pyfes

#121 Python Developers Festaに参加してきた

さる7月の土曜日、Python Developers Festa(通称pyfes)に参加してきました。

Python Developers Festa 2012.07

僕が観測した時は、昨年の11月と今年の3月にも開催されていたpyfes。
しかし登録はしていたものの、諸処の都合によりどちらもキャンセルをせざるを得ませんでした…。

念願叶っての初参加です。

Python初心者ハンズオン

上記のリンクにもあるとおり、午前中は幾つかのハンズオンが開催されていました。
Pythonを業務で使ったことがない僕が初心者なのは疑いようもないだろうと考えて、初心者ハンズオン(Aのハンズオン)に参加しました。

初心者ハンズオンと言いますが、手取り足取り教えてもらうようなものではなく、以下の資料を参考に課題を解いていくというものです。

Python Developers Festa 2012.07 ハンズオン 初級

最初のsocketサーバに手こずってしまいましたが、何とか時間内にすべての課題を解くことができました。
ソースは以下のようにGistに上げています。

Python初級ハンズオン in #pyfes - Gist

やり方が素直じゃなかったり、同じようなことをやろうとしているのに微妙にコードが違ってるのは、その時の思いつきをコードにしているからです。
実際に仕事や個人プロジェクトで書くなら、良さそうな書き方に統一していると思います。

久しぶりにPythonにのめり込んで楽しかった!

発表タイム

ハンズオンが終了してから、15時くらいから発表タイムが始まりました。

つらつらと書いていくよりは、とても素晴らしいまとめブログがありましたので、そちらを紹介させていただきます。(他力本願)

Python Developers Festa 2012.07 に参加しました。 - kashew_nuts-tech

どの発表も素晴らしいなぁと思いましたが、その中で特に感銘を受けた3つを資料へのリンクとともに簡単に述べてみます。

Sphinxで翻訳してたら本が出てた話

「ドキュメント翻訳でもOSSには貢献できる」
この1フレーズが私の心にとても響きました。

知ってる人は知ってるかもしれませんが、私はF# という言語がお気に入りです。
みんなもっと使うようになって、仕事でも普通に使われるようにならないかなぁと思っています。

この言語を使おうとする人たちの助けになればと、このブログでも色々と記事を書いています。
しかし、自分の発する情報を含め、国内の情報だけではまだまだ足りません。
海外では、もっと情報は多いですし、働き口も日本と比べてとても多いです。
この良い流れを日本にも取り入れていきたいですよね。

そうした時に、翻訳記事を書くというのはとても大きな意味を持ってきます。
僕も機会があれば、ちょくちょく翻訳エントリを書いて、F#の良いところを伝えられたら良いなと思います。

勉強会を成長させる参加者になろう!

この発表は、勉強会初心者やまだ行ったことない人にぜひ聞いて欲しいものでした。
勉強会に行くって、どう良いことがあるの?誰にとって良いの?ということが分かりやすくまとめられていました。
参加者にも主催者にも、「情けは人のためならず」のように、とても良い効果を与え合うということに気づくことができました。
私もちゃんとフィードバックをして、よりよい勉強会を作るお手伝いがしたいですね!

それと、今まではさをんさんがイラストみたいなふわふわした人かと思っていたんですが、実物はめっちゃ格好いいお姉さまでビックリしました。
Pyfesステッカー、有り難く使わせていただきます(・∀・)

8ヶ月間、勉強会を開催してみて ~IT系コミュニティ1年生からの勉強会運営〜

すごくしっかりと準備をして勉強会を運営してるんだなぁと感心しました。
それとともに、曲がりなりにも読書会を開いてる自分は、「ゆるふわ」という言葉を免罪符に、全然ダメだったなぁと恥ずかしくなりました。
せめて、前日のフォローに参加予定者への連絡くらいは しようと思います…(´・ω・`)

まとめ

Pythonコミュニティは結構前からTwitterなどで追いかけていましたが、僕が見ている他のコミュニティとあまり接点の無い方が多くて、ちょっとドキドキしていました。
でも、この独特の空気感はすごく居心地が良くていいですね。

ステキなイベントに参加できて本当に良かったです。
運営、発表者の皆さん、どうもありがとうございました(・∀・)
また機会があれば、こういうイベントに参加したいです!


あ、そう言えば9月にこういうイベントがありましたね!(演技派)

Python Conference Japan 2012

9月は函数プログラミングの集いや私用があったりして、行けるか微妙ですが、YAuthが通れば参加してみたいなぁ。
(まずは函数プログラミングの集いのYAuth認証をしないと…)
プロフィール
あわせて読みたい
あわせて読みたい
記事検索
Project Euler
なかのひと
アクセス解析
Coderwall
  • ライブドアブログ

トップに戻る