こんばんは。
タイタスといえばガンダムではなく
スペースマリーンの中隊長を思い浮かべる
マイスター関田です。

ヤバいです
ウォーハンマー40k。
グレイナイト超呼んでる。
俺のこと超呼んでるよ。

さて、
先日HGUCシナンジュ完成の記事を上げたんですが、
お店に来てくれたお客様が
「写真ひど過ぎて、もったいないですよ」
と、持ち上げてくれたので
調子に乗って写真撮りなおしてみました。

工作も塗装も妥協と手抜きが目立ちまくりの作品なので
かなり恥ずかしいところも多々ありますが、
まぁ、これが現実なんだからしょうがない。

というわけで、
こんな感じです。

HGUC シナンジュ完成01
HGUC シナンジュ完成02
まずはスタンダードな浮遊姿勢。

ベースに製作者名が「どーん」と入っている
恥ずかしい仕様は店舗展示用ということで
スルーしていただければ幸いです。

ちょっとポーズつけてみました。

HGUC シナンジュ完成03
こんなポーズありましたよね。
ep2辺りで。
シールドは無かったですけど。
こういうポーズをとると羽根(?)とつま先を
伸ばしたのが効いてきますね。


最後にシールド構えてみました。
で、煽りと俯瞰で撮ってますが
これは個人的な実験と確認だったりします。
HGUC シナンジュ完成04
HGUC シナンジュ完成05
シナンジュは敵の銃撃・砲撃を
ほとんどかわす、
というイメージがあるので
シールドを構えるというのは
ちょっと違うのかなと思わなくはありませんが
コックピットから放射状に広がるような構図は
やはり鉄板と言えば鉄板。


ま、
前の写真よりはましになりましたでしょうか。
大阪に出張中のMGが帰ってきたら
SDと併せてシナンジュ3種でまた撮りましょうかね。


前回の記事でも書きましたが、
キットはパーツ数が多く煩雑さはあるものの、
出来そのものは、歴代HGUCの中でも
トップクラスの逸品でしょう。
自分なりの作り方で時間をかけてやれば
必ず応えてくれるキットだと思います。

オススメの改修ポイントは、
やはりスパイクの交換でしょうか。
アドラーズネストさんのソリッドスパイク
サイズがピッタリなので、使わせてもらいましょう。
使う時のポイントはコチラををご覧ください。


さて、
何はともあれ完成し、
普段ならここで燃え尽き症候群MAX!
と、なるところなんですが、
今回は余勢を駆って次に行きます。

作るのはコレ!
MG THE-O 00
ついに来た。
25年間、
私の一番好きなMSの座を
守り続けたコイツとの因縁に
けじめをつける時が。

いやぁ、
完成させたことないんですよね。
THE-O。

一番怖いのは、
詰め込み過ぎて結局完成しない。
という事態。
でも、ストレートに組んで
塗るだけじゃ収まらない!
収まるはずがない!!

この、揺れる心の狭間で
どうしていくのか、おれ。

いや、焦らず、着実に
やっていこうと思います。

では、また。