C9D72C5F-FF05-47E9-B5CB-E575934D095A_1_105_c
ぬぬぬ! まさかこんな日がくるとは! 私のようなものがどこかの学会に原稿を寄稿する日がくるとは全く想像しておりませんでした! アカデミックな世界とは無縁だったし、福祉とはさらに無縁だったのに、今思うと人生全くもって不可思議!
83B2ABBB-13B6-486E-A7A0-FC7B36851572_1_105_c
社会福祉学ジャーナル(Vol61-4 No.136 2021年2月)のP132-135に私の原稿が掲載されています!
J-STAGEのHP
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jssw/61/4/61_132/_article/-char/ja/

もともとは「シンポジウムに登壇してほしい」という依頼が去年きていたのだが、ちょうどコロナが直後にやってきて流れてしまった。それで代わりに原稿を寄稿してほしいとのことで今回の話に。

最初原稿を書いた時、福祉学会に向けてなので、普段の私の「福祉はダメダメ」の主張を正面からぶつけるのはどうかなと……(笑)。ちょっとストレートすぎたかなと思っていたら、先方から「このまま原稿を掲載させていただきます」と。お、これは学会もなかなか勇気あるな……、というか「彼らも福祉に変化を望んでいるのかな」と。そんな原稿はこちらから読めます!

『福祉人材のパラダイムシフト』
原稿のPDFはこちらから
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jssw/61/4/61_132/_pdf/-char/ja
スクリーンショット 2021-05-03 11.44.54

17FA9832-428D-4DB8-BFE1-8B256EA8008E_1_105_c
で、これとはまったく偶然の話がある。今回の号の前のもの、社会福祉学ジャーナル(Vol61-3 No.135 2020年11月)に私の本の文章が紹介されている。立命館大学生存学研究所の三島亜希子さんが私の本から引用してくださったもだ。私が2年前くらいに書いた本の原稿がたまたま今回引用された。
■前回のエピソード
http://blog.livedoor.jp/gacchan_blog/archives/84194935.html

9d55c736-s
というわけで、まったくの偶然で社会福祉学のジャーナルに2号続いて私が登場したわけのだ! これはなんかおもしろいシンクロ! で、さらにこれにシンクロが続く!
32F5FB3A-B43F-47D9-9FCF-57EB6CB54D39_1_105_c
こちらは私の原稿が引用されたという『ソーシャルアクション!あなたが社会を変えよう!』(ミネルヴァ書房)をとりまとめてくださった武蔵野大学の社会福祉学会の教授の木下さん。彼の方から「社会福祉学ジャーナルに引用されていますよ!」と連絡を頂いた。その時は「へえ、そんな出版物があるんだ」とあまり深く考えていなかった。で、後日よくよく考えてみればそのジャーナルの次号に私の原稿が掲載される話が進んでいたことに気づく。
FAE6F0C8-27E9-45E8-BFA8-8B69FD8A62D4_1_105_c
そんなわけで木下さんに「一度遊びにきてくださいよ〜!」とやりとりをFB上でしていた。そうしたらうちの娘のインターハイの担当だったユキコさんから連絡が。「木下さんご存知なんですか? 私が中学の時の同級生です!」「え、そうなの!?」というわけで二人揃って遊びにきてもらうことに(なぜか二人の服もシンクロっています(笑))。
8D825B5D-0644-4F0B-9759-B2C766CB67D1_1_105_c copy
というわけで、ちょっとした学会ジャーナルのネタ話からこんなにシンクロが連鎖する話でした!

■毎日の楽しい教室の様子はスタッフ・ブログで!
http://imeinstein.blog.jp/
⇒アイムで一緒に働いてくれる人、募集中!
http://blog.livedoor.jp/gacchan_blog/archives/70809247.html
⇒ブログ更新の通知をLINEで受け取る!
http://blog.livedoor.jp/gacchan_blog/archives/67926212.html
b5b78299-s