自閉症がっちゃん(アイム・放課後等デイサービス)

自閉症である楽音(がっちゃん)の子育て記ブログです。そして新しく始めた川崎市宮にある放課後等デイサービスの奮闘日記でもあります! 現在は宮前平、高津、新百合ヶ丘、武蔵小杉に4軒あります! アイム 代表 佐藤典雅 www.imhappy.jp

P1300117
11月にオープンのグループホームの部屋に家具が揃ってきました! アイムホーム稲田堤の見学・説明会を開きますので、下記の時間帯にいらしてください。アイムの保護者もご家族でお気軽に遊びにいらしてください!

日時:
10/22日 14:30~16:00
10/27金 11:00~14:00
10/30月 11:00~14:00

住所:
川崎市多摩区菅北浦4-11-1 武藤ビル2階

アクセス:
公共交通機関をご利用いただくか、隣のスーパーの駐車場をご利用ください。近くのスポーツセンターにも大きな駐車場あります。
●バス停「馬場3丁目」「南菅中学校」徒歩1分
 小田急線「読売ランド前駅」から小田急バス(読04)
●京王相模原線「京王稲田堤駅」徒歩14分
●JR南武線「稲田堤駅」徒歩13分
●小田急線「読売ランド前」徒歩24分
P1300118
アイムホーム稲田堤:
障がい者のための共同生活援助グループホーム
●定員6名  ●18歳〜35歳 
●主に発達障害が対象(区分3〜6) 
●6人の共同生活(個室)+ 管理人(夜勤常駐)
●朝ごはんと夕ご飯は2名のスタッフが提供
●全ての個室に家具(ベッド、デスク、椅子など)が完備!

周辺環境:

生活介護かがやき(同ビルの1階)
川崎市多摩スポーツセンター(徒歩3分)
ゆりストア(徒歩1分)
P1300120
もう少しでダイニングルームも家具が全部揃います! 見学会の時には全部揃っていますのでお楽しみに!
logo-アイムホオーム
こちらがアイムホームのロゴマークです! アイムの生徒たちの将来のインフラに備えて動き始めます!
P1290722





P1000381
アイム放課後の講演会2017
「発達障害の子育てと先にある進路は?」
今受けている療育の先に何があるのか? 療育の前に、そもそも発達障がいの子供たちの未来はどこにあるのかを考えたことはありますか?

2017年11月23日(木・祝日) 
午前10:00〜11:30(受付9:40)

田園都市線の溝口駅にある駅ビル
NOCTY ノクティプラザ② 
川崎市高津市民館 大会議室 11階
(マルイビルの方です)

入場料:無料 お申し込みと予約は不要
友達・子供同伴歓迎   自閉症でうるさくても大丈夫!

16998967_1854721908128951_389136862590828223_n 2
■司会浜田悦子(親子療育コーチング)
発達障害の子育ての当事者としての目線で親子療育のコーチングに取り組む。週刊誌AERAの連載(発達障害)でも取り上げられる。

21886983_1097103660420771_1788881812_o-1 2のコピー
■ゲストスピーカー立石美津子(子育て本著者・講演家)
「出来るだけ普通の子と同じことが出来るように」と才能探しの旅に出たり、温泉掘りをしたり…でも、これは“子どもの今、あるがまま”を認めていないことなのです。以前の私もそうでした。完璧主義を止めましょう。“テキトー母さん”の著者が語ります。
_SX344_BO1,204,203,200_
高一になる自閉症児の母。 20年間学習塾を経営、現在は著者・講演家として活動。著書は『子どもも親も幸せになる発達障害の子の育て方』など。「立石美津子ブログ」で検索。

P1190874のコピー
■メインスピーカー佐藤典雅(アイム代表)
お母さんたちが集まると療育の議論が始まります。しかし療育は入り口にしかすぎません。気がつくと子供は中学生になり、すぐに「進路」の話がでてきます。支援学校に入ると「就職」の話が出てきます。実は発達障害の子育ての課題は、学校を出てからの方がずっと長いのです。自分の息子とアイムに通う沢山の生徒たちの成長をみてきて、現在の福祉の仕組みに照らし合わせて発達障がいの行き先について話します。
20161020065553
元ヤフーでマーケティング / 元東京ガールズコレクション・プロデューサー
現在高一の自閉症である息子のために自ら放課後デイを宮前区で始める。現在は5つの教室、高校(フリースクール)、就労支援を運営。今秋からはグループホームを開設予定。著書に『療育なんかいらない!』

P1160572
■ミニライブ!YELL+
講演会の前に福祉活動をしているユニットのエール+にミニコンサートを披露! 10時から始まりますのでみなさん早く来てください!

P1080168 copy
今回の講演会は発達障害の子育ての進路に焦点をあてることに。このテーマには立石さんがぴったりと思い、声をかけさせていただきました。彼女自身、現在支援学校に通っておられる自閉症の息子さんを育てております。そして色々なクライアントを通じて、完璧な療育を追い求めるがゆえに苦しんでおられるケースもたくさんみておられます。
P1000396
放課後デイといえばどの業者も保護者も「療育」の議論ばかりが盛んですが、実はもっとも大切なのは「その先」です。何を議論したところで、現在の発達障害の将来の選択肢はとても限られています。療育に課題な期待がよせられているなか、アイムとしてはもっと現実的に効果のある「その先」を考えています。なぜ現在の福祉が現状のような状況なのか、福祉業界の仕組みを考察しながら、子供達の未来について語っていきます。
P1000285

              


P1310121
NHKの記者の大窪さんから「イヤマフの発達障害のお子さんを探しています」という打診が。実は大窪さんには一度取材の下調べで高津に来ていただいたことが。それからしばらくしてある日のこと、渋谷の地下街のジューススタンドを見て突然メロンジュースが欲しくなり(滅多にないです)ジュースを頼みました。するとそこに大窪さんも偶然にジュースを買いに!! 

これはまたシンクロった!というわけですが、そんな大窪さんからリクエストが。「イヤマフを使っている生徒さんを取材させていただきたい」。それはおやすい御用!というわけで、アインシュタイン放課後の初期からの生徒のトモくんを紹介。さらに聴覚過敏のプロである加藤先生も紹介! アイムだと取材がスムーズに進むと毎回色々な記者の方々から感謝されております。

今回取材を受けたトモくんはいつもイヤマフをして外の音を遮断しています。しかしそのイヤマフの中にさらにイヤホンをしており、自分が落ち着く音を流しています。トモくんは絶対音感を持っており、ちょっとした音程のズレも気になるのです。トモくんは映画にでてくる宇宙人みたいなトーンでフラットな音程で話します。絶対音感のプロといえばアイムの顧問の加藤先生です! さっそくトモくんを診てもらったら「トモくんは微妙な音程の変化で感情表現をしていますよ」と。さすがプロの耳!
P1290652
NHK News Web (2017/10/12)
『ヘッドホンを外せない子どもたち』
聴覚過敏のつらさを教えてくれた人がいました。自閉症で聴覚過敏のある、16歳の大貫智哉くんです。イヤーマフと録音機能のついたデジタルオーディオを常に持ち歩いています。智哉くんは言葉を発したり、気持ちを伝えたりすることが得意ではなく、母親の敦子さんが、智哉くんが幼い頃からの経験を話してくれました。智哉くんは幼い頃から音に敏感で、歩き始めるようになっても音を怖がって外を歩きたがらなかったそうです。そして大きな音が怖いのに加え、たくさんの人がいる場所では、話し声や空調の音、物がぶつかる音など一般には気にならない音も耳が拾ってしまい、音の波が体に押し寄せてくるような圧迫感で、いつも耳を押さえていたそうです……

記事の全文はこちらか!
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171012/k10011175841000.html
P1290654



P1290367
元住吉にあるルピアの就労支援のプロデュースにアイムが提携するようになってから半年経ちました! ちゃんと成果も目に見える形で現れてきています! 代表の斉藤さんも満足気にコーヒーをもっています!(笑)
P1090724
こちらがわずか半年前のルピアのお店! こんな感じで普通の福祉系のお店でした!(笑)
P1290307
店舗名も「るぴあ」から「Bremen Coffee」にブランド変え! 店内はティファニーブルーとサーモンピンクとホワイトの三色を基調に。
P1290384
上にはシャンデリアが10個並んでいます!
P1030081
なんと私が立っているこのアングルでみると……
P1290355
こんな感じに生まれ変わりました!!! 担当の加藤くんもハッピーです!
P1090721
ルピアのオリジナルコーヒー豆のパッケージはこんな感じでした。
P1280236
それが今ではこんな感じにおしゃれなデザインに!
P1290389
それまではお店に通りがかりのお客さんが入ってくることはとても稀なことでした。しかしデザインを変えてから、立ち止まって見に入ってくるお客さんが急増。
P1290383
実際に出来上がった店舗を見て、スタッフも私も「福祉はデザインで変えられる」と確信。Bremen Coffeeで次世代の福祉のフロンティアを目指していきます! ぜひみなさんも元住吉の商店街にあるBremen Coffeeにお立ち寄りください!

■Bremen Stのお店!
http://bremenstreet.com

P1290331





P1150579
スタッフ大募集!!! 新百合ヶ丘、宮前平、高津、武蔵中原、多摩区で大募集! 放課後デイ、就労支援、グループホームの拡大に備えて楽しいスタッフを募集します! 保育士、教免、運転免許のいずれかをもっている方を特に募集! 資格ない方でも楽しい人材募集中。
P1110117
P1090771
経験よりも素質と相性を重要視します。明るくて生徒から好かれる人しか採用しません!
P1140886
P1100703
P1140482
P1130390
スタッフの4割は生徒保護者です。だからお互い協力しあって働きやすい環境をつくっています。放課後デイを使っていない子供も一緒に連れてくることができるので、安心して夏休みとかでも仕事できます。ママハピでもママが働きやすい会社としてとりあげられました!
http://www.mamahapi.jp/usefull/fukushi20170331/

P1170102
P1140525
P1170170
こんな感じです! 楽しい空間で楽しいスタッフと楽しくお仕事してみませんか!? 私はこそ!という方はこちらをご覧ください!(ブログに美人ばかり出ているので申し込むハードルが上がっている噂がありますが、それは多分本当だとおもいます(笑))

■アイムの求人募集!
http://imhappy.jp/kyujin.html

P1130397






P1280768
個人的な話から始まりますが、ポップコーンには思入れがあります(笑)。というわけで電子レンジのポップコーンじゃちょっと納得いかない……。そんなわけで高津の教室にポップコーンメーカーを取り寄せてみました。
bcfb5db8
最初にきたのがこれだったのです。生徒は大喜びだったのですが、個人的には「ちょっと小さすぎないか??もっと迫力のあるやつがいい!」。というわけで業務用を探して取り寄せましたが、さっそくスタッフから「デカすぎます!!」との声が(汗)。
P1280737
実は自分が子供の頃楽しかったと思い出といえば「ポップコーン」なのです。子供の時から映画館が大好きで、そこで大きな袋に入っているポップコーンが楽しみだったのです。最近でこそ日本の映画館でもポップコーンに力を入れるようになりましたが、アメリカでは昔から映画館といえばポップコーンが定番!
P1280749
自閉症キッズの難しいところは多動症や聴覚過敏やらでなかなか映画館に入れないところ。アイムでも生徒たちと映画館にはよくいっていますが、映画館にこれない生徒もいます。そんなわけでアインシュタインの教室にプロジェクターを入れたわけです。でもポップコーンがありません!
P1280756
というわけでポップコーンメーカーの話になるわけです。業務用だとやはりポップコーンがどんどん吹き出てくるところの迫力が違います!! 生徒たちも興味津々で寄って来ます。
P1280765
みんな「早くくれ、早くくれ」という感じで詰め寄ってきます。
P1280833
ポップコーンやるからには映画館と同じ味が欲しいということで、バター味、チーズ味、カレー味などのパウダーも取り寄せます。そして鍋の中で混ぜてやると見事なチェダーチーズ味のポップコーンが!! これは電子レンジものでは出ない本格的な味です! 
P1280859
ただのポップコーンだけれど業務用の大きな奴で(笑)。私が子供の時に体験したポップコーンの感動をより身近に感じてほしいと思ってこうなったわけです。アイムの放課後では「本格的な体験」にこだわっています。子供だから子供だましのおもちゃ(サイズ)でいいだろうはナシです。どうせやるなら大きく!楽しく!(笑) 保護者の皆さんも本格的なポップコーン食べに遊びにきてください!

■スタッフブログでのポップコーンの話
http://imeinstein.blog.jp/archives/25118725.html
■ノリブロで「療育論」ぼちぼち連載中……

http://blog.livedoor.jp/norism_blog/
P1280866

P1290776
ジャーン!! いよいよ11月からアイムのグループホーム(障害者の共同生活)が始まります! 場所は稲田堤にあるおしゃれなマンションの二階! 陽当たりもともてよく、明るい雰囲気の住まいになります。多摩スポーツセンターのすぐ近くでバスの利便性も高いです。対象者は発達障害で18歳以上。定員は6名になり、ご飯を提供してくれるスタッフもいます。また万が一に備えて夜勤常駐の担当もいます。
P1290720
キッチンとダイニングはとても明るくて広いです。
P1290708
アイランドキッチンになっており、大きな窓で景色も緑が多いです。
04号室
01号室
05号室
ベッドルームも行政の基準の4畳よりもずっと広い6畳〜8畳の部屋を用意。アイムはオシャレなインテリアが特徴なので、各個室に家具も完備することにしました。いまから各部屋にかわいいベッド、デスク、タンスなどが揃います!
P1290740
トイレも二つあり、バスルームも広いです。
P1290742
そしてお風呂が広くてオシャレです!
17当直室
最後にこんなリラックススペースもあります。というわけでチラ見せでしたが、11月にはフル完備の状態になっています! その時にまた改めてご紹介します! ちなみに見学は今から受け付けていますので、興味のある方はこちらか問い合わせてください!
http://imhappy.jp/student_contact.html

P1280926

P1060661
新しい保護者が増えたので再度お知らせ! 現在アインシュタイン関連のブログは三つあります! 全部更新をチェックするのが面倒くさいという方はラインで更新通知を受け取れます! 

『自閉症がっちゃんブログ』(代表の教室のブログ)
 http://blog.livedoor.jp/gacchan_blog/
『スタッフ・ブログ』(今ちょっとお休み中)
 http://imeinstein.blog.jp/

『ノリブロ』(代表の個人的なブログ)
 http://blog.livedoor.jp/norism_blog

設定する方法:

スマホで各ブログにいって、一番下の方までスクロールしてください。このような項目が出てきます。こちらを押すと、ラインからブログ更新のたびに通知がきます。
IMG_3216
(各ブログで同じ手順を繰り返してください)

解除する方法:
ブログつまんないからライン通知を解除したい!という場合も簡単です!(笑)
IMG_3222
ラインから送られてくる通知のところに「設定」と入力して送信してください。すると更新通知リストというものが送られてきます。
IMG_3224
現在購読しているブログのリストが出てきます。左上の「編集」ボタンを押すと、矢印のところにXマークが出てきます。そこで削除したいものを押してください。以上です!! 

もっと詳しい説明が見たい方はこちらを!
http://blog.livedoor.jp/staff/archives/51892659.html

P1230326




 

P1080697
ちょっと前の冬の話になっちゃうんですが……(もうすでに秋に突入 笑)ドローンの話です!
P1070604
アトランタに住むカメラマンの弟がうちに遊びにきて自慢のドローンをもってきました。普通のカメラの仕事よりドローン撮影の方がギャラがいいんだぜ、とドローンを披露。

これがそのテスト画像なのですが、高いところもばっちり! で、なんでもこのスムーズなカメラ移動が難しいとのこと。ところがまだ小学生の息子の方がカメラの操縦がうまいという話。なんで?と聞いたら「ゲーマーだから画面操作になれている」 ふむふむ これはすごいぞ……!
P1090653
だって、これってもしかしたら現在引きこもりのゲーマーにとって新しい職種の道が開かれるかも!という話なのですよ。あるいはゲーム操作に長けている自閉症にとっても新しい仕事!? もしかしてドローンの就労支援って可能なのかな? 「ドローンの会社みてみて〜」と河野さんと話してました。
P1090652
そうしたらなんと次の週に別の人から「ドローン事業に興味ある? ドローンのベンチャー会社紹介してあげるよ」と話が……。毎回シンクロですね(笑)。で、いってきたのがSkyrobotoというドローンの会社。ドローンを使って農家の薬を撒いたり、高いビルや橋の工事検査のために仕組みを開発しています。

アイムでドローンのパイロット訓練の学校をやらないか?という話で、結構おもしろいかもとトキめいたのです(笑)。ただ、もろもろいろんな要素が絡んでくる話なので、今すぐアイムとしては動けないかなと……。でもどこかでドローンの就労支援できたらおもしろそうだろうな〜。

■Sky Robot
http://skyrobot.co.jp/

P1090650
■教室の毎日はスタッフ・ブログをチェック!
http://imeinstein.blog.jp/
■ノリブロで「療育論」連載中!
http://blog.livedoor.jp/norism_blog/

P1130357
FBとかSNSをやっている方ならバズでこれを見たことがあるrはず! キックスターター(クラウドファンド)で話題を集めた有名な「エアー盆栽」!! 見ての通り盆栽が浮いているのです! 
18447388_10212325174306044_4489179847437777850_n
これは世界中から注文が殺到した天才的な商品です! 日本の伝統を新しい形にして見せたところが大ヒット!
P1130372
こんな感じで横からみると盆栽をのせた石が浮いているのがわかります!
P1130365
前々から一体どんな人がこれを創ったのか気になっていたのですが、なんと河野のお友達がやっていると!! これはもうお尋ねさせてもらうしかないでしょう! というわけで会いに行くアポをとりつけました!
P1130376
で、エアー盆栽の生みの親の天才の星ヒカルさん(左)と平等さん(右)です。星ヒカルさんこと廣橋 博仁さんは実はIT業界では著名な方。そんな彼が今手がけているのはエアー盆栽かと思いきや、実はこれは彼のアートプロジェクトなのです!
flc
ヒロさんの本業はFlicfitといって、靴のサイズと足のサイズをスキャン(測定)する技術を開発しています。これで正確な足と靴のサイズが測定できるため、データベースさえつくっておけば、通販で足にぴったりの靴を注文することができます! 通販で最後の難関とされていた「試さないとわからない」を解消する最先端技術! やはり天才はなにをやっても違うな!と勉強になりました。アイムもイノベーションがんばらないといけないね、と河野と熱く語りながら帰りました! ちなみにエアー盆栽を応用した就労支援ができないかブレスト最中です。

■エアー盆栽
http://hoshinchu.com/ja/

■Flickfit

https://flicfit.com/

P1190194
■教室の毎日はスタッフ・ブログをチェック!
http://imeinstein.blog.jp/
■ノリブロで「療育論」連載中!
http://blog.livedoor.jp/norism_blog/

このページのトップヘ