6
画像上下:永田町・自民党本部前での街頭演説活動の様子
ari

8
12

☆活動報告 10/27 IN永田町・自民党本部前(街宣)

☆トランプ大統領こそは世界で最初に、
「脱グローバル」「移民排除」を主張した一国のリーダーだ!

 平成29年10月27日(金)、我が『外撲協(外国人犯罪撲滅協議会)』による永田町・自民党本部前での第14回「月例・移民反対街宣」を展開したものだ。

9
画像:今回の街宣に合わせて新調した横断幕
目下、自民党政権が外国人労働者受け入れ拡大の軸としている「外国人技能実習制度」の即時廃止をスローガンに用いたものである


 今回の街宣では衆院選直後とあって、自民党の圧勝に終わった選挙であったが、個々の選挙区では自民候補の大苦戦も伝えられ、公明党(創価学会)との連立関係にも綻びが出ていることを指摘。加えて衆院選後に予想される憲法改正では、自衛隊を明記するのみの「加憲」案とは自衛隊を国軍化したくない公明党そのものの主張であり、このようなカルト政党に引きずられた自公連立関係は直ちに解消されるべき旨を主張したものだ。

 本題の「移民問題」では、現行の外国人技能実習制度こそ事実上の外国人労働者受け入れ政策であり、ヨーロッパの先進各国と同様、期間限定でユニット式の外国人労働者受け入れが移民問題に拡大し、やがて数百万人規模の難民問題に拡大するとして即時、廃止を主張した。

 その他、各弁士からは外国からの移民・労働力に頼らずとも、フルオートでの機械化(ロボット化)が進む現在、人間の労働力は現在の半分以下に減ること。日本という国の成り立ちは皇室を中心に戴いた道統主義に根差しており、人為的な海外からの移住者の受け入れによって成り立たせるべきではない旨が主張された。

11
画像上下:永田町での街宣に賛同し、馳せ参じてくれた方々
10
7

 そして圧巻だったのは、「行動する保守運動」として、長年の同志である『新社会運動』の桜田修成代表が馳せ参じて下さったこと!

1

 続いて『護国志士の会』の高木脩平局長が到着!

3

 桜田代表も高木局長もともに、この数日間、東京都内での連日の街頭行動に参加している。このお二方の精力的な行動には頭が下がる思いである。

 桜田代表のパワフルな演説で特に印象的だったのは次の箇所。

4
中国や韓国なんて敵国からノー・ビザなんてもってのほか! 日本はアメリカとかヨーロッパの先進国とか、価値基準を等しくする国とだけ付き合えば良いんです!」(桜田代表)

 …まさに、ここに尽きると思った。

 保護主義政策にせよ、鎖国政策にせよ、手前勝手なくらいに自国に都合良く、自国と等しい価値基準の国々とだけ付き合う。

 一口に同盟関係の強化とは言うが、いかにして米国との同盟関係を強化するか。そのことだけに腐心して差し出すものは差し出せば良い。その反面、享受すべきものはしっかりと享受する。

 考えてもみよう。毎年毎年、国防費の何倍もの援助金を、どういうメリットがあるのか分からない国々に差し出すよりも、そういうお金があるなら日本の国防費に回したほうが良い。在日米軍の駐留経費に回しても構わない。

 支那(中国)や韓国とだけ国交断絶するのが不平等だと言うなら、米国以外の国々との関係を一律制限しても良い。

 ただのイメージで思い込まれがちだが、鎖国政策とは一切の国々との関係を完全に断ち切ることではなく、自国に都合の良い国を厳選して極力限定的に付き合うこと。まさに徳川幕藩時代の日本がそうだ。

 間もなく訪日するトランプ大統領は大統領選から就任後の現在に至るまで、真っ向から移民排除を主張した世界唯一の大統領に他ならない。

 日本にとってグローバル経済から脱却し、意味のない外国へのバラ撒き政策を転換する好機は今しかない!

 次に登場した高木局長からは永田町街宣を含め、3日連続での街頭行動となった基調報告が行なわれた。

5

 10月25日には朝鮮総連デモへのカウンター・アクション(迎撃活動)、翌26日には新宿での『反グローバリズム国際保守連合』(遠藤修一代表)の街宣が行なわれ、今回の永田町街宣に続く。


 先ごろ、反グローバリズム国際保守連合の副代表にも就任した高木局長からは永田町街宣の前日となる26日は日本国の初代首相・伊藤博文が朝鮮人テロリスト安重根に暗殺された日であり、南朝鮮(韓国)大統領・朴チョンヒが暗殺された日でもあることに触れられた。

 伊藤博文は日韓併合に反対していたし、朴チョンヒは旧陸軍の出身(将校)であり、優秀且つ親日的・親米的な政策を採っていた。伊藤博文暗殺によって日韓併合が早まり、朴チョンヒの暗殺以降、南朝鮮はそれまでの反共政策から反日政策に転換。そして今日の没落があるが、南朝鮮にとっても、その後の命運を大きく左右した人物の暗殺が同じ日だということにも不思議なものを感じてしまう。

 現在、北朝鮮が日本人拉致など対日テロ工作やミサイル開発などの侵略戦争に狂奔する遠因とも言える。

 10月25日には高木局長の主導で朝鮮総連・朝鮮学校による無償化要求デモへのカウンターが展開された。

日本に北朝鮮の学校が存在すること自体おかしいですが、日本人の税金から俺たち(朝鮮高校)の学費を出せというトンでもない主張ですよ」(高木局長)

 今回の永田町街宣は桜田代表の初登場と、高木局長の参戦によって一層活気づいて大変盛況なものとなったが、その他、各弁士とカメラマンの方々のご協力に篤く御礼申し上げたい。

2

★動画ご紹介!

平成29年10月27日外僕協自民党前街宣

https://www.youtube.com/watch?v=c2YfpyQn7Gw

(撮影:ai aiさん)

平成29年10月27日第14回 移民反対街宣IN永田町

https://www.youtube.com/watch?v=mvaq2GUvKak
撮影:永田町街宣 撮影班