最近お仕事が忙しいのと、サッカーにまつわるショックな出来事で記事冒頭の雑言をサボりがち…ってもともといらないってほっといて
ヽ(*`Д´)ノ


■エトーは重傷。
ガンペール杯ではやる気ナッシングなインテルに快勝したバルサ。
その試合中、シュート体制に入った時に足を痛めてわずか数分の出場で負傷交代となっていたエトーさんが右足の筋肉の怪我で2ヶ月の戦線離脱ですって…
1ヶ月に2度の来日の代償?と思うと心が痛みます。。。
(;´Д`)

ライカールトさん的には采配に余計な気を遣う心配が減った…と密かにほっとしてたりはしない…と思っておこう(笑)。



チャンピオンズリーグのグループリーグ抽選結果については長くなるので続きへ。
(・ω・)ノ
■チャンピオンズリーグ・グループリーグ組合せ
今年もこのシーズンがやって来ました。
以下、抽選結果とかなり勝手な一言コメント。
(゜ω゜)


【グループA】
リバプール(イングランド)
ポルト(ポルトガル)
マルセイユ(フランス)
ベジクタシュ(トルコ)
⇒去年準優勝のリバプールはコチラ。
今季の充実した補強ぶりを考えたらまあ盤石ではないでしょうか。
あと1つはポルト優勢かなあ。


【グループB】
チェルシー(イングランド)
バレンシア(スペイン)
シャルケ(ドイツ)
ローゼンボリ(ノルウェー)
⇒チェルシーとバルサの赤い糸伝説がひとまず消えたことにほっとしたり…(笑)。
チェルシーとバレンシアが優位ではありますが、バレンシアは変に内部でごたごたしてるとシャルケあたりに足元をすくわれますぞ。
ローゼンボリにはグループ内の戦いを盛り上げる存在になって頂きたいですな。


【グループC】
R・マドリー(スペイン)
ブレーメン(ドイツ)
ラツィオ(イタリア)
オリンピアコス(ギリシャ)
⇒R・マドリーとブレーメン優位か。
ただR・マドリーは新戦力がフィットするまで序盤は苦しむ可能性もアリ?
ラツィオはリーグとCLのかけもちとなるとやや選手層なんかで厳しい雰囲気も…。
オリンピアコスはコパ・アメリカで活躍したメキシコ代表のカスティージョの活躍に期待してみようかと。
…と思ったらもういないのね…つまんない(笑)。


【グループD】
ミラン(イタリア)
ベンフィカ(ポルトガル)
セルティック(スコットランド)
シャフタール・ドネツク(ウクライナ)
⇒前回覇者のミラン、今季は抽選マジック炸裂せず?
ベンフィカ、シャフタール・ドネツクと曲者な雰囲気がぷんぷんするんですけど、カカ様がどうにかしてくれるか(笑)。
セルティックもラクな戦いではないでしょうがホームでの戦いをしっかりやることと、GKボルッチの『ネ申』っぷり次第(笑)では付け入る隙はあると思いたい。


【グループE】
バルセロナ(スペイン)
リヨン(フランス)
シュツットガルト(ドイツ)
レンジャーズ(スコットランド)
⇒うきゃあ、バルサはCLで異様な強さを見せるリヨンと同じ組。
今のところ今季のリヨンには去年までの勢いは感じられないですが、手強い相手であることは変わらず。
シュツットガルトやレンジャーズ、いずれもバルサとの対戦ではガチガチに守って来そうですし侮れないと思います。
まあそれでも…チェルシー・ブレーメンと一緒だった去年とくらべたら悪くはないでしょう
あとはこれ以上の負傷離脱者は避けねばなりませぬ。
(`・ω・)ゞ


【グループF】
マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)
ローマ(イタリア)
スポルティング(ポルトガル)
ディナモ・キエフ(ウクライナ)
⇒ローマ的にはマンチェスター・ユナイテッドへのリベンジに燃えたいところでしょう。
今のところ状態がよろしくないユナイテッドですけど、そのへんは立て直してくるんでしょうねえ。
ひそかにディナモ・キエフあたりが鍵を握りそうな気配。


【グループG】
インテル(イタリア)
PSV(オランダ)
CSKAモスクワ(ロシア)
フェネルバフチェ(トルコ)
⇒なんとなくアクの強いチームが集まった感じ…(笑)。
皆さん、真冬のモスクワでの試合はどこも避けたいところでしょうが…って書いたらなぜか関係ない派手なシャツ姿のドゥンガの顔が思い浮かびました(あれはロンドンだっけ?)が、ジーコさんも負けずにあやしいシャツでも…。
とりあえずPSV頑張れ!と。


【グループH】
アーセナル(イングランド)
セビージャvsAEKアテネの勝者(スペイン/ギリシャ)
ステアウア・ブカレスト(ルーマニア)
スラビア・プラハ(チェコ)
⇒まずはセビージャがこの舞台に立ってくれることを祈りつつ。。。
不安定な部分も目立つアーセナルにとっては状況がよくわからないスラビア・プラハ戦とか結構怖い感じかもしれませぬ。