12
画像左上:浦和駅前での街頭演説の様子
画像右上:街宣数日前の下準備で作業中の筆者

☆ご報告 5/8 IN浦和駅前 牢人新聞&外対(外撲協)主催

「埼玉県 定例街頭演説活動 第2回」

通りがかりの在日左翼(?)が演説に乱入、街頭ディスカッション!?
345
 平成28年5月8日(日)、『牢人(ろうにん)新聞社』(渡邊昇代表)と『外国人犯罪対策本部(外国人犯罪撲滅協議会)』はJR浦和駅前にて第2回目となる合同での定例街頭演説活動を行なった。

 渡邊代表からは現在、通信制高校に通う自身の体験を踏まえ、入学式で国旗・日の丸が掲揚され、国歌・君が代を斉唱する際、司会役の教員が「(国からの)学校指導要綱に従って行ないます」と宣言したことに愕然としたことが話された。

 日本国で日本国民が国歌・君が代を斉唱するのに誰に憚る必要があるのか? そんなことさえも逐一、学校指導要綱を持ち出さなければ国歌も歌えないのがわが国の実情である。しかも入学式では高らかに君が代を歌い上げたのは渡邊代表一人であったと言う。

 ここまで日本人の民族精神が衰退したことを物語っている。学校の入学式で国歌が斉唱された…それで良しとされるような問題ではない。

 続いて演説した外対の本部長・有門大輔からは当日も我々から離れたところで「差別反対」のプラカードを掲げていたしばき隊など妨害勢力を念頭に、我々の主張は日本に来て悪いことをする外国人、日本にとって好ましからざる外国人を追放しよう、日本にとって好ましからざる国(敵国)との国交を断絶しようと主張しているものであり、本来的な差別だとかヘイトスピーチとは無縁の主張であることを述べた。

 例えば、我々が街宣を開始する直前まで、すぐ横では医療労連団体を標榜した共産党系と思しき勢力が演説・署名活動を行なっていた。

 看護師を増やせとする主張は良い。しかし、それと同時に戦争反対などというモロ共産党そのもののスローガンを掲げるなど、その正体は共産党系であった。
67
 左翼勢力が挙って非難する安保関連法にしたところで、戦争反対と言えば聞こえは良いが、要は日本が反撃の手段を持つことを封じようとか、日本が侵略されやすいような無防備な国にすることを目論んでいる。そうした左翼と在日朝鮮系をはじめとする外国人が結託している。こうした政治運動も日本に害をなすものだ。

 強窃盗などの外国人犯罪も然ることながら、外国人が新たに増えてくることで、日本にとって好ましからざる外国人が増えてくる、それを排除しよう、日本への来日激増を阻もう、そうした主張は何ら差別ではないと改めて述べた次第である。

 そして韓国のように日本固有の領土・竹島を不法占拠する敵国との国交断絶。埼玉・浦和でもつい先日、それに資する問題が起きた。さる3日、浦和の埼玉スタジアムにて浦和レッズと韓国チームが試合をした際、韓国チームの選手が腕に巻いていたテープをピッチ上に投げ捨てたり、唾を吐いた。

 それを咎めた浦和レッズ選手によって、ピッチ上に捨てられたテープを拾い集める韓国チームのスタッフもいたようだが、韓国チームの選手はそれを奪い取るや再びピッチ上に投げ捨てた。その問題を韓国メディアはさも浦和レッズのサポーターがゴミを投げ入れたかのように、正反対のことを捏造して報道している。
ariurawa
 後日、韓国チームの選手らはピッチ上にテープを投げ捨てたのは「我々の文化だ」などと主張した。ゴミをゴミ箱に捨てるという常識もなく、スポーツマン・シップに反してピッチ上に投げ捨てる、唾を吐く…。挙げ句、それが浦和レッズ・サポーターの仕業であるかのように捏造する。ピッチ上へのゴミの投げ捨てが文化だと主張して憚らない韓国人とは到底、共生・共存は望めない。

 国交断絶どころか民間交流も断絶して良いだろう。埼玉県民も浦和レッズ・サポーターも韓国の横暴に大いに怒ろうではないか。

 3番手の弁士である千田三郎氏からは「日本人による虐殺は捏造してでも騒がれるのに、白人によるアボリジニの虐殺やインディアンの虐殺はホロコーストとして騒がれない。それは彼らが抗議の声を発する前に絶滅させられたも同然だったからだ。グローバル化に染まり、移民・難民の受け入れが当たり前だと思っている現代日本人もアボリジニやインディアンと同じ運命を辿りつつある」として警戒を発せられた。

 4番手の弁士である愛国バンド『フジモンズ』の荒井泉氏からは、差別反対とともに「反原発」「反アベ政治」のプラカードを掲げた左翼勢力に対して「柔軟性がない」とする指摘がなされたものである。
ara
差別反対…なんて言いますが、世の中は差別だらけなんですよ。会社でも給与の差はある、ボーナスの額に差はある。やっている職種や年数、実績、実力などによって差が生じるのは当たり前。野球でホームランを打った選手にタッチするのも元々、白人選手が黒人選手と握手出来なかったからですよ。オリンピックだって差別だらけ。何で水泳やアイスホッケーの選手には黒人がいないんですか? そんなに差別が嫌ならIOCにでも文句を言えよ

 その荒井氏の演説中、通りがかりの老人男性が声を荒げて因縁を吹っかけてきたので、ワイワイガヤガヤと事を荒立てて騒ぐのではなく、彼にもマイクを握らせて、その主張を述べさせてみた。カウンター連中は一切議論めいたことをしようとしないが、その男性は堂々マイクを握って、持論を述べ始めた。

☆いっそ「在日特権」を作ってみるか!?

 敵対する意見の者であっても罵声・怒声で追い返すのではなく、一通り、その思うところを述べさせてみる。ネット発の「行動する保守運動」系にあって、このスタイルを採り入れたのは渡邊代表によるコンセプトである。
tai3tai
 「田井(たい)」と称するオジさんが我慢ならなかったとするのは「在日朝鮮人への『在日特権』…」のくだり。

 確かに在日外国人で「在日アメリカ人4世」とか「在日イタリア人5世」というのを聞いたことがない。しかし、朝鮮人だけは今や在日6世、在日7世が誕生している時代だと言う。

 田井オジさん曰く「在日朝鮮人の方々は差別されている可哀相な人たちだ」「戦前日本が朝鮮半島を侵略・支配した…」「日本人は謝罪しなければならない」、従って「在日朝鮮人に在日特権があるなどと言ってはいけない!」というものである。
tai2
 何でも、このオジさんに言わせると在特会(在日特権を許さない市民の会)によるデモ・コールの主体は「(朝鮮人)死ね」「殺せ」にあると思っているようで、バリバリ左翼活動家と言うよりは、単に戦後教育と在特会バッシングの在日勢力によるプロパガンダに影響され、それを妄信して憚らない、在特会への憎悪剥き出しの方のようである。
tai4
画像:マイクを手に、田井オジさんに質問する荒井氏(右)
え? 何? するとオジさん、朝鮮人の人たちに申し訳ない、すみませぇ〜んって何千年も未来永劫にわたって朝鮮人に謝り続けるの? 交通事故だってね、示談したり裁判で決着がつけば、それで終わり。後は何も言いっこなしだよ。日本だってね、サンフランシスコ平和条約で日韓間の決着はもうついているの!

 とにかく田井オジさんは「在日特権」…のくだりにエラく触発されて反発したようで、在日特権の存在を否定する妨害勢力しばき隊の言い分を完全に鵜呑みにしている。在日特権の存在を追及する在特会を叩きたくて仕方がないらしい。

 確かに特別永住制度や通名(公的に通用する日本人名)の問題など、多岐にわたるとされる在日特権の問題は、「運用の問題」として存在するものであり、明確な形としての特権は存在しない。

 では、逆説的だが、在日特権の存在を作ってみるというのはどうだろうか? 押しても駄目なら引いてみな…ではないが、悪しき朝鮮人を追放するためにも。

 どういうことかと言うと、「同和対策事業特別措置法」(02年に廃止)のように、「在日韓国・朝鮮人の法的地位を守るための特権的な権益保護法」とか何とか名づけて特別永住制度の子々孫々にわたる継続や通名の公的使用、人道的配慮に基づく生活保護の支給などを明文化する。

 そうすることで、それら一つひとつが無くさなければならない特権としての存在がより浮き彫りになるのではないか?

 …それはともかくとして、田井オジさんが言うように「相手(朝鮮人)が納得するまで謝罪を続け、ドイツがやったように完全な決着を図れ」などという暴論はそれこそ、何千年にも未来永劫にわたって日本人が朝鮮人に屈服することを強いた(朝鮮人にとって)特権的な構造である。

 第一、ドイツを例に出しているが、ドイツはナチス・ドイツに全ての責任を擦り付けてすり抜けただけで、国家として謝罪などしていないのだ。ナチスに全ての責任を擦り付けたため、ドイツは今、何百万もの難民に侵略・支配を受けると言う憂き目を見ているに違いない。

 もし、日本が同じようなことをして戦前と戦後を完全に切り離そうとすれば、それこそ皇室を廃止するしかなかった。実際、占領軍総司令部によって、そうした計画もあったと聞くが、それを頑として是としなかったところに日本人の素晴らしさがある。

 しかも朝鮮人が納得するまで(どんなに謝罪・賠償しても未来永劫にわたって納得しないどころか、ますます謝罪・賠償の要求は高まる一方)謝罪し続けよとは、もう在日を通り越して朝鮮半島そのものに対日特権」「反日特権を与えよとする究極の売国・亡国論である。

 先の日韓合意で不本意ながらも再び謝罪・賠償を余儀なくされた日本だが、だからこそ、そうした合意事項を全て反故にする「日韓断交」を求める動きが出てくるのも自明であろう。

 在日特権の廃止、日韓断交…朝鮮半島に関する全ては一斉に履行されるべきである…いや、履行しなければならない。

 そのことを再認識出来た街頭演説活動の開催であった。

★動画ご紹介

【渡邊昇 氏】第2回 埼玉県時局演説会in浦和 2016/5/8
https://www.youtube.com/watch?v=fr9rjYqj6mE

【有門大輔 氏】第2回 埼玉県時局演説会in浦和 2016/5/8
https://www.youtube.com/watch?v=4JAPqU_qhmU

【荒井泉 氏 街宣中断!】第2回 埼玉県時局演説会in浦和 2016/5/8
https://www.youtube.com/watch?v=QkqePPBJ0AE

【通行人の一言!】第2回 埼玉県時局演説会in浦和 2016/5/8
https://www.youtube.com/watch?v=y-rMMuFGvS8

【千田 氏 反論!】第2回 埼玉県時局演説会in浦和 2016/5/8

https://www.youtube.com/watch?v=PARZnsYCXg0

【荒井泉 氏 街宣続き!】第2回 埼玉県時局演説会in浦和 2016/5/8
https://www.youtube.com/watch?v=FWEc9JIGias

【千田 氏2】第2回 埼玉県時局演説会in浦和 2016/5/8

https://www.youtube.com/watch?v=_JtotuDWuFY

【渡邊昇 氏2】第2回 埼玉県時局演説会in浦和 2016/5/8
https://www.youtube.com/watch?v=-DBitVMEfoE
(撮影:sencaku38さん)


★動画ご紹介(2)

【渡邊昇 氏vsじゃがいも!】第2回 埼玉県時局演説会in浦和 2016/5/8

https://www.youtube.com/watch?v=gqh9r3myqSo

【手出し出来ない じゃがいも!】第2回 埼玉県時局演説会in浦和
https://www.youtube.com/watch?v=NSndcMVIqAI

【抗議される・じゃがいも!】第2回 埼玉県時局演説会in浦和 2016/5/8
https://www.youtube.com/watch?v=Jizx7R6qfFM

【不満げな・じゃがいも!】第2回 埼玉県時局演説会in浦和 2016/5/8
https://www.youtube.com/watch?v=9h8uTia74tM
(撮影:sencaku38さん)