介護資格の有効性



資格を取得するには、時間もお金もかかります。
当然、費用対効果を期待できなければ資格取得に意味をなさないわけで・・・、資格が不要かといわれると養成講座をしている当社にとっては耳が痛い話ですが嘘をつくことも言えません。
そこで、頭をひねって必要かどうかを考えてみましたので参考にしてみてくださいね。

資格がなくても介護職して働けますが・・・

介護や福祉の仕事は世間的に人材不足がいわれている中、随時人材を募集している事業所がほとんど。更に勤務体系や形態も多様にあることから、小さなお子様をお抱えで日中働きたい主婦の方や子育てが終わり、がっつり働きたい方にもおすすめの職種。しかも、人材不足の影響からか、以前は介護福祉士のみ又はホームヘルパー2級以上が採用基準だったのもが、最近では無資格でも歓迎の事業所が滅法増えました。

実際、デイサービスや老人ホームでは身体を触れることのないお仕事も多々ありますので、確かに資格がなくても問題ありません。ちなみに、一般的に事業所で働かれる方を見ても、有資格者と無資格者があからさまにわかることもないですしね。

但し、自分が又は自分の家族がお世話になるとしたら有資格者と無資格者どちらがいいかといいますと、熱心さや技術力にもより一概には言えませんがやっぱり有資格者の方がいいと思うのは私だけでしょうか。しかし、やっぱり資格と引き換えになるお金と時間もとっても大切。そこで、

あえて挙げてみた資格が不要(あった方がいいですが・・・)なケース

2a184d5603a055009dbc3e3fb7fa75c3_s


●長く勤めるかわからない、働いてみないとわからない
●未経験だが不安はあまりない
●会社の研修制度が充実している
●希望する職種形態、勤務時間に求職者の競争が少ない
●仕事内容が細分化している事業所


上記の場合は就職してから、将来の方向性が決まってからも資格取得を考えてみても遅くないかもしれませんね。実際に無資格で3年以上の実務経験後に介護福祉士を目指される方も多いですしね。

反対に絶対に資格を持っていた方がいいケース

7b55b1d13ddb8f21aa8a55abe553eb14_s


●事業所が小規模でいろんな仕事に携わる可能性が高い
●やる気はあるが介護に関して知識がなく不安
●身体に触れる可能性あり(もともと資格がないとできませんが…。)
●離職者が少なく、人気のある事業所
●いろんなことにチャレンジしたい方


上記の場合は、自分の安全のためといった方がいいです。
何でもわからないのが一番怖い。自分だけですむことならいいですが、介護には必ず相手がいます。技術の上手下手は誰でも経験を重ねれば一定基準になれますが、「これであっている」「ケガさせないかな」といった不安は相手にも伝わりますし、心理的なストレスが何よりつらい。
しかもこんなはずじゃなかったと、せっかく就職したのにすぐに辞めるなど、たくさん選べる環境であるならいいけど、違うならなおさら自分にとってもいいことではないはず。やっぱり、ある程度予備知識があった方が、覚悟もできるし、心理的な軽減できますのでね。

最終判断

養成講座のスタッフがいうので信用するかどうかはお任せしますが、介護職に就くなら、介護職員初任者研修の資格は「必要」だと思いますよ。

top1

介護の資格養成講座 有限会社グっとサポート
〒919-2224 福井県大飯郡高浜町薗部49-3
TEL.0770-72-4747 URL.http://sikaku.rash.jp/

初任者研修バナー