2005年08月10日

「男女の質の違い(細木数子)」は時代の要請なのか

「男女同権には違いないが、同質ではない。男女の質の違いを知りなさい。」(細木)

なんでコンナ言葉が力強く感じられるのでしょうかね。
それは、最近の社会では、男女の質の違いが不明確であるからだと思います。
本来的には、男と女は違う部分があるのに
「男女平等」「差別撤廃」という流れの中で
本質的な相違点を押しつぶしてきたということの弊害が生まれているのだと思います。

「男を立てて、男に甘えて、男をおだてて働かして、いい所を全部持ってきなさい。それが、女だということを、教えたい」(細木)

一見するとかなり古風な言葉にも感じます。温故知新という言葉もありますが、
細木先生は、男は仕事、女は家庭というような伝統的な生き方提唱されているいるようにも見えます。現代は、男は仕事、女も仕事という方向に行っていますが、では家庭はどこに行ったのか? 

最近の30-40代の女性を中心に、そんなものはいらない(一人でも生きていける)というような刹那的な価値観というか、いわゆる負け犬思想が流れているように感じます。

細木先生は、このような社会状況を憂慮しておられるように感じます。
女性が仕事をすることではなく、家庭が無くなっていくことが問題なんだと思います。

私自身は、細木理論に賛成です。
現代は、行き過ぎた男女平等主義がかえって大きな弊害を生んでいると思うからです。

実際、ごく最近では10-20代の若い女性の中に、
結婚志向、そして、「仕事はそこそこ」という意識が大きなトレンドになりつつあることは、嬉しいことだと思います。

男は仕事、女は家庭というような
伝統的分業でも、男女平等でないとはいえないと思います。
別に、外で仕事をする男が偉いと決まったわけじゃないし
むしろ、いままで軽視されてきた家庭の温かさみたいな部分を再認識することが真の豊かさにつながるのではないでしょうか。

そういう意味では、
「外で働く男が偉くて、家で働く女性が偉くない」と思うことこそが
男女差別ではないでょうかね。
どっちの仕事も同じだけ重要なことだから、どっちも対等だと思うのです。

細木先生の活躍に期待しています。


gajiroh at 01:44│Comments(10)TrackBack(4)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 細木数子さんの「ズバリいうわよ」  [ 自分自身を信じて、まずはTRY ! ]   2005年08月15日 21:23
とある、メールマガジンで、細木数子さんという占星術師 (ほとんどの方々は、ご存知
2. 男になる?女になる?  [ 二つの月 ]   2005年08月15日 21:45
チョコレート好きの私は、このバレンタインデーの日だけは男になりたいなーと思います(笑)。私は昔から「さっぱりした性格で男っぽいね」とか、「中性みたい」とよく言われます。確かに、女っぽいという色艶言葉とは無縁ですが(笑)、それでも男性になりたいとは思ったこ
3. 「占い系」の果たす役割  [ そら子先生の徒然草(夏休み編) ]   2005年08月15日 22:08
今日見たTV番組2本。 1、江原啓之さん「天国からの手紙」 江原さんの本は好きで、一通り読んでいる。「スピリチュアル・カウンセラー」という肩書きに、始めは「・・・何だこりゃ?」と思ったのだが、非常に納得できることが多く、著作を読むようになった。 霊的なも
4. 男女平等について  [ 189cmの彼氏が欲しい! ]   2005年08月16日 05:14
こんばんは。桜苺です。さっき見終わったところの細木数子さんの番組『ズバリ言うわよ』で■男女平等について語っていたのですが、細木先生曰く男と女の質が違う。う-んふかい。とてつもなく深い。微妙に桜苺がなまじ、男性と同じくらいの身長(もしくは少し高い)のでこの男女...

この記事へのコメント

1. Posted by 月音   2005年08月15日 21:42
TBありがとうございます。

昔では当たり前なことが、当たり前だとわからないという人が増えました。

道徳の時間を削り、学校は一体何を教えていきたいというのでしょうかと思います。社会に蔓延する能力主義は「いのち」の大切さをなおざりにしてしまいました。
「いのち」をきちんと理解している大人が、これを若い世代にもっと伝えるべきだと私は思っています。
2. Posted by そら子   2005年08月15日 22:07
初めまして。TB有り難うございます。
自分のブログ記事でも書きましたが、特に番組「ズバリ言うわよ!」の中での「お説教」は、まさにその通りだと思って聞いています。強い物言いに批判もあるでしょうし、いろいろダークな噂もある方だということも存じ上げていますが、それを差し引いてもあの「お説教」は大きな価値ありだと思っています。男女同権だジェンダーフリーだと言いますが、でも全く男と女は違うものです。それどころか、いのちの大切さはもちろん、自分自身すら大切にできないたくさんの人たちが蔓延するこの現代・・・。現代社会の中で置き去りにされてしまったものを、しっかり指摘して下さっていると思って、自戒する意味も含めて毎週TVを楽しみにしています。
3. Posted by 桜苺   2005年08月16日 05:12
TBありがとうございます。
はじめまして おはようございます。
桜苺と申します。 よろしくお願い致します。

男女同権=人間の価値(命)としては同じでいいと思います

でも
男性に出来ることと
女性に出来ることは やはり違うことが多いので

男性には男性の
女性には女性の 得意分野を伸ばしていって欲しい

と切に願います。

温かい家庭、温かい人間関係築きたいものです。


4. Posted by T2   2005年08月16日 15:37
TBありがとうございました。

個人的には私(男です)が家庭に入って、ということを真剣に考えたこともありました。でも、結局子供を産むこともできないし、育てることに関してもその能力(身体的な)を持っていない男では、結局どこかで破綻してしまうな、と。
そう意味で質の違いはあるんですよね。
ま、理屈をこねくり回してもしょうがないので、これからゆっくり学んで、体感していきます。

ありがとうございました。
5. Posted by Marusho   2005年08月16日 22:54
はじめまして、こんにちは。Marushoと申します。TB、どうも有難う御座いました。自分の方からも、TBさせて頂きますので、宜しく御願い致します。それにしても、原理原則、真の人の道(細木さん談)を、知ろうという人達が、少なくなってしまったのですね。質の違いは勿論ですが、その前に、男も女もお互い、もっと素直に、謙虚になって、言葉に出して、感謝しあうことが、何より大切なことだと思います。

妻(旦那)のお陰で、今の自分が、存在しているのだ!と、言い続けることができるようになったら、この問題は、解決し、子供達にも、あるいは周囲にも、良い影響を及ぼすことだろうと思います。それでは、今後共、「自分自身を信じてまずはTRY!」 http://marusho.tea-nifty.com/ 共々、宜しく御願い致します。
6. Posted by 月音   2005年08月22日 07:00
すみません、迷惑TBを削除していましたら、誤ってこちらのTBまで削除されてしまいました。ごめんなさい。
必要でしたら、またTBして頂きますよう、お願いします。
7. Posted by 秋   2005年11月01日 21:44
フランスでは女性が働く率がすごく高いそうです。
それでいて子供はどんどん増え続けている。
政治が援助しているおかげです。
日本の男性の作る政治では女性は働けないし、
子供の数も増えません。

私は男女の差というより、
個人の差があると思うのです。
女性が得意な分野、男性の得意な分野なんて
ないと思うのです。
女性の起業家、実業家もたくさんいます。
総体的な比率で見れば、男女の差、というのは
見えてくるものであるのでしょうが、
それを自分に当てはめる必要はないと思うのです。
日本人の得意な分野、欧米人の得意な分野、
それをやる必要はないのと同じだと思います。
8. Posted by 結婚しようね   2005年12月08日 14:47
結婚問題は最近深刻ですね。
はやりある程度の妥協は必要だと思います。
9. Posted by あ   2007年03月20日 16:09
人はそれぞれ違うんだから女とか男とかくだらない位置つけてんじゃない。他人の事いちいち気にしてんじゃねぇ。
10. Posted by 佐藤   2013年10月01日 10:26
途中までは同意なのですが

>どっちの仕事も同じだけ重要なことだから、どっちも対等だと思うのです

それなら、男が家事で女がフルタイムの仕事でもいいのでは?

それでも精神的にも対等 っていえますか?

家事のほうが圧倒的に楽なのに
「平等!対等!」というから
男はバカバカしくて結婚しないのでしょう

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔