2012年11月

2012年11月30日




(・◇・)ゞ PENTAX Q10の

もれなくもらえる

オリジナルカメラバックが

今日で締め切りとなりますよぉ〜

bod_mainImg_02

ヾ(=^▽^=)ノ 12月から

PENTAX Q10の

もれなくもらえる第二弾

Q10ウオッチが始まりますよぉ〜

bod_mainImg_01

(⌒-⌒?) Q10を持つと

向井くんみたいに

ナウぃギャルにひゅ〜ひゅ〜かなぁ?



gahtan at 16:36コメント(4)  mixiチェック

2012年11月29日




( ̄(エ) ̄)ノ  やぁ♪

「SILKYPIX Developer Studio 3.0 for PENTAX」
バージョン3.0.0.8を公開したよぉ〜


ヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノ  わぁ〜ぃ

9月11日正式発表してから
「近日発売」のまま、まもなく3ヶ月
やっとこさ発売日が決まりましたぁ〜

1

高倍率ズームレンズ
「DA 18-270mmF3.5-6.3ED SDM」
12月13日に発売決定
ヨドバシ価格 69800円

2

中判カメラ用中望遠レンズ
「HD PENTAX-D FA645 MACRO 90mmF2.8ED AW SR」
12月22日に発売決定
ヨドバシ価格 398000円

3

超望遠レンズ
「HD PENTAX-DA 560mmF5.6ED AW」
2013年2月2日に発売決定
ヨドバシ価格 598000円

(*σ≧▽≦)σ (−0−;)おっさん金あるの?

(T▽T) (−0−;)おっさん?

T)ノ   (−0−;)お呼びでない?



gahtan at 15:16コメント(6)  mixiチェック

2012年11月28日




まぁるい緑の山手線〜♪
まぁんなか通るは中央線〜♪
新宿西口駅前と〜♪
Akibaのヨドバシカメラ〜♪

1

(*'ー'*) 今日はPENTAXで
1番最初に買うであろう
入門レンズDA35mmF2.4の話し

PENTAXの35mm単焦点レンズは他に

●DA35mmF2.8 Macro Limited
●FA35mmF2AL

●A 35mm F2
●A 35mm F2.8

けっこう種類がありますが
デジタル用に設計されているのは
『DA』の記号が入っているレンズです
とは言えFAもAも最新のカメラで使えます
そこがPENTAXの魅力でもあります

PENTAXのホームページには
『初級者が手軽にレンズワークの基本を学べる最初の一本』
・・・・・・そう記載されています

確かにレンズを良く見てみると
距離目盛も被写界深度目盛もありません

AFでピントを合焦した後に
距離リングを回せばマニュアルでピント合せが出来る
クイックシフト・フォーカス・システムにも対応していません

補足フォーカスモードレバーが「AF」の位置ですと
距離リングはギアに直結していて回せません
「MF」の位置にすれば手動で調整できます
システムに対応していれば合焦後、AFの位置でも
距離リングを回して微調整が可能です

そしてDA35mmF2.4は
どこから、どう見ても
防塵防滴とは無縁の代物で
期待をする方が間違いです


しかし・・・・ここからの説明が大切・‥…━━━☆


PENTAXの意味不明で好きなところですが
ヨドバシの実売価格でも2万円を割っているレンズですが
単純に写りに関しては初級者には勿体ない
ハイアマチュアレベルでも通用するレンズだと
が〜たんはそう感じています

もともと、このレンズは
銘玉「FA35mmF2AL」を時代に合わせて
リファインしたものだと言われています
どうしてもフイルムとデジタルでは
フイルムの厚みなどから微妙に距離が違い
フォーカスのピントズレが起こる場合があります

その「隠れスターレンズ」と言われるレンズの
光学設計を、そのまま取り入れている・・・・
と、言いたいところですが
それではFA35mmF2ALと重複してしまいます

なのでF値を2.4に変更されたと風の噂で聞きました
1/500秒と1/320秒の差ですね・・・・意外と大きいなぁ
(FA35mmは2倍の価格で現行販売されています)
FA35mmが引退されたらDA35mmはリニューアルして
F2で登場するかも知れませんね

そのタメ、入門用レンズと言えども
PENTAXさんの耳に入ると怒られそうですが
最高峰のスターズームレンズより
条件によっては美しく撮れちゃいます(笑)

価格と写り・・・・そして
もう1つ魅力があります
それは『重量』です

が〜たんが市販車部門で
富士スピードウェイを闊走していた時は
ウインドウォッシャーの水さえ空にしていました
また冬山の縦走でもグラム単位で軽量化を図りました

「軽量は最強のチューンナップでパワーだ」
自転車の1kgの軽量化は体重の10kgに比例する
Σヽ( 。・∀・)ノ┌┛ガッΣ(;ノ`ω´)ノ
レンズの話しだろおっさん

( 。・∀・) (pд・。`q) アウチ

このレンズの最大の武器は
プラスチックにあります

巷ではプラスチック製品の
強度などを心配する声を耳にしますが
ポリエチレン(PE)と勘違いをしている方が多いです

鏡胴に使われる素材は
軽量・高剛性のポリカーボネート樹脂を
150〜250屯レベルの射出成形機で打ち出します

俗に言うエンジニアリングプラスチックで
耐衝撃性はズバ抜けて優れています
これもPENTAXさんに聞こえると怒られそうですが
レンズを落としてみればスグに判ります(自己責任で)

2012年05月13日のやっちまった日記参照

アルミ製の質感も高級感があり
良いと思いますが
冬場は手が冷たくなりますよね?
特に冬山などでは金属製より
ポリカーボネート樹脂が1番です

なぜDA35mmF2.4は樹脂にしたのか?
PENTAXのホームページには
『カメラに装着して軽快に持ち歩き常用したい・・・』
そうなんですね、初級者の半数以上の方は
写真を撮る情熱よりもカメラ重量が上回り
写真撮影が面白くなる前に挫折してしまいます

そして、もう1つ
PENTAX Q10の日記にも書きましたが
樹脂にすると・・・・どうなりましたっけ?
なんと12色のレンズが登場しました

資料1

(⌒-⌒) あまり眺めていると
全色揃えたくなるので注意が必要です(笑)

マウント部分にも樹脂を採用することで
コストパフォーマンスと軽量化を両立させたのです
FA35mmF2ALのリファインなので
膨大な予算を必要とする研究開発費を
大幅に節約できたのも低価格の秘密です

2

「DA35mmF2.4」と「DA50mmF1.8」は
PENTAXを代表する軽量レンズのチャゲアスです

ちなみに風の噂では
オリンパスのデジカメ部門の
研究開発費は120億円程度
レンズ研究開発費だけでも30億円以上
(≡ω≡.) 実感が湧かない数字です

3

確かに軽いし
コンパクトで扱いやすい

4

同時に購入したのがこちら
レンズキャップとレンズマウントキャップ

5

付属のレンズキャップは
横から摘んで脱着するタイプなので
フードを着けたままだと脱着しにくいので
2本の指で摘んで脱着する
O-LCタイプの49mmを購入

レンズマウントキャップはパカッとハメコミ式なので
Kシリーズ共通のスライド固定式に交換です

6

こんな単純なアクセサリーで
見栄えが全然変わるから不思議です

7

ボディに装着するとこんな感じです
妙にシックリしていますね

8

さてさてこのレンズには
DA50mmF1.8同様
フードが付いておりません

カタログでは2種類の純正フードを選べます
でも現実は3種類のフードが装着できます

9

先ずは角形プラスチックフード
『PH-SA49』から説明します
このフードには専用ケースが付きます
どのフードもFA50mmなどの兼用なので
フードのロゴには50mmと書かれています

10

ケースの裏側は
ちゃんと通し穴が開いています

11

角形はレトロタッチで
アサヒペンタックスを連想させて
若者には解らないと思いますが
昭和人が見ると「かっちょえぇ〜」なのです

12

次にカタログから抹消された
丸形プラスチックフード
『PH-RA49』です
おそらく、この製品は在庫が尽き次第
販売終了になるかも知れません
こちらもケース付きです

13

ペンヲタには堪らない
ASAHIのロゴ入りです

1コ前の写真から
飲酒撮影で微妙にブレています(笑)

14

ヾ(=^▽^=)ノ が〜たんが好きなのは
丸形ラバーフード『RH-RC49』です
ケースは付いてきません

ゴム製のフードは野外活動をされる
プロカメに愛用されているフードです

アウトドアで使うと邪魔にならず
枝などに引っ掛かっても
ラバークッションでカメラに優しく
ガラス越しに撮影する時も
押し付けられるので超〜便利

冬場の撮影で手袋をしたままでも操作ができるので
ガテン系御用達の現場型フードです

15

ヾ(=^▽^=)ノ 「DA50mmF1.8」のフードも
ラバーなので、この2本が登山用レンズとなります
ザックに押し込んでも安心です

16

ちなみに「DA50mmF1.8」のフードも
52mm径のキットズームレンズ
DA18-55mmにも着きます・・・・が
20mm以下で四隅がケラレます

A1

そのタメに広角のフードは
四隅の部分が浅くなる様に
チューリップ形をしています

A2

カメラって撮影も面白いですが
まじまじ各部パーツを眺めていると
様々な工夫が施されていて
愛着が湧いてきます

学校の先生が言いました
「給食は作る人の気持ちになって食べましょう」

が〜たんは言います
「カメラは造る人の気持ちになって撮りましょう」



gahtan at 22:46コメント(6)  mixiチェック

2012年11月27日




(≡ω≡.) 最近
図書館でDVDを見過ぎなのか?
NHKのプロジェクトXにハマり中

今日はPENTAXが長い歳月に亘り研究開発してきた
向井くんのCMでお馴染みPENTAX Q10の話し



昭和54年3月 西暦1979年
ASAHI PENTAXから
超小型の一眼レフカメラ
Auto110(オートワンテン)が発売された

資料1

フイルム110判を使用した超小型カメラ
その技術力に誰もが驚いた

(左はQ  右がAuto110)
資料2

いつしか開発チームの間では
Auto110のデジタル版を造るのが夢となった
何度も会議で提案をするが
上層部は縦に首を振らなかった

2009年 初代PENTAX Qの開発に
ようやくGOサインが出た
開発チームの眼つきが変わった

膨大な数のモックアップを作った
そしてエンジニア同士でも意見が対立した
ボディをAuto110と同じサイズにする考えだった
するとフイルム時代には無かった
液晶サイズのスペースが問題となった

資料3

このモックアップ造りだけで何ヶ月もかかった
ファインダーの無いカメラでは
液晶画面でピントを確認する必要がある
ミラーレスカメラの生命線であった

試行錯誤のうえ、ようやく1つの外形が出来た
液晶は3インチでアスペクト比3:2でまとまった

ここから急ピッチで開発が進むと誰もが思った
しかし開発を進めて行くうちに
次から次へと問題点が浮上した

ダイヤルやボタンなどのスペースがない
これは致命的だった・・・・
もし操作系を簡単にしてしまえば
それは本格的な一眼カメラとは言えない
誰もが中途半端なカメラは造りたくなかった

本格志向を目指す開発チームは
どうしても2ダイヤル操作を外せなかった
ダイヤルの位置は内部構造も1からやり直しとなる
大変な作業と根気の日々が続いた

グリップデザインと重なる様に
ダイヤルを前後に付けることに成功した
このダイヤルの技術水準だけでも
日本の職人魂の底力だった

資料4

次にストロボだった
Kシリーズでさえ広角レンズはケラれる
それがQでは発光部とレンズの距離がまるでない
これでは発光しても使い物にならなかった

コンパクトカメラで内臓ストロボが無いと
ほとんどの一般ユーザーは
カタログの時点で購入しなくなる

開発チームは焦った
このままではボディの見直しにも繋がる
そこで新たなアイディアが生まれた
ポップアップ型ストロボだ

資料5

Auto110よりはサイズが大きくなったが
2ダイヤル操作 内臓ストロボなど
多機能デジタルをコンパクトに納めた
PENTAXの技術力の結晶だった

そしてPENTAX Qが発売された
開発チームの1人が言った

Qは足がかりに過ぎない
これからが本当の挑戦だ

他社にも世界中の何処にもないジャンルだった
開発チームの皆が手探り状態だった
言葉通りQが販売されてからも開発は続いた

ユーザーの意見に徹底的に耳を傾け分析した
当初はユニーク路線で楽しめるカメラに重点を置いたが
想像以上にユーザーの間では画質にこだわっていた

開発チームに、さらなるヤル気が出た
手応えは十分にある・・・・イケルぞっ

新しく なった裏面照射型の
CMOSセンサーの採用
アルゴリズムを改良して
オートフォーカスの向上や
細部にわたって改良が進められた

そして10月26日
新たなPENTAX Q10が登場した

大きな特徴はカラーバリエーション
選べるカラーは100種類



以前ブログで一眼レフK-rのモードダイヤルは
カバンの中でグルグル回って困ると書いた
K-5などは不用意に回らない様にロックが付いている
自分はてっきりコスト削減のタメかと思っていた
「エントリーモデルでも手を抜くな」と言う気持ちで・・・・

しかし現実は違っていた
爪を長く伸ばしている女性では
逆にロック機能が使い難く
モードダイヤルを使わなくなってしまう

そこでk-rは親指だけで回せる様に
ダイヤルの固さを調整していたのである

もちろん社内では反対意見も多かった
カラバリだって初めは猛反対を受けた
それでも開発チームは
「全てのお客様に満足してもらえるカメラに仕上げたい」
「女性にも気軽に使ってもらえる一眼レフカメラを造りたい」

PENTAXは、そ〜ゆ〜メーカだ
そんな連中が造っているカメラだ
もう少しPENTAXに腰を据えてみよう




すんげ〜懐かしいCMを発見
オートカラーTVの頃のコマーシャルだよ
カメラに興味のない人も
登場する車に釘付けだよ






gahtan at 22:11コメント(13)  mixiチェック

2012年11月25日




PENTAXの純正アクセサリーに
オートマクロストロボAF160FCがある

資料1

ヨドバシ価格で現在38400円
純正アイテムでボディと連動して
自動的に露出を調整するP−TTL調光対応
だから性能面では超一級品だ

しかし・・・・問題もある
・・・・ケラレてしまうのだ

DA★50-135
DA18-55()
DA16-45
DA17-70

DA40はレンズと接触する
フィルター径77mm不可
FAシリーズも使用に適さない

つまり完全にクローズアップ撮影専用品
もちろん接写で使用すれば
このアクセサリーに勝るモノはない
しかし・・・・用途の幅が限られるし
向井くんのQ10が買えてしまう(笑)

・・・・・・・そこで、が〜たんは考えた
コンデジから一眼レフまで
自由に使えるシステム・・・・・・・

(≡ω≡.)ん〜〜〜 んん〜〜〜〜
ちょっと トイレで生産中だから待ってて

そんなワケで閃いたのがコレ

1

初めは百均みたいなLEDライトを研究したけど
便利なヘッドライトをはじめ一般用のLED照明は
青白くてホワイトバランスが狂ってしまう

なので結局、辿り着いた先はビデオコーナー
そう動画はストロボとは違う定常光なので
こちらの分野の方が開発は進んでいる
でも、やはり動画と写真は違うよね?

そんな時に目には入らないけど視野に入ったのが
マンフロット社製のMIDI LEDライト
色温度が5600K(ケルビン)だから
晴れた陽射しの自然光に近いよね

色々と調べていくと
ML120-1
ML240-1
ML360-1
この3種類が良い感じ
単純に言えば
LEDが12個24個36個なだけ(笑)

LEDは1個の発光能力が限られているから
単純に個数が多いほど光量がある
懐中電灯で何個付いているか?
そこを見て購入すると良かったりする

他にもハイブリッドLEDライトがあるけれど
これはカメラとシンクロケーブルで繋ぐと
定常光の約4倍の明るさで瞬間的に光る
つまりストロボ効果と同じだから今回は除外するね

他社にも数多くのLED製品が存在するけど
ディマー(調光つまみ)が気に入ったの

2

0%~100%に自由自在に調光出来るのが便利
どうせ買うなら、大は小を兼ねるよね??

ML360-1はハイエンドコンパクトカメラや
エントリーレベルのデジタル一眼レフカメラでの
写真撮影向けに開発された商品で
ルクス(1m)420 (蛍光灯照明事務所の明るさ)で
3m先の人物を照射する様に設計されている

電源は単4電池を4本使用する
どうせAF540FGZ用の充電器があるので
(単3単4兼用充電器)
パワフルなエネループにした

3

電源を入れると最小つまみでは光らない
しかしパイロットランプが点灯して
通電を教えてくれるので安心だ

この商品は縦位置でも横位置でも
どちらでもホットシューに装着出来る
LEDライトを増設することも可能だ

4

そして秘密兵器
LPL社製の ブラケット アクセサリー
ブラケットキットPB-100(L13006) を購入

5

普通に装着すると座高が低い
これでは広角レンズでケラレてしまう

かんな感じで調整つまみは
わずかな微光も可能だ

6

ユニバーサルボールヘッドBH-10を使えば
座高だけでなく様々な角度に調整が可能だ

7

ライトブラケットLタイプ LBL-20を使えば
ホットシューがないコンデジでも装着できる
三脚ネジに固定するだけ
ブラケットを片手でホールド出来るし
ホットシューも縦横2つ付いている

工夫次第で様々な用途で使える
何気に面白いな・・・・これ

9

ミニクリップスタンドMC-1も便利だ
どこにでも固定できてしまう
厚手のカーテンでも出来た

10

それに、こんな遊びもできる
中年オヤジがニヤニヤと
遊んでいる姿を想像して下さい

11

真っ暗闇でテストしました
想像以上に光源が伸びていた

12

この様に広角レンズを着けても
ケラレることもない光量も十分だ

13

真っ暗闇の自転車カゴを撮影
ストロボよりもマイルドなので
白飛びが少なく安定している
また光が柔らかいので使い勝手がよい

14

接写のお花さん
日中の接写で悩む日の角度も
これがあると影響されずに撮影可能だ

15

ちなみにギャル撮りには
こんな感じで立て位置で決めてもよい

16

アイテムで撮影の奥行きが広がる
カメラって面白いなぁ〜



gahtan at 21:20コメント(4)  mixiチェック

2012年11月24日




デジタルカメラの売場では
猫の目以上の高感度カメラで
明るい大口径レンズと共に
飛ぶように売れております

その高性能カメラと高性能レンズで
夜景を手持ち撮影でもブレずに
キレイに撮れて喜んでいます

PENTAX K-5 DA18-55mm
1

(⌒-⌒) それはそれで良いと思います
高感度性能はイベント撮りで威力を発揮します

でも・・・・
が〜たんの夜景撮りは
そんな時代の流行とは逆行します

カメラレンズに合わせて十分な強度の三脚を使います
流行は軽量のカーボン製三脚が中心です
カーボン繊維のショック分散特性が良いのですが
軽量で持ち運びに便利な分、風などの影響を受けるのです

簡単に言えば夜景撮りには重たい三脚を使うのです
パワーです パワーです パワーなんぢゃ〜

そしてレンズの絞りも開放なんて御法度です
絞って 絞って 絞るんぢゃ〜

そうすることで自然に絞り羽根の影響で
金平糖の様なキラキラ星(光芒)が生まれます
クロスフィルターは必要としません

PENTAX K-5 DA14mm(絞り羽根枚数6枚)
ISO-80 F9 シャッター10秒
2

絞り羽根の枚数が
6枚羽なら光芒は6本
8枚羽の光芒は8本
5枚羽の光芒は10本
7枚羽の光芒は14本
9枚羽の光芒は18本

つまり羽根枚数が偶数なら羽根枚数分
羽根枚数が奇数なら枚数×2倍となります

高級レンズほど開放から2段ぐらいは
円形絞りなので光芒が出ません
絞って絞ってカクカクにすると
角の尖った部分から光芒が発生します

FA31mmは9枚羽根なので
光芒が18本も出てしまいます
(≡ω≡.) ちょっと多過ぎ〜
でもLimitedは写りがキレイ〜()

PENTAX K-5 FA31mm Limited(絞り羽根枚数9)
ISO-80 F8 シャッター20秒
3

日中の玉ボケでは円形絞りが流行だけど
夜間は逆に円形絞りが邪魔になります(笑)

ゆっくり低感度で時間をかけてシャッターを切る
なので手持ちでは話になりません
カメラに手が触れていると脈拍でブレます
なので重たい三脚でないと風の影響を受けるのです

一眼レフの場合はミラーアップして
リモコンなどでシャッターを切ることで
ボタンを押す衝撃も無くせます
そして手ブレ機能を解除するのをお忘れなく

そんな神経質になっている時に
この日は縦揺れの地震があったり
橋の上で構えればトラックが走ったり
お菊が「寒い」と後ろで跳ねてるし(笑)

PENTAX K-5 DFA100mm(絞り羽根枚数8)
ISO-80 F8 シャッター3秒
4

シャッター3秒と高速?なので
右端に人の移動残像が残ってしまった

低速シャッターになると
人が歩いていても消えます
止まっている人しか写りません

ゲートシティー大崎に到着
これは普通の手持ち撮影
PENTAXの場合、ボディ内蔵の
手ブレ補正機構が、どんなレンズにも効くので
普通の撮影なら手持ちでも平気だよ

PENTAX K-5 DA14mm(SR機能ON)
ISO-800 F8 シャッター1/8秒 露出±0
5

大崎でラーメンを食べたあと
芝公園に向かったよ

PENTAX K-5 DA14mm(絞り羽根枚数6枚)
ISO-80 F4 シャッター1.3秒
6

光の庭園なるイベント中だったよ
あ〜帯に短し襷に長し・・・・
14mmと31mmの間・・・・
DA21mmとかDA15mmは
7枚羽根だから本日はお留守番なの

こんな時ってキットの
ズームレンズって便利よね〜
単焦点並の軽量だしね

PENTAX K-5 DA18-55mm(絞り羽根枚数6枚)
23mm ISO-80 F11 シャッター10秒
7

スカイツリーも良いけれど
やはり昭和世代だからか?
なんか東京タワーって好きなんだよね〜

PENTAX K-5 DA14mm(絞り羽根枚数6枚)
ISO-80 F11 シャッター15秒
8

あ、明る過ぎるイルミネーションだと
絞るタメにND(減光)フィルターを使う人もいます

夜景の場合、キットレンズでガンガン活けます
「明るいレンズが無いから・・・・」
レンズを買う前に三脚を買って下さい(笑)

通称プロ用機で手持ちより
三脚固定のハイエンドコンデジの方が
何倍もキレイに撮れたりします



gahtan at 23:32コメント(6)  mixiチェック

2012年11月23日




(≡ω≡.) 朝から
カメラや機材が濡れるので
あまり気分が乗らないが

しかし多古町のイベントに今まで外れはない
町民全体の明るく気前の良さが印象的で
行けば楽しいことは間違いないのである

 6:30頃
村役場のHPに「本日開催」のアナウンスが出た
多古町のイベントは駐車場を気にする必要がない
会場周辺に大きな駐車場が複数あり
無料シャトルバスで会場まで運んでくれる

時間が早いので村役場の駐車場に停めた
「雨の降る中ありがとうございます」
実行委員の方が笑顔で迎えてくれた
(⌒-⌒) やはり来て良かった

天候は悪いが気分は爽快
いざ会場へ

PENTAX K-5 DA★16-50mmF2.8
1

ステージで高頭なおちゃんが
司会進行(MC)をする

PENTAX K-5 DA★16-50mmF2.8
2

幸い風はないけど
それでも冷え込む
なおちゃんファイト

PENTAX K-r DA★50-135mmF2.8
3

とりあえず食わなきゃ撮影は始まらない
利益無視のチャリティーだから
安いし美味いし止まらない

PENTAX K-r DA★50-135mmF2.8
4

ひたすら食べてw
コミュニティセンターに入る

CANON PowerShot S100
5

bayfm DJ 高頭なお〜絵本読み聞かせ〜
いつものラジオの声が間近で聴ける
ラジオ好きには堪らないイベントだ

CANON PowerShot S100
6

ぼくはチャッくん
ヘッポコが〜たん記録簿 2009年03月06日参照
もう3年半も経つんだ〜(遠い目w)

PENTAX K-r DA★200mmF2.8
7

絵本の読み聞かせが終わると
牛乳パックで王冠を作り始めた

PENTAX K-r DA★50-135mmF2.8
8

こども達は夢中です
頭の中で想像力がマックスです

PENTAX K-5 DA★16-50mmF2.8
9

1人1人ぜんぜん違う個性
地球大変動を幾度も乗り越えてきた
地球生命体の神秘を感じます

PENTAX K-5 DA★16-50mmF2.8
10

PENTAX K-5 DA★16-50mmF2.8
11

bayfm78スタッフの名前を聞くのを忘れた
しかも写真を撮るのも忘れた
気さくで明るくてノリも良く
お気に入りスタッフに登録です
来年は名前を聞いてみよ〜ぅ

さて3階では恒例の
「みんなDE巻き寿司21m」です

PENTAX K-5 DA★16-50mmF2.8
12

多古米の親善大使でもある
bayfm DJ 小島嵩弘 愛称アニキも参加です

PENTAX K-r DA★60-250mmF4ED
13

はぃポーズ
記念撮影を横から盗み撮りですw

PENTAX オートストロボAF540FGZて
けっこう遠くまで照射するのね

PENTAX K-r DA★60-250mmF4ED
14

見学された皆さん全員に
巻き寿司プレゼント

次のイベントまで時間があるので
昼ごはんでも食べますか?
(何か食ってばかりいる)

PENTAX K-r DA★55mmF1.4
16

PENTAX K-r DA★55mmF1.4
17

食後は血の気が多いが〜たん
ちょっくら血の気を抜いてもらいました

CANON PowerShot S100
18

Σ(*#Ov◎♪il!)

ずぶぅ〜

CANON PowerShot S100
19

タマゴ1パックやサランラップ
ティッシュBOXを貰ったよ

何だか30回記念だとか?
ガラス工芸の記念品も貰ったよ

CANON PowerShot S100
20

さてさて、おんものステージでは
「bayfm DJ 小島嵩弘トーク&ライブ 」が始まったよ

CANON PowerShot S100
21

名古屋から駆けつけてくれた
樋口豊明 愛称ヒークン(右)
歳を重ねる度にカッコ良くなる

一方アニキ(左)は歳を重ねる度に
エロくなって行く (⌒∇⌒)

PENTAX K-5 DA★50-135mmF2.8
22

PENTAX K-5 DA★50-135mmF2.8
23

PENTAX K-5 DA★300mmF424

何か面白いから買っちゃったw
アニキ自ら手渡しで購入
しかも無理矢理サインまでしてもらった

CANON PowerShot S100
25

リスナーの皆さんにサービス
アニキのドアップ

CANON PowerShot S100
26

さて帰りましょう
今年の紅葉は遅いのか?
地球規模の変動か?

役場の紅葉はキレイなんだが
今年は今ひとつ色ノリが悪い

PENTAX K-5 DA★16-50mmF2.8
27

帰り道 空の駅に寄ってみた
「風和里しばやま」

PENTAX K-5 DA★300mmF4
28

うわぁ〜
こんなに視界が悪いのに
よく着陸が出来るよね〜

PENTAX K-5 DA★300mmF4
29

晩御飯はサイゼリヤ
献血したことを忘れ
ぐびぐび行ったら
(o_□_)o ぐるぐる回る

CANON PowerShot S100
30

皆さんも献血の後は
飲み過ぎに注意してね

回って回って回って回ぅぅう〜



gahtan at 23:48コメント(2)  mixiチェック

2012年11月21日




気温が下がり

工場の暖房が強くなり

飽和水蒸気量の値が下がると

パチパチ君が登場する

引き付け引き離す静電気

糸が絡まってしまう

今日は加湿器を出した

最大加湿能力、毎時700ml

それが3台で2.1リットル

1

今日は毛を取りに向かった

スカイツリーの近くにある

昭和から続く染め屋さん

2

ここの部屋では真逆に

ピリッピリッに乾燥した部屋

3

染められた毛を乾燥させていた

気温が高いので湿度が低くても

インフルエンザは死滅する

4

触ってごらんウールだよ

連休までスパート

5

今日の晩御飯

低燃費エ子か〜?の

お菊は、こんだけ

6

最近エコ中のが〜たん

今日は丼の追加をやめた

その代りニンニクを大さじ2杯・・・・

7

くんくん・・・・尿までニンニク

低公害エンジンCVCCを搭載しないと・・・・



gahtan at 22:53コメント(6)  mixiチェック

2012年11月20日




それにしても貧乏暇なし

連休前の納期に追われて

皆さんのブログになかなか行けない

グロッキーが〜たんでふぅ


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


なんだか人気だね

向井くんなのか?カメラなのか?

女の子の部屋に

PENTAX Qのカタログを

飾るのが流行りだとか???

1

左から

京浜東北線・中央線・総武線

スワローズ・ジャイアンツ・タイガース

2

さて今日は

PLフィルターだよ

ハクバのCF-WPCWCP

WPCワイドサーキュラーPL だよ

薄型タイプだから広角でもケラレないし

撥水加工だから水滴やホコリを落としやすいの

4

PLとは偏光フィルターの事だよ

ギラツキを抑える役割をするの


各メーカー様々な種類があって

高いやつだと2万円を超えちゃうけど

業務で使うならともかく趣味で使う分には

スタンダードなシリーズで十分だと思うよ

お財布と相談して購入してね

5

この様にレンズ先端のネジ山へ

フィルターをクルクル回して装着するだけ

だから使いたいレンズの内径を確認してね

今回は77mmと49mmを購入したよ

フィルターを装着したら

フィルターの先端部分、そこを

クルクル回して偏光度合いを調整するの

6

PENTAXのフードには

この様なフィルター装着を想定して

小さな窓キャップを外せる様になっているの

この隙間から指でクルクル回せば

フードを着けたままでも操作が出来るよ

7

これが何も着けないで撮影した写真

天井の照明が水面に反射しています

8

こちらはフィルター付き

調整していないので

逆に目だっているね

9

フィルター先端をクルクル回す

だいぶ落ち着いて来た

10

さらにクルクル回す

おぉ〜水面の光が消えて行く

11

沢などで魚が泳いでいると

水面がギラギラして肉眼では見えるのに

撮影すると水面のギラギラしか写らない・・・・

そんな時に使うフィルターなの

クルクル回して・・・・はぃ こんな感じ

12

ショーウインドーやショーケースなど

ガラスのギラギラにも効果的だよ

あと空のブルーをクッキリと写すのにも効果的

機械のタイミングを見計らって

手持ちでサクッと撮影したから

微妙にアングルが違うけど勘弁してね


◇・) ぱしゃ

普通に撮ると午後は日が低いので

空は白く水色で鳥居は白飛び寸前

鳥居から下はシャドーがキツくなる

1

ここでPLフィルターを装着

効き目のある位置にクルクル回して・・・・

あれ行き過ぎた・・・・このくらいかな??

◇・) ぱしゃ

お空の青がクッキリと出たね〜

2

2枚を並べてみると解りやすいかな?

空だけでなく枝の緑も落ち着くし

鳥居の石も質感が出ているでしょ

左がノーマル 右がPL

3

フィルターを付けずに

露出を下げれば空の青さは出るけど

鳥居の下のシャドー部分も強くなり

写真全体がヘビーになっちゃう

露出−1.0で普通に撮影するよ

4

こうなったら写真ぢゃないよねw

極力、露出を変えずにコントラストを高めるには

PLフィルターが1番簡単で確実なんだよね

クルクル回して効き目を調整できるから

より自然に、よりダイナミックな作風になるよ

左がPL 右が露出調整

5

フィルターは径が大きくなると

それに応じて価格も上昇するの

PENTAXのQシリーズには

純正のPLフィルターがあります

3

パトカーに消防車

色々選べる100色カラー

楽しいカメラもあると便利ですよね?



gahtan at 16:49コメント(10)  mixiチェック

2012年11月19日




ちゃらららっちゃら〜

大山のぶ代さんの声で

PENTAX純正 オートストロボ

AF540FGZ〜 ぴかぴかぴか

1

うふぅふぅふぅふぅ

もう6年以上続いている製品だけど

中身は最近の製造みたいだよのび太くん

2

すごいね〜ドラえもん

このソフトケースは便利だね

でしょ〜のび太くん失くさないでね

3

Σ(゚◇゚;) 迫力あるねぇ〜

PENTAXの最高位モデルだけあって

ボディが小さく見えるんだけど

4

バッテリーは単三型を4本使うよ

OLYMPUS SP-550UZに使っていた

エネーループ(初期型)を入れてみた

5年前のバッテリーだけどまだまだ現役

充電式ニッケル水素電池はパワフルで

ストロボにオススメだよ

5

取り付け部分はポリカーボネイト樹脂みたい

樹脂の強度は十分過ぎるぐらいあるので安心

逆に強度があり過ぎてボディの方が心配だ

ロックピンの不具合の噂も出ているが

初期型なのか?最近では聞かないなぁ〜

おそらく内部のABS樹脂を変更したかもしれない

6

お座り用の座皿が付いている

とりあえず座らせてみた

7

このAF540FGZちゃんは

下方にも10度傾けられる

8

上方はバウンス用に

とうぜん90度の背伸び

9

このAF540FGZちゃんは

たまにへそを曲げる・・・・

こっち向けよ〜いじけるなよ〜

10

おぃおぃ倒れるぞ

フクロウか?お前は・・・・

11

何にせよAF540FGZは

ドコにでも好きな所に向けられる

12

ボディに取り付けてみた

1953年の洋画

元祖「宇宙戦争」を思い出す

核兵器が通用しないのに

最後は微生物で全滅する

13

ストロボのオデコの部分に

「ワイドパネル板」と

「キャッチライト板」が収納されている

摘んで引っ張れば出てくる

14

ワイドパネル板を出すと

バネの力で発光部に張り付く

これで13mmレンズの画角をカバーする

フイルムカメラで言えば20mmだね

しかも引っ張りだすと自動的に認識して

広角専用の発光プログラムに変わる

すげ〜ぞ純正品

15

ギャル撮りの時に必需品

キャッチライト板もこんな感じ

女の子の瞳に光を映りこませるの

16

とりあえず分厚い説明書を読んだけど

5分ぐらいかな?サラッと読んで終了

ぶっちゃけ何もする事がない(笑)

フイルム時代はガイドナンバーがどうの

距離や絞りがどうの照射角がどうのと

色々と暗算で考えていたんだけど

今は電源を入れたらシャッターを半押し

はぃ、セッティング終了です(爆)

17

レンズのズームを動かすと

じ〜こ じ〜こ とストロボちゃんも連動

本発光の前に小発光して

距離・彩度・彩度差・逆光などを

カメラ側の分割測光用センサーで計算

その情報をストロボに伝達

そこで本発光の出力(発光量)や

照射角度(照射範囲)を自動的に行なうの

(  ゚ ▽ ゚ ;) だから何もすることないの

純正品て凄いよね〜

表示ライトはグリーンで見やすいよ

18

そんでもって ディフューザー

日本語で言えば光の拡散装置?

キャノンやニコン用はあるけれど

「・_・ )(「・_・)キョロキョロ PENTAX用はないよぉ〜

てなワケで代用品を使います

19

テスト風景が丸見えだけど(笑)

エツミのストロボアクセサリーで

「ストロボディフューザー G-11」てヤツ

キヤノン580EXII専用だけどね

「E-6312」で検索すれば出るよ・・・・たぶん

20

百均でも売ってそうなタッパだけど(笑)

ただ見た目は同じでも材質が違うと

発光熱で変形したり黄ばんだりするので

そんな実験をする手間隙を考えたら

ストロボアクセサリー品を購入した方が安い

G-11は少しキツイけどね

むにゅ〜て押し込めば装着できる

逆に走っても外れないから便利かも

21

さて、こんなフード先端から

20cmの距離で狙うのは初めてだけど

DA★16-50mmでもケラレないから

それだけでも購入する価値があるよね?

先ずテスト1発目は直撃発光

この至近距離で露出が自動で合うから凄い

AF540FGZは大光量がウリで

逆に光量があり過ぎて購入を心配する人も居るが

大は小を兼ねる、大きくても繊細だから大丈夫

純正品1度使ったらやめられない

22

次に発光部を垂直の90度に上げて

天井を光らせて光を反射させるバウンス撮影

明るい照明器具と同じ効果で

光が降り注ぐから、やわらかくなる

23

今度はバウンス撮影に

ワイドパネル板を使って撮影した

広角発光になるため広範囲に光が飛ぶ

部屋全体が光に包まれる感じだ

24

続いてバウンス&ワイドパネルに

キャッチライト板を使ってみた

これにより前方にも光量が増す

天井の光と少量の正面光で

これまた感じが変わってくる

リラックマさんは瞳ではなく

オデコにキャッチライトが写ってる(笑)

25

次はディフューザーを取り付けて

真正面から発光してみるね

これは幕張メッセとか体育館

青空の公園などでは天井が使えないから

バウンス撮影が出来ないでしょ

でも直光だとキツ過ぎてしまう・・・・

そんな時に直光をマイルドにするの

今回は至近距離過ぎるけど

3〜5mぐらい離れたポートレートには

最適の光量になって便利なの

26

さてストロボの充電時間

電解コンデンサーにゼロから満タンにする時間

これらはバッテリーの容量や残量

それに外気温など電源部の性能で大きく変わるが

5年前のヨボヨボなエネーループ(初期型)で

室温が20℃ぐらいの状態で6秒程度だね

ミノルタ ハイマチックEの専用ストロボ

エレクトロフラッシュ2から比べたら全然早い(笑)

27

連写ストロボをしてみました

1....2....3....7枚ですね

大容量の電解コンデンサーだな〜

これなら普通の撮影でパシパシ撮っても

息切れすることなく発光しますね

28

とりあえず連休前は忙しいね

道も混んでいるし

皆さん気を付けて下さいね



gahtan at 22:08コメント(4)  mixiチェック
読者さま 訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者さま アクセス回数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ダイレクトメール用 リンク一覧


d078215d (Custom)

ニコ生プレ垢のROM専
(一部の生主は除く)
ID:17936265

こちらもROM専 ツイキャス
http://twitcasting.tv/gahtanfmradio

Twitter @gahtanfmradio

mixi キーワード が〜たん

Facebook 宇田 岳

アメーバブログ
http://ameblo.jp/fmradio/

エキサイトブログ
http://gahtan.exblog.jp/

yaplog!(ヤプログ!)
http://yaplog.jp/gahtan/

コスプレイヤーズアーカイブ
ハンドルネーム が〜たん

価格com.
が〜たん さんのプロフィール
これでググって下さい

Skype(スカイプ)
gahtanfmradio
どこの誰だか知らないと承認しないよ




ここの管理人


宇田 岳(がく) ♂
1971年10月販売

が〜たんの由来
息子が幼い頃 岳さんと言えずに
「が〜たん」と呼んでいた

korichan-2011-03-37 (Custom)

ラジオが大好き♪

ライブが大好き♪

らーめん蕎麦大好き♪

車バイク大好き♪

カメラ大好き♪

20110301112211_476_ (Custom)

腕時計大好き♪

中古パソコン大好き♪

オーディオ大好き♪

ボクシング大好き♪

トラップ標的射撃が大好き♪

20110301112547_507_ (Custom)

危険物やら整備士やら
大型2種とか大型2輪とか
牽引やら大特やら
何か色々資格は持っています

FIA・JAF モータースポーツライセンスAや
公認審判員(コース・時計・技術)の
資格は更新切れでバン!!w

k300542349 (Custom)


が〜たんブログの記事検索
皆さんの足跡

    月別アーカイブ
    PENTAX 所有レンズ 一覧
    【ズームレンズ】

     DA★16-50mm
    ◆DA★50-135mm
     DA★60-250mm

    ----------------------------------

    ぁDA FISH-EYE 10-17mm
    ァDA12-24mm
    ΑDAL18-55mm
    АDA18-55mmWR
    ─DA18-135mm
     DA18-270mm

    ----------------------------------

     FA28-105mm
     DA50-200mm
     DAL55-300mm
     HD-DA55-300mmPLM

    ----------------------------------

     HD-DA20-40mm
     HD-DA18-50mm
    亜HD-DA16-85mm

    ----------------------------------

    院HD-DFA15-30mm
    押HD-DFA24-70mm
    魁HD-DFA28-105mm
    粥HD-DFA★70-200mm
    21 HD-DFA150-450mm


    ===================


    【単焦点レンズ】

     DA★55mm
    ◆DA★200mm
     DA★300mm

    ---------------------------------

    ぁDA15mm Limited
    ァDA21mm Limited
    ΑDA40mm Limited
    АDA70mm Limited

    ---------------------------------

    ─FA31mm Limited
     FA43mm Limited
     FA77mm Limited

    ---------------------------------

     DA35mm MacroLimited
     DFA MACRO 50mm
     DFA MACRO100mm

    ---------------------------------

     DA14mmF2.8
     DA35mmF2.4(黒)
    亜DA35mmF2.4(黄)
    院DA50mmF1.8

    ---------------------------------

    押A2X-L
    魁FA50mmF1.4

    合計 21+19=40本


    ===================



    【三脚・一脚 管理表】


    『一脚』

    【ベルボン】
    .Ε襯肇蕁.好謄ック M50
    ▲Ε襯肇蕁.好謄ック V50
    GEO POD N74

    【スリック】
    ぅ侫ト ストック 3N
    ➄カーボンポッド 382FL N

    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆

    『三脚』

    【スリック】
    .潺豊
    ▲肇薀戰襦.好廛螢鵐GM
    スプリント PRO供N
    SC304カーボン
    SC503 DX
    Ε廛蹈侫Д奪轡腑淵覘N

    【ハクバ】
    WF WT3510A

    【ベルボン】
    ┘Ε襯肇蕁Ε襯奪スアイ・ミニ

    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆

    『3way雲台』 

    【ベルボン】
    PHG 40D
    PHG 65Q

    【スリック】
    SH-908
    だ宿別勝”毀
    SH 715E
    SH 704E

    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆

    『自由雲台』 

    【ベルボン】
    QHD 73Q
    QHD 65
    QHD 43D

    【スリック】
    SBH-280 E BK
    SBH 100DQN
    SBH 100DQ
    SBH 100

    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆
    広告コメント防止対策

    『現在のコメントNGキーワード』

    ただいまNG設定は全て解除してあります