Windows7の端末で
iTunesをアップデートしたんだよねえ
9.0.2.5にさ。
したら

「QTCF.dllが見つからなかったため、
このアプリケーションを開始できませんでした。
アプリケーションをインストールし直すと
この問題は解決される場合があります。」

表示でiTunes起動せず。
連動してiTunesを使わないで音楽や動画管理が出来る
copyTransもQTCF.dllがみつからねえぜ?
ってな表示で起動しない。
(音楽転送とかだけならフリー、ほかにiPod内のバックアップとかもできるっぽい)
同じく
iTunesと連動させている
歌詞埋め込みソフトの
Cassiniも動かないし
う〜んどうしたもんかなって思ったんです。
(Cassiniはとても便利ですよ〜
自動でテキストファイルと音楽ファイルに歌詞を埋め込んでくれるフリーのアプリ)

でね何回か再インストールしたりアンインストールしたり
繰り返してみたんだけどうまくいかないし
iTunesをダウンロードし直して
修復インストールしてもダメで
どうしようかなって思って
「QTCF.dll」を検索してみたら、、、
シートラの端末では

C:\Program Files\QuickTime\QTSystem

にあるじゃん!!
で、みつからねえよっていわれてるであろう

C:\Windows\System32

へコピーしてiTunesを起動。
無事立ち上がったとさ。
なんだかねえ、やっぱ安定して使えてるのなら
バージョンアップはあんまりしないほうがよさそう。
iPhoneいろいろといじってるし
余計なことはしないようにしよと。