May 18, 2005

うつ病の診断書、偽造?

blogのクリップにも追加したのですが、
今日の朝日新聞の記事
うつ病の診断書、「表現弱める」医師9割 復職に配慮
からの抜粋です。


働いている人を診断する際、本当は「うつ病」なのに、診断書に「抑うつ状態」「心身疲弊」などと軽い症状に書き換えている医師が約9割に上ることが、労災病院の医師らによる医師の意識調査で明らかになった。うつ病と診断されると職場復帰が難しくなるのではないか、と考える患者の立場を考慮しているという。「心の病」の実態の把握がぶれ、本人の治療や企業・周囲の理解を妨げる危険もある。


これを本人との了解の上で行っているならばまだしも、
医師の勝手な判断でやっているとしたら問題かと思うのですが?
その辺が気になるところです。

メンタルヘルスに理解がある職場が多ければ、
医師がこのようなことをしなくても済んだのでしょうネ...
「周囲の理解を妨げる危険がある」というのは、確かにそう思います。
診断書の表現を和らげるという手段を取るのではなく、
まずは実際のそのようにしなければならならなかった実情の方を
どうにかしないといけないのでは?と思うんですけど...



 労働相談に応じている日本労働弁護団は「復職を望んでも会社側が拒み、休職状態を長引かせて解雇に追い込むケースがここ2、3年目立っている」という。


残念ながらそのようなケースが多いようですネ...
確かに無理して復職してご本人の状態が悪くなるのは避けたいところですが...
会社側はもっとメンタルヘルスを勉強して力を入れ、
正確な医師の判断を元に復職を引き受けるようにならないのでしょうか?

今後も企業をはじめとした社会全体における精神的な病気への理解、
うつ病の方の復職システムが大きな課題かと思いますっ!


福祉・介護/メンタルヘルスRanking参加中♪ *゚ー゚)ノ~~
少しでもお役に立てたり、オモシロかったらぜひぜひポチッと応援お願いします〜☆


gacha_ping at 14:25│Comments(17)TrackBack(9)メンタルヘルス 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. うつ+眼精疲労+腱鞘炎 5/19  [ Someday,Someplace ]   May 19, 2005 23:43
ブログを見てもらったとおり、ここ2日間はモチベーションが あがらず、なかなかやる気が出なかった。 それに加えて腱鞘炎と眼精疲労が出始めて、かなり辛くて、 キューピーコーワiとブルーベリーのサ
 働いている人を診断する際、本当は「うつ病」なのに、診断書に「抑うつ状態」「心身疲弊」などと軽い症状に書き換えている医師が約9割に上ることが、労災病院の医師らによる医師の意識調査で明らかになった。うつ病と診断されると職場復帰が難しくなるのではないか、と考
3. 新聞記事から  [ M's Diary ]   May 20, 2005 23:04
 ホテルで携帯いじってたら、こんな記事を発見。 うつ病の診断書、「表現弱める」医師9割 復職に配慮 http://www.asahi.com/job/news/TKY200505170381.html 自分も抑鬱と診断されたわけで… 確かに寛解は難しいんですよ。ほぼ自分自身の判断ですしね。 ましてや完治なん
4. うつ病に対する大きな誤解  [ 怒り炸裂! おこりん坊倶楽部 ]   May 21, 2005 10:12
朝日新聞の一面に、うつ病の診断書、「表現を弱める」という記事が。 本当は「うつ病」なのに、診断書に「抑うつ状態」「心身疲弊」などと軽い症状に書き換えているらしい。そうしてる医師が9割に上るとか。患者の復職に配慮したものらしい。復職を望んでも会社が拒否。
5. 今日の朝刊より  [ Mani_Mani ]   May 21, 2005 17:21
asahi.com:うつ病の診断書、「表現弱める」医師9割 復職に配慮 - 暮らし 私も「配慮」されて「抑うつ状態」という診断のままです。 配慮というより、何となく後腐れないように医師が判断したように思えます。 うつ病に対する理解度、患者に対する対応の現状を
6. うつ診断書、復職に配慮して表現弱く  [ 中国・介護・社労士ブログ ]   May 21, 2005 21:16
うつ病の診断書、「表現弱める」医師9割 復職に配慮asahi.com5/18 復職する患者の立場を配慮して、 「調査結果によると、診断の際に、92%が「虚偽でない範囲で診断病名の表現を緩和する」とした。うつ病の表現には「抑うつ状態」が40%で最も多く、ほかにも「心身症.
7. うつ病の診断書、「表現弱める」医師9割-復職に配慮  [ うつ病ドリル ]   May 23, 2005 00:36
原文 働いている人を診断する際、本当は「うつ病」なのに、診断書に「抑うつ状態」「...
8. うつ病の診断書、「表現弱める」医師9割 復職に配慮  [ HRM-Consul人事コミュニティ〓成果主義、就業規則を考える ]   May 23, 2005 12:25
心の健康〓メンタルヘルスは、人事・労務の重要な問題です。成果主義の導入が、ストレ
9. うつ病の診断書「表現弱める」医師9割について あゆみが思うこと  [ 精神科医 森下あゆみの診察しちゃうゾ! ]   May 26, 2005 19:46
働いている人を診断する際、本当は「うつ病」なのに、診断書に「抑うつ状態」「心身疲弊」などと軽い症状に書き換えている医師が約9割に上ることが、労災病院の医師らによる医師の意識調査で明らかになった。このニュースについて,あゆみのニュースフォーカス(初よ!)...

この記事へのコメント

1. Posted by OZ   May 19, 2005 03:35
お久しぶりです。
って書き込みが、なんですが。
いつも拝見してます。
自分の知り合いも、休養が終わったら戻っておいで。って入ってくれた人もいましたが、
大多数がバイトでも隠さないと雇ってくれず、病院の受診もままならず、また悪化……って事が多いです。
社会の偏見。
こういうページを見て、わかってくれれば委員ですが、啓発の所で書いてあった通り、興味のある人にしか見られないんでしょうねぇ。
実際、ふれあう機会がないと、何にも考えないのが人間なんでしょうか…
2. Posted by がちゃぴん。   May 19, 2005 20:33
OZさん、こんばんは☆
ご訪問&コメントありがとうございます♪

そうなんですよネ。。。
興味・関心がある方以外の目に触れるには...ということで、
最近はもう一方の趣味的なblogにうつ病啓発ドラマの記事を書いたり、
他の方のblogにトラックバック&コメントをしたりしています。

でも、やっぱりその中でも興味のある方だけが
トラバした記事を見てくださるんだろうなぁ... (((´・ω・`)
あまり効果ないかもしれませんネ。。。
3. Posted by    May 20, 2005 23:31
TBありがとうございます。
実際、断られて復職できないのがショックで、うつ病が再発したりしている人もいるようですね。会社側も休職制度見直しや配置転換をするなどの配慮が必要と思います。
経営側から見ると、健康で有能でバリバリ働ける人が欲しいのでしょうが、そんな人ばかりが居るとは限らない。入社後の教育・育成・指導・配慮するのも会社の仕事なんですけどね。
4. Posted by HIDE   May 20, 2005 23:40
今晩は、TBありがとうございます。
今私は、PSWの資格を取るべく勉強中です(東京福祉大学通信3年生です)
うつ病に限らず、精神疾患はまだまだ理解されていないようですね。
32条改悪(廃止)など、福祉政策はまず受益者負担が先行して
グランドデザインなど反対の声が多いと思います。
30年50年先を見た福祉政策を進めてもらいたいと思っています。
5. Posted by タカノワシ   May 21, 2005 10:11
がちゃぴん。さん、こんにちは。コメント&TB、ありがとうございました。こちらからもTB返しておきます。

精神疾患に対する社会の偏見。まずはこれを減らしていかなければならない。これは誰にでも起き得る身近な問題。もっと、一般の人にも認識してもらう必要があります。そのための発信ツール、正しい社会の輪を作るツールとして、ブログが役立つといいですね。
6. Posted by manimani   May 21, 2005 17:27
TBありがとうございました。こちらからもTBさせていただきました。
精神疾患が身近なものであるという認識に立ったうえで、みんなが自立して生活できる社会の仕組みと意識が必要ですよね。今回の記事での取り扱いにしろ32条の問題にしろ、まだちゃんとした議論に挙がっていないのが現状ですね。
今後ともよろしくお願いします。
7. Posted by matu   May 22, 2005 01:15
TBとコメントありがとうございました!
ウツというのは、皆がなる可能性もあるじ実際になってる人も非常に多いのになかなか理解されていないと思います。テレビでもそうですし、実際に会社等でも人事及び労務の回覧板等でウツに関する知識を広める必要があるのではないかと思っております。
8. Posted by がちゃぴん。   May 22, 2005 06:39
みなさま、こちらこそ突然の失礼なTBにたいして
早々のご訪問&コメントありがとうございました♪
とてもうれしく思います。 *゚ー゚)ノ

★ 結さん

確かに会社からしてみれば、利益のためにも健康な人を
となるのでしょうけれど、仕事が原因でうつ病になられた方
の場合は特にもっと配慮が必要かと思いますよネ...
とるだけとっておいて、後でポイ捨て状態というのは
無責任極まりないと思います。


★ HIDEさん

ここにもお仲間がいらっしゃったのですネ。
私も資格取得を目指していて、来年1月に受験予定です。

仕事をしていても、ネットをしていても感じますが、
残念ながらまだまだ精神疾患に対する偏見は多いですネ...
自立支援法も施行まで残り半年をきっていますが、うやむやな部分もあり、
反対運動が起こっていても見直しの傾向はないようですね...
HIDEさんのおっしゃるように先を考えた福祉政策を進めてほしいですネ。
9. Posted by がちゃぴん。   May 22, 2005 07:35
みなさま、こちらこそ突然の失礼なTBにたいして
早々のご訪問&コメントありがとうございました♪
とてもうれしく思います。 *゚ー゚)ノ


★ タカノワシさん

TBもしていていただき、ありがとうございました!

精神疾患への理解というのは、実際自分や自分に近い人がなってみないと
なかなか得られないものかもしれませんが、
少しでも人ごとではないということをわかっていただき、偏見が薄れれば良いのですが...
タカノワシさんがおっしゃるようにblogが貢献できれば良いですネ。
これからも地道にがんばろうっと!


★ manimaniさん

TBもしていただき、ありがとうございました!
コチラこそ今後ともよろしくお願いします。

どうしても精神疾患が他人事だと思う方が多いですよネ...
まだまだ先が長い印象を受けます。
問題として取り上げて、それをどうやって実行して解決していくかが重要ですネ。
自立支援法も反対運動等起きていますが、施行まで後半年をきってしまい、
このままズルズルといってしまいそうな流れになっていて危険です...


★ matuさん

一生の間にうつ病にかかる率は、男性ではおおよそ6人に1人、
女性では4人に1人の割合だそうですネ。
こんなに多いのに...危機感を感じてほしいですネ。

だんだんいろいろなところで啓発運動が始まってはいますが、
matuさんがおっしゃるように、これからももっと
人の目に触れやすいところでの啓発運動が必要かと思います。
会社でも管理職はモチロンのこと、一般社員にも知っていただくのは大事でしょうネ。
10. Posted by nexttime55   May 22, 2005 11:08
はじめまして。記事から数日たってしまってからのコメントになりすみません。
通勤中のラジオでうつの診断書に関するニュースを聞きました。実は私自身、半年ほど働いている職場の人間関係でうつの症状がひどく、退職とか休職(まだ半年だし許されないでしょうが)真剣に考えています。でも、病気で退職すると雇用保険が受給できなくなるんじゃないかとか、よくわからない社会保険の制度にどうしたら損をせず(知らずに損をすることって多いですよね)安心して療養と次の仕事探しへと進めるか考えているところです。特に少人数の個人事業所だとなかなか世間の常識があてはまらないところもあって、欝に対する偏見はかなり強いんじゃないかと、本当のことを相談する勇気がありません。とっても辛いです。がちゃぴんさんのような方が心のはげみです。
11. Posted by ドルフィンダンス   May 23, 2005 12:28
がちゃぴんさん、はじめまして。
社労士のドルフィンダンスです。

先進的な企業は違うかもしれませんが、メンタルな病に対する日本企業の理解度はまだまだという感じがします。
今回の朝日新聞の記事も、そうしたことが背景にあるのでしょうね。

記事、当方もトラックバックさせていただきました。
12. Posted by がちゃぴん。   May 24, 2005 20:35
みなさま、こちらこそ突然の失礼なTBにたいして
早々のご訪問&コメントありがとうございました♪
とてもうれしく思います。 *゚ー゚)ノ

★ nexttime55さん

こちらこそレスが遅れてすみません。
nexttime55さんもご苦労をされていらっしゃるのですネ...
病気で離職した場合、すぐには失業保険は受けられないようですが、
受給期間の延長申請ができるそうです。
詳しくはコチラをご覧になると良いかもです。

うつ病で失業した場合の失業保険
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/nenkin/20040826mk21.htm

失業保険のことであれば、ハローワークで直接相談されるのも
良いでしょうし、また社会保険の制度に関しては社労士の方が、
良いアドバイスをくださるかと思います。

会社で相談できる方がいないのは辛いですネ...
せめてグチや相談など話を聞いてもらえる逃げ場を
作っておけたら少しは楽になるのかなぁ?と思います。


★ ドルフィンダンスさん

トラバ、ありがとうございました!

そうですよネ。先進的できちんとメンタルヘルスに
力を入れている企業もあるんですよネ。
他の会社もぜひ!見習っていってほしいものです。
13. Posted by nexttime55   May 24, 2005 23:29
がちゃぴんさん
昨日思い切って所長に退職の意思を伝えました。所長も一人で地元を離れている私を心配してくれていたようで、次の人がみつかるまでいてくれよ。ということで暖かく受け入れてもらえました。あと少し今の仕事をがんばんって、区切りがついたら今度は引越しの準備と、なかなかしんどいところもあるけど、いまのままでの何年か先を考えるのと、今、勇気を出すのとどっちがいいのかは、明白な気がします。雇用保険の件、どのような形にするかはまだ未定ですが、とても参考になりました。ありがとうございます!(涙、、)
14. Posted by がちゃぴん。   May 25, 2005 01:07
nexttime55さん、ご訪問ありがとうございました。

職場の所長さんも心配して暖かく受け入れてくださったんですネ。
良かったですネ!

私も退職した経験があるのでわかりますが、
勇気を出して退職の意思を伝えるのはとても大変なことかと思います。
ご病気のことを伝えるとなるとさらにですよネ...
この先のご自分のことを考えての選択。
無理をされるより、自分にあった新しい道を選ぶことが
良い場合も多いかと思います。
15. Posted by Masanori Toshi   May 25, 2005 10:06
まさにその診断書を昨日もらいました。
就労可能な証明書。
でも、僕はあるがままを書いていただきました。
無理はしたくないから。
16. Posted by 森下あゆみです   May 26, 2005 19:32
トラバさせていただきました.
大変参考になりました.
17. Posted by がちゃぴん。   May 27, 2005 21:12
★ Masanori Toshiさん

ご訪問&コメント、ありがとうございました。

無理をしないというのは、簡単なようで
人によっては難しいことでもあるけれど。
自分を苦しめないためには、無理をせずに自然体で
いられるのが1番ですよネ。


★ 森下あゆみさん

ご訪問&コメント、そしてトラバ、
ありがとうございました。
私もお勉強させていただくために
またご訪問させていただきます!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔