★ご報告 11/19 IN上野 定例第1回目

現金が収奪され街ごと奪われる「事実上のチャイナタウン」に!?

DSC_8270
c552cc1c
 平成26年11月19日(水曜日)、我が『NPO外国人犯罪追放運動』は東京・上野の「京成上野駅」前にて外国人犯罪追放の街頭活動を行なった。

 平日の夕暮れより開催したにも関わらず、計15名もの運動関係者にお集まり頂いたことに感謝申し上げたい。とりわけ高木脩平局長率いる『護国志士の会』からは懇親会での2名の合流と、同会に副長として加盟する当法人理事長(有門大輔)を含め計8名もの動員があったことは心強い限りだ。
 参加者は『維新政党・新風』より荒井泉氏、先の松戸市議会選挙に出馬した関裕一氏のほか、「行動する保守運動」の参加者ら。

 平成7年頃はまだ京成上野駅前に大量のイラン人が屯(たむろ)している時代だった。道行く人々に声をかけては偽造テレカを密売していた。人通りの多いところで公然と。

 その後、日本政府がイランとの相互ビザ免除を廃止したことも相俟って偽造テレカ密売グループのイラン人は次第に姿を消した。尤もこれは大人から子供に至るまで携帯電話が普及したことにより、偽造テレカどころか公衆電話そのものの需要が少なくなったことにより、利益にならなくなったためで、決してイラン人が偽造テレカ密売という犯罪を反省してやめたわけではない。
DSC_8343
 その後、イラン人は都市部の裏通りで麻薬の密売人に鞍替えし、密売の利権をめぐるイラン人同士の銃撃事件などを頻発させた。表立ったところからは姿を消したというだけで、イラン人はイラン人で相変わらず犯罪に手を染めているのである。

 その上野ではイラン人が氾濫していた当時から、いずれは中国系が増えることが懸念されていた。その通り、今や上野の歓楽街は夜な夜な客引きを繰り広げる中国人や韓国人のホステスによって席巻されている。

 先日は泥酔した男性客がコンビニのATMから現金を引き出した直後、1人の中国人ホステスが背後から両手で男性を目隠しし、キスをしている隙にもう1人の中国人ホステスが現金を盗み取るという事件が発覚した。何とこの2人組の中国人ホステス、同様に男性客から現金を盗み取る手口の犯行を重ね、その被害総額は3億円に上るという。

 その他、上野界隈では中国人ホステスの客引きで店に行った男性客が帰り際、法外な飲み代を請求され、現金を脅し取られる事件が頻発している。入店直後、わざと猥褻行為に及ぶように仕向けられ、デジカメやスマホの動画撮影で隠し撮り。法外な現金請求とともにその画像・動画を見せられて脅される手口が頻発しているという。

 男性客が泥酔していた場合には背広の懐から現金の入った財布を抜き取られるという事件もあったと記憶している。

 もはや中国人ホステスは単なる客引きではなく、かっぱらいや強盗、脅迫・恐喝の類。明らかな現行犯で捕まっても絶対に自分の罪を認めようとはしない。もはや日本人同士の常識など通用するはずもない。

 こうした状況に最も迷惑を被っているのは上野界隈で商(あきな)いを営む日本人の飲食店経営者らである。馴染みの客は次第に寄り付かない、一見の客は二度と来ない。

 地域の自治会に申し入れても、警察に通報しても、強引で悪質な客引きを行なう中国人ホステスが摘発される気配すらない。

o0283040012881687828 こういう状況になってくると懸念されるのは日本人が次第に居なくなり、店舗も客も中国人ばかりになって事実上のチャイナタウンと化すことである。

 東京では池袋にチャイナタウンが作られるとか作られないと言っているが、その一方では各地で事実上のチャイナタウンが続々出来つつある。

 中国系の店舗や売春婦紛いの中国人ホステスが氾濫するということは、その背後には必ず中国系マフィアの影がちらつく。人口による侵略のパターンはいつも同じ。最初に「イイ女」が送り込まれ、店も客も歓待する。しかし、店という店を中国人によって乗っ取られ、次にマフィアが上陸を果たす。いつの間にやら街は麻薬や銃器が氾濫するようになっていたりする。

 女(ホステス&売春婦)と麻薬・銃器そしてマフィア…これらは必ずセットで入ってくると見て間違いない。

 上野界隈では約3年前、中国系マフィア怒羅権(ドラゴン)のメンバー4人と日本人男性2人が上野広小路の路上で接触。口論の末、怒羅権メンバーが刃渡り30センチの刃物で男性らに切りかかるという凶悪事件が発生した。被害に遭った男性らは右腕を切断しなければならないのではないかというほどの重傷を負わされたという。

 このように中国人ホステスの氾濫に気を許している間に数億円にも上る現金を収奪され、街ごと中国人に掻っ攫われる事態は現実のものとなっている。

 中国人ホステスによる強引な客引きが公然と繰り広げられ、所轄警察さえもどうにも出来ない。これを治外法権と言わずして何と言おうか。

 こうした状況において上野界隈での外国人犯罪追放街宣に起ち上がり、これを継続的に展開していくとしたものだ。

 筆者も20年近く上野の周辺に住み、非常に愛着のある街だが、アメ横などは昔から「あれほど変わらないところも珍しい」と言われるくらいに変化が無い。変化があるのが必ずしも良いとは言えないが、変わらないがゆえに「歓楽街の覇権」は池袋や新宿、渋谷といった東京西部に掌握されてしまった。どちらかと言えば上野などの東京東部は廃れてしまった印象もあるが、駅前の人通りを見ても街の中心部だというのに明らかに人通りが少ない。寂れてしまっている。

 こうした街の間隙に中国人が続々侵出している。

 どんな建物が建つとか、どんな店舗が建つといった問題以前に、どうにか上野の活気を取り戻さなくてはならない。

 外国人犯罪追放の掛け声がその一助となれば幸いだ。

★動画ご紹介!

外国人犯罪追放街宣 IN上野【有門大輔】2014/11/19

https://www.youtube.com/watch?v=n4bUdIHrntY

支那人ホステスは客引きでも何でもない! スリ、かっぱらい、強盗の類! 大多数が日本人との偽装国際結婚で在留資格を得ている! 善良な相貌(かお)をした不良外国人のホステスから在留資格を剥奪しろ!

外国人犯罪追放街宣 IN上野【荒井泉】2014/11/19


https://www.youtube.com/watch?v=fEZQYRv_VdE

サンゴの収奪も日本への入国も支那からの宣戦布告! 侵略ですよ!

外国人犯罪追放街宣 IN上野【参加者1】2014/11/19

https://www.youtube.com/watch?v=DfMo4E0cBGU

グローバル・スタンダードなんて言葉に騙されちゃいけませんよ!

外国人犯罪追放街宣 IN上野【妨害者】2014/11/19

https://www.youtube.com/watch?v=Ow-l8ughi0Y

日本の労働力が不足しているなんて嘘です! 本当に労働力が不足しているなら高度成長期のように賃金がアップしてなきゃおかしいんですよ!

外国人犯罪追放街宣 IN上野【参加者2】2014/11/19

https://www.youtube.com/watch?v=tHFy_9ijXmE

日本の歓楽街は各地で侵食され続けています!

外国人犯罪追放街宣 IN上野【高木修平】2014/11/19


https://www.youtube.com/watch?v=xApDzHuxIkw

日本人同士で争っている場合じゃない! 敵は支那・中共だ!

外国人犯罪追放街宣 IN上野【せと弘幸】2014/11/19

https://www.youtube.com/watch?v=j94OB7MEPxE

NPO外追は上野に氾濫したイラン人犯罪を憂慮するところから産声をあげました!
それが今や上野は支那人に乗っ取られています! 泥酔した日本人が支那人の客引きに財布を奪われたと言うのに、駆けつけた警察官はろくな対応をしない! これが上野の現状です!


★画像ご紹介!

DSC_8236
上野界隈での街宣で時折、関心を示した方が立ち止まって聴き入る
DSC_8218
思えばNPO外追として上野での街宣主催は初のこと!
今後は他団体の「縄張り」とされていた上野の奪還を目指す!

DSC_8242
上野にNPO外追のノボリがきらびやかに逞しくはためく!
DSC_8287
歓楽街のネオンをバックに社会運動の街宣模様も絵になる!
DSC_8308
護国志士の会の高木脩平局長も馳せ参じてくれた!
DSC_8340
主催者である瀬戸弘幸・NPO外追顧問(ぶろぐ『日本よ何処へ』主宰)
DSC_8331
全員でシュプレヒコール! 支那人犯罪を上野から叩き出せ〜!!
維新政党・新風の鈴木信行代表も声援を贈りに来て下さった♪