☆活動報告 7/28 IN永田町

外撲協・牢人新聞・護国志士の会 主催

ari2
1
月例・自民党本部前「移民反対」街宣!

「労働力の供給」を過剰にし、労働力を余剰させた後の戦慄の日本社会…!


 平成29年7月28(金)、我が『外撲協(外国人犯罪撲滅協議会)』は『牢人新聞社』『護国志士の会』とともに
東京・永田町の自民党本部前にて月例の移民反対街宣を開催した。

 当日の主催者である外撲協議長・有門大輔からは最近の例として、熊本県で発生したベトナム人実習生による凶悪犯罪から民主党代表・蓮舫の辞任に次ぐ稲田朋美防衛相の辞任に関連して自民党の男女共同参画政策、そして国家戦略特区に基づく外国人家政婦の受け入れ開始について述べさせて頂いたものだ。

 安倍政権が煽る女性の社会進出(労働力化)外国人材の受け入れはセットなのである。

 特にフィリピン人の場合はホステスなどの水商売もそうだが、十中八九、母国にいる子供を母親(子供から見れば祖母)など実家に預け、出稼ぎで日本に来ている。

 母国で自宅の家事・育児を疎かにして来た者に、今度は職業として他人(日本人)の家の家事を任せようと言うのだから、トンでもないアベコベな発想だと言えよう。

 安倍政権で謳っている女性の積極活用などは日本人女性の権利向上を提唱しているように見えて、その実、専業主婦という「女性としての最大の労働力」をこの上なく馬鹿にした発想に他ならない。

 自らの政権・内閣で女性議員を積極登用して見せた安倍晋三首相だが、相次ぐ女性閣僚の失脚や女性議員の失態などで、ものの見事に失敗であったことを安倍政権・内閣こそが示している。

 ヨーロッパや東南アジアなど、世界各国に海外赴任中の日本人家庭で家政婦(メイド)を雇ったケースをよく聞く。

 どうしても日本人同士のような感覚でやってしまうため、なかなか奴隷同然に扱う冷酷・冷徹さは持てない。結果、損をするのは自身であり、場合によって金品はおろか生命さえ危ぶまされるというのに…。

 海外で起きたケースは必ず日本国内でも起きるだろう。

 今後、外国人家政婦を雇った家庭では強窃盗事件や偽装国際結婚、保険金詐欺、最悪の場合、男女間のトラブルに端を発する殺人事件が頻発すると見ている。

 凶悪犯罪や実習先からの逃亡などで不法滞在化が相次ぐ外国人技能実習制度もそうだが、外国人家政婦の受け入れなど、自民党政権による労働開国(売国)を批判することを「売国奴だ!」とする向きもある。

 売国奴はどちらなのかという話だが、自民党がやっていることだから如何なる政策にも批判を許さないとは…それを共産主義的な体質と言うのではないか?

 盲目的に自民党のやることを妄信し、一切の異論を許さないとする共産主義者も顔負けの体質でありながら、自由と民主主義を尊ぶ自民党支持者(?)とは笑わせる。

 そういうのを「自民党信者」「安倍信者」というのであり、我々の街宣は安倍・自民党への全否定ではなく、それを糾すことを目的としたものだ。
ari

 実際に移民推進派の集会に2度ほど参加して思ったことだが、実際に外国人労働者の受け入れ拡大や移民の受け入れを推進しているのは左翼よりも自民党支持者、即ち「保守派層」に大別される人の中でも富裕層なのである。経営者や財界・企業関係者など。

 利益・利権を追求したい悪い意味での「自民党体質」ばかりが、そこ(受け入れ拡大・推進)に表面化しているのだと思う

 周知の通り、5年前の政権復帰以降、安倍・自民党政権は発足直後より外国人実習生の受け入れ拡大に狂奔。一方で野党から『在特会(在日特権を許さない市民の会)』関係者との接点を追及されるや「知らぬ」「存ぜぬ」。野党時代はさんざん世話になったにも関わらず。

 それが一連の「森友学園」騒動や「加計学園」騒動での支持者の切り捨てに繋がっているわけだが、安倍政権では遂ヘイトスピーチ規制法まで成立させた。

 他方で安倍政権は『日本経団連』など財界の意のままに外国人労働者の受け入れ拡大を実行。

 まさに移民受け入れを実現するための右派(移民反対派)弾圧のヘイトスピーチ規制法だったのではないかと思うが、これほど分かりやすい構図というのもない。

 極端な表現で言えば「富裕層ではない保守派層」からの支持が離れつつあることが今日の安倍・自民党政権の凋落に直結していると言えよう。

 街宣でも各弁士が主張したことだが、安倍政権こそは「集団的自衛権の解釈変更」「安保法制の成立」「共謀罪(テロ等準備罪)の成立」を実現した戦後・自民党政治にあっても希代の政権であるが、同時に売国(労働開国)ぶりも歴代のどの自民党政権・内閣よりも酷い。

 世論調査でも国民の大多数が否定的な外国人移民・労働者の受け入れであるが、ごく一握りの富裕層(マイノリティ)の意向ばかりに誘導されている現在の自民党政治を正すとしたものだ。

 永田町・自民党本部前における我々の移民反対街宣は今回で12度目。昨年8月の街宣開始以来、1年継続してきた

 地味ながらも無理せず継続することをモットーとした街宣を今後も変わらず継続していきたい。

 デモ街宣予定の多い8月は休止、次は9月の第二金曜日の開催を予定している。


★画像ご紹介!

2
女性の労働者が増えれば賃金は下がり、外国人労働者が増えればますます賃金は下がります。昔は旦那さん一人が働いているだ
けで家計が持ちましたが、今では夫婦共働きでもなお貧しくなるという悪循環です。
ですので女性の社会共同参画とか外国人労働者の受け入れ拡大とか、「労働力の供給」を増やすことで賃金を下げて抑
制するような財界主導の経済政策をやめさせなければなりません!

3

4
日本の労働市場は労働力の供給が過剰になり、労働力が余っているというのが実状です。そこに外国人労働者を受け入
れるということは街中に外国人をはじめとする失業者を溢れさせることになってしまいます。


5
「行動する保守運動」にあって二十代の若きリーダー・高木脩平氏
良い悪いは別として大東亜戦争の終結まで、戦前日本は朝鮮半島や台湾の人たちを「同じ日本人」として扱った。それ
を今、日本列島の中で改めて移民として受け入れる必要はない。


…現在、人工知能の発達は驚異的に進んでおり、遠からず人間の知能を凌駕すると言われています。これまでも私たち
の社会では様々な科学的発明で社会生活を発展させてきました。しかし、今度はその人工知能が「開発」までを担うようになります。人工知能ロボットの開発・普及でコンビニやスーパーのレジからバス、タクシー、電車の運転手、航空機の操縦士までが不要となることが予想される未来にあって、外国人移民・労働者の受け入れは一切必要ありません…


6
今回の街宣で初めて演説して頂いた通りすがりのお爺ちゃん


★動画ご紹介!

平成29年7月28日 第12回 移民反対街宣IN永田町1

https://www.youtube.com/watch?v=2AG3IlDoW0U

平成29年7月28日 第12回 移民反対街宣IN永田町2

https://www.youtube.com/watch?v=YPe_NLQnfcQ

平成29年7月28日 第12回 移民反対街宣IN永田町3

https://www.youtube.com/watch?v=E0KRxENL1V8

平成29年7月28日 第12回 移民反対街宣IN永田町4

https://www.youtube.com/watch?v=WHXqkGeIWlQ

平成29年7月28日 第12回 移民反対街宣IN永田町5

https://www.youtube.com/watch?v=LsbclCHOHKc

平成29年7月28日 第12回 移民反対街宣IN永田町6

https://www.youtube.com/watch?v=DC8SsBb2RcA

平成29年7月28日 第12回 移民反対街宣IN永田町7

https://www.youtube.com/watch?v=JlL6Ay2F668

平成29年7月28日 第12回 移民反対街宣IN永田町8

https://www.youtube.com/watch?v=2an8G4r2IiQ
外撲協「永田町街宣」撮影班