7
画像上:銀座を通過するデモの一行

6
画像上:デモの先頭は『護国志士の会高木脩平局長と、同会副長である筆者・有門大輔のツー・トップで務めた


☆協賛・参加報告 8/11 IN銀座

『反グローバリズム国際保守連合』主催

(二重国籍議員)蓮舫の議員辞職を求めるデモ行進!

「スパイ工作員」の問題であり、国力を衰退させた許されざる大罪!

2
画像上:デモ出発前の集会にて挨拶する反グロ国際保守連合の遠藤修一代表
10
画像上:協賛団体を代表して挨拶する『新社会運動』の桜田修成代表
当日のスタイルは漫画『はだしのゲン』に登場する朝鮮人・さんをイメージしたものらしいが、次回は金貸しで成金になったバージョンの朴さんで登場(笑)?


 平成29年8月11日(金)、「山の日」祭日、『反グローバリズム国際保守連合』(遠藤修一代表)の主催により
、民進党前代表で、二重国籍の国会議員・蓮舫への辞職要求デモが開催された。

 この度のデモ行進には我が『護国志士の会』(高木脩平局長)や『外撲協(外国人犯罪撲滅協議会)』としても協賛団体に名を連ね、賛同・参加したものだ。

 反グロ国際保守連合による蓮舫への辞職要求デモは今年2月4日にも開催されており、今回で2度目。

 それから約半年後の7月27日、二重国籍スキャンダルを追及され続けた蓮舫は遂に民進党代表を辞任した。


 蓮舫の代表辞任は、これまで一貫して蓮舫への辞職要求を突きつけ、民進党への抗議や署名活動などで追及し続けて
きた反グロ保守連合の遠藤代表と、同連合を含む「行動する保守運動」の成果であり、運動関係者らの奔走を讃えたい

1
画像上下:集会の様子
3

 党代表は辞任したものの、二重国籍者であり、これまで有権者を裏切り続けてきた蓮舫には議員辞職という「責務が付きまとっている。

 蓮舫の代表辞任を受け、世間的には追及の向きがややトーンダウンしたものの、そこで追及の手を緩めることなく、(辞任から約2週間後に)デモの敢行を決定した主催者らの決断を大いに評価したい。

 何せ民主党(当時)政権時代に行政刷新担当相などを務め、国務大臣として事業仕分けに従事した蓮舫の所業は万死に値する。

 蓮舫の「二位じゃダメなんですか?」とした質問は有名だが、開発・発明の補助金として国費を投じた技術革新の国際競争は言わば「国力競争」でもある。

 確かに国費による補助金を受けずとも素晴らしい開発・発明というのもあるが、ここに投じる予算を削るということは、研究の規模を削ることであり、技術立国の日本にとっては致命的な国際競争からの後退だと言えよう。
13
 現在の蓮舫なら「(国籍が)二重じゃダメなんですか?」などと言い出しそうだが、日本国籍の他に台湾国籍を有し
、その心(帰属)は自らのルーツである支那(中国)大陸にあり、忠誠心は支那独裁政権…。

 まさに蓮舫の二重国籍問題とは、ズバリスパイ工作員の問題だと言えよう。

 きょうび帰化した議員でさえ、その忠誠心は他国にあることを人憚らず公言する者がいるというのに、二重国籍など尚のこと信用出来たものではない。

 そのような者が一時的であれ、国務大臣を務めていたかと思うと空恐ろしいが、それが現実だった。

 現に事業仕分けによって「世界一を目指す意味が分からない」「二位じゃ…」などと妄言を吐き、日本の国力を著しく衰退させた大罪は許されざるものだ。

 11日のデモ当日、参加者のプラカードにも書かれていたが、「災害対策予備費」を削った結果、大災害で犠牲者が出ている。
4

 直接的な因果関係はともかく、蓮舫ら民主党政権の人為的なミスで犠牲者が出たという政権与党としての責任は免れ
ないだろう。

 こんな連中が民共野党連合を組み、再び政権交代を狙い、しかも蓮舫を首班とする新政権の樹立を目論んでいたのだから、「総理大臣からして名実ともにスパイ工作員」という笑うに笑えないブラック・ジョークのような驚愕の未来像だったと言える。


☆国賊議員への弛まぬ追及と新たな統一戦線!

 そして当日の主催者である遠藤代表からも指摘されたことだが、この蓮舫と同じく民進党に籍を置く国会議員が参院有田芳生(ありた・よしふ)
CDBRoLOVEAAq53U
 蓮舫はモデル・タレントを経たニュース・キャスターであり、ジャーナリスト時代の有田はコメンテーターとしてテレビに登場。互いに議員になる以前から、その思想信条も然ることながら、同類・同志の関係にあったと言えよう。

 有田こそはヘイトスピーチ規制を口実に、右派市民デモへの言論弾圧を一層強めている。11日当日も有田と共闘する通称しばき隊なる連中がデモ妨害に乗り出してきた。
5
画像:出発地点の公園より一角に陣取り、デモ出発後は併走して罵声・騒音を飛ばすことでデモ・コールを掻き消そう
と試みた総称しばき隊の連中


 蓮舫に議員辞職を求めるとすればデモへの妨害に現われ、有田を糾弾するとすれば妨害に出現するのが、しばき隊…

 遠藤代表からは蓮舫に続き、同じく民進党国会議員の有田糾弾・辞職要求デモを開催する構想が明らかにされた。

 有田糾弾をめぐっては目下、行動する保守運動の一翼を担い、有田糾弾統一行動を呼びかけた『牢人新聞社』の渡邊主幹が有田から警視庁に刑事告発を受けている。

 渡邊主幹がネット上に「有田に天誅…」と記したことが脅迫罪に該当するとの告発だったが、直接的に危害を加える文言があったわけではあるまいに、明らかに有田サイドが国会議員としての立場を利用して警視庁に圧力をかけ、警視庁サイドが忖度して捜査に着手。


★渡邊臥龍氏のブログ『一介の素浪人』より
賊 有田芳生に天誅を加えむ 和歌五首(4月2日付)
http://blog.livedoor.jp/surouninn_garyou/archives/55599688.html

脅迫罪で有田芳生が告訴状!警視庁に出頭する(8月3日付)
http://blog.livedoor.jp/surouninn_garyou/archives/55630161.html

 ここに政治弾圧としての前例が作られたのである。今後、運動関係者が誰か政治家を批判した場合には、直ちに被害届を出させて弾圧に乗り出す「口実」が作られた。

 つまり、有田による渡邊主幹への刑事告発は、どの政治家がどの運動関係者に対して行なったとしてもおかしくはない。そっくりそのまま他のケースに置き換えられるのであり、今後、この政治弾圧が誰の下に降りかかってもおかしくはないだろう。

 事実上の新たな議員特権というわけではないだろうが、蓮舫にせよ、有田にせよ、政治家に対する有権者からの正当な批判が公然と不当弾圧されるような状況を許してはならない。

 曲がりなりにも有権者から選ばれて議員になった以上、その議員としての資質に著しく落ち度があれば、逆に辞職を勧告・要求されるのもまた議員の責務である。

8
画像上:終着地点に到着したデモの一行
9
画像上:デモ参加者を前に終わりの挨拶をする遠藤代表

11
画像上:デモ終了後の懇親会にて
左から高木脩平・護国志士の会局長、遠藤修一・反グロ代表、筆者・有門大輔、桜田修成・新社会運動代表
次は有田糾弾で新たに統一戦線を構築することを固く誓い合った4人!


DGQi5F7V0AE4596DGSuKfNVwAATi__
★緊急要請

2017年08月05日 渡邊臥龍氏、救援対策本部!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52054242.html

1220-1


★動画ご紹介!

遠藤修一、桜田修成 氏  蓮舫の議員辞職を求めるデモ行進 H29/08/11

https://www.youtube.com/watch?v=ELFYtQu9Wp8
デモ行進   蓮舫の議員辞職を求めるデモ行進   H29/08/11
https://www.youtube.com/watch?v=BHQ0YnyKdD4&t=313s
有門大輔 氏  蓮舫の議員辞職を求めるデモ行進 H29/08/11

https://www.youtube.com/watch?v=1brNswms-qg
(撮影:neguser1さん)


★動画ご紹介!

【集会編】蓮舫の議員辞職を求めるデモ行進in銀座 2017.8.11

https://www.youtube.com/watch?v=kVjJDcFgKU8
【デモ : ノーカット】蓮舫の議員辞職を求めるデモ行進in銀座 2017.8.11
https://www.youtube.com/watch?v=C_MnkYov_PQ&t=184s
【デモ後 : 集会編】蓮舫の議員辞職を求めるデモ行進in銀座 2017.8.11

https://www.youtube.com/watch?v=N02NpY80RDs
(撮影:sencaku38さん)