祝もものき事務所(3) 大好きな茅田砂胡の小説



 3缶は短編集
 もものき君と腐れ縁の5人の、過去話とかいろいろ

祝もものき事務所
祝もものき事務所(2)
祝もものき事務所(3)




祝もものき事務所(3) あらすじ


 やる気なし、
 根性なし、
 能力なしの事務所の所長が主役の今シリーズ


 あの無能で怠惰な百之喜に、
 なぜ真面目で前途有望な雉名や
 隠しワザ満載の鬼光、
 かわいい顔して武芸百般の犬槇と
 舞台の上なら千の仮面を持つ芳猿たちは協力するのだろうか?

 まして、超有能で超美人、引き手あまたは絶対確実の凰華が
 百之喜ごときの秘書に甘んじてくれているのか?

 凰華との出逢いや幼なじみたちが巻き込まれた奇妙な事件を通じて、
 百之喜との友情が描かれる短篇集。




祝もものき事務所(3) ネタバレ注意



椎名俊介・なぜ真面目で前途有望な弁護士(玲佳という姉あり)
鬼光智也・隠しワザ満載(ハッカー)の公務員(塔子という妹あり)
犬槇蓮翔・格闘家で、かわいい顔して武芸百般(真澄という弟あり)
芳猿梓・舞台の上なら千の仮面を持つ舞台役者(美緒という姉あり)

 もものきたろちゃんの幼馴染が
 幼馴染としてつるんでる理由が開かされる短編集

 私は、3巻でやっと、この関係性に納得できました

1、犬槇蓮翔と見合いクラッシャー
 梓の姉は美緒28歳
 見合いを申し込まれては断る見合いクラッシャー

 木戸さんて人とお見合いしたんですが、なんか訳あり男らしい
 で、蓮とちょっと立ち話したんですけど
 それだけで、へんなオトコに付きまとわれるハメに
 蓮の弟の真澄にも、変な男がうろついてたよ、って言われて・・
 
 木戸って奴はほんとにアブナイやつでした
 蓮は美形だから、子供のとき男子性欲者にさらわれてあわやって時に
 たろちゃんが来て、助かりました
 いろいろ、たろちゃんが動くとなんかあるんです

 今回も、たろちゃんが公園で迷って出られない、って連絡があって
 蓮は迎えに行きます
 なんか、へんだから
 で、襲われかけてた美緒を助けてあげられました。良かったね



2、芳猿梓のお留守番
 アパートを追い出され、留守する友人・下村に部屋の留守番して、って頼まれた梓
 就寝中に物音がして、その時は逃げ
 二度目には入られて、時計を取られた、もらいものの時計
 
 梓は昔から料理が得意で、田舎で子供だけの時、きのこ鍋を作ったけど
 タロちゃんがドジでぶつかって鍋がひっくり返りました
 無事に作り直したんですが
 帰宅した爺様に、毒キノコだったって知らされ、タロちゃんがいなかったらみんな死んでた、って
 
 さて、泥棒は下村から金を搾り取ろうとしたバイト先の子でした
 そいつ性悪で、2年に5人も相手にしてる
 兄貴が弁護士、その後輩を婚約者していていて、遊ぶ金欲しさに

 彼女の悪事をといたんはまたもタロちゃんでした
 意識してないけどね


3、鬼光智也は昭和の男
 妹の塔子は21歳
 
 小学生の林間学校で、傷を我慢してたら菌が回って危なかった
 タロちゃんが、病院行く、って行って、班長だからついていって、医師が気付いて助かった
 
 さて、大事にしてる妹が、北という嫌な男に付きまとわれてる、
 って塔子の友達、っていうかわいい女の子にきかされて、智也は北に会いに行った
 北はとーこなんかと付き合ってない、迷惑してる、って断言して
 智也はムカついて、付き合わせないっていって
 でも、トーコは、塔子とは別人の女でした

 北くん、メイクしないと地味ですが、メイクして服を変えるとイケメンで
 バイトでモデルやってます
 そんな北くんを自分のものにしたかった藤子(とうこ)が、仕組んだことでした

 タロちゃんから、仲のいい子は名前で呼ばない、って言われて(タロちゃんは気付いてない)
 おかしい、と思った智也がきちんと逢って行くと藤子の計画とわかり
 ハッカーの智也が、藤子の援助交際相手とのメールを一斉送信
 自業自得で藤子は退学でございます


4、雉名俊介に天敵現る
 たろちゃんの祖母が亡くなって二か月たったころ
 おうちが取られる、って弁護士事務所を開業したばかりの俊介のとこに
 たろちゃんが泣きついてきた

 獲る、って相手は越後屋銀子
 公正証書にした遺言書もある

 タロちゃんの友達はイケメン揃いですが
 俊介もイケメンで、その彼が少年偏愛の変態女にターゲットロックオンされたことがあった
 万引きの罪をきせられ
 ホテルに連れ込まれるとこを、タロちゃんがきて
 変態女が置き忘れた携帯のパスワードも解除してくれて
 俊介は弁護士だった祖父のとこに逃げ込み
 相手を捕まえ、事なきをえた

 タロちゃんの友達4人は、普段はきちんとしたタロちゃんが
 突飛なことをした時は、黙って見守ることにしてる
 それは、神様が示してくれた救いの手、だったりするから
 それをちゃんと受け取れるのが、4人だけだとしても・・

 タロちゃんから、銀子さんの存在はなくなった祖母から聞いた、って知らされ
 雉名は、これは・・、って
 やっぱり、銀子さんは相続税対策でおばあちゃまが頼んだ親友の姪でした
 たろちゃんにはこわい叔母さん、って存在のまま
 事務所、って形でひきこもりをさせないように画策されてまして
 もものき事務所は開設されたのでした


5、もものきと鳳華が最悪の出会い
 仕事のできる鳳華を、銀子がスカウトしてきました
 たろちゃんの特殊能力にちょっと興味があったので
 秘書として就職
 4人の親友はしょっちゅう出入りするし
 タロちゃんはいじられキャラ?なんだけど
 卑屈じゃないし、いろいろ面白い

 で、初めての依頼があって約束で出かけようとしたら
 強硬にタロちゃんが反対
 そしたら、乗るはずの飛行機が落ちました・・

 これからはタロちゃんに従ってみよう、って決めた鳳華
 で、事務所に最初に来た依頼が、鳳華の先輩の芹沢さん

 この人の依頼が、4巻になります

 おもしろかったですよ(^^)
 
 
  

本はネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)

茅田砂胡の小説(デルフィニア戦記、暁の天使たち、天使たちの課外活動、他)が大好き。最新刊まであらすじ、ネタバレ注意のトップはこちらです。別窓で開きます

ランキングに参加しています。応援して下さると、励みになります m(_ _)m

ブログランキング




 



デルフィニア戦記シリーズ
暁の天使シリーズ
クラッシュ・ブレイブシリーズ
天使たちの課外活動シリーズ
トゥルークの海賊シリーズ