9cb8919a.gif
ニースケンスの『ネコムラ』発言に、『きょうの猫村さん』を思い出してほんわかしたのは私だけではないはずです。
(*´ω`*)

明日2月22日はネコの日だしね


■CL決勝トーナメント1回戦1st leg
セルティック 2−3 バルセロナ
【セ】前16フェネホール・オフ・ヘッセリンク、前38ロブソン
【バ】前18・後34メッシ、後7アンリ

最近あんまり元気のないバルサ。
そんなワケで抜群のホーム力を持つセルティックの本拠地セルティック・パークに不安を感じながら乗り込んだのです

〜本日のメンバー〜
GK:バルデス
DF:プジョル、マルケス、ミリート、アビダル
MF:トゥーレ・ヤヤ、イニエスタ、デコ(→後21チャビ)
FW:メッシ、アンリ(→後43グジョンセン)、ロナウジーニョ(→後28エトー)

アフリカ帰りのエトーさんをスタメン起用するかと思いきや、最近の連戦でお疲れぶりが少し心配なメッシたん+アンリ、そしてロナウジーニョがお久しぶりのスタメンとなりました。

グループリーグで対戦した同じスコットランド勢のレンジャーズ同様、守って守って戦いを挑むかと思われましたが、最近好調な攻撃で先制したのはセルティック。
前半16分、マクギーディがプジョルを交わしてクロス!その流れから逆サイドでネイラーがクロスを上げると最後はヘッセリンクのダイビングヘッドがゴールに突き刺さります。

先制されたら引きこもられてヤバイかも…なんて不安を直後に吹き飛ばしてくれたのはこの子でした。

前半18分、メッシが右サイドから中央にパス、それをエリア内でデコがワンタッチ→再び走り込んだメッシのシュートはゴールへ
すぐさま試合を振り出しに戻します。

その後もバルサの攻撃が目立ちますがセルティックも負けてません。
前半38分、左サイドからマクギーディが再びプジョル隊長をかわして中に切り込みクロス→最後はロブソンが競り合いながらのヘッドでセルティックがまたもリード。
試合前にメッシたんが『警戒してるのはマクギーディ』と言っていたのですけどいい仕事をしております…。
(バルサの右サイドの守備に不安があったのはひみつ)
(´д`)

セルティックが1点リードで迎えた後半。
再びバルサが見せてくれました
後半7分、相手のパスミスをカットしたロナウジーニョが左サイドに流れた前線のアンリへパス、このボールをアンリが正確なシュートで2−2の同点に。
うーん、アンリゾーン

その後、相次いでチャビ・エトーを投入したバルサ。
最後に勝利を呼び込んだのはまたもこの子。
後半35分、右サイドでボールを受けたエトーのクロスがクリアされたもののそのこぼれ球を拾ったメッシが1人かわして冷静にゴール
バルサ勝ち越しですっ

この結果、3−2でバルサが勝利しました。
アウェイで3点を上げての勝利という結果も大きいですが、こんな感じで何度もスコア的に劣勢に立たされた展開をひっくり返したというのも大きいっ
ここ最近足りなかった戦う姿勢みたいなものも表に出て来たかなあ、なーんて。
(相手とのレベル差があったとかそーゆーのは置いといてさ)
久しぶりにメッシたんも、そしてロニーさんもなんだかイキイキしてた感じがしますしね
(*´ω`*)

ここまで安定していた守備にやや綻びも見られたような気がしなくもないですが(でもマクギーディが良かったのは事実だ)、まずはこの結果に喜んでおきますか

ネコ…いや中村俊輔さん?ロニーさんとのマッチアップで前半はちょこちょこ守備で頑張ってましたよ。
(・ω・)


その他の試合結果は続きに。
アーセナル 0−0 ミラン
⇒負傷者が多発したことでどうなるかと思われたミランですが、パトもカカもセードルフもカラッチも皆さんこのアーセナル戦に照準を合わせて来たようで。
(でもまたネスタ怪我?)
アーセナルのパス回し(これはガチで魅力あり)に翻弄されるミラン、なんて構図に少し期待していたんですけど、ミランが老練な守備でしっかり対応。だてに年だけはくって(笑)…じゃない経験を積んでるわけじゃないみたいです。
最近パトあたりの登場で少しずつ若い世代も出て来ているミランですけど、この両チームのスタメン平均年齢を較べてみたい…カモ
試合内容の方は0−0というスコアに反してなかなか面白かったと好評のようですね。



リヨン 1−1 マンチェスター・ユナイテッド
【リ】後9ベンゼマ
【マ】後42テベス
⇒リヨンはベンゼマ、マンチェスター・ユナイテッドはC・ロナウド。
若くしてチームを引っ張る選手たちの活躍が注目を集めたであろうカード。
その両選手が期待通り見せ場を作ってくれたようです。
試合はリヨンが先制したものの、終盤に途中出場したテベスが貴重な同点ゴールを上げてドロー。
最近リヨンのジュニーニョさんがあんまり元気がない(ロニーさん状態)という噂をチラホラ耳にしますが、いかがなものかしら?
(・ω・)?



フェネルバフチェ 3−2 セビージャ
【フ】前17ケジュマン、後12ルガノ、後42セミフ
【セ】前23OG、後21エスキュデ
⇒どっちが勝ってもお祭りモードな雰囲気になりそうですが、フェネルバフチェがジーコ力(笑)で接戦を制して勝利。
このカードがこのスコアっていうのは、“らしい”ですねえ。
セビージャは敗れたとはいえ貴重なアウェイゴールを2つゲット
2nd legはホームで1点を上げて守りきる、なんて戦術はセビージャっぽくないので、次も点の取り合いに期待したいとか。
(・∀・)
ジーコさんのフェネルバフチェはロベカルさんの負傷具合が心配なところでしょうか。


edb67075.jpg
ね…猫村さん…
しばらく猫村さん見るたびに思い出しそう

そういえば、ジーコさんの『ナカムーラ』も、『ネコムーラ』…に聞こえなくもなかったカモ。
(・ω・)


そして昨日の中国戦で跳び蹴りをくらった安田がブログ更新。元気そうで一安心
早めに帰国してきちんと日本の病院で検査を受けて欲しいですな。