|´-`)チラッ 大将やってる?

らっしゃい!
ちと、臨時休業してました( ˘ω˘ ) スヤァ…
年度末なので仕事が忙しく、ゆっくり飯も作る暇もありませんでしたm(_ _)m

楽しみにしていただいていた方、大変遅くなり申し訳ありませんでしたm(_ _)m

さて、今回は……
((((;゚;Д;゚;))))カタカタカタカタカタカタカタ
戦争が起こるかも知れません……

(´-`).。oO(起こすつもりはありませんが……

なぜなら今回は……
お好み焼きだからです……

内容によっては私……
消されます……(´;ω;`)ブワッ

もちろん作るのは関西焼きではなく広島焼き(_・ω・)_バァン

(´-`).。oO(というか、これしか食べた事ない……


ーーーーーーー

image


広島焼きって関西焼きにそばを入れるんでしょ?
とよく言われますが…… はっきり言って工程が全く違います(ノシ 'ω')ノシ バンバン

関西焼きは大ざっぱに言うと生地に具を入れ混ぜて両面焼くだけですが……

広島焼きは生地→野菜→肉→薬味→生地→ひっくり返す→そば→卵→ひっくり返すという、作業的にはかなり忙しいです(笑)

おまけに1回目にひっくり返すのがとても難しく、具材がぶっ飛んで行き、全てが台無しになるといったことも少なくないと思います^^;

なので、今回は失敗しない技術など解説しながら紹介していきます。

それではさっそく広島焼き改め鯖焼きを作っていきましょう(_・ω・)_バァン

ーーーーーーー

材料
お好み焼き粉(なければ小麦粉)
山芋(なくてもよい)
そば、うどん(好みです)

豚バラスライス
キャベツ
もやし
削り粉
天かす(イカ天でも可)
青のり
塩コショウ
味の素(なくてもよい)
お好みソース

これが基本のベースで
通称豚玉そば、うどんといいます。

トッピングは入れたいもの入れちゃってください(ノシ 'ω')ノシ バンバン

店でよく見かけるのはイカ、エビ、キムチ、チーズとかですかね(*´ω`*)

(´-`).。oO(最初はプレーンをオススメします……

ーーーーーーー

下ごしらえ編

1
キャベツを切って水にさらす。
太さは好みですね(*´ω`*)
千切りでもいいですし、1センチくらいの厚めでもいいですし( *˙ω˙*)و グッ!
個人的には厚めの方がいいです(笑)

(´-`).。oO(時間かかるし、量もかなりいるからなぁ……

2
もやしを水にさらす。
キャベツと一緒にしていいですし、分けてもいいです。

さらしたあとはザルにあげて水気を切る。

余談ですが、もやしについてる黒い皮みたいなやつはブラックマッペといいます\\ ٩( 'ω' )و ////

3
豚バラスライスを切る。
長さは15cmくらいが目安です(ノシ 'ω')ノシ バンバン

大きさにもよりますが、3等分くらいがいいですかね。
短く切るとひっくり返す時に大失敗しやすいので気持ち長めで(_・ω・)_バァン
(´-`).。oO(最悪切らなくてもいい……

4
ボウルにお好み焼き粉と水を入れ混ぜ生地を作る。
お好みですりおろした山芋を入れてもいいです。

生地の具合なんですが、かなりシャバシャバでOKです( *˙ω˙*)و グッ!
関西焼きの生地みたいにドロっとしたのは良くないです。
(´-`).。oO(逆にシャバシャバすぎてもダメですが……

粉の量で生地が伸ばしやすいか、伸ばしにくいか決まります(ノシ 'ω')ノシ バンバン

とまぁ、下ごしらえはこんな感じです。
意外と準備がいらないんですよね(笑)

ーーーーーーー

作り方

では、いよいよ広島焼き作っていきましょう(*´ω`*)

1
ホットプレートに油を引いて暖めておく。
温度は200℃がいいみたいです。
(´-`).。oO(私は慣れてるのでMAXの250℃でやってます……

余分な油はキッチンペーパーで拭き取ってください。

2

image


生地をひき、薄く伸ばす。
伸ばした後に削り粉をまんべんなくかける。

おたまを使って薄く伸ばしてください(ノシ 'ω')ノシ バンバン
大きさは自由ですが、大きくなればなるほどひっくり返す難易度は上がります^^;

慣れるまではかなり難しいです
コツはソフトタッチです(笑)
触れるか触れないかくらいでやるといいですね(*´ω`*)
(´-`).。oO(なんだかエロい……

ちなみに山芋入れると生地が破れにくいです(笑)
伸ばしにくくなりますが……

3
生地の上にキャベツ、もやしを乗せる。

image


山盛りに持ってください(ノシ 'ω')ノシ バンバン
これでもかってくらい(ノシ 'ω')ノシ バンバン

4
天かすを乗せる。

image


こぼれてもいいです。
天かすの変わりにイカ天を入れるのもこのタイミングです( *˙ω˙*)و グッ!

5
豚バラスライスを乗せる。

image


野菜が隠れるくらい乗せちゃってください( *˙ω˙*)و グッ!

店ではこんなに乗せてくれませんが、自分で作るのでお構い無しにガンガン載せちゃいましょう。

肉に味の素かけておくと旨みが増します(*´ω`*)

6
生地を少し回しかける。

image


写真は山芋の量多すぎてめっちゃかかっていますが、こんなにかけなくていいです(笑)

7
最初の生地が焼けたらヘラ(コテ)を使ってひっくり返す。

いよいよ、一回目のひっくり返す工程が来ました(ノシ 'ω')ノシ バンバン

慣れるまではホントに難しいです^^;
私も何回空中分解させたことやら……(´;ω;`)ブワッ

上手くひっくり返すコツ

①生地をしっかり焼いておく
しっかり焼いておくと生地が皿の役目となるのでひっくり返しやすいです。

②生地の中央で谷折りにする。
生地で挟み込む感じでやると失敗しにくいです。

③ためらわない
これが1番重要かな?(笑)
うん……間違いない(ノシ 'ω')ノシ バンバン

イメージはシュッとかスパッとかキレのある動きがいいですね(*´ω`*)

フワッとかは空中分解します( ˘ω˘ ) スヤァ…
ヒョイッでも怪しいです(¬_¬)

image


私はズドンって感じでやって上手くできました(笑)
(´-`).。oO(どんな感じや

8
そば、うどんを炒める。

image


裏面焼いてる間にそば、うどんを塩コショウふって炒めてください。

先にそばとうどんにお好みソースかけておいてもいいです。

あと、火を通すトッピング(イカ、エビなど)はこの段階で炒めます( *˙ω˙*)و グッ!

火を通さないトッピング(キムチ、チーズなど)はそば、うどんの上に乗せるといいです。

ちなみに本体(ひっくり返したやつ)はヘラで押さえてもいいですし押さえなくてもいいです。

パリッとした感じにしたい方は押さえる。
フワッとした感じにしたい方は押さえない。

9
本体をそば、うどんの上に乗せる。

image


普通に乗せるだけです(笑)

ひっくり返す前に生地をかけておかないと、野菜ががボロボロ落ちます^^;
生地をかけるのはこの理由です(ノシ 'ω')ノシ バンバン

ちなみにそば、うどんをしっかり焼いておくと、後で行うひっくり返す工程が楽になります(笑)

10
ホットプレートの温度を保温に変えて卵を入れる。

image


溶き卵をあらかじめ作っておいて入れてもいいですし、ホットプレート上でくずしても構いません。

ホットプレート上でくずすとカッコイイ気がします
(´-`).。oO(そう思うのは私だけでしょうか……?

11
本体を卵の上に乗せる。

image


これも普通乗せるだけです。

麺をダブルにするとかなり重たいので注意です^^;


12
卵がある程度固まったらひっくり返す。

image


少し失敗しましたが、なかなかいい感じです(*´ω`*)
もう、すでに美味そうです(*´﹃`*)

13
ソースをまんべんなく塗る。

image


いいですねー(ノシ 'ω')ノシ バンバン
美味そうですねー(*´﹃`*)

14
お好みのトッピングをかける。

青のり、ネギ、かつお節などお好きな物をかけてください。

image


私は断然ネギ派♡

もちろんマヨネーズもかけちゃいます♡

image



…………。

(っ・д・)三⊃)゚3゚)'∴:. ガッ
(っ・д・)三⊃)゚3゚)'∴:. ガッ
(っ・д・)三⊃)゚3゚)'∴:. ガッ


(#)'3`;;)・;'.、痛い

おフザケがすぎましたね^^;

あとは、一味や七味などかけても美味いです(*´ω`*)
ガツンとパンチが欲しい方はガーリックパウダーがオススメです( *˙ω˙*)و グッ!

マジで美味いです(´;ω;`)ブワッ

ーーーーーーーー

長々と書いてしまいましたが広島焼きいかがだったでしょうか?

ひっくり返す工程が難しいですが美味しいですし、栄養バランスもかなりいい方なので、ぜひ作ってみてください\\ ٩( 'ω' )و ////


なにより店で食べるよりコストが各段に安上がり


(っ・д・)三⊃)゚3゚)'∴:. ガッ
いらん事言うな!


(#)'3`;;)・;'.、痛い

それではまた!
御粗末!!!