実務者研修を受講するタイミング

実務者研修をいつ取得するのがいいのか?

実務者研修の受講要件は、経験年数や介護資格の保有に関係なく受講することができます。そのため、自身の都合に合わせていつでも誰でも受講することが可能です。

また、実務ルートの方で介護福祉士の資格をお考えの方は遅くとも受験年度の12月末までに実務者研修を修了しないと国家試験の受験要件に該当しなくなくなりますので注意が必要となります。

実務ルートの方の介護福祉士国家試験受験要件

①実務経験(3年以上介護等の業務に従事した方)
受験資格となる実務経験は、現に就労した期間・日数が次のとおり必要です。従業期間・従事日数の要件は、両方とも満たす必要があります。なお、従業期間・従事日数は試験実施年度の3月31日まで通算することができます。
 Ⅰ.従業員期間3年(1,095日)以上
 Ⅱ.従事日数540日以上

②実務者研修の修了
受験年度の12月末までに修了見込の方

実務経験の対象になる介護等の業務内容や最新の受験要件は公益財団法人社会福祉振興・試験センターのホームページでご確認ください。

実務経験が国家試験要件に満たす年度に受講するタイミングがおすすめ

どんな職業でもそうですが、その資格が活かせる職業に従事できるかどうかのため、介護福祉士の資格取得を目指されるかどうかが大きなポイントとなります。まずは実際に介護現場に就労してみて、将来的にも長く介護業務に従事していきたいかどうかの判断が必要です。

もちろん、介護現場に全く初めての方でも受講はできますが、資格取得後に介護業務に自分が向かなくすぐに辞めてしまうことになれば、資格費用も時間ももったいなくなります。そこで、実務をある程度経験した後に最短で国家試験の受験要件を満たせる時期に受講されるのが効率的・合理的かと考えます。

実務経験が国家試験要件に満たす年度に受講するメリット
◎将来のビジョンが明確なため緊張感が保ちやすい
◎実務者研修で学んだ知識がそのまま試験勉強にも活かせる
◎最短で介護福祉士を目指せる
◎受講生同士、勉強方法や悩みなど共有できる

養成講座事業者としては実務者研修はいつでもだれでも受講が可能ですが、まずは介護現場を体験し介護職員初任者研修を経てから実務者研修を受講、そして介護福祉士へと段階的にキャリアアップされるのがおすすめのルートです。

資料請求/申込/お問合せ先

有限会社グっとサポート
〒919-2224 福井県大飯郡高浜町薗部49-3
TEL.0770-72-4747 FAX.0770-72-4750
URL. http://sikaku.rash.jp/