8fe264e6.jpg
ドイツのかわいいくまちゃん
(*´ω`*)

間に違う話を入れたりしたせいで、ドイツネタ止まっちゃった。


■南アフリカワールドカップ・アジア最終予選

日本 1−1 ウズベキスタン
【日本】前40玉田
【ウズベキスタン】前27シャツキフ

〜本日のメンバー〜
GK:楢崎
DF:内田、中澤、闘莉王、阿部
MF:長谷部、遠藤、中村俊、大久保(→後18岡崎)、香川(→後31稲本)
FW:玉田(→後37興梠)

UAEとの親善試合を見に行ったのは先週の木曜日なのですが、ここ最近バタバタしていたせいですっごく前のことのように思える…。
そのUAE戦のメンバーから負傷離脱の長友に代わり阿部、CBは寺田→闘莉王、中盤は稲本→遠藤、そして岡崎に代わり代表初ゴールを記録したばかりの香川がスタメンに抜擢。

さて、今日はワンセグでちらちらーっと見た程度ですが。

グループの抽選が行われた頃は不気味な存在と思われたウズベキスタンですが、ここ最近の戦いぶりはどうもイマイチのようで。
そんな相手に油断があったかどうかはわかりませんが、なんだか前線にボールが収まらずにモタモタしているうちに先制したのはウズベキスタン。
前半27分、カウンターから闘莉王のまずいクリアボールを拾われグラウンダーのクロス→シャツキフのスライディングシュートが決まって0−1。

UAE戦では若手の頑張りもあり今までよりも積極的にシュートを打つシーンが目立った気がしましたが、今日はなかなか打てません。これが親善試合との違いなのか…。
特にウッチーはなんだかUAE戦でことごとくシュートをミスってたのがトラウマなのかしら
香川あたりはゴール前に積極的に飛び出していくプレーは見せていたようですが。

そんな若者のプレーにお手本を見せたのでしょうか。
前半40分、中村からのパスに抜け出した大久保からの気合いの折り返しに玉田が合わせて1−1の同点に追い付きます。

後半。
同点ゴールで勢いづいたか開始から玉田が、大久保が、立て続けにシュート…全然枠に飛ばないけど…って昨日ひたすらシュートを外しまくった私には言われたくないですよね…ハイ
(・ω・)∩

後半18分、大久保→岡崎。
代えるなら今日はイマイチ試合に入れてなかった香川のような気はするけどなー。
その岡崎がゴール前でヘディングをミスる場面があったのですが、先日の香川といい、身長とかそういう問題だけじゃなく最近の若者はヘディングが苦手なのかしら…ってヘディング出来ない私に言われたくないですよね、ハイ(二度目)
(・ω・)∩

後半28分、引き分けでなんの問題もないウズベキスタンはシャツキフも下げて交代枠3枚を使い切ります。
岡ちゃん、そろそろ動かんのー
…ってことで後半31分、香川→稲本。後半37分、玉田→興梠。

終盤、闘莉王を前線に残し、なんとかゴールを狙う日本に対し、ウズベキスタン時間稼ぎで応戦。そしてタイムアップ。
ホーム初戦はドローという結果となりました。


攻撃については特に前半、またシュートを打たない(打てない)悪い病気も出たようで。
精度云々の前にまずは打たなきゃー
なーんか覇気がないというか。
全体的に意識が統一されていないというか、バランスの悪さも目立った感じがします。
前にさんざん言ってた連動ってものがあまり感じられなかった気が…
そんな中で、足が痛い方のナカムラさんは良くやってたように見えました…やや下がり過ぎてバランスに影響があった感もありますが。
全体としてのパスとかシュートとかの精度は相変わらずということで
岡ちゃんの采配云々はアンチの方々が熱く語ってくれると思いますのでココでは省略(笑)。
守備についてはまたカウンター(+頂けないミス)でやられちゃいましたねえ…という感じで。
このところ危なっかしい場面が目立ち過ぎます。
1つのミスが命取りってことをもっと自覚しないと