gainerの物置小屋

前段演習は各種装備の紹介的な内容だったのに対して後段演習は
より実戦的(?)な状況を想定した演習内容に。

今回は昨年に引き続き離島奪還作戦を念頭に置いた内容。
なお、20日の第一学校予行以降は実施されたP-3CやF-2などの
航空機部隊は18日の教導団予行では参加無しとなっておりました。

まずは海上からの侵攻部隊対処として対艦、対舟艇ミサイル部隊の紹介。
中距離多目的誘導弾は先程3発も撃ったので実射展示は無し。
_MG_1315 
















同時展開の某魔法少女が魔女退治に使った88式地対艦誘導弾は
演習場の広さの制約から毎度ながら発射無し。(まぁ1発が高いのもあるけど)
ちなみに並大抵の軍隊(米露軍除く)の上陸部隊相手では、これらだけで
状況終了になってしまいますが、それでは演習にならないのでドンドン続きます。
_MG_1316 
















続いて航空機部隊の攻撃・・・という体裁での爆破、キノコ雲は普通の爆破でも出ます。
ちなみに20日の第一学校予行の方ではF-2が上空を3機通過後に爆破しておりました。
_MG_1332
















 引き続き偵察部隊の侵入、まずは偵察ヘリOH-1の侵入
一時に比べれば大人しくなったとはいえ、非常に軽快な動作を見せつける。
_MG_1337 
















航空機での偵察に続き、ヘリからバイクを下しての偵察活動を開始。
_MG_1372 
















偵察に続き、普通科部隊の隊員がロープ降下
_MG_1427 
















このヘリ部隊の降下が複数のヘリが来るため泥飛沫や砂埃の巻き上げがえらい事に。
_MG_1437
















大型輸送ヘリCH-47から高機動車を展開しているのですが、ヘリの後部が
カエルの目と口に見えて、なんか口から変な物出してるように見えるとか。
_MG_1478 
















地上から進入してきた87式偵察警戒車が射撃を実施
そういえばこの車輌ですが数年前東名の横浜町田ICで乗ってきて
入口ゲートをくぐる際は隊員が上部ハッチから出てきてチケットを
とっていたのが非常に印象的でした。(ETCは付いてないようで)
_MG_1510 
















そんなこんなしているうちに、バイク偵察部隊がジャンプ台を飛び越えてる!
前段演習と違って後段演習は色々と入り乱れての展示なので忙しい・・・。
_MG_1528 
















一応、離島防衛の統合部隊での対処という体裁のため、海上自衛隊からの
艦砲射撃もあるという体裁で後方の特科部隊からの支援砲撃があったり。
ちなみにオーロラビジョンの隣のは広域監視装置の通称「千里眼」
演習風景のリアルタイムでの表示なんかに使われて居たりしました。
_MG_1542 
















地上部隊等による偵察が終わった所で戦車部隊が登場。
_MG_1589
















余りに多い敵に業を煮やし「戦術核でぶっ飛ばしてやる!!」・・・という訳ではなく
敵部隊が敷設した地雷原を爆破処理して道を開くための爆導索を発射する
92式地雷原処理車、こいつは発射速度が遅くド派手なので非常に撮り易い。
_MG_1608


 













発射した弾体からはパラシュートで爆薬のついた丸い物が大量に出てきて
_MG_1623 
















このように爆発することで周囲の地雷を吹き飛ばし道を作ります。
(演習のものは安全のため爆薬を減らしているそうで)
_MG_1625 
















地雷原が処理され敵陣地までの道が出来た所を更に戦車部隊が追い打ちを掛ける。
_MG_1667 
















最後は前面の戦車や戦闘装甲車が発煙弾を発射し煙幕を展開。
_MG_1750 
















直後にヘリボーン部隊が突入し、総合火力演習の後段演習が終了。
それにしても発煙弾の煙が観客席に直撃しててえらい大変なことに・・・。
(一応、人体には特に影響は無いですが視界がゼロになるのが辛い)
_MG_1771 
















演習が終わるとひとまず演習に出ていた車輌は退場し、装備品展示に移行。
グラウンド全体を開けた後にヘリ部隊降下→車輌部隊整列と続き、
その間の時間は音楽隊による演奏が行われる。
(一昨年までは毎年プリキュアのOPが演奏されるもここ2年無し)
_MG_1796 
















音楽隊による演奏が終わった頃には整列や案内看板の設置も終了
前面の入場規制ロープが下されいよいよ地上展示へ
_MG_1841
















ちなみに「その1:点検射」でバイク偵察部隊が朝に「成功祈願」をしていたアヒル隊長はこちら。
_MG_1868




 











「ビビったらアクセル開ければ何とかなる」「成功したら~~と結婚」等と
思い思いの願掛けの言葉が書かれている。
_MG_1875 
















視点を装備品展示に戻すと、今回は何と新装備の初披露!
_MG_1891 





































まだ試験中の装備の12式地対艦誘導弾システムが加わる。
(近くで見るまでは03式中距離地対空誘導弾システムかと思ってました。)
ちなみにこいつは88式地対艦誘導弾システムの後継になります。
_MG_1866 





































ちなみに88式との違いは発射角がほぼ垂直になったりとかもありますが、
隊員曰く「こいつにはエアコンが付いたんだ!」とのこと。
(つまり1988年に正式化の88式にはエアコン付いてないという・・・。)
_MG_1885





































ミサイルの発射機の銘板を見ると
「88式地対艦誘導システム(改)(実用供試用)(その2)」
とあるように12式と正式化されたのがごく最近だと分かる。
_MG_1883












 



この日は夕方から所用のため装備品展示は早々に離脱することに。
それにしても10式戦車以外にも12式地対艦誘導弾が見れたのは意外でした。
_MG_1877 

















次回は20日の第一学校予行における夜間演習風景などを掲載予定です。 

その1に引き続き前段演習の紹介へ

前段演習が始まる前は点検射でデコボコになった演習場グラウンドを
施設科部隊等々が徹底的に平らに整地、砂埃防止も兼ねて水撒きも。
_MG_0376
















本番の25日の前週の富士教導団総合予行は基本的には富士教導団の家族向け
が中心となって居り、全員がスタンドに座る事が出来るため非常に快適。
ただ、企業向けのAスタンドは紹介企業ごとなどで座席指定をされるため要注意。
_MG_0397 
















まずは、特科部隊が会場へ入場、繰り返しになりますが前面シート席が
がら空きなのはどうも普段と違って何だか違和感を感じてしまいますね。
最前面の広報スタッフの写真は今後のHPやパンフ等に使われるとか何とか。
_MG_0432 
















203㎜自走榴弾砲の射撃、自走砲の射撃は駐屯地等々での訓練展示の
空砲射撃と違い、実弾演習時は発砲焔が出ないのが残念。
ちなみにこちらの画像、よく見ると射出された砲弾が最上部に映って居ます。
_MG_0491
















点検射でもありましたが、空中での同時爆発、曳火射撃の様子。
こちらは一文字での曳火射撃の様子。
_MG_0544











 




続いて富士山型の曳火射撃の様子、点検射の時は出ていた富士山が
宝永噴火口あたりで発生した雲に隠れてしまったのが残念。
_MG_0552 
















特科部隊の次は普通科による迫撃砲部隊が進入
_MG_0572 
















自走砲等と比べるとコンパクトな外観なので威圧感はあまり無いですな。
_MG_0577 
















展開するとこんな感じに、スタンドからは結構遠いので写真も小さくなって
しまうのが悩みどころですかね。
_MG_0597 
















迫撃砲部隊の次は中射程のミサイル部隊のお出まし。
_MG_0639 
















今回の見所は昨年から総火演に参加の中距離多目的誘導弾。
こちらのミサイルは同時多目標に連続して発射できるのがウリですが、
昨年は2発連続発射が今年はさらに増えて3連発するようになっていました。
_MG_0665 
















途中、指向性散弾の展示を挟み次は普通科部隊がヘリで進入。
この大型ヘリがこれまた泥飛沫を飛ばしまくって風下の人は大変そうでした。
(翌々日の第一学校予行では自分も体験する事になるのですが。)
_MG_0713 
















降下した隊員を今度は吊り下げた状態で飛んで行くのですが、
こればっかは真似したくないものですね・・・。
_MG_0791 
















続いては軽装甲機動車からの01式軽対戦車誘導弾の射撃。
昨年は気温が高く模擬標的の熱源がロストしてしまいロックオン不能に、
今年は気温が比較的低かったのもあって無事目標への射撃に成功。
(前述の現場に来ていた川崎重工の担当者もホッとした事でしょう。)
_MG_0798 
















今度は迫撃砲よりもさらに写真で見ると地味で見えにくい対人狙撃中の展示。
_MG_0812 
















かなり離れた目標に当てるのは単純に凄いのは分かるのですが、
どうしても絵面的には地味になってしまうのがネック。
_MG_0822 
















引き続き普通科部隊が装輪装甲車で展開。
_MG_0831 
















こうやって見てみると後部ドアは幅はともかく高さは低いのね。
_MG_0876 
















89式装甲戦闘車と入れ替わる96式装輪装甲車。
そういえば89式装甲戦闘車も兵員輸送が出来るのだから上記のようなものを
やってくれても良いんじゃないですかね?・・・と思うも調達数少なすぎてそんな
もったいない任務にはつけないか。
_MG_0937 
















演習プログラムのパンフレットにはAH-64Dアパッチの他にもAH-1Sコブラも
名前が挙がっては居たのですが、先日のミサイル誘導用のロープ落下の影響か
AH-1Sコブラによる対戦車ミサイルの発射展示は無し。(その後の予行でも無し)
下記の写真、よく見ると30㎜機関砲の薬莢が落ちているのが見えます。
_MG_0975 
















ヘリ火力の次は対空火力として87式高射機関砲の登場。
_MG_0990
















外観から通称ガンタンクとか言われて居るんだとか。
もの凄い勢いで35㎜機関砲を撃ちまくるため、撃った後は周りが真っ白になる程。
高射機関砲としては高性能かつ、射撃がド派手なので見ていて楽しいのですが、
ヘリの対戦車ミサイルの進化でこの手の車両はミサイルに代替されつつあるのが悲しい所。
_MG_1009



 












87式高射機関砲の次は戦車部隊の登場、会場1番左手のAスタンドからは
戦車部隊の「戦車道」からの侵入が目の前に見られるのがありがたい。
_MG_1034 
















地形に履帯を合わせて車体を傾斜させて射撃しているのが良く見える。
_MG_1042





 










74式に続いて90式戦車が登場、後方には退場中の87式高射機関砲も。
このように連なっていると地上戦艦とかを想起する程の威容を感じる。
_MG_1072 
















90式戦車の行進間射撃もすっかり定番に、アニメのガールズ&パンツァーに出てくる
第二次大戦の戦車ではそうそう当たらないような射撃も現代戦車では楽々こなせるようで。
_MG_1079 
















「戦車道」(左下の青看板)を戻って行く90式戦車
_MG_1122




 











90式戦車の次は待望の10式戦車、外観がパッと見90式戦車っぽいのですが
中身は確実に進化しており、今回はネットワークで情報を共有し多目標を
部隊全体で対処する展示・・・ということなのですがぶっちゃけ外からは??
_MG_1147 
















とは言え、90式との明確な違いとしてジグザグに進みながら射撃するスラローム射撃
が出来る様になったのが最大の特徴、ようは行進間射撃の能力が向上したと。
10式ですが、部隊配備からそこまで長く無い為同時射撃などはタイミングが
ややズレ気味だったのが気になりましたかね。(90式も出た当初はあったそうで。)
_MG_1155
















前段演習の締めはヘリコプターからの空挺降下。
この日も20日も風が強かったため、自動索降下はなく自由降下のみの実施に。
_MG_1248
















かなりの強風でしたが、空挺部隊は難なくシート前面のグラウンドに10名全員降下。
_MG_1280
















終了後に、風向きと落下点を示すマーカーを持っていく隊員が見られましたが、
こりゃまたえらいマーカーの煙ですな・・・。
_MG_1286

















次回行進では後段演習、並びに装備品展示などを紹介しようかと思います。
(ひょっとしたら装備品展示は分けるかもしれません。) 

8月18日(日)は富士総合火力演習の富士教導団予行へ

ミリタリー仲間の知人から関係者席の駐車場付きチケットを頂いたため
本番(25日)の前の週に行われる予行へ行ってきました。

富士教導団予行は富士教導団の隊員家族並びに防衛産業の企業や
関連団体など向けに行われているようで一般参加者は基本的にゼロ。

パンフレットの配布や陸自以外の航空機(P-3CやF-2など)の参加は
ありませんが、基本的にはフル行程での演習に相成り。

5:30頃に現地の畑中地区駐車場に到着、朝早かった為か会場を降りてすぐの場所に駐車。
どうやら本来は6:00駐車場開門だったとの事で会場近くへは6時まで駐車場にて待機。 
_MG_0001

















演習場に向けて移動をする96式装輪装甲車、朝日を浴びて幻想的な感じに。
_MG_0003

















急速に演習場や富士山に立ち込める朝霧、山間の演習場だけあって天候の急変には要注意。
_MG_0013

















 6:40頃からスタンド席へ入場開始、朝霧も晴れて点検射も順次開始。
点検射の醍醐味はその砲撃音。人が開場に少なく音を吸収する所が無いためか、
本番よりも朝の点検射の方が音が大きく響きわたる。
_MG_0064

















点検射については本番と違いアナウンスが無く発射タイミングが掴めないため、
発砲焔の撮影は厳しいので動画での撮影が無難かと。
(スタンド後方で指示のアナウンスをしているFスタンドでもやや厳しい) 
_MG_0093

















バイクジャンプの成功をアヒル隊長に願うバイク偵察員の方々。
_MG_0107

















成功祈願のお蔭もあってかジャンプ練習は成功!
_MG_0112

















点検射を少し抜けてスタンド裏側の売店エリアへ
予行で人出が少ないため売店はやや少なめ、お客さんも前面のシート席が無く
スタンド席にしか居ない為、売店の混雑もそれ程では無い感じに。
_MG_0136 

















売店を見回ると、すっかり陸上自衛隊のイベントの常連となったガールズ&パンツァーの
秋山優花里こと秋山殿のノボリを立てた売店が。
_MG_0138








































売店では前日フジテレビのリアルスコープという番組でも紹介された迷彩くまモンの
ピンバッジやキーホルダー、限定のキューピーなどの他にも「よくわかる!自衛隊」
の陸上自衛隊バージョン(秋山優花里がオーディオコメンタリーをしてる作品)なども。
_MG_0143








































戻ってくると特科部隊の点検射が始まる、予行時は宝永噴火口に雲が立ち込めて居た為
点検射が後方の富士山が良く見える形での富士山形状での空中炸裂「TOT富士」
_MG_0205

















続いてAH-64Dアパッチの点検射が開始、AH-1コブラと違い曳光弾が無い為
演習としての見栄えはやや劣るのが難点か。 
_MG_0267
 
















富士山の前を横切るAH-64Dの図
_MG_0291
 

















会場一番左手のFスタンド近くには川崎重工や三菱重工などのメーカー担当者が
緊急時に備えて朝からご出勤、ちなみにFスタンドには各メーカーの招待者が
来られて居たようで。(ヘルメットに付いて居るライトは夜間演習でも出るからか?)
_MG_0327 








































この日は各部隊の家族の参観日でもあるため、部隊ごとの紹介や隊員写真の展示も。
_MG_0333 

















点検射が一通り終わったため、再度会場周りの見学へ。
会場右手最奥のEスタンドの更に奥には特科部隊が既に待機状態に。
_MG_0351 

















家族参観日で全員が座れるためスタンド席の奪い合いも無い為、観客は8時半時点ではまばら。
予行開始の10時の30分前、9時半ごろでようやくスタンドが埋まるといった具合でした。
_MG_0355 

















さて予行開始前の音楽演奏も終わり、いよいよ予行開始へ!
陸自の広報スタッフも準備万端と言った所。それにしても広報担当者は
イベントの関係から休日の出勤が多いため大変そうですね・・・。
_MG_0390


















次回、その2では予行の前段演習、その3では後段演習を掲載予定です。

このページのトップヘ