成感と絆。そうだ、この方々に、会いに行こう。この方々が3年もの仮設住宅を経て、また山古志に戻ってきた思いをほんの少しでも解ることができたから。

 

来年、桜の花が咲く時期、訪れたい、と思った。

  
Posted by g_snowdrop at 17:56Comments(0)TrackBack(0)

2009年10月18日

この秋手に入れた球根ちゃん♪

この秋、買った球根。

ホームセンターでスノードロップやほかの球根なども買ったが、この秋、久しぶりにインターネットで購入したその記録。

球根屋さんドットコムからはまだ届かない。

 

とりあえず、買ったものの記録。これは枯れさせない記録とも言い、

自分に対してのプレッシャーなのでありますーーー

 

先日、球根のあるもの(届いたもの)を頑張って植えました。ガランサスも植えかえました。

久志さんからのHaydn(ハイドン)はこの夏、溶けていました。残念。

 

植えかえなくてはいけない小球根の鉢もたくさんある。この秋は忙しい〜

 

123

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はまうつぼさんから

 

チューリップ

  カフェ・ノワール  3球  @80円  240

  ポールシェラー   3球  @80円  240

    ブラックヒーロー  3球  @80円  240

  ブラックパーロット 3球  @80円  240

 

スイセン

  ミステイ・グレン 3球  @200円  600

 

アリウム

  パラドクサム  380

  

ムスカリ   各380

  グリーンパール

  パラドクサム

  ラティフォリウム

  ビッグスマイル

  ヴィーナス

 

ミニスイセン 各380

  オドルス

  オドルス プレヌス

  トッポリーノ

  ヒルスター

  

 

ブローディア 

  ブルーメリア・クロセア 380

 

カマッシア

  サカジャウェア 1球 @480

 

シラー

  ベルビアナ・アルバ 1球 @780

 

コルチカム

  ヴェルナム 480

  ハンガリカム 1球 @780

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

球根屋さん、ドットコム さんから

 

フリチラリア

  ペルシカ アルバ 1球 @1600円  ×2   3200円

 ☆ ペルシカ      1球 @1100円  ×2   2200円

  ヘルモニス アマーナ 2球 780円  ×2  1560円

 ☆ ダビッシー   2球  880円  ×2    1760円

 ☆ ミハイロフスキー  7球 680円

 ☆ ポンティカ  4球 680円  ×2      1360円

 

以上のフリチラリアをお願いしていたのですが

なかなか届かず、注文してから1ヶ月半以上後にやっと^^;(11/7着)

しかし届いたのは☆のみ^^

ペルシカアルバとヘルモニスアマーナは無でした。

ペルシカアルバは期待していたので残念。

お詫びで、プディカ1球いただきました。

 

なかなか届かなかったのは発送着手遅れと、

いくつかの種類が外国で欠品だったとのこと。

それやらこれやらで発送が遅れたようですが、まあ、やっと届いてよかった。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

その他

 

オーニソガラム ダビウム 

 

カタクリ ジャポニカ

 

ムスカリ オーシャンウェーブ

 

アリウム モーリー

アリウム シクラム

 

クロッカス ジャンヌダーク

 

フリチラリア メレアグラス

 

ガランサス エルウェッシー

ガランサス ニバリス フローラプレノ

 

 

 

  
Posted by g_snowdrop at 20:16Comments(0)TrackBack(0)

2009年10月02日

タートル・トーク

13e67b4f.JPG

東京ディズニーシーの新アトラクション「タートル・トーク」に行ってきた。

映画「ファイティング・ニモ」のウミガメ、150歳のクラッシュと楽しく会話ができるアトラクションだ。行く前は、子供向きかな…と思っていたが、とんでもない。

このクラッシュの声を演じている演者さんの話術がすばらしい。大人もしっかり楽しめる。

1

2

 

 

 

 

 

 

345

 

 

 

 

 

 

今回、目的が、このタートル・トークだったので、会社の後の夜のみのディズニーシーだ。久しぶりに水上ショー、ブラヴィッシーモも堪能。火の精と水の精の出会いが何度見てもスケールが大きくて見ごたえがある。ハロウィンのお飾りも楽しかった。

67

 

 

 

 

89

 

 

 

 

1011

 

 

 

 

 

 

1213

 

  
Posted by g_snowdrop at 23:50Comments(0)TrackBack(0)

2009年09月28日

9月の庭

76ca3e71.JPG

9月の声を聞いた途端にぐっと涼しくなった。

 

 

 

不思議なもので、植物は暑くても涼しくても、多少の前後はあるが自分の咲く時期をちゃんと知っていて、こちらが忘れていることを思い出させてくれる。

去年よりも早いな、遅いな、と思い、もうこんな時期・・・とびっくりする。

 

我が家の小さな庭でも、秋がやってきた。

20

21

26

 

 

 

 

4

17

 

 

 

 

 

 

1

14

3031

 

 

 

 

 

 

2221

11

 

 

 

 

 

 

5

16

 

 

 

 

 

 

6

36

29

 

 

 

 

 

 

3

38

 

 

 

 

 

 

37

1

 

 

 

 

 

 

393940

 

 

 

 

 

 

743

 

紅白ミズヒキ

 

 

 

 

22

 

 

 

 

 

この子は、もともと植えてあった場所では枯れてしまった。、ああ咲かないな、と思っていたら、場所を移して咲いていた。こぼれだねからなのだろうが、もともとあった場所は、ブットレアが大きく茂り、日陰になっていた。今咲いている場所は日が当る場所。しっかり自分で生きるために、動いたんだ、と感動。

3435

4142

 

 

 

 

 

 

4032

 

ヘデリホくんたちも開花

 

 

 

 

 

23

9

 

 

 

 

 

 

 

秋咲きスノーフレークを、地植えから鉢上げしたのだけど、成績悪し^^あんまり咲かない。地植えのときは、わさわさだった。

45

1214

 

 

 

 

 

 

1012

 

 

 

 

 

 

13216

 

 

 

 

 

 

181924

 

 

 

 

 

マユハケオモトのつぼみ。かわいい♪

454647

48

 

 

 

 

 

 

 

27

28

10

 

 

 

 

 

 

8

44

 

 

 

 

157

 

 

 

 

15

89

 

 

 

 

 

 

6

11

 

 

 

 

 

 

232513

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お彼岸の翌日、やっと友人のお墓参りに行った。

初めて乗った相模線。ゆったりした電車で、窓からの風景はのんびりしていた。

彼女のお墓は、鬼平さんのゆかりのあるお寺にあった。

1718

 

 

 

 

1920

 

 

 

 

忙しすぎた会社生活、こののんびりした場所で、先に逝かれたご家族とゆったり、癒してしているのでしょうか・・・鬼平さんが守ってくれていそうなこの場所で私たち友人を見守っていてくださいね。また会いに来ます。

 

暑さが落ち着いた昼下がり、久しぶりに彼女とゆっくり話した。

 

  
Posted by g_snowdrop at 23:12Comments(0)TrackBack(0)

2009年08月23日

蓮華升麻

d96bb841.JPG

レンゲショウマ Anemonopsis macrophylla

 

こちらのレンゲショウマは6月に咲いた。もう数年、我が家で咲いている。

普通のレンゲショウマ。

8

9

 

 

 

 

12

 

 

 

 

 

 

345

 

 

 

 

 

 

6710

 

 

 

 

 

 

園芸を始めたころ、この花を買っては枯らし・・・を2年やった。諦めようと思った数年後、また手に入れたものがここ数年咲いてくれている。

 

こちらのレンゲショウマは「白花」ということでいただいたもの。

345

 

 

 

 

 

 

 

もう一つのものに比べたら一回り小ぶりの花が咲く。

141516

 

 

 

 

確かに白い花もあるが、先祖返りか、うっすら紫がのっているものもあり、ほんとの白花かどうかは不明^^

21

 

 

 

 

 

 

 

678

 

 

 

 

 

 

91011

 

 

 

 

 

 

121313

 

 

 

 

 

 

171819

 

 

 

 

20

 

 

こちらは8月になって咲く。

 

 

 

 

モウズイカさんという花友がいる。モウズイカのガーデニング狂時代というサイトを運営している。私のインターネットのはじめの一歩は、このモウズイカさんのサイトからだった。忘れもしない2001年の春、サイトと同じタイトルの本を買ったのが出会いだった。それまでパソコン(インターネット)とはあまりつきあって居なかった私が、このサイトの掲示板に夢中になった。毎日毎日、この掲示板の会話を楽しんだ。そして勇気を出して書き込んだのが7月のことだった。

それから丸9年。このサイトでたくさんのことを知り、学び、たくさんの方々と知り合いになり、友人ができた。このサイトがなかったら、園芸の会にも入っていなかったと思う。私の園芸は、このサイトから始まった。

そのモウズイカさんが8月23日で長年続いた掲示板を閉じられることになった。ご本人の仕事もかなりご多忙で、維持するのが難しくなったのだろう・・・

最近の掲示板も以前とは参加メンバーもがらりと変って、今のコミュニティは昔と少々方向も変わってきていることも事実で、そんなこんなで、モウズイカさんはちょっと休憩、と思われたのかもしれない。またいつの日か、再開してくださることを期待したいがどうなることだろうか・・・

といっているうちに、旧掲示板が、10月7日まで使えるらしく、そこまで閉鎖が伸びることになった。

あと一か月あまり、たくさんの方々が名残を惜しみながら、きっとすばらしい交流ができることだろう。

 

モウズイカさん、ありがとうございました。

 

2009年10月7日、追記

モウズイカさんの掲示板、続行することが確認できました。

御本人の弁より・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

>>本BBS、10月8日以降も継続の方向で調整中です。
>期待しております!

このところ数年、ガペ(=ガーデニング・ペット系)blogは盛況なれど、
旧来の純粋(?)な園ガ系BBSは休止が相次ぎ、絶滅寸前であります。
私自身、今では閲覧して歩くだけですが、旧来の同士が失われるのはとてもつらくて寂し〜。そういう中でうちまで畳んでしまったら・・・
なんてふと思ったり、
自身としてもBBSを畳んでコンテンツだけを一方的に発信するだけになったら、これもまた虚しいな〜と思ったりもして・・・

なので期待通りのことは無理だとしても、本BBSは10月8日以降もしばらく継続と決めました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

モウズイカさんが掲示板を閉じると宣言した後、たくさんの方々から惜しむ声とともにモウズイカさんの多忙さを心配する声も上がっていた。

もうさま、継続、本当にうれしいです。ここは私の園芸のスタートと言っていい場所なので。

ゆっくりのんびり、長く、続けていってください。

うれしい決断、ありがとうございます。

  
Posted by g_snowdrop at 22:54Comments(2)TrackBack(0)

2009年08月22日

ヒメノカリス

71d05d40.JPG Hymenocallis ヒガンバナ科

 

ヒメノカリス 

  たぶん サルファークイーン  だと思われるもの

7月24日、ふとみたら、咲いていた。

6月の末、森先生の還暦祝いの席で、はまうつぼさんから、1球いただいた。直樹君が何球かもらっていたものを1球、いただいたのだ。植えたのはその数日後。1ヵ月もかからないで咲いたことになる。

球根を頂いたが、それがなんの球根だか、実は分からないでいた^^;

そしてこの花が咲いたとき、実は「ギョエーーー!」と思った。「まさか?」とも思った。しかし、よーく考えてみた。そう、咲いている時期が違う。

私は、この花を見たとき、パラモンガイア と間違えたのだ^^;

127

 

 

 

 

球根を植えてすぐにニョキニョキでてきた。

98

 

 

 

 

 

 

34

 

 

 

 

 

 

56

花は2つ咲いた。

 

 

 

 

 

10

枯れ姿。

 

 

 

今年の1月末、熱川のバナナワニ園の温室でパラモンガイアと出会った。その時初めて見たパラモンガイアの花と、咲いたこの花がそっくりだった。

思わず、IDUさんに確認してしまった^^IDUさんは私がこの球根を頂いたとき、ご一緒だったのだ。IDUさんのひとこと、「パラモンガイアならはまうつぼさんは自分で育てるでしょ^^」

   ☆     ☆     ☆

ヒメノカリス  スパイダーリリー  

  たぶん スペシオーサ と思われるもの

こちらは我が家での歴史は長い。

 

2

6

8

 

 

 

 

 

 

135

 

 

 

 

 

 

749

 

 

 

 

 

 

101112

 

 

 

 

 

 

13

 

 

 

 

 

 

夢の島の植物園に行ったとき、周りに植えてあるものを見て、面白いな、と思った。そのあと確か5−6年前、サカタで1球買って植えたと思う。植えた年には葉は出たけれど、花が咲かなかった。かなり期待していたのでがっかりした。それから毎年、毎年、葉はしっかり伸びるのだけどまったく花が咲かない。

今年もあきらめていたら、ある日、つぼみがついた。苦節数年、8月お盆前、咲いた花を見たときの感動はひとしおだった。

  
Posted by g_snowdrop at 23:24Comments(0)TrackBack(0)

2009年08月16日

千畳敷カール

1daa7cf7.JPG

この夏、久しぶりに長野へ旅した。

←ここは千畳敷駅から宝剣岳を見たところ。真ん中のへこみ  のところが登山道・八丁坂   ロープウェイ駅から遊歩道を回り、八丁坂の真ん中まで上った。

 

八ヶ岳方面から進み、ミヨシでは小黒さんにペレニアルガーデンを案内していただく至福に恵まれた。その後、諏訪湖で日本一といわれる花火を鑑賞。花火の前は友人が流しそうめんを事務所の倉庫で設置し、たくさんの人たちとの懇親もあった。

翌日、千畳敷カールで高山植物を堪能、羽田の友人と久しぶりに会い、一晩飲み明かした。その後は、戸隠でおいしいお蕎麦を頂き、森林植物園を散策。軽井沢経由で戻った、気持ち的にもゆったりのんびりの贅沢できた旅だった。ここでは「千畳敷カール」の植物たちを紹介。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

8月16日、木曾駒ケ岳の千畳カールに登った。

登った、と言っても、中央自動車道の駒ヶ根インターから3分のところでバスに乗車。15分〜20分ほど乗って、ロープーウェイに乗り換え、わずか6分で2500メートルの山岳に足が入るのだ。なんとお気楽な登山^^;バスとロープーウェイで往復3800円也。

ロープーウェイを降りたそこはまさにアルペンで、アルパインプランツの宝庫だった。

前夜、諏訪の友人のところで、日本一という諏訪の花火を楽しんだ。が、生憎の雨で翌日のお天気が心配だったが、朝、目覚めたらピーカン。千畳カールの天気も、この夏、一番、というぐらい、素晴らしかった。

では、高山植物を。

名前は、ホテル千畳敷の売店で買った「中央アルプス 駒ケ岳の高山植物」 林芳人(駒ケ岳博物館学芸員)著書 ほおずき書籍 より調べてみました。

ひょうっとしたら間違っているかもしれません^^あしからず。

 

            エゾシオガマ                ヤマハハコ

132

 

 

 

 

 

 

 

            バイケイソウ

45

 

 

 

 

 

 

 

  クロトウヒレン      ミヤマアキノキリンソウ

67

 

 

 

 

 

 

 

                   ミヤマリンドウ

8910

 

 

 

 

 

 

 

 キバナノコマノツメ         チングルマ        オオヒョウタンボク

111213

 

 

 

 

 

 

 

チングルマの種子           シナノキンバイ      アオノツガザクラ

141516

 

 

 

 

左、ロープーウェイを降りたらいきなりこの風景、真ん中・下を見たらこんな感じ。右は遊歩道からみた山

山岳117

12

 

 

 

 

 

   カラマツソウ          コバイケイソウとバイケイソウ

171819

 

 

 

 

 

                  クルマユリ

202122

 

 

 

 

 

 

 

   ミヤマゼンゴ         シナノキンバイ

12

 

 

 

 

 

 

ミヤマキンポウゲ          シナノキンバイ

34

 

 

 

 

 

 

 

            コイワカガミ                キバナノコマノツメ

567

 

 

 

 

 

 

 

           ハクサンイチゲ

8

9

 

 

 

 

 

 

 

            ミヤマキンバイ

11

10

 

 

 

 

 

 

         タカネグンナイフウロ

1314

 

 

 

 

 

 

1516

 

 

 

 

        サクライウズ(キタザワブシ)

1718

 

ウズ(烏頭)=トリカブトの根の漢方薬名

サクライ=人の名前

 

 

 

           ウメバチソウ

1920

 

 

 

 

 

 

ミヤマアキノキリンソウ       ミヤマホツツジ

21

24

 

 

 

 

 

 

 

          ゴゼンタチバナ

2223

 

 

 

 

 

 

 

145

 

 

 

 

 

 

141513

 

 

 

 

 

 

   ヨツバシオガマ            イワツメクサ         クロユリ

236

 

 

 

 

 

 

 

  モミジカラマツ            ヨツバシオガマ

79

 

 

 

 

 

 

 

          コバイケイソウ

810

 

 

 

 

 

 

 

            クロクマソウ

1112

 

 

 

 

 

 

 

ミヤマアシボソスゲ        シナノキンバイ    ヒメアカバナかミヤマアカバナ

161718

 

 

 

 

 

 

 

モミジカラマツ                                オウレン

192021

 

 

 

 

 

 

 

オンタデ?                 ムカゴトラノオ        

222324

 

 

 

 

 

 

 

クロトウヒレン                     チングルマ          ウサギギク

25

12

 

 

 

 

 

 

 

                        コケモモ           ウメバチソウ

357

 

 

 

 

 

 

           ヤマハハコ       

81011

 

 

 

 

 

 

 

八丁坂のかなり上まで実は登った。息が薄くなるようで、休みながらゆっくり上がっていった。

トリカブトの仲間とタカネグンナイフウロの一群を見ながら、きつい坂を登った時

チシマギキョウの塊が二つ。あわててカメラを構えたら電池が切れていた・・・

ショックが大きかったが、しっかりと目にその姿を焼き付けた。ここまで上ったご褒美だ。

そのあと、ランチでホテル千畳敷へ。この本を買いながら、食事をしている間中、レストランのコンセントでカメラの充電をさせていただいた。感謝。

しかし、もう八丁坂を上がる気力がなく・・・しばし遊歩道で遊んだ。

一日中居ても飽きないほど、素晴らしい風景だった。また来ることがあったら、もっと準備万端にして、駒が岳まで上ってみたい。宝剣岳は、岩の細い廊下のような場所があるそうで、是非チャレンジしたい、と思った。

6

 

 

 

 

ロープウェイの駅。横からの外界の眺め

4912

  
Posted by g_snowdrop at 22:07Comments(0)TrackBack(0)

2009年07月25日

帰燕と京都

d197e1cd.JPG

赤坂、溜池山王の駅のそばに「帰燕」という小料理屋さんがある。

このブログを参照。

私は、このお店が雑誌に紹介されたのを見た方から、行こう、とお誘いを受けた。

美味。おすすめである。

マスターはいろいろな和食の有名店で修業をした後独立、まだお若い。そしてセンスが素晴らしい。

とりあえず、いただいたものをご紹介。

234

 

 

 

 

567

 

 

 

 

 

鱧もアワビもおいしい。鮎も♪

8910

 

 

 

 

 

 

11

このあと、お食事。

お酒も私の好きな酔鯨があって、うれしかった。

 

 

 

 

 

おいしい和食を頂く機会が続く。

その翌々日、京都の祇園でもおいしい和食を頂いた。実は、貴船の川床が取れていたのだが、あいにくその日は大雨で、予約していたお店から午後一番に本日床料理中止の連絡が入った。貴船神社も楽しみにしていたのだが残念。

さあ、どうしよう、となったのだが、川床をご紹介してくださった方が、ご自分の行きつけの祇園のお店を再度、紹介くださった。ここがとても素晴らしく、居心地のいいお店だった。こちらはコースではなくアラカルトで友人とシェアしながら頂いたが、どれもみなおいしかった。そのお料理たち。

123

 

 

 

 

456

 

 

 

 

 

 

710

 

 

 

 

89

 

 

 

 

今回は友人との京都。

どしゃぶりの雨の中、用事を済ませて飛び乗ったバスが東山経由のバスだった。銀閣寺道で降りて、やっぱり偶然じゃあないな、と思いながら、前を通るのだから顔を出そう、とまず一軒目。妙さんに会いに白沙村荘へ。友人と遅いランチで飲んでいた妙さんに、私たちもご相伴を預かった。

白沙村荘23

 

 

 

 

そのあと、亡き叔父の家へ。生憎留守。友人と哲学の道を南禅寺まで歩く。友人は南禅寺の疎水の上へ上がったことがないというので案内する。まだ予約の時間まであるので、ここから祇園までも歩かせてしまった。

哲学の道疎水

 

 

 

 

 

 

八百屋川

 

 

 

 

 

 

鷺と川鷺

 

 

 

 

 

 

祇園やた

 

 

 

 

 

 

祇おん 八咫(やた)。 

祇園の中心から二本目の路地にある。

サッカー日本代表のシンボルの八咫烏の八咫と同じ字だ。お話を伺ったら、銀座の交詢社ビルにも東京店があるそうだ。

席はお座敷カウンターだったが、間をあけての隣の席に、某有名俳優さんが後から現れた。私の友人は、その俳優さんの腕が素敵!と騒いでいた。

腕フェチなんだそうだ^^;その腕^^井原腕こっそり写させて頂きました。

  
Posted by g_snowdrop at 23:56Comments(0)TrackBack(0)

2009年06月25日

6月のポピー

2fdaaf83.JPG

24

25

 

 

 

 

 

 

4月、フランネルさんから、ポピーの苗をたくさんいただいた。

多分、Liffyさんから来た苗なのかな?とにかく初めてといっていい(と思う)ポピー。楽しみにしていたら続々開花。

 

 

 

園芸を始めた10年前、ヒマラヤの青いケシにあこがれ、小苗をいくつも買って、何も知らないものだから地植えにした。もちろん、育たずに溶けた^^

昔のイメージで、赤いのや濃いオレンジのものと思っていたのだから、この青のものは衝撃だった。その後に四川省では色とりどり、さまざまなものがあることも知った。もちろん、そんな高山のものと、そのあたりで咲いている野良ポピー(ナガミヒナゲシ)とこれらの園芸種とは違うことも分かっている。

ポピーは一年草で種をまくのも大変なので、人さまのbbsで拝見させていただいていたのだが、我が家で実物が見れる日が来た♪

紙のような質感の花弁と、微妙な色のグラデーションが素敵で、すっかりファンになった。

フランネルさん、ありがとう。

 

123

 

 

 

 

 

 

45

 

 

 

 

 

 

789

 

 

 

 

 

 

910

11

12

 

 

 

 

 

 

1314

 

 

 

 

 

 

15161718

 

 

 

 

 

1920

 

 

 

 

 

 

2122

 

 

 

 

 

 

23

 

 

 

 

 

  
Posted by g_snowdrop at 23:31Comments(0)TrackBack(0)