糸井で挑む!!超変革まっしぐら!!

糸井応援ブログ。タイガースネタをできる限りの情報を発信します。

ああ、首位陥落 小野では仕方ないけど 5月28日(日) 阪神VS DeNA 9回戦

--------1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失
DeNA-- 0 0 6 0 0 0 0 0 0 6 11 1
阪神----0 1 0 0 0 0 1 0 0 2 4 0


勝利投手 [DeNA ] 今永 (2勝3敗0S)
敗戦投手 [ 阪神 ] 小野 (0勝1敗0S)

本塁打 [ DeNA ] 戸柱2号(3回表3ラン)

先発はドラフト2位ルーキーの小野。前回5月21日の登板では、バレンティンと山田にホームランを打たれ、5回途中で降板しました。今回は、初回いきなり桑原に2塁打を打たれたものの、抑えました。しかし、3回突如として四球を連発。宮崎の詰まった当たりを、ショート大和とセンター糸井が交錯し、逆転を許しました。その後も、戸柱にホームランを打たれ、6失点。小野には荷が重い登板です。もう一度、2軍でやり直してください。1軍では通用しません。

それにしても、秋山、メッセンジャー、能見の表3本だけでは、なかなか連勝できません。これで、3カード連続負け越しで、とうとう首位陥落です。交流戦を2位で迎えます。

5月6日奇跡の大逆転で首位に立ちましたが、勢いはここまでです。22日間首位で楽しませていただきました。再浮上を期待するものの、投手陣をなんとかしないと優勝は難しいでしょう。




にほんブログ村

連敗ストップ、どうした糸井、20打席無安打 5月21日(日) ヤクルトVS阪神 9回戦

------- 1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失
阪神--- 0 0 2 0 0 0 3 0 0 5   6  2
ヤクルト 0 2 1 0 1 0 0 0 0 4   9  1

勝利投手 [ 阪神 ] 桑原 (3勝0敗0S)
敗戦投手 [ ヤクルト ] ルーキ (1勝4敗0S)
セーブ   [ 阪神 ] ドリス (0勝2敗17S)

本塁打 [ 阪神 ] 高山3号(3回表ソロ)、上本2号(3回表ソロ)
[ ヤクルト ] バレンティン7号(2回裏2ラン)、坂口1号(3回裏ソロ)

先発は、両軍ともドラフト2位の投手。タイガースは、小野。キャンプやオープン戦から金本監督が勝っていた選手。オープン戦を見る限りでは、ストレートは速いが、変化球のコントロールが悪い感じでした。ファームの成績を見ると、23回2/3で、防御率4.18 四球は16個 相変わらず制球力悪いですね。しかし、1軍にあげたのは期待の表れでしょう。いいピッチングを期待しました。

4回1/3で四球は1でしたが、バレンティン、坂口にホームランを打たれました。よい授業料でしょうか。

試合は、相手投手ルーキ様々。何とか同点になった7回2アウト1・2塁で敬遠のボールを暴投投げちゃいました。

古い阪神ファンなら、小林投手の敬遠サヨナラ暴投をご存じでしょう。大洋との開幕戦での悲劇でした。

9回裏もドリスの一人芝居で、1アウト満塁のピンチがありましたが、山田、雄平を見事連続三振で締めくくってくれました。これで連敗ストップ、貯金10になりました。

それにしても、今日も糸井さん、無安打で20打席おとなしくされています。火曜日からの甲子園での巨人戦での活躍を楽しみにしていますよ。





にほんブログ村

ああ3連敗、実は糸井、中日戦のホームラン後16打席無安打 5月20日(土) ヤクルトVS阪神 8回戦

------- 1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失
阪神--- 0 1 0 0 0 0 2 0 0 3 10 0
ヤクルト 0 0 4 0 0 3 1 0 X 8 9 0

勝利投手 [ ヤクルト ] 小川 (4勝2敗0S)

敗戦投手 [ 阪神 ] 藤浪 (3勝2敗0S)

セーブ

本塁打 [ ヤクルト ] 山田5号(6回裏3ラン)

奇跡の大逆転後、首位に立ち、うれしいのですが、なぜだかブログは書く気にならず、2週間が過ぎていました。

やはり「だめ虎」じゃないとぼやきが書けません。

連敗後、3連敗は止めたいという思いで、フジテレビoneを見始めました。

先発は、3連勝中の藤浪。1回は、3者凡退、2回はバレンティンにヒットを許し、中村に四球を与えながらもまあまあ、順調な出だしでした。

問題は、3回。いきなり投手小川に四球。ノーアウトからの四球は点になりやすいと言われる中、しかも、1アウトいただけるはずの投手に四球。

続く、坂口、藤井と連続三振で調子は崩れていないかと思いきや、山田に四球で、その後暴投で2・3塁。

雄平に2点タイムリーを許し、安打1本で2点。

その後、バレンティンに四球を許し、今浪に2点3塁打。ここでも安打1本で2点。

これでは、試合はぶちこわし。

あとは、中押しで松田が山田に3ランを打たれ、だめ押しで、藤川が中村にタイムリー。これで敗戦。

それにしても、あまり取り上げられていませんが、糸井選手は何してる?中日戦のホームラン以後ヒットさえ出ていません。あなたが打たないと勝てません。そろそろ大爆発しないと許しません。



にほんブログ村

歴史的大逆転勝利で首位、梅野連日逆転3塁打 5月6日(土) 阪神vs.広島 8回戦

広島との8回戦の先発は、横山が体調不良のため、ドラフト6位の福永春吾が先発しました。
こういう若手が、いいピッチングをすればチームに調子がつくので、期待して、最初から毎日放送をつけ、テレビ観戦を始めました。

先頭打者田中にプロ1軍初投球は、ストレート。厳しいコースに決まりましたが審判はボールの判定。なかなかストライクが取れず、結局四球。続く安部にもストライクが取れず、フルカウントからストライクを取りに行った玉を見事に2塁出され、失点。
その後も丸にホームランを打たれるなど、4回被安打10失点6で降板。首位攻防戦に新人の登板は、かわいそうなものでした。さらに登板した松田も打たれ、6回までに9対0と大敗濃厚でした。ゴールデンウィークに超満員の観衆に情けない試合です。

後になって思うと、金本監督も、4対0になった時に福永を代えず続投させたり、6対0で4番福留を交代したりして負け試合と思っていたんでしょう。

しかし、私も観衆と同様、あきらめずテレビをつけたまま応援していました。

すると、奇跡が起こりました。

9対1で迎えた6回裏。北條の2塁打から始まり、糸井の内野ゴロで9対2。2アウト1・3塁から鳥谷がラッキーな1塁手の頭を越えるヒットで9対3。ワイルドピッチで9対4。そして押し出しで9対5。最後は、高山の走者一掃の3塁打で9対8。1点差になりました。

7回は1アウト1・2塁で鳥谷の2塁ゴロをはじいて、同点かと思ったらリプレイ検証でアウト。その後、糸原の同点タイムリー、梅野の逆転3塁打で9対11。


8回に1点を追加し、9対12で逆転勝利で首位に立ちました。

9点差を跳ね返す、歴史的大逆転でした。





にほんブログ村

絶好調、梅野逆転3塁打 5月5日(金) 阪神vs.広島 7回戦

こどもの日、スコアボードにひらがなでスタメンが発表されました。

頼りになる先発メッセンジャーが、エルドレッドに2本のホームランを打たれ、6回4失点でマウンドを降りた後、タイガースの反撃が始まりました。

第2打席ホームランかと思われた打球が浜風に押し戻されセンターフライになった糸井の第4打席。今度は、詰まったショートフライかと思った打球が、流されポテンヒットになりました。今度は浜風で打点がつきました。これで1点差。

まさにラッキーセブンの攻撃。中谷の2塁打の後、鳥谷にバントの指示があったのに決められず、四球。そして、糸原がきちんとバントを決め、2・3塁。絶好調男「うめちゃん」が逆転3塁打を放ちました。2試合連続でヒーローとなりました。



にほんブログ村

休養が効いた梅野大爆発 5月4日(木) ヤクルトvs.阪神 6回戦

前日のヤクルト5回戦の先発キャッチャーは、打率1割と低迷していた梅野に代えて岡崎でした。
しかし、6回戦は、再び梅野。

3回好調福留のタイムリーで先制すると4回でました梅野の1号ソロホームラン。

また、5回には、先頭打者中谷のホームランから始まり、福留のホームラン、梅野、藤浪のタイムリーを含む打者一巡で5点を取りました。

先発藤浪は、相変わらずの7四球と荒れていましたがなんとか試合を作ってくれました。

これで貯金5として、甲子園で首位広島を迎え撃ちます。




にほんブログ村

4番福留、4安打で貯金4 5月3日(水) ヤクルトvs.阪神 5回戦

金本監督の秘策が当たりました。
先発アンダースローの山中に対して、
1番荒木 3番糸井 4番福留 5番高山 6番鳥谷 7番糸原 9番岩貞 と上本、岡崎以外は全て左打者を並べました。

まずは、6回、荒木のヒットをきっかけに、糸井の同点打、鳥谷の逆転打と左打線が当たりました。

そして、8回9回にも3転ずつ追加点し、勝利しました。この試合で4番福留は4安打の大活躍でした。ナゴヤドームでは、いいところで打てませんでしたが、神宮で爆発しました。さすが4番福留キャプテン。




にほんブログ村

ブキャナンに隅1、またも秋山見殺し 5月2日(火) ヤクルトvs.阪神 4回戦

九里(広島)、ジョンソン(広島)、岡田(広島)、ジョーダン(中日)、バルデス(中日)、マイコラス(巨人)、田口(巨人)、濱口(DeNA)ほんまに苦手投手が多すぎる。

今夜も前回も打てなかったブキャナン。先頭高山の先制ホームランだけの隅1。

お粗末なのは課題の守備。7回裏、中村に右中間を抜く3塁打を打たれ、1アウトを取った代打大松のセカンドゴロ。普通1アウト3塁、逆転を許さないなら内野前進守備で内野ゴロならホームでアウトを狙うのではないのか?!中途半端な前進守備で、セカンド上本は、ホームアウトを狙ったが、フィルダースチョイス。内野守備コーチって誰?

8回裏は、1アウト2・3塁で、今度は、指示が出たのか極端な前進守備。谷内の当たりは、投手を越える高いバウンドでセンター前へ抜けました。普通の守備なら、取れたはず。

内野守備練習、毎日してください。打てない上本は、糸原と併用してください。




にほんブログ村

北條のタイムリーで逆転勝利 4月30日(日) 阪神vs.中日 6回戦

先発能見は、ナイスなピッチングでしたが、ついていません。

初回、ヒットや四球で1アウト満塁。藤井にサードゴロを打たせ、併殺で終わりのところが、キャンベルのファンブルで2点を献上。

3回に福留のタイムリーで同点になったものの、その後は、点が入らず、能見は降板。

結局、8回に北條のタイムリーで逆転。桑原に勝ちがつき、高橋が9年ぶりのセーブ。




にほんブログ村

初回に点を取られ、守備のだめな青柳は、2軍行き 4月29日(土) 阪神vs.中日 5回戦

今シーズン二桁勝つとキャンプで言われていた青柳
しかし、守備が下手。ここぞという踏ん張りもききません。

打線とのからみも悪いですが、自業自得!!

2軍へ行って、守備練習してください。





にほんブログ村
Tigers Freak
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

セ・リーグ順位表
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
  • ライブドアブログ