高浜町で実務者研修開催

実務者研修の合格基準は?

実務者研修は、質の高い介護サービスを目的とした実践的な介護知識と介護技術が学べる2017年1月からは介護福祉士国家試験の受験要件として、実務経験3年以上に加えて実務者研修を修了することが義務づけられました研修です。

▶介護福祉士国家試験の受験資格は ⇒ 公益財団法人社会福祉振興・試験センター

以前までの介護福祉士資格取得ルートからの変更点
◎実務経験に加え、養成施設等における「実務者研修」の修了が必要に
◎介護職員基礎研修及びホームヘルパー1級は「実務者研修」へ一本化
◎国家試験は筆記試験のみ
◎国家試験の実技試験がなくなり、実務者研修のカリキュラムに組み込まれることに

平成28年度(第29回)国家試験から上記のとおり変更となったことから、実務者研修の資格取得の重要性が高いことが分かるかと思います。更に、介護職員基礎研修及びホームヘルパー1級以上の介護知識と、以前までの国家試験で実施していた実技試験をクリアできる介護技術の習得が実務者研修に組み込まれています。そのため、実務者研修を修了するためには次のステップをクリアしなければ合格(修了)できません。

実務者研修の修了条件(通信課程の場合)

①~⑥すべてにおいて一定基準以上をクリアすることで合格となります。厳しいようですが最終的に基準を越えなければ実務者研修を修了することはできません。

①必要な科目すべてのスクーリングにすべて出席
 弊社の場合⇒通学9日間の出席が必要
②必要な科目のレポート評価にすべてに合格
 各科目70点以上(70点未満の場合は合格するまで再提出)
③技術評価で一定の基準に達すること
 以前の実技試験に準ずるレベル
④筆記評価で一定の基準に達すること
 全50問択一式70点以上(70点未満の場合は再試験)
⑤医療的ケア演習で一定の基準に達すること
 各項目を規定回数以上演習を行い、手順等問題がないか確認
⑥授業態度に問題がないこと

評価において必ず合否はありますが、安心してください。

弊社の過去の実績から言いますと受講された方全員、最終的には期間内に無事に修了されています。もともと、高い受講費を支払い、仕事と両立しながら貴重な休みを勉強しようとされる修了することへの高い意識を持った方が受講されている事もありますが、当社も振り落とすことを目的にしていません。

確かに評価において合否基準があり、受講生の中には筆記評価や技術評価が基準以下になることもありますが、何度も基準以上になるまで繰り返し技術演習や筆記対策を行い、再評価を実施することで、すべての修了条件をクリアしていただいております。

また、実務ルートの方が国家試験受験のために実務者研修の資格が必須になったことにより、勉強する時間が増えた影響か、平成28年度の合格率は過去最高となっております。

仕事と家庭を両立しながら勉強することは大変なことかと思いますが、弊社も介護事業を運営し介護職員を雇用している会社として、向上心のある方へは積極的にバックアップいたしますので安心して受講ください。

実務者研修へのご相談はお気軽に!

(お問合せ先)
有限会社グっとサポート
〒919-2224 福井県大飯郡高浜町薗部49-3
TEL.0770-72-4747 FAX.0770-72-4750
URL. http://sikaku.rash.jp/