1
画像:デモを先導する『瑞穂尚武会』の五十六パパさんこと津崎尚道代表
左は横断幕を手に行進する『護国志士の会』の高木脩平局長


☆屈辱の「6/5川崎デモ潰し」から1年余…

反日と外国人犯罪天国の「治外法権」を許さないと誓って戦う!

 平成29年7月16日(日)、「海の日」を前に、同月最初の連休となった当日、人気愛国ブログ『日本よ何処へ』の瀬戸弘幸主宰や『瑞穂尚武会』の津崎尚道代表らの呼びかけによる川崎デモが神奈川県川崎・中原で開催された。

 川崎デモをめぐっては昨年(平成28年)6月5日、津崎代表の呼びかけによるデモ行進が600人以上もの反対勢力による激しい妨害で中止に追い込まれた経緯がある。

:川崎デモの関連エントリー

2016年06月06日 6/5の屈辱! 川崎&渋谷デモ
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52017506.html

ab

 その後、津崎代表らは今年2月に東京都内でデモを開催するなどしながら、川崎デモ再開の機会をうかがい続けていた

 そして今回、瀬戸主宰の呼びかけによる川崎デモの再開となり、津崎代表がその旗頭としてデモ先導・牽引役を担ったものだ。

2
画像:チャーター・バスでレインボーブリッジを望む首都高から神奈川県入り


4
画像上:出発地点を警戒・警備する警官隊
3
画像上:約1年ぶりに右派市民デモの日の丸が川崎市内にはためいた


 デモ参加者一同はチャーター・バスで神奈川県川崎市中原区へと向かい、でも現場で下車した後、両サイドを警官隊によって固められる中、すぐさまデモ出発となる。

 津崎代表のコールの下、約300メートルを進んだところでカウンター勢力の妨害が激しくなり、車道に飛び出そうとする者や車道に座り込もうとする者らを排除する中、乱闘騒ぎのような様相を呈してきたので警察はこれ以上の継続は大混乱と(デモ参加者に)負傷者を出してしまうと判断。

 警察の誘導でデモ参加者はバスに戻ることを余儀なくされ、大勢の妨害勢力とそれを阻止する警察官が取り囲む中、速やかに撤収を図ったものだ。
9
画像:バスを取り囲む妨害勢力と、それを阻止する警官隊(バス車内から撮影)


 だが、昨年、一歩たりとも前進することなしに中止に追い込まれた状況に鑑みれば、たとえ300メートルほど進めた
だけでも「大きな前進」だったと言えるだろう。

 それよりも在日勢力がデモへの不許可を求め、偏向マスコミがヘイトスピーチのレッテル張りと印象操作に狂奔する中、正式なデモの許可が得られた時点で雌雄は決していたのである。

7
画像上下:激しい妨害に晒されながらも前進する右派市民デモ
8

 今回のデモは参加者35名に対し、妨害勢力のカウンターは300人とも400人とも伝えられる。待ち構える妨害勢力を前に、「川崎での言論の自由を守れ!」「川崎市での言論封殺(デモ妨害)を許さない!」として、川崎市が法治国家・日本であることを満天下に知らしめようとする有志が行進を敢行したものだ。

5
画像上下:デモをカウンター勢力の妨害から守る警官隊
6
 沿道から公道へと飛び出して、デモ妨害をしにかかるカウンター勢力を阻止する警官隊。神奈川県警の皆さん、お疲れ様でした。

★動画ご紹介!

川崎デモ7・16【これが現実の日本だ!】 自由にデモさせない極左暴力集団の妨害 戦慄の13分間 H29/07/16

https://www.youtube.com/watch?v=myCb4Hq3JFU
(撮影:neguser1さん)


反日国賊の言論封殺!「7.16 川崎デモ リベンジ大成功!」有田芳生、しばき隊、売国奴の邦人虐待への復讐!【せんた
く視線CAM】川崎市中原区於 平成29年7月16日

https://www.youtube.com/watch?v=zzvWzji2D7E
(撮影:日本を今一度せんたくいたし申候。さん)


7月16日の川崎デモ2017/7/16


https://www.youtube.com/watch?v=mxNDvF1y5SM
(撮影:Boljoaさん)


 川崎デモの後、東京都内(千代田区外神田)では『新社会運動』(桜田修成代表)によるデモ行進が開催された。


【新社会運動】北鮮帰還事業再開運動!2017/7/16

https://www.youtube.com/watch?v=S5w2d7ApUkE
(撮影:Boljoaさん)