1
画像:11月29日に全国一斉で行なわれた移民・難民反対行動(埼玉・大宮でのデモ行進)

1
画像:埼玉デモ行進に用いられた横断幕
今回のデモ行進で思ったことは、しばき隊などの妨害により、一時的に減少した女性の参加率が回復傾向にあるのではないかということだった


☆参加報告 11/29 IN大宮

移民・難民反対!全国一斉行動(埼玉編)

約100名の参加者とともに共産勢力の妨害に立ち向かう!

2
画像上:デモの開始前、主催者である道添隆寛・在特会埼玉支部長の呼びかけで、ペルー人によって惨殺された6人の熊谷市民そしてパリ同時多発テロの犠牲者に対しての黙祷が捧げられた
なお、黙祷の間も付近に陣取った妨害勢力しばき隊は盛んに罵声を飛ばしていたが、このように故人をも冒涜するのが、しばき隊と称されるチンピラどもの正体なのである
画像下:同じく主催者である蕗上政司(ふきがみ・まさし)氏(右端 =在特・埼玉支部運営=)による挨拶
しばき隊は私たちが何もしていないのに、勝手に内紛や『地雷』を踏んで自滅への道を辿っています。やはり、お天道様は見ているのでしょう。彼らのやっていることこそ、日本人へのヘイトであり、日本人へのレイシズム。『レイシストをしばき隊』ではなく、『レイシストだ!自爆隊』になるんじゃないでしょうか。私たちは私たちの主張をしていけば良いと思います
3

 移民の受け入れなど、日本のアルバイトの時給は約20年前から変わっていないと言われるが、アメリカ合衆国ではマクドナルドの時給でも(日本円に換算して)1,800円は稼げると言われる。

 今後、いくら日本が移民の受け入れに躍起になろうと、各国の移住希望者はアメリカに向かいたがるのではないかという笑い話もあるくらいだ。

 平成27年11月29日、『行動する保守運動』による主催で全国一斉の「移民・難民反対デモ」が開催された。

 この行動は北海道から東北、関東、中部、関西、九州など各地で同時刻に同時開催されたものであり、それぞれの地域でデモ行進や街頭演説活動が行なわれたものである。

 同時多発テロは破壊しかもたらさないが、行動する保守運動による同時多発の街頭行動とは、日本の再生に向けて何と創造的且つ建設的で、平和的であることか。

 埼玉県さいたま市内で開催された移民・難民反対デモには、当法人から理事長の有門大輔が参加させて頂いたものである。

 しばき隊(総称)』『CRACとされる妨害勢力はデモ行進に対して激しい罵声を飛ばしていたが、移民・難民の受け入れに反対することの一体どこがヘイトで、どこがレイシズムなのか、皆目意味が分からない。この日の妨害は主に共産党関係者も率先的に呼びかけていたと言う。

 言うまでもなく、しばき隊とは反ヘイト・反レイシズムを口実に、移民・難民の大量流入と氾濫で社会がカオス化することを欲している過激派紛いのゴロツキ集団なのである。

4
画像上:参加者が持参した難民イラスト(はすみとしこ女史作)を用いたプラカード
画像下:愛国バンド『フジモンズ』の荒井泉氏が協賛団体代表として挨拶
日本と言う国はね、そんな大量の人口は要らないんですよ。日露戦争を戦った時だって、たかが4千万人ですよ。それだけの人口でもやっていけるんですよ。移民を受け入れてまで人口を足す必要なんてないじゃないですか! 日本に大都市なんて、そんなに要らないんですよ! 人口が減って、土地が余ったのなら、元々そこに住んでいたサルやイノシシや熊さんたち動物に土地を返してあげれば良いじゃないですか!
5

 同じく協賛団体の代表として挨拶させてもらった当法人理事長の有門から「雲一つない晴天の下で全国一斉移民・難民反対デモを開催出来ることは非常に喜ばしい。しかし、日本全国だけではありません! 全世界で共通です。今やヨーロッパでは移民・難民反対は当たり前! 今日のデモでも、あそこで野次を飛ばしている連中(しばき隊)など問題外! 移民・難民に賛成か反対かよりも、移民・難民をどう阻止するかの問題です。
 ドイツを例に見ると外国人労働者の受け入れが瞬く間に移民問題に発展。その移民問題が難民問題に発展しました。よく日本では移民と難民を別に考える傾向がありますが、ヨーロッパではもう区別がついていません。移民も難民も一緒くたのものであるとして反対を主張していきましょう。

 そして難民問題やパリ同時多発テロ、トルコ人の大乱闘といった話題に押されてしまいましたが、埼玉・熊谷でペルー人の男によって6人の市民が惨殺されるという事件がありました。

 このペルー人というのもブラジル人と同様、日系人に限定した入管法上の『日系人特権』によって日本に来ています。在留や就労において他の外国人よりも特権的に扱われている。つまり在日朝鮮人の在日特権と同様、日系人特権という『二つの在日特権』問題が存在します。

 移民・難民反対に併せて、この日系人特権も追及する運動・闘争へと発展させたいと思います」…と述べさせて頂いた。

6
8
画像上:PRカーを先導に進むデモ行進
画像下:支離滅裂、意味不明な野次を飛ばしていた妨害勢力の1人であるグラサンデブ
7

 今回のデモは行動する保守運動系による全国一斉のアクションであったが、繰り返し、日本だけではない。今や移民・難民反対は世界で各国共通の動きなのであり、こと日本とて例外ではない。

 この各国共通の移民・難民反対アクションこそは歴史の必然であり、歴史が胎動する瞬間なのである。

★動画ご紹介

移民(難民)受け入れ絶対反対 国民大行進 in 埼玉2015/11/29デモ前
https://www.youtube.com/watch?v=IohqDThPRM8

移民(難民)受け入れ絶対反対 国民大行進 in 埼玉2015/11/29
https://www.youtube.com/watch?v=5hZIfjHIsJs

(撮影:Boljoaさん)

☆デモ行進を終えて…

愛国市民に襲いかかる共産党系の正体

デモへの妨害勢力の背景にある「反原発運動の反日・親韓姿勢」を読み解く

 全国一斉での移民・難民反対行動は成功裡に終わったと言えるのではないか。

23

★動画ご紹介

移民(難民)受け入れ絶対反対 国民大行進in埼玉【集会編】27.11.29
https://www.youtube.com/watch?v=oBtdnpwd4ms

移民(難民)受け入れ絶対反対 国民大行進in埼玉【デモ行進1】27.11.29
https://www.youtube.com/watch?v=4NUHM_rZ2os

移民(難民)受け入れ絶対反対 国民大行進in埼玉【デモ行進2】27.11.29
https://www.youtube.com/watch?v=FcQ_sxKw-c0

移民(難民)受け入れ絶対反対 国民大行進in埼玉【デモ行進3】27.11.29
https://www.youtube.com/watch?v=XxmMGtVm3cI

移民(難民)受け入れ絶対反対 国民大行進in埼玉【到着編】
https://www.youtube.com/watch?v=BZhDCRn1nhY
(撮影:sencaku38さん)

移民(難民)受け入れ絶対反対 国民大行進 in 埼玉 デモ行進(1) うるさい在日たち
https://www.youtube.com/watch?v=kXXuI0X3nzc

移民(難民)受け入れ絶対反対 国民大行進 in 埼玉 デモ行進(2) 大宮の町が騒然
https://www.youtube.com/watch?v=WQfGdrlfvaA

移民(難民)受け入れ絶対反対 国民大行進 in 埼玉 デモ行進(3) 在日の下品さに町は騒然
https://www.youtube.com/watch?v=OrbCkWp5bNM

移民(難民)受け入れ絶対反対 国民大行進 in 埼玉 デモ行進(4) JR大宮駅騒然
https://www.youtube.com/watch?v=qYoQgAnY-D4
(撮影:neguser1さん)

【2015/11/29】移民(難民)受け入れ絶対反対国民大行進in埼玉(車載)5倍速
https://www.youtube.com/watch?v=F8RR-DBQ2bM
(撮影:ts25mumonさん)
45
画像上:騒然とするJR大宮駅西口の周辺
愛国市民デモに対して仕掛けられたチンピラ・ゴロツキ集団しばき隊による仁義なき戦いで、「堅気衆」には大変ご迷惑をおかけしております

 29日の大宮デモでの終着地点であるJR大宮駅西口周辺ではしばき隊(総称)』の代表格である野間易通(のま・やすみち)がようやく姿を現わし、拡声器でデモ隊への罵声を飛ばしていたが、この野間、先日は然る「アンチ在特ブロガー」に訴えを起こされた件で罰金の判決を受けたらしく、右派市民のデモ隊からは「罰金おめでとう!」との野次を返される羽目になっていた。

 しばき隊シンパである新潟日報報道部長(当時)による左派系弁護士へのネット上での激しい攻撃に見られるように、右派市民デモ関係者との間ではなく、あちら同士での一種の「内ゲバ」が原因で勝手に自滅しているのが最近のしばき関係者に見られる傾向だ。

 ノコノコと姿を現わしさえしなければ良かったものを、全国一斉の行動とあってカウンター(妨害)勢力も各地への遠征で分散していたせいか、当人もトンだ出場を余儀なくされたものである。

 ところで当日の大宮デモに対しては共産党関係者からデモ妨害(カウンター)の呼びかけが盛んに行なわれたようである。

 日本共産党系とあって、おそらく反原発デモからも相当数が動員されたのだろう。

 共産党支持者によって結成される反原発グループ首都圏反原発連合(反原連)』を母体として「しばき隊」と称されるレイシストをしばき隊が結成された。無論、その後、様々な人間が出入りしただろうし、しばき隊から派生した別団体・別勢力も存在するのだが、やっていることは総じて右派市民グループへの妨害行動という点で一致している。

 しかし、反原連が主張する反原発とはそもそも「環境問題」であるにも関わらず、何故に反韓国・反朝鮮の右派市民デモに過剰反応し、組織的なデモ妨害を繰り広げるに至ったのだろう?

 反原連の代表ら関係者は早い段階から『在特会』など行動する保守運動による新大久保デモを偵察しに来ていたと言われるし、野間に至っては5年前よりカウンターの原型としてデモを追尾していたことが確認されている。新宿区内での在特会デモが中国残留孤児3世の少年に催涙スプレーによって襲撃された際、野間らが犯行現場となったデモ終着地点(公園)に居合わせている。

 そもそも直接的に結び付くはずのない反原発と右派市民デモへのカウンター…。

 共産党など左翼系による反原発運動からして疑ってかからなければならない。

 約4〜5年前の3・11東日本大震災と原発事故以降が特に顕著なのだが、韓国は日本の原発施設からエンジニアを引き抜くことに躍起となっているようである。
 元より原発施設での事故・故障が相次いでいたとされる韓国にあって、優秀な原発エンジニアの獲得と原発システムの確立は急務であった。

 通常では考えられない破格の給与と待遇により、突如として辞表を提出し、韓国へ渡ったエンジニアもいるとされる。当然、技術を搾取するだけ搾取した後はポイ捨てなのだろうが、破格の給与と待遇で日本の原発施設からエンジニアを一本釣りして韓国に引き込むというやり方は、何やら右派市民デモ参加者を誘惑して自陣営に引きずり込むレイシストをしばき隊のやり方に似ていなくもない。

 一説によると韓国の引き抜き工作は中国をも凌ぐ勢いで、さも日本から原発技術を盗めるだけ盗め!…日本の原発を潰せ!…とする指令の下に動いているとされる。

 折りしも大震災と原発事故に際し、そのような国ぐるみの対日工作が一気に加速し始めたとしたら空恐ろしい。

 反原発デモで時の民主党政権に原発完全STOP原発ゼロ目標を確約させ、韓国の原発を売り込ませようとする目論見があるとしか思えない。

 そうした左翼・反原発勢力による目論見は、アホな反原発派メンバーの1人が「韓国から原発を買えば良い」などとウッカリ本心を漏らしてしまったことに象徴されているように思う。

 反原発デモの一方で、反原発派グループを主体とした反韓国デモへの激しい妨害…。日本の原発エンジニアの激しい引き抜き合戦…。
 これらが密接にリンクしているように思えてならない。

 差別撤廃を掲げた東京大行進に参加したしばき隊の関係者は無政府主義の旗を掲げていたとネット上で話題になっている。

6
画像:東京大行進にて、しばき隊に連なる者らが掲げたとされる無政府主義の旗(注意:今年11月の東京大行進ではありません)

 しばき隊ひいては反原発グループの本性を見事に表わしていると思うが、その実態とはやはり、親韓国・親朝鮮系の過激左派集団であると見ることが出来よう。同時に、それは世間的に隠された日本共産党の正体を間接的に示している。