あ
画像:今回より池袋での月例街宣を主催、主導することとなった高木脩平・護国志士の会局長


☆活動報告 9/2 IN池袋西口

『護国志士の会』月例街宣

池袋そして日本を支那・朝鮮勢力から死守せよ!

き
か

 平成29年9月2日(土)、我が『護国志士の会』(高木脩平局長)による主催で、月例の池袋街宣が開催された。

 当日の池袋街宣はつい先日、朝方堂々、公道で発生した支那人(中国人)によるレイプ事件を各弁士が追及した。

くけ
 今以ってチャイナタウン計画が着々と進められているであろう池袋西口界隈では一目で怪しげだと分かる支那人(中国人)が公然と徘徊している。

 かつては新宿・歌舞伎町界隈にいたとされる支那人マフィアが摘発強化と地元暴力団との軋轢を受け、池袋へと流れてきたものだ。

 一概に支那人との共生が悪いとは思わない。支那人の居留区は昔から…それこそ武家時代から外国人居留区として存在したものである。その名残りとして存続しているのが横浜の中華街であったり、神戸や九州の中華街だったりする。

 ところが、最近ここへ来て作られようとしている池袋チャイナタウンとでは、そも赴きも国際情勢(日中関係)も以前とはまったく同列に語れない。それが証拠に横浜中華街でさえ、最近ではニューカマーの支那人によって街中の景観は著しく変貌しつつある。

 やれ支那の軍艦が毎日のように尖閣周辺に出没しただとか、支那軍機がどこそこの半島沖に出没したというような現在の状況とではまったく異なっている。

 ここで池袋チャイナタウンなどを容認すれば、ただでさえ不良支那人による殺傷事件や強姦事件、誘拐事件まで頻発している池袋で、これ以上にないくらい支那人の増長を許すこととなるだろう。

 断固、チャイナタウン計画の粉砕と不逞支那人の追放を主張したものである。

 2日当日の池袋街宣では僅か5〜6人の妨害勢力(しばき隊 =画像下=)を我が護国志士の会が終始圧倒!

い

 妨害勢力の中には「天皇いらない(反天連)デモ」に参加した女も混じっていたそうだが、自らは天皇陛下を侮辱・罵倒する極左デモに加担しておきながら、差別に反対もへったくれもないだろう。

☆「反米・共産主義者」を討て!

 そして圧巻だったのはトリで登場した人気愛国ブログ『日本よ何処へ』の瀬戸弘幸主宰(『日本第一党』最高顧問)。

う

 米国のトランプ支持者が大統領選の際にかぶっていた「トランプ・キャップ」をかぶり、トランプ支持の旗を背に登場した瀬戸主宰は朝鮮半島情勢を話し始めた。

 昨今の北朝鮮情勢について、マスコミをはじめ一部反米勢力の間ではトランプ米政権が米韓合同軍事演習で北朝鮮に圧力をかけたとか、日本の安倍政権が対北朝鮮圧力を強めた…などと伝えられているが、事実はまったく違う!

 朝鮮半島は1950年代の「朝鮮戦争」以降、停戦になったというだけで未だ「戦争状態」にある!

 一方の北朝鮮は依然、武力で朝鮮半島の南北統一を実現させる野望を崩してはいない!

 従ってトランプ米政権がいかなる軍事力を行使しようと、それは単に戦争状態の継続に過ぎない!
 
★動画 【せと弘幸 氏】第十回 護国志士の会 池袋定例街宣 2017.9.2
https://www.youtube.com/watch?v=EXQwuueBKUs

(撮影:sencaku38さん)

 北朝鮮がミサイル発射や核開発で自主防衛を進めているなどという論もあるが、事実はまったく違う!

 主権・独立に向けた北朝鮮の軍拡を容認するということは、北朝鮮の側(立場)に立ったにも等しい暴挙だ!

 妨害勢力しばき隊とその周辺には、公然と北朝鮮の軍拡を肯定、擁護する向きがある。ここに在日朝鮮人と結託した共産主義者の相貌が明らかになっている。

 しばき隊は共産党系の反原発グループや反(米軍)基地勢力で構成されているが、そのしばき隊が主張する「反ヘイト」「反差別」「反レイシズム」などは、まさしく北朝鮮を擁護するものであり、朝鮮への批判を封じるための言論弾圧に他ならない。

 北朝鮮がミサイルを飛ばし、核を搭載せんとする今、しばき隊の連中が必死になって右派市民デモ街宣への妨害を繰り広げる背景とは、ひとえに北朝鮮擁護であり、朝鮮批判の一切を封じるための暴動と言うに相応しいだろう。

 こうした国内外での朝鮮勢力の横暴に、日米など自由主義圏が超強力タッグで立ち向かい、これを粉砕しなければならない。

 瀬戸主宰は「まさに日本の運命はトランプ大統領の決断にかかっている」として自身が主催する来たる10月22日の「トランプ支持・日米同盟強化・フェイクメディア打倒」デモ行進への参集を呼びかけたものだ。
え

お


★動画 護国志士の会 池袋定例街宣【Live生720p】15時より生放送

https://www.youtube.com/watch?v=9DOBFzBrlMA
(撮影:日本を今一度せんたくいたし申候。さん)