13
画像:朝鮮総連本部の正面玄関前にて抗議のコール!

12
画像:抗議当日の総連本部前

14

☆北朝鮮弾道ミサイル発射!

総連本部前にて「行動する保守運動」の緊急抗議行動!

16
画像:朝鮮総連付近での日本国民怒りのシュプレヒコール


 平成29年8月29日午前6時過ぎ、北朝鮮が弾道ミサイルを発射!

 北海道上空を超え、海に着弾!

 1時間を経ないうちに「行動する保守運動」代表の桜井誠氏(『日本第一党』党首)が東京・千代田区の朝鮮総連本部前での抗議行動を呼びかける!

 一方、埼玉県内で発射の第一報を聞いた我々一同も『牢人新聞社』の渡邊昇主幹を先頭に、東京都内へ向けて出発!

 高速道路を車で移動、10時過ぎには千代田区の朝鮮総連本部前に到着!

 既に桜井氏らの一行による抗議行動は始まっていた!


2
画像上:朝鮮総連本部へ向かう通路は警察によって封鎖されていた
11
画像上:そのため総連玄関前での抗議文投函は限られた人数づつで4班に分かれて赴いた
4
画像上:周辺では右翼民族派の街宣車も出動!
警戒中の警察官との間で非常に物々しい雰囲気になりながらも、街宣車からは我ら行動する保守運動の抗議行動に対して
「頑張って下さい!」との激励の言葉がかけられた

☆懸念される「東京大空襲」の再現!?

 奇しくもミサイル発射の当日、渡邊代表の知人らが北海道より上京、埼玉県に滞在している最中だった。

 その北海道関係者が地元の方々と取り合った連絡によると、本土よりも相当に緊迫した北海道の状況がリアルタイムで伝えられたものである。

 建物や地下街に避難しようにも大都会のように、そうそう都合の良い建物が身近に存在するわけでもない。そもそも、どこかに避難しようと、それで助かるという類のものでもない。

 「Jアラート」なる国民保護サイレンが携帯電話メールから弾道ミサイルの発射を全国民に知らせたようだが、これこそは、まさしく「現代版の空襲警報」だ!

 約70年前の大東亜戦争でもB29爆撃機の飛来を空襲警報で知らせ、日本国民が防空壕に避難することが繰り返された。

 つくづく、あの戦争当時と状況は何も変わっていないのだと思わされる。

 しかも、今度は米軍の爆撃機ではなく、北朝鮮の弾道ミサイル。

 この戦後71年間、日本は経済大国・先進国としての地位を築いた。既に北朝鮮を遥かに凌ぐ最新鋭の兵器・装備を保有してもいるだろう。その気になれば核保有だって出来るはずである。

 それらを、いつでも行使出来る体制さえ整えていれば、ミサイル一発に全国民が右往左往する事態にはなっていない。

 まさに国家が国民の生命・財産を守ることを蔑ろにしてきたことの帰結である。

 日本人拉致に加え、覚せい剤の密輸、数々の対日テロ…そして核とミサイルによる軍事的恫喝…この71年間の日本国とは何だったのかと思う。

 このままでは数十発、数百発のミサイルが日本本土に撃ち込まれる事態が続くかも知れない。その度に日本国民が避難を余儀なくされるように。まさに東京大空襲の再現である。最悪、原爆投下の再現もあり得る。

 北朝鮮がミサイルで日本を攻撃してくればアメリカが反撃してくれる…国際社会が云々…とはよく聞かれることだが、誰がそのようなことを絶対的に保障してくれているのか?

 かつて日本人拉致被害者の家族が「日本を信じる」とした思いへの「応え」が今、問われている。

 今回のミサイル発射を受け、テレビでは「なお、破壊措置はありません」などと報じていたが、正しくは「やろうと思っても北朝鮮が奇襲的に撃つと何も出来なかった」と報じられるべきではないか?

 昭和19年の大東亜戦争中、関東地方の上空に初めて偵察用のB29が侵入して来た際、陸海軍の防空部隊が為す術もなく、B29をそのまま生きて帰したことが今回、再現されたようなものだ。


☆夢の「渡邊昇&桜井誠」のタッグ!

 今回の抗議行動で良かったと思うこと。

 それは呼びかけ人である桜井誠氏が昨年来、都知事選に出馬して以降、日本第一党の設立…都議選への進出に至るまで、長からず疎遠になっていた渡邊昇・牢人新聞社主幹との共闘に至ったことである。

 別段不仲だったわけではないが、なかなか運動の場でも両者が顔を合わせる機会はなかった。特に桜井氏が政治に本格進出して以降は…。
1
3
 それが今回の北朝鮮危機を通じ、桜井氏が呼びかけたハンドマイクのみでの抗議行動に、図らずも渡邊主幹が街宣車用
の大型スピーカーを持参して馳せ参じ、精強なる抗議行動がさらに精強に!

 危機に際しては立場や路線、方針の違いを乗り越えた共闘が実現する…これもまたピンチはチャンスでもあることの格好の例えなのだろう。

5
画像上:今回の抗議行動では、日本第一党より八王子選挙区で都議選に出馬した岡村氏も八王子より馳せ参じた!
7
画像上:演説する渡邊昇・牢人新聞社主幹
8
画像上:抗議文を読み上げる桜井誠氏
15
画像上:日本人拉致など北朝鮮問題を一貫して追及してきた佐藤氏
9
画像上下:参加者らが手にしていた抗議のプラカード
10

★動画ご紹介!
【2017/8/29】北朝鮮のミサイル発射に対する緊急抗議行動【行動する保守運動】

https://www.youtube.com/watch?v=DfPvd3EQyWs