2014年08月23日

2014 Merry Christmas, Mr. Lawrence (戦場のメリークリスマス) はんだ付け職人

5年ぶりに撮影しました。前回より少し上手になったような・・
私は楽譜が読めず、ピアノを習ったことがないですが、この曲だけは弾けるようになりたくて、約27年練習してきました。なかなか上手くなりません・・

2014年08月20日

楽しい 八日市 空手道場の稽古風景 2014年8月

お久しぶりです。
わしの稽古風景・・。もうバテバテですな・・


2012年11月29日

神主になってしまいました・・

「ん?今年は全国大会に出取らんな?」とお気づきの貴兄に・・

実は先日、神主になってしまいました。
妻が記録をとってくれましたので詳しくはこちら・・

神主日記1
http://acqua-pazza.net/archives/7591121.html
神主日記2
http://acqua-pazza.net/archives/7594884.html

去年から1年見習いの期間を経まして、
3年間修行の身となります。

神主は、
1:4つ足の生き物は食わぬこと
2:斎戒沐浴して身を清めること
3:座敷で一人で寝ること
4:葬式、結婚式にも出ぬこと
  (下座に座ってはいけないらしい・・)
5:遠出は慎むべし
6:無益な殺生は行わぬこと


などたくさんの戒律があります。

ちょうど、大会の日は神主渡しの儀式の準備がありまして、
出場できなかったわけでございます。
(12月、1月は連日行事があるし・・)

田舎のしがらみですな・・
そういうわけだったのです。dd8bb6e3

2011年11月09日

草野派糸東流拳法空手道会 第48回全国空手道選手権大会

今年もよく寝ました。
11年目にして、ようやく試合前の緊張からは開放されたようです。

昨日の夜は、

空手着のアイロン当て
ゼッケン付け
着替えの用意(下着、普段着、ブレザー)
マウスピースの作成
上靴
ビデオカメラ、デジタルカメラ
寝袋、枕

なんぞの用意で大忙しでした。

朝は6時に起床して、軽くストレッチと、サンドバッグ叩き・・
形を練習しておきます。

8時前に、車に乗り込んで、一路、県立体育館へ向かいました。
去年は、道中、不安と恐怖でブルーになりましたが、
今年は大丈夫です。

というのも、今日まで1年、組み手の稽古を
毎週積んできました。

片手だけの組み手・・
中段だけの組み手・・
7分目の力とスピードの組み手など・・

(浅井先生ありがとうございます)

そう・・この1年、毎週ボブサップ氏の圧力に耐えてきました。

ボブサップ氏の手足は丸太と同じですから
うっかり受けてしまうと、1ヶ月手足が利かなくなります。

手足に当たれば青く腫れ上がり、痛いし痺れます。
顔に当たると当たった箇所が損傷するだけでなくムチ打ちになります・・

あんな恐ろしい人は、たぶん居ないでしょう。

ボブサップ氏曰く、
「のせちゃん、大袈裟やし、痛がりやし・・」

違います。
ライオンはジャレているつもりでも、
ウサギは命がけです・・

この1年、心の中では、痛くて半泣き状態でも
「なんのこれしき!」と立ってまいりました。

(子供らの見てる前では泣けへんし・・)


さて、今年も組手の団体戦に八日市道場の大将として
出場することになりました。
(ボブサップ氏 欠場のため・・)

午前中に、予選があります。

いきなり、1試合目からでした。
「相手は?・・」

不戦勝でした。
人数が揃わなかったようです。(ラッキー・・)

団体戦は、幼児、小学生低学年、高学年、中学生、高校生以上
の5人のメンバーで編成されています。

うちのチームは、女の子が3人います。
(幼児、小学生低学年、中学生)

小学高学年の男の子も、なかなかに強くて、2回戦は
わしの出番もないままに、勝ち上がりました。
(ラッキー・・)

団体戦の大将には、大学生や先生がたも出場してくるので
ときに、恐ろしい相手と闘わねばならない場合があります。

「うわ・・勝ってしもたし・・」
(アンラッキー・・)

3回戦の相手は、女の子が大将でした。

「団体戦の大将に女の子?・・」
「なんでや?・・鬼のような娘さんなんじゃろうか?・・」
「不可解や・・できたら闘いたくない・・」

草野派の女の子には、世界選手権や、アジアオリンピック
国体の優勝選手もいたりしますので、
かわいい顔してても侮ってはいけません。

・・てなことを思っておりますと、
やはり・・というべきか、2−2の大将戦になってしまいました。

「ええーい! わからんし!」

「はじめ!」

2011団体戦1















(相変わらず剣道の構え・・)
※写真はオールスポーツさんです。
 正式版も注文しましたが、納期が1ヶ月くらい掛かるそうなので
 広告入りのものをそのままお借りしてます。
 かっこええ写真は皆さん購入しましょう!


女の子が攻撃してきました。

わしは悟りました。
「この子の攻撃は、わしには届かない・・」と

「いかん!この子はかわいい女の子や・・顔に当ててはいかん!」

・・と思っているのに、当たってしまいました。

2011団体戦2

















(当てたらいかんのに・・ごめんなさい)


「中段突きを!」と思っているのに、
体が条件反射で2段攻撃をしてしまいました。

自分のへたくそ加減に腹が立ちます・・

団体31















(蹴りで攻撃されてきました・・)


「すみません。ごめんなさい。」と丁重にお詫びしつつ
なんとか勝たせていただきました。
(ラッキー?・・)

4回戦に進みますと、隣のコートの勝ち上がり組と
闘うことになりました。

勝ち上がってきただけあって、相手はイカツイ子が揃ってます。
幼児なのにイカツイ。

副将、大将なんぞは、髪の毛が逆立っていて
鬼のようです。(体もでかいし・・)

「やめてくれ・・あんなのと闘いたくない・・」
(アンラッキー・・)

よかった・・
中堅までの3人で0−3で負けました。
冷や汗がでました・・
(ラッキー?・・)


【開会式】

さて、次の出番は、お昼の開会式の選手宣誓です。
44年で生まれて初めての体験です。

午前中のプログラムが45分ほど押してしまいましたので、
わしの昼飯タイムは15分しかありません。

宣誓するのに、遅れていくわけにもいきません。
半分だけ弁当を食べて、慌てて整列しました。
(最前列の角の場所をキープしていただきました)

実は、わしの計画では、選手宣誓で少し笑いを取ろうかと
画策しておりました。

しかし、審判の先生が85人、来賓の方々などが続々と入場し、
選手は600人、観客が400人超。

宗家先生や来賓の先生(政治家)が、ものすごく固い話をされ、
君が代やなんかも斉唱してしまいます。

「あかん・・これは、まずい・・」
「手堅く、真面目にいかんと、生きては帰してもらえんな・・」

急遽、文言を堅いものに変更しました。
(元の文言は、墓場まで持っていきましょう・・)

「ゆっくり!はっきりとな!」
密かに、宗家先生のプレッシャーが掛かります。

開会式の様子




















※一番手前の角に立って行儀の悪いのがわし・・
 極度の緊張状態(小学生状態・・)



問題の選手宣誓




(人間、命が掛かるとこんな声がでます)
(別人のようだ・・)


無事、宣誓を終えました。
「はあ〜・・半分仕事終わった・・」

特別練習生や大学生、宗家先生のすばらしい演舞を
やれやれ・・という気分で拝見しつつ・・

ぐったり・・くたびれ果てております。

「あかん・・昼寝が必要や・・」
もう、2時を回っておりましたが、3時の出番まで
昼寝をすることにしました。

車に戻って、寝袋に潜り込みます。
ストンと眠りに落ちました・・


パピポパピポパポ・・
(YMO ビハインドザマスク 着メロ)




「もうそろそろ行くでー」
オクムラ氏からコールです。20分寝ました。

顔を洗ってシャッキリとしたところで、形の試合です。

去年の形試合に2戦目で破れてから、
雪辱を果たすべく、ほぼ毎日形の稽古を積んできました。

今年も去年破れたカジタ氏に2戦目で当たります。
「今年は負けないぜ・・」
と本人にも伝えます。

気合が入ります。

形は、セイエンチンとセイパイのオーソドックスな2つに絞り、
ミスをしないよう確実に勝つ予定です。

今年は形試合の出場者が多く、新しい出場者が増えています。
わしが出場するのは、35歳以上の有段の部なので、
たぶん35歳なのでしょう。若そうに見えます・・


35歳以上の有段の部は、2コートに分かれて
試合が進み、各コートで勝ち上がったものが決勝で闘います。

先に隣のコートの試合が始まりました。

「新しい人は、どんなんかな?」
興味深々で見ておりますと、

「バシイッ!」

最初の一挙動でわかりました・・
「レベルが違う・・」

おっちゃんの動きではありません。
「あかん・・もはや、わしの出る幕はない・・」
「もう、わしら引退やな・・」

顔を見合わせるオクムラ氏とわしでした。

オクムラ氏が2回戦で、0−5で負けるのを確認し、
わしも試合に臨みましたが、
1試合目は難なく勝ったものの、

2011形1






























(セイパイ・・結構カッコいいやけどなあ・・)

2011形2






























(これもセイパイ・・)

会心のセイエンチンも空しく、1−4でカジタ氏に敗れました。
「時代は変わったのう・・」

すっかり意気消沈し、
よれよれ・・と観客席に戻ります。

2011形3






























(この方がカジタ氏・・イケメンのお父さん)


「この調子では、組み手も歯が立たんな・・」

去年は、自分が闘っているような気がしないまま、
奇跡的に優勝できましたが、

実は、なぜ勝てたのかさっぱりわかりません。
「今年はミラクルは起こらんわな・・」


でも、ひとつだけ作戦は立てておりました。
去年、一番ポイントを取ったのは、

逆体の構えからの「見えないパンチ」でした。
思い起こしてみると、普段の稽古でも

オクムラ氏や、ボブサップ氏、タツロウなどに
たまに決まるのは、逆体の構えからの「見えないパンチ」だけです。

「もう、今年はそれだけ。あとは考えない」
ことにしました。

組み手試合が近づくにつれ、どきどきしてきました。

1試合目は、去年も闘ったオカガワ氏です。
去年は3−3から、辛くもポイントを取って勝ちましたが、

実際は、オカガワ氏の突きの方が決まっていたはずです。
(わしのは早かったけど、抜けてた・・)

たまに、オカガワ氏と稽古する機会のある
ボブサップ氏は、

「オカガワ君は、強なっとるで〜」
「突進タイプやな」

「あいつの蹴りは痛いで〜」
(ボブサップ氏が痛がるなんて・・)

と恐ろしいことを言ってくれます。
(去年も聞いたなあ・・)


先に、オクムラ氏が重量級のニシジマ氏と闘います。
「風邪で体調はどうかな?」

と案じておりましたが、
調子いいようです。


2011組手1






















(オクムラ氏の雄姿・・ ちなみに皆マウスピース嵌めてます)

キレイに得意のカウンターが決まります。
「ううむ・・やっぱり強いな・・」

それにしても、やけに試合が長いし・・
「あれ?4ポイント先取と違うの?」

2011組手2






























どうやら今年は、初めから3分で、6ポイント先取ルールのようです。
「これは、しんどいぞ・・」

オクムラ氏は、それでも6ポイント取って時間内に勝ち上がってきました。

2011組手3






























(こっちもオクムラ氏・・)

2011組手4














(ニシジマ氏も怖い・・)


いよいよ、オカガワ氏がコートの向こう側に立ちました。

いつもボブサップ氏の前に、諦めの境地で立っているので・・
ほとんどプレッシャーは感じません。

「はじめ!」

慎重に間合いを詰めます。
なにやら、相手の気が出てきたり、引っ込んだりするのが
見えるような気がします。

2011組手5






























気が引っ込んだ時に、
「だあっ!」と見えないパンチを放つと、決まりました。

「んん?・・これや・・」
「この感じや・・」

「去年、感じたのは、この感じや・・」

色が付いているわけではありませんが、
なにやら、相手の闘気が見えるような・・

よくわかりませんが、その得体の知れないものを
信じて闘います。

2011組手61






























(無空波が決まった?・・中段突きですけど・・)

2011組手7






























(オカガワ氏の上段蹴り・・当たったら死にます・・)


見えないパンチはよく決まりました。
相手の気が見えるような気がするので
攻撃を事前に察知できるような気がします。

「この技はどうかな?」
途中で実験を始めますと、やはりというべきか
リズムが崩れて、攻撃がチクハグになって
ポイントを取られてしまいました。

邪念が入るとダメです。

気を取り直して、見えないパンチ主体で攻撃します。

6−2(たぶん)で勝ちました。


次は、去年の決勝でも当たったオクムラ氏との闘いです。
日ごろの稽古では、7−3の割合で負けています。

浅井先生も、「去年、なんでオクムラさんが負けたんやろねえ・・?」
と不思議がります。

でも、わしは負ける気がしませんでした。
去年の不思議な感覚を取り戻していましたから・・

逆体の構えからの「見えないパンチ」一本で攻めます。


「はじめ!」

2011組手8






























(マウスピース噛んでますので、間抜けな顔です・・)
(ほんまは男前・・)


互いにじりっと間合いを詰め、必殺の間合いに入りました。
ぐわーっと押していたオクムラ氏の気が、引っ込んでいくのが見えます。

「とりゃ!」
見えないパンチが決まりました。

でも、少し届いていないような気もします。
続いて2ポイント目も同じように決まります。

同じ手は、何度も通用しないだろうと、
攻撃方法を変えることにしました。

ところが、いつもやられているように、
1cm位で見切られ、キレイにカウンターの突きを
もらいました。

2011組手9






























(オクムラ氏の完璧なカウンター・・見事・・)

拳サポの厚み3mmほどだけが触れる、芸術的な
カウンターです。

「うわーやられたなあ・・」
と思いつつ、開始線に戻ると

「あれ?」
旗が、わしに上がっています。

間違いやな・・と思いましたが
修正されずに、そのままわしのポイントがコールされました。

さらに、オクムラ氏に反則注意の指導がされました。

「え?・・今のは完全にやられたんですけど・・」
と思いつつも、審判に講義することはしませんでした。

2011組手10
















あのカウンターを封じられたオクムラ氏は、
闘う術なく、わしに敗れました。
(6−3くらい・・)

「はあーっ・・はあーっ・・」
興奮してアドレナリンが体中に巡っています。

「勝ったぞ〜!」
「次は決勝か〜!」

わしに、「見えないパンチ」を伝授してくれた
オカダ先生が声を掛けてくれました。

「見えないパンチが役に立ってるみたいね!」
「はい、大活躍!です」


さて、隣のコートの進行が遅れているため、
隣で進行するトーナメントを見ることができました。

こちらで勝ち上がった人と決勝を闘います。

こっちのコートにもイカツイ方はおられます。
スキンヘッドの怖い方や、過去に闘った方、
新顔の髪の毛の逆立った方など多彩な顔ぶれ。

やっぱり・・と言うべきか、いかついスキンヘッドでヒゲの
ツジモト氏が勝ち上がってきました。

彼は、絶妙の足払いが得意なようで、
相手は、ことごとくこかされておりました。

2011組手11


















追い手をこかす、いかついツジモト氏・・恐ろしい・・)


2011組手12



















でも、今のわしは誰と闘っても負ける気がしません。
「見えないパンチ1本で攻撃するのみ」
「逆体のわしには、あの足払いは通用しない」

と根拠のない自信を持って試合に臨みます。


「はじめ!」

2011組手13

















互いにじりっと間合いを詰め、必殺の間合いに入ります。
さすがに、気が充満しており、そのままでは攻撃できません。

「おうりゃあ!」

ツジモト氏が攻撃してきました。
わしは、完全に見切ったつもりですが、

旗は、相手に揚がっています。

「んん?・・10cmは見切ったぞ・・」
と思いつつも、審判に講義することはしませんでした。

どうも、こちらのコートの審判さんの意識は
ツジモト氏に共感しているようです。

「流れを変えねば・・」

2本連続して見えないパンチを決め、
流れをこちらへ持ってきました。


2011組手14















(おっ・・かっこええ?・・)

今度は、わしの中段突きなどが決まりだします。

5−2くらいでリーチが掛かりました。

ポイントに少し余裕のできたわしは、ここでも実験に取り掛かります。
「正対に構えたらどうなんやろ?」と・・

ここから、見事に足払いの餌食になりまして、
あっという間に、5−4になり、

「残り10秒です!」のアナウンスから
相手の足払いに思わず、クリンチしてしまったところ
消極的に逃げに入ったと判定され、まさかの5−5の同点。

時間切れから、決勝なので延長戦に入りました。

もう2人とも疲労困憊です。

でも、わしは意外に落ち着いておりました。
「こうなったら、見えないパンチ1本で攻撃するのみ!」

互いにじりっと間合いを詰め、必殺の間合いに入りました。
相手の気が見えました。

「ここじゃあ!」と飛んだ見えないパンチは、
見事決まりました。

お互い、崩れるように抱き合い健闘を称えあいました。
(ほんまにしんどかった・・)

「いやあ〜いい闘いやったね!」
「楽しかったですわ!」
「また、来年やりましょう!」

11年目にして、ついに組み手が楽しく感じられるように
なりました。

賞状

















(お鍋でした・・)

表彰式と閉会式を終え、
帰りの車の中で、いろいろなことを考えました。

「試合で見えた、あの気のようなものは、
ラオウとケンシロウの闘いで出てくる闘気のオーラなんやろか?・・」

「時代劇で、よくある刀を構えただけで、汗がタラーリと流れて
『まいった!』と闘わずして降参するのは、あの気が見えるから
なんやろか?・・」

人に言うと笑われそうなんで、
内緒でこういうことを考えているおバカなわしですが・・

気のせい?・・
でも、「見ちゃったもんは、しょうがない」
(丹波哲郎風・・)


「わしも見た!」という方は、そっと教えてくだされ。
よろしゅうに・・


2011年11月02日

2011年大会前日・・

いよいよ明日・・

今年は不思議と恐怖感と緊張がありません。

昨日の稽古も調子良かったので
形は優勝を狙っていきましょう。

オクムラ氏が、昨日風邪で稽古を休んだのが
気になります・・

(風邪の今こそ倒すチャンス!・・いやいや・・)

試合が楽しめるようになるといいんですが、
明日はどんな日になるでしょう・・

「神様・・怪我をしませんように・・」
記事検索
タモリ倶楽部にて・・
<


はんだ付けに光を・・

Facebook始めました・・
雑誌掲載


JKFan
2007年1月号に
掲載されました!




JK Fan (ジェイケイ・ファン) 空手道マガジン 2007年 01月号 [雑誌]





リンク


正空会
糸東流空手道

著書(空手と関係ないけど・・)
最新コメント
最新トラックバック
半田DVD
DVD半田付け講座
観るだけでハンダ付けが出来る!
各¥16,000円 
セット¥30,000円
送料+消費税込み
めばるDVD
DVD爆釣!真昼間のめばるing・・
¥3800円 
消費税込み

尊敬されたい 
お父さんに贈ります・・
参考書
QRコード
QRコード