1

★警察官の拳銃使用は正当だ!


栃木県に「賠償責任無し」とした判決で、中国人凶悪犯の家族による訴えを棄却!

34
 平成26年9月25日、東京高裁において警察官の発砲が民事上の責任に問われた裁判で判決が下された。

 これまで再三述べてきたことだが、事件は8年前の平成18年6月23日夕刻に発生。栃木県・真名子というところで付近を徘徊していた2人の中国人を見咎めた駐在所の平田学(ひらた・まなぶ)巡査(当時、現巡査部長)が職務質問。2人の中国人の男は一瞬の隙をついて逃走。そのうちの一人・羅成(らせい =当時38歳=)に追いついた平田巡査だったが、羅成は突如として平田巡査の首を絞めにかかり、拳銃を奪おうとした。

 そのため平田巡査と羅成は激しい揉み合いとなり、平田巡査を押し倒し、投げ倒した羅成はなおも民家の庭に逃走。その最中に手にした重さ約2キロの石灯ろうを振り上げた。民家の庭先で羅成と正対した平田巡査は拳銃を取り出し、凶器を捨てて抵抗をやめるように再三にわたって警告。
 しかし、羅成が石灯ろうで殴りかからんとした瞬間、やむなく拳銃一発を発射。腹部に被弾した羅成は死亡。ここまでは警察官が拳銃使用によって凶悪犯罪を未然に防いだ何の変哲もない事件である。問題はその後。
 事件から1年と経たないうちに死亡した中国人凶悪犯・羅成の家族が栃木県を相手取って5千万円もの民事賠償請求訴訟を起こし、併せて発砲した平田巡査を「特別公務員暴行凌虐致死罪」で刑事告発。

 刑事裁判のほうは宇都宮地検で告発が不起訴とされながらも、この決定を不服とした羅成の家族が宇都宮地裁に「付審判請求」を起こし、これが容認されて平田巡査は一転、刑事被告人として裁かれることに。だが、同地裁での一審から東京高裁での二審、最高裁でストレートの無罪判決を120%で勝ち取っている。

 他方、民事裁判では宇都宮地裁の一審でこそ賠償責任無しと判決が下されたものの、続く東京高裁では偏向裁判官・前田順司によって栃木県に対し1,020万円の賠償命令が下された。これが平成23年4月28日のこと。

184504fd
【東京】東京高裁前_正義の警察官発砲支持行動(民事) 平成23年4月28日

http://gaitsui.web.fc2.com/1st_section/kouhou2011_04_28/2011_04_28.html
不当判決だ!−血税から支那人凶悪犯の遺族へ賠償−
司法自ら警察官の法に基づく職務遂行を否定する偏向裁判!


5

 裁判は最高裁に上告されたが、「東京高裁での判決破棄」とともに東京高裁への差し戻しが命じられ、その判決がこのほど下されたものである。

 分かり難いかも知れないが、二審で命じられた判決が最高裁で「おかしい」「二審からやり直しなさい」と命じられたもので、要は宇都宮地裁の一審で賠償責任無しの判決が下された続き。そう言えば分かり易い。
 中国人凶悪犯の家族が賠償責任無しとした一審判決を不服として控訴した控訴審(二審)のやり直しである。

 そして9月25日、東京高裁の判決は、

「控訴人(つまり中国人凶悪犯の家族)の訴えを棄却する」

「裁判費用は控訴人が負担するものとする」


というもの。

 正当なる判決だ!!

 開廷から5分と要さない判決の言い渡し。…あまりにも呆気なかったが、曇り切った心が晴れ渡った瞬間だった。

 約3年半前に同じ東京高裁で下された不当判決を見事に覆した瞬間だった!

 民事裁判の第1回口頭弁論が開始された平成19年11月から数えて約7年。ここに栃木県警察官「発砲」裁判は名実ともに終焉を迎えたのである。
tochi
tochi2
 この日、法廷には県側の平野浩視弁護士が出廷していたが、対する中国人凶悪犯(原告)側の訴訟代理人である鬼束忠則花垣在彦村上一也のうち誰一人として法廷には姿を現わさなかった。村上一也に至っては別の訴訟があったためか、東京高裁の建物内でその姿が確認されていながら、こちらの裁判に出廷しなかったということは敗訴であることを見越して、敢えて出廷しなかったのだろう。よほど体裁が悪かったのか?
2

★動画ご紹介!


警察『発砲』控訴審!判決Part1

https://www.youtube.com/watch?v=n85GvcEWW7s&feature=youtu.be


警察『発砲』控訴審!判決Part2

https://www.youtube.com/watch?v=h_yWD1h2q1A&feature=youtu.be


警察『発砲』控訴審!判決Part3(最終)

https://www.youtube.com/watch?v=kDuJuGlD4aw&feature=youtu.be


祝!支那人全面敗訴!発砲した警察官に賠償責任無し

https://www.youtube.com/watch?v=CMtaxXa4sig

☆モンスターの如き在日中国人と売国日本人の氾濫!
 中国人凶悪犯罪者に対する警察官の発砲が刑事・民事両方の裁判で正当と判決されるまでに要した年月は7年間。

 最高裁までいった裁判が差し戻しによって控訴審で争われただけに、この裁判が再び最高裁へ上告されることはないだろう。

 こんな当たり前のことが確定されるまでに7年もの年月を要したわけだが、警察官に撃たれるほどの凶悪犯罪者の家族が訴えを起こすなど本末転倒なことが起きる背景には、不法滞在も含めて在日中国人がいかに急増しているかを物語っている。さらに在日中国人に与する売国奴がいかに多いか。

 訴訟代理を請け負った反日弁護士だけではない。事件から裁判に至るまでの過程で、凶悪犯の家族による訴えをさも当然のことのように報じてきたマスコミの内部も然り、このような訴えを認めてしまう司法の内部も然り。

 死亡した羅成は岐阜県の研修先から逃亡した不法滞在者であったがゆえ、不法滞在が露見するのを恐れて平田巡査の職質と追跡から逃れようとしたものと思われる。警察官に危害を加え、あるいは警察官を殺害してでも逃げ切ろうというのが中国人的な発想なのだろう。家族が撃たれて死亡したからと恥じらいもなく、訴えを起こすのも日本人の発想ではなかなか考えられない。

 撃たれて賠償金を得られるなら喜んで撃たれよう、たとえ家族であろうと警察官に撃たせよう…そのように考える中国人という恐るべき「モンスター」が日本国内で激増している。

 今回の裁判で賠償命令が下されたままであったとしたら、同様の事態が全国各地で起きただろうし、現に全国各地で同様の裁判が起きている。

 そうした判例がまかり通ってしまうと警察官が絶対に発砲するべき局面でも発砲出来ない状況が生じてくると懸念されるし、職務質問すべき相手に職質さえ出来ない状況が生じてしまう。

 治安行政も一たび後退すれば、やがて際限のない後退を余儀なくされる。

 断言して現在の日本社会に必要なのは後退に次ぐ後退で後のない崖っぷちまで下がってしまった今、どのようにして治安行政を前進させて再生させるか。それ以外にない。

★必要なき威嚇射撃と、威嚇射撃の有無を問う議論!

 冒頭の告知にあるように、栃木県警巡査(当時、現巡査部長)による中国人凶悪犯への発砲を民事上の賠償責任に問うた民事訴訟の判決が明日(25日)言い渡される。

 既に何度も述べてきたことだが、この裁判では宇都宮地裁の一審判決で賠償責任無しとされ、続く二審の東京高裁にて栃木県が死亡した中国人凶悪犯の家族に1,020万円を支払うよう賠償命令が下された。裁判は最高裁へともつれ込み、今年1月、最高裁にて高裁への差し戻し命令。

 宇都宮地裁での一審の開始前から警察官の発砲を支援する行動に取り組み、少なくとも今年4月の差し戻し控訴審第一回目までは関わっていた主権回復を目指す会代表・西村修平は、元より警察官の拳銃使用を支持していても、発砲した平田学(ひらた・まなぶ)氏を絶賛していたわけではなかった。

 「威嚇射撃しておけば良かった」という旨はかねがね仲間内での総括で述べていたことである。裁判でも再三指摘されていたことだが、威嚇射撃というのが本当に必要なのだろうか? あるいは必要な場面であったのか?
BlogPaint
画像:現場検証での再現より

 職務質問を逃れようと不法滞在である中国人・羅成(らせい)は逃走。追いついて来た平田氏の首を絞めにかかって揉み合いとなり、拳銃を奪おうとしたが果たせずに平田氏を投げ倒し、なおも民家の庭へと逃走。その最中に手にした重さ約2キロの石灯ろうを振りかざし、庭先で平田氏と正対した。

 平田氏は取り出した拳銃を構え、羅成と向き合う。威嚇射撃こそないが、この時点で平田氏は口頭で「武器を捨てろ」「抵抗をやめろ」とする警告を再三行なっている。

 一方の羅成は「撃てるものなら撃ってみろ!」と言わんばかりに、親指で自分の胸を指すポーズまでしているのだ。

 拳銃を構え、この時点では不法滞在及び現行犯での公務執行妨害の容疑者である羅成に十分、考える時間を与えていたではないか。

 威嚇射撃が云々どころか、撃たれて死亡した羅成こそ凶器を捨てて抵抗をやめ、お縄につくという選択肢があったはずである。警察官が威嚇射撃したか、しなかったかという問題よりも、何故に羅成が凶器を捨てて抵抗をやめなかったのか、そちらのほうを聞けるものなら聞いてみたい。

 逆のパターンとして、凶悪犯が拳銃を手に店舗などに押し入った犯行では拳銃を発砲させる意図があったと見なされても仕方がないだろう。「脅すつもりで持っていたのかも知れない」とか「撃ったかも知れないが、撃つ気はなかった」などと悠長なことを言う馬鹿もいるが、そもそも人を殺傷する以外に使途のない拳銃などは所持していた時点で、撃つつもりがあったと見なされても仕方がない。

 そう考えれば分かりやすいだろう。まして平田氏は拳銃を取り出して、いきなり発砲したわけでもない。確かに威嚇射撃こそ無かったが、拳銃を構えて拳銃を使用する意思を明確に犯人(羅成)に対して示していたのである。

 それでもギリギリまで猶予を与えた。羅成が振り上げた石灯ろうを振り下ろさんとする瞬間、やむなく発砲。弾が羅成の腹部に命中したものである。

 こうした経過を裁判で傍聴した西村修平はかつて、「振り上げられた石灯ろうを見上げながら拳銃を撃ったとか…馬鹿じゃねぇか」と辛口で批評していたことを思い出す。

 その評論は尤もだが、見方によっては凶器である石灯ろうが振り下ろされる瞬間を見極めた、実に冷静な判断だったとも言える。

 では仮に威嚇射撃があったとして羅成の犯行は果たして制止されただろうか? 中国人の間でも犯罪者予備軍も少なくない者同士、日本の警察官が威嚇射撃くらいは出来ても、容疑者に被弾するように発砲することはそうそう無いという話くらいはどこかで聞いていただろうし、その辺りの事情は羅成も熟知していたものと思われる。
 事実、羅成は平田氏に対して撃ってみろと言わんばかりのポーズを繰り返して挑発までしている。そうした羅成の行動は、羅成が日本の警察官がどういうものかを知っていた、つまり警察官を舐め切っていたことを物語っていたと言えよう。

 たとえ威嚇射撃があったとしても、羅成はなおも凶器を捨てずに抵抗や逃走を試みたかも知れない。そう考えるほうが妥当ではないか?

 威嚇射撃は空や地面などに向かって発砲する文字通りの威嚇に過ぎないが、威嚇射撃が行なわれた瞬間にも羅成は手にした凶器を平田氏に向けて振り下ろすなり、飛びかかるなどしたかも知れない。

 威嚇射撃か、やむを得ず命中させるように一発勝負に打って出るか…警察官の職務執行としても非常にギリギリの判断であったことは想像に難くない。

 確かに足や腕に弾を命中させるのが最善だったかも知れないが、それでも犯行を制止出来たかどうかは分からない。たとえ腕や足を撃たれたとしても、なおも向かって来る奴は向かって来る。

 羅成のような中国人凶悪犯は死ななければ分からない。死ななければ分からないような連中は死なせることでしか犯行を阻止出来なかっただろう。

 一撃必殺…ではないが、照準として狙い定めたところから外すことなく、一瞬、石灯ろうのほうへ目を離しながらも拳銃の引き金を引いて命中させたのだから、結果的とはいえ、実に見事な射撃の腕前ではないか。

 撃って当然、殺して当然である。

★画像で振り返る「発砲裁判」闘争史! IN栃木県〜東京都

20090424_573418ddc121f2

031f2b8b93

20080920_50188406

ecaa3769PICT3793

ef633fa320080215_413625

f2337c479d6a4580

278648d120090607_587830

1b87f6d0948d17a5

f132c5520d0013ad

aa48fb83fbd29897