第2次朝鮮動乱を見据えて必要不可欠な愛国日本人の主張

関西行動保守の雄・荒巻靖彦氏が「完全復活」を遂げた日!

2/21 IN大阪

「日韓断交」国民大行動!!
 竹島の日(2月22日)を前日に控えた平成28年2月21日(日曜日)、全国一斉の「日韓国交断絶デモ」が主要都市で一斉開催された。

 先週末より所用のため京都府を訪れていた外撲協議長・有門大輔は、大阪府内で開催された『日韓断交共闘委員会関西』主催のデモ行進に参加してきたものである。
45
 いつもなら東京都内で開催されているデモに協賛団体の代表として参加するところだが、偶然にも京都府内にいたこともあり、数年ぶりに大阪でのデモ行進への参加を決めた。大阪で開催されるデモとあって、飽くまでも一参加者としてお忍び的に参加させてもらったものである。

 今回の大阪でのデモでは、かの京都朝鮮学校や徳島県教組、韓国人女優をCM起用したロート製薬など数々の抗議行動で勇名を馳せた荒巻靖彦氏が社会復帰後、デモ行進の最前線において改めて完全復活を印象付けた。
 その他、川東大了氏や村上利一氏、旧『純心同盟』本部行動隊長の水谷架義氏ら「行動する保守運動・関西」の名立たる中心人物がオールスターで勢揃いしたものである。

123
画像左上:先日の街宣に続いて完全復活をアピールした関西行動保守の雄・荒巻靖彦
画像中央/右上:大阪のビジネス街から繁華街を大行進したデモの一行
カウンターによる妨害をよそに、街中に反韓コールが響き渡る

 デモの前後にそれぞれの関係者にご挨拶させて頂いたものだが、荒巻氏と直接対面は本当に久々のことであり、大阪でのデモに参加させて頂く機会があって本当に良かった。

ご無沙汰しとります! よう来てくれはりました! デモの最初からおらはったんですか(おられたのですか)? 何で言うてくれませんのや? お元気そうで何よりです!

 荒巻氏からは服役される前と何ら変わらない…いや、むしろ服役する以前よりも元気一杯のご挨拶を頂き、固い握手を交わさせて頂いた。氏のエネルギッシュさは無名時代の頃より変わらない。人に対し、分け隔てのない、このエネルギッシュさが次から次へと人を呼び寄せるのだろう。

 対在日・対韓国・対左翼での闘争におけるお勤め、本当にお疲れ様でした。有り難うございます。そして今後とも宜しくお願いします。

 荒巻氏にせよ、間もなく社会復帰される西村斉(ひとし)氏にせよ、対左翼・対在日・対韓国の闘争では日本国内にあって、誰よりも自身の生涯を犠牲にされ、誰よりも最前線で熾烈に戦って来られた闘士である。

 単に在日憎しとか左翼憎しの戦いではない。そうした不逞者による不法・不正の横行を看過する世の不条理との戦いである。

 大阪府内での愛国市民デモ行進とあって、在日・左翼勢力を主体にしたと思しきカウンター(妨害)勢力の数も多い。罵声も多い。しかし、荒巻氏をはじめ、関西有志による反撃は時に激しく、時に冷静になだめる。何ともデモとデモ妨害への対応を、どこの地域よりも「楽しみながら」且つ「真剣」にやっている。

 罵声には関西弁の罵声で激しくまくしたてるが、それでいて自分たちの主張は力強く、理路整然と主張している。スタッフの陣容も手堅い。

 心温かく迎えて下さった関西有志の皆様、有り難う御座いました。


67
画像上:公園での出発前の集会

89
画像上下:東京と同様、大都会・大阪でのデモ開催とあって、大阪府警も警視庁に負けず劣らずで「鉄壁のディフェンス」による警備体制を敷いた
1011

1213
画像上:今回のデモ行進では数年前の大阪デモで妨害勢力男組(当時)から襲撃を受けた男性も元気に参加されていたのを確認出来たことが印象的だった
(この事件で男組は組長・高橋直輝こと添田充啓以下、関西方面の支部長ら数人の逮捕者を出している ※肩書きはいずれも当時)

1415
画像左上:機動隊車両が警備する韓国領事館前ではデモ・コールもヒート・アップ!!
日韓、断交! 韓国、粉砕! 竹島、返せ!」「憲法を改正し、竹島から朝鮮人を排除しろー!」のコールが街中に響き渡る
画像右上:大阪でのデモで用いられた横断幕

20160123-05
画像:現在の竹島

★動画ご紹介
在特会 日韓断交デモ 大阪2016 竹島
https://www.youtube.com/watch?v=5eUFP9yhe8k