日本史LOVE

趣味の日本史のメモを記録します

古墳5

日本の古墳には、基本的な形の円墳方墳をはじめ、八角墳天武・持統天皇陵)・双方中円墳櫛山古墳楯築古墳)・上円下方墳双方中方墳明合古墳)・帆立貝形古墳乙女山古墳) などの種類がある。また、前方後円墳前方後方墳双円墳金山古墳)・双方墳などのが二つある古墳もある。主要な古墳は、山が二つあるタイプの古墳であることが多い。その他、墳丘を石で構築した積石塚、石室に線刻、絵画などを施した装飾古墳、石室の壁に絵画を細越した壁画古墳(高松塚古墳キトラ古墳)、埋葬施設の一種である横穴などがある。

wikipediaより 

古墳4

日本の古墳所在件数が最も多いのは兵庫県で16,577基にのぼる。以下、千葉県13,112基、鳥取県13,094基、福岡県11,311基、京都府11,310基とつづき、全国合計では161,560基となる(平成13年3月末 文化庁調べ)。

wikipediaより 

古墳3

古墳は、規模・形状、およびその他の要素において、弥生時代の墓制にとって変わったものでなく、非常に変化した墓制としてあらわれた。それは、特定少数の埋葬法であり、同時代の集団構成員の墓と大きく隔たっている。さらに、地域的にも不均等に出現する。古墳の発生は、墓制の単なる変化や葬送観念の変化にととどまらず、社会・政治の全般に関わる問題としてあらわれた。

古墳発生の問題は、戦前から議論されていた。その中で、この問題を日本古代国家の形成途上における政治史の課題として位置づけたのは小林行雄であった。具体的には、伝世鏡論[1]と同笵鏡[2]論を展開した。この両論に疑問を表明したのは後藤守一原田大六森浩一、伝世鏡論に疑問や同笵鏡の分有関係の解釈について斎藤忠、系統的・理論的に批判した内藤晃、鏡の賜与だけをもって大和政権と地方首長との政治関係の成立を考察するのは困難とする西嶋定生などがいた。 

wikipediaより 

月別アーカイブ
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
MYlink
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ