スタイリングファイル〜美を呼び起こす〜

日々の暮らしのちょっとしたお洒落でお得な情報と、美しいな〜と感じた瞬間をお届けします。

2017秋冬お買い物ツアー

昨日、友人宅で物凄くイケメンの(笑)パーソナルトレーナーさんにお会いしました。

同じパーソナル。
人の持つエネルギーは十人十色。
全員に同じアドバイスをしても、それがフィットする人としない人がいる。

だったら効率悪いけどパーソナルでやるよね。

という考えが一致しているようです。

独立直後とのこと。
やり方は定めないけれど、軸をぶらさずに。。という意志が伝わってきました。
見た目より真面目さが際だった方でした😊

さて、私も軸をぶらさずに進めます。

2017秋冬のお買い物ツアー開催します✨

日時 10/7(土)、21(土)、28(土)
   11時から3、4時間程度

場所 銀座近辺

料金 5000円

募集人数 3名

初めての方には簡単なパーソナルカラー診断の後、実際にお買い物に出かけます。お洋服の購入はご自由です。休憩の際に今日のあなたの心理状態のカラーセラピーも合わせて購入お勧め商品を絞り込みます。

お申し込み minamotonana 425@gmail.com

あなたが発するエネルギーに合わせて、心に沿ったお洋服選びを。。

皆様にお会いできる事を楽しみにしております❤

心と身体

実は、今年の人間ドックで病院から呼び出しがかかってしまいました😅

以前から多少懸念していた貧血が少し進んでしまっているとのこと。

私の年頃の女性には多いし、特に少しハードな運動を経験している方はだいたい鉄分不足です。

なので、少しの症状を我慢すればそのうち慣れてしまい、こんなもんか。。と思う日々を送っていました。

以前よりは少し深刻なようですが、それでも無理さえしなければ軽い運動も問題ありません。

今までだと、ここで、やっぱり「ま、仕方ないか」
になってしまうんです。 

今回はその流れに待ったがかかりました。
これって私の思考パターンじゃない?と思いました。

「ま、仕方ないか」

強制的に色んな事が変わらざるを得ない疾患ではない。無視しようと思えばできる。まあそうしているうちに良くなるかもしれないし。
という曖昧な症状が出ている事にも何か意味があるような気がしてしまったんです。

私の中に、特に凄い悪さをするわけではないけれど、ある種の感覚を麻痺させてしまうトラウマというか見てみぬ振りの感情のようなものがある事を象徴しているような気がしました。

思い当たる事かあるような、ないような。。

なので、まずはこの症状に丁寧に向き合う事にしました。

思えば、朝起き上がる時の鉛の様な身体の重さ、帰りの電車で止まらない生あくび。。
何かを拾う為にかがんだ後や座った状態から立ち上がる時のしんどさと軽い目まい。

身体さんはつらかったのかも。。と思うと申し訳ない気持ちで一杯になりました。
私自身なんだから私しか気づけないのに、私が無視をしたらどれだけ孤独かと。。

その孤独だった感情を探し当てて癒していく事ができれば、この症状は改善に向かうのかも。。しれません。
もちろん、身体のケアも同時進行します。


長々とこのような話で申し訳ありません。
日々、どのような事も必要で起こるのだと思い、共感してご自分を労るきっかけにしていただける方がいらっしゃれば幸いです(*^^*)

次回は秋のお買い物ツアーのご案内です!






自己表現でもあるけれど。。

先日、顧客の画家さんのコーディネートをしました。

彼女、とても魅力的な色使いの絵を描かれるのですが、ご自分の洋服のバランスはまるで分からないそう(笑)

会う時はいつもデニムに黒のトップスかな。
でも、さすが芸術家でヘアスタイルやちょっとした小物、そして醸し出す雰囲気がただ者ではないことを表しています。

なので、試着を始めたらサイズ感等のこだわりは強い。でも冒険はしない。
分からないとはいえ、そもそも自分で選んでも大きく間違うことはないんです。いや、むしろフィットしてる。

じゃあ、なんでコーディネートを頼んでくれるのか
。それは他人の目から見たバランスを求めているからだと思います。
その他人の目として信頼していただいているのはとても光栄です。

礼儀正しい方なんです。
本人も作品だと言ってしまえば何でもありですが、個展に足を運んでくれるお客様に細心の注意を払いおもてなしもする。

だからと言って絵とのギャップがあるわけではありません。
本人が違和感のない程度に個性も引き出し、そしてちょっとしたファッション独特のバランスの取り方をお教えする。

信頼してくださるので、手は抜けません。
細部に至るまでアドバイスをします。

洋服は自己表現でもあるけれど、円滑なコミュニケーションツールでもあります。
その事を良く理解されたクレバーな彼女が私は大好きです。

スーツの企み

金曜日はカジュアルフライデーです。

それ自体はもう何年も前から設定されているのですが、つい数ヶ月前に会社がその強化に乗り出しました。新宿伊勢丹の協力で、抽選で選ばれた社員が伊勢丹のコンジルジュの元でトータルコーディネートをしてもらい、その洋服代を会社が全額負担。

もちろん、コーディネート後の写真が全社員に公開されました。

えーと、私、できる(笑)(≧∀≦)
でも会社ではまだあまり声を大きくしていないので
勝手に「これはこのバランスじゃなくて、こっちだな。」とか置き換えをしてみたりして。。

というのは余談ですが、このオフィスカジュアル。
実は私にはこれを推奨する価値が今一つわかりません。
放っておくと乱れるから、逆にある程度の縛りを保ちつつ推奨した方が整うという考え方なのでしょうか。

表向きは「働き方改革」ですが、そもそも身だしなみはともかく、服のセンスは仕事の能力となんら関係がありません。

戦略的に使えば意味を持ちますが、中途半端なカジュアルが何か感性を刺激するかと言われると、プレッシャーになって余計な悩みを生むだけではないかと。。

スティーブジョブズは服を選ぶ時間の無断を省くために毎日同じ格好をしていたそうですが、その方がよっぽど自由意志の表現になり、感性を刺激するかな。

そういう意味では、スーツというのはビジネスの場で戦略的に利用できるとても優秀な服だと思うんです。

ダークなモノトーンで場を落ち着かせ、シャツとネクタイの色や柄の変化で相手の心理を多少操る事もできる。

何より着る物に悩むムダな時間を過ごさずに済みます。

しかも、女性の大半は男性のスーツ姿に騙されます(笑)。

なんでスーツが敬遠されるのか実は密かに疑問です!

平和と調和の色

真理、調和、平和、平等を表す「青」の事を今日書くのはとても興味深いです。

今朝のミサイル発射報道。
その内容について安易な事を書くつもりはありませんが、人間は人間である以上、この愚かさから逃れられないのかと思うとやはり心が痛みます。

さて、「青」
鎮静や静寂、誠実の方がイメージし易いと思います。

事実、青が視界に入ると脳内に落ち着きをもたらす11種類の神経伝達物質が分泌されます。

ただ、長い時間さらされると落ち着きすぎて意気消沈してしまい鬱症状を引き起こすこともあります。

衣服に用いると正に冷静沈着、誠実な印象を与えます。また、母性を表す色ですので女性が着用すると包み込むような包容力を感じさせてくれます。

お客様に謝りに行く時や、最初のご挨拶の時等は青いネクタイとよく言われますね。

最近はオフィスでもカジュアルスタイルが主流ですが、ネクタイとスーツはやはり相手への敬意を示すという意味でも重要な役割を果たすものだと思います。

替えのネクタイぐらいはオフィスにキープしておきたいですね。



明確な誰かのために

昨日、24時間テレビで観た羽生結弦選手のアイスショーの演技が素晴らしかった。

あまりの美しさに久しぶりに心が震えました。
自分のためではなく、明確な誰かのために純粋な思いでする事というのはこんなにも美しいのかと思わされました。

さて、黄色の次の色緑は正にハートの色、おもいやりの色と言われています。

緑には高いヒーリング効果もあります。
肉体に対しても精神に対しても冷却、鎮静、緩和といった効果をもたらします。
鎮痛やアレルギーによる炎症の緩和にも使われるんです。

ただ、多用するとちょっとやる気がなくなったり嫉妬や利己心を刺激してしまいます。

ご想像の通り、疲れた心身を癒したいときに有効です。
着用すると、落ち着きのあるイメージとなり相手に安心感を与える事ができます。

ハートチャクラの色。
愛の象徴です。

神聖な色

3日間、出張で中国へ行っておりまして次の黄色のお話が遅くなりました😣

今回は北朝鮮との国境にある丹東という場所にも行きました。川を挟んで向こうの北朝鮮の街並みが印象的でした。

さて、黄色。
中国では神聖な色として、権力の象徴でした。皇帝と皇族のみが身につける事を許されていたと言います。

太陽を象徴する喜びの色、明るさとエネルギーに溢れた色で、実際に神経を活発化させ筋肉を活動させるエネルギーを生む色です。 
また、知力や知恵を引き出す色とも言われます。

身体に及ぼす効能は消化促進、便秘解消、疲労、機能回復等。

要はまさに元気が欲しいとき。
そして、高度な直感力や知性を発揮したいときにちょっと用いると効果的です。

ただ、多様しすぎると神経を逆なでしたりあと、偏見や嫉妬、欺瞞といったマイナスの感情も引き出してしまうのでご注意を😊

さて、次回は本当に緑です😅

最後の一点

少しサボってしまいました(^_^;)

そして、前回のブログに次回は緑と書きましたが、オレンジの隣は黄色ですね。
ここを間違えては元も子もないです。申し訳ありません。

そして、申し訳ないついでに今日は黄色の話ではなく今朝のファッションチェックの事を。

通勤中色んな方の服装を見て、今日の一番を勝手に決めます(笑)。

今日の一番は、電車のフォームで前に立っていた60代とおぼしき女性。

白のブラウスにグレーのロングプリーツスカート。そして、黒のローファー。首には白地に微かな模様の入ったチーフを巻かれています。耳には白いイヤリング。

何が一番だったかというと、気を使っているということです。

朝、凄く丁寧にこのコーディネートを選んだのだろうという事が容易に想像できます。

気遣いが感じられるというのは、何に関しても心地良くちょっと心が凜とする感じがします。

私は今日、ベージュワントーンのコーディネートに白いカーディガン。さすがに寂しいのでネックレスをする予定だったのですが、玄関を出てからしていない事に気づきました。そのまま行っても良かったのですが、やはり戻ってアクセサリーをつけました。

別に格段洒落てるわけでもなんでもありません。
でも、その一点が全体を違和感のないスタイルに仕上げます。

最後の一点。

それで変わります。



オレンジの力

さて、今日はオレンジです。

オレンジは三原色である赤と黄色の混合色。
そうそう、みぞおちにあると言われるエネルギーセンター、いわゆるチャクラの色でもあります。

明るく楽しいエネルギーはどちらかというより赤よりオレンジです。人との交流を得意とします。
また、創造性、芸術性、野心も刺激します。
社交的なエンターテイナーの色ですね。

マイナス面はあまり長時間さらされると苛立ちを覚え、落ちつかなくなります。
また、人に依存する傾向が強くなる、いわゆる甘えん坊になってしまいます。

沢山の人達を自分の創造性で楽しませる事を助ける色。

そして、甘え下手の人は逆に利用すると上手く甘えられるようになるのかも😆

私も大好きな色です。
気分が沈みそうな時はオレンジ。

次回はオレンジの隣の色、黄色です✨

赤の力

色の事を少し書こうと思います。

と考えていたら、今日は朱赤のノースリーブのブラウスを選んでいました。
ちょっとぐずついた雨の日が続いていますので、こういう時の赤は心身共にエネルギーレベルをあげるのに便利です。

ちなみに、男性は血のような深紅よりもこの黄味を帯びた朱赤を好む傾向にあるそうです(笑)。

さて、という事で「赤」

この色はその影響力を最も想像し易い色だと思います。
実際、波動としては最も遅い可視色ですが、情動に与えるスピードは一番早いと言われています。

身体的には、アドレナリンの放出を促し、血液循環や血圧上昇、食欲増進を促し、五感も敏感になります。
反面、怒りや欲情を抑制できない状態も引き起こします。

体と心は基本同じですので、心が受ける影響もこれに連動します。

赤は情熱的で人情に溢れたリーダー資質を促します。
この色は男性的なエネルギーを持った色です。

マイナス面が表れると、この逆というか暴走で暴力的、攻撃的になり、性欲を抑えられなくもなります。

まとめると、赤は皆さんのご想像通りの力を持ちます(笑)。

今日私は敢えて着ていますが、先にも書いた通りこれは天候による貧血症の緩和と気分の鬱状態を改善するためでもあります。

ただ、職場に着て行く時はその影響力を考慮して全体の分量を調節する必要があります。

今日は茶系のパンツとカーディガンを合わせています。カーディガンも丈が長く存在感があります。全体をワントーンの縦長ラインでまとめて赤を挿しているような見え方にしています。

次回は色相環では赤の隣の色。オレンジについて書きます(*^^*)

Profile
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ