1
画像:さる10月25日、『護国志士の会』(高木脩平局長)は東京・渋谷にて、朝鮮高校の無償化を要求する在日・極左デモへのカウンター・アクション(迎撃活動)を実施した!


 北朝鮮が太平洋上での水爆実験を示唆した。

kita

 百歩…どころか1万歩くらい譲って北朝鮮の自衛戦争だとしても、自衛のためなら通常兵器で十分。それを核弾頭だとか水爆などと言い出した時点で北朝鮮からの侵略戦争(革命戦争)に他ならない。

 それでなくとも数十年前から日本人拉致など対日工作は、日本への主権侵害、侵略以外の何ものでもない。

 麻生太郎副総理が「北朝鮮のお陰で(選挙に)勝てた」旨を発言して物議を醸している。選挙よりも何よりも、北朝鮮との戦争に生き残らなければ意味がない。

 今どき「北朝鮮の自衛戦争」などと言っているのは極左勢力か、よほど頭のイカレた反米勢力ぐらいなものだろう。

 選挙直後の、つい先日も自民党本部前で抗議街宣を展開した反米勢力がいたが、「いつ堕ちるかも分からない」として沖縄県上空でのオスプレイほか米軍機の往来に文句を垂れていた。

 周知の通り、北朝鮮情勢で開戦前夜も同然の状況だというのに、事故直後とはいえ、在日米軍の目まぐるしい展開など当然のことではないか。

bei
画像:トランプ米大統領の訪日に合わせ、太平洋上では米艦隊が不測の事態(北朝鮮の軍事行動)に備える


 米軍機の墜落事故の度に飛行の制限を主張するなら、日々どこかで起きている自動車事故の度に全面通行止めか運転の禁止を主張しなければ辻褄が合わない。

 前置きが長くなったが、度重なるテロ工作と軍事行動を繰り広げる北朝鮮に対しては対話の段階にすらなく、如何なる形で制裁を科すか、如何なる形で攻撃を加えるかの段階でしかない。

 こうした最中、東京都内にて、在日朝鮮勢力が朝鮮高校の無償化を求める集会と恫喝のデモ行進を繰り広げた。

 言うまでもなく、小中高から大学までなる朝鮮学校は、北朝鮮に直結する朝鮮総連傘下の教育機関。

5
画像:在日集会の案内より
※宣伝ではありません


 代々木公園の野外ステージを借り切っての集会も問題だが、拡声器(スピーカー)による宣伝活動が禁じられた午後8時以降にデモ行進を開始するとは、正気の沙汰ではない。

 また、これを容認した行政(警察、公安委員会)の姿勢にも大きな問題があるだろう。

2

 これに対して「行動する保守運動」より、『護国志士の会』の高木脩平局長らが迎撃のカウンター・アクションを展開したものである。

 朝鮮高の無償化を要求するデモ行進の画像を見て頂ければ一目瞭然だが、これを支援しているのは日教組などの左翼・共産勢力。埼玉県や千葉県など、関東各県より日教組の組織的動員があったことをデモでの幟旗が示している。

3

 以前、徳島県教組より朝鮮総連に対して募金の流用が行なわれており、関西方面の行動する保守運動関係者らがこれを糾すために同教組会館での熾烈な抗議行動を展開したことを思い出す。

 確かに会館内に乱入しての抗議には行き過ぎた部分もあったのかも知れないが、それでも日教組と朝鮮総連の間に起きた募金流用の不正が正されないことはおかしい。

 保守運動関係者らの言動ばかりがマスコミ報道で問題とされ、日教組と朝鮮総連の「関係」「結託」にこそ社会的なメスが入れられなければなるまい。

 その日教組と朝鮮総連の関係は、朝鮮高の無償化要求をめぐっても一蓮托生なのである。

4

 朝鮮民族学校は日本社会から見れば単なる外国人学校であり私塾だが、周知の通り、彼らの本国(北朝鮮)にも連なる朝鮮総連傘下組織の教育機関。

 言わば北朝鮮社会、在日社会にとっての公教育機関も同然であり、他国の公教育機関が日本の公金にタカって無償化を求めるというのもおかしな話ではないか。

 大体、朝鮮民族学校内で行なわれているのは朝鮮文化に沿って、北朝鮮の歴史観に基づいて施されているものだろう。

 であるならば朝鮮民族学校は彼らの本国(北朝鮮)に対して無償化なりの庇護を求めなければ筋が通らない。到底、「外国人参政権(選挙権)」を拒否する朝鮮総連らしくもない主張だ。

 まして北朝鮮が侵略戦争に狂奔している折、先ず以って朝鮮総連が率先して本国・北朝鮮との関係を断絶しなければ、到底聞けた話ではない。
6