February 08, 2017

大好きなライトノベル マージナル・オペレーション(5)



 5巻で一応完結だったんですが
 人気が凄くて
 番外編、見たいな短編集とか
 日本に来るまでの空白の時間が後から発刊したり
 このブログを書いているころに、「改」として新刊がでてます(^^)

 図書館に置いて欲しい本ですね〜(^^)



マージナル・オペレーション(01) [ 芝村裕吏 ]
傭兵になって、子供達を指令する立場になったイヌワシ
マージナル・オペレーション(02) [ 芝村裕吏 ]
マージナル・オペレーション(02) [ 芝村裕吏 ]
日本に子供たちを連れてきた
マージナル・オペレーション(03) [ 芝村裕吏 ]
タイに移動して、あの子供が亡くなり、女子がひどい目に・・
マージナル・オペレーション 04 [ 芝村裕吏 ]
ミヤンマー国境に子供たちの場所を
マージナル・オペレーション(05) [ 芝村裕吏 ]
中国に勝った!


大好きなライトノベル マージナル・オペレーション(5) あらすじ



 アラタたちの活躍により、人民解放軍は打撃を受けた。

 しかし、大国としての誇りを背に、中国はミャンマー侵攻作戦を継続する…。

 時を同じくして、スポンサーである西側諸国から切り離されるアラタたち。

 さらに、ミャンマー軍すらも中国側に寝返ってしまう。

 そして、その四面楚歌の状況の中、国境をこえて怒涛のごとく押し寄せる人民解放軍。

 敵は一四万人、味方は三〇〇〇人。

 この劣勢な局面で、新田良太の作戦指揮が暁を呼ぶー。

 芝村裕吏が贈る英雄譚、ついにクライマックス!



大好きなライトノベル マージナル・オペレーション(5) ネタバレ



 古本屋に売ろうか、って何度か思ったんですが
 読み返すと面白いので、本棚にはいりっぱです

1、空爆
2、キシモト
3、四面楚歌
4、マージナル・オペレーション
5、エピローグ・あの頃は遥か遠く

 さて、森の中にばんばん空爆する中国軍ですが
 がっつり逃げ回るあらたたちです
 で、キシモトがもう一度現れます

 あらたを逆恨みして、ハキムを殺し、ソフィアをひどい目に遭わせた男です
 さすがのアラタも、二度も殺してやれてうれしい、って言ってます
 で、撃ち殺そうとする子供たちにはさせなかったんですが
 ランソンさんが、殺してくれました
 で、あらたのとこに入りたい、って
 お給料は安いんです、ってアラタが一応いいます

 さて、ミュンマーは手を引き
 中国は本腰をいれ
 日本とかのバックアップがもらえなくなって
 武器が買えなくなるのが大きいですが
 ええ、ぜんぜん平気のアラタです

 ここらの戦術は、細かく書けませんが(むずかしいから)
 で、雇いたい、って少数部族をホリーさんが連れてきてくれて
 子供たちの再就職も確保できたし
 中国の将が優秀なら落としどころをつかうだろ、って思ってたら
 女性士官が優秀で撤退してくれて

 はい、とりあえずは勝利です

 って感じで終りました

 面白かったですよ(^^)
 




記事がお役にたったり、面白かったら
応援クリックしていただけると嬉しいです。
別窓で開きます。 m(_ _)m


にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へブログランキング ドット ネット
ブログランキングページビューランキング


新品本、新刊本を合法的に安く買う方法はこちら

本はネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)

ベテランママは小説、エッセイ、ビジネス本大好き。あらすじ、ネタバレ注意のトップはこちらです。別窓で開きます








コメント(0)トラックバック(0)マージナル・オペレーション(芝村祐吏)★ライトノベル・あらすじとネタバレ|  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

February 07, 2017

大好きなライトノベル マージナル・オペレーション(4)



 最初に漫画から読んだんですが
 あんまり面白いので、先の展開が知りたくて、小説の方を読みました

 メインは5巻で完結ですが
 その後に、短編集とか出て
 最近、改、として新刊が出ました

 物語は、30歳のニート・アラタが選んだ新しい仕事は民間軍事会社、つまり、傭兵だった。
 って始まって
 彼の軍略的才能が、人を殺し、それを知ってからは少年少女兵を守りたい、ってこととなり
 その卓越した軍略的視野の広さから「イヌワシ」って二つ名がつき
 少年少女兵を使うことから「子供使い」と呼ばれるようになりました、ってのが
 1巻で
 それから、日本に来て
 タイに行って
 ミャンマーの国境に行って、っ転戦していきます


マージナル・オペレーション(01) [ 芝村裕吏 ]
傭兵になって、子供達を指令する立場になったイヌワシ
マージナル・オペレーション(02) [ 芝村裕吏 ]
マージナル・オペレーション(02) [ 芝村裕吏 ]
日本に子供たちを連れてきた
マージナル・オペレーション(03) [ 芝村裕吏 ]
タイに移動して、あの子供が亡くなり、女子がひどい目に・・
マージナル・オペレーション 04 [ 芝村裕吏 ]
ミヤンマー国境に子供たちの場所を
マージナル・オペレーション(05) [ 芝村裕吏 ]
中国に勝った!


大好きなライトノベル マージナル・オペレーション(4) あらすじ



 敵は、人民解放軍──。
 西側諸国からの要請を受け、
 キャンプ・ハキムを根拠地に2000人の少年少女兵を率いる“子供使い”こと新田良太は、
 ミャンマー北部の国境地帯に位置する村々を怒濤の勢いで攻略していく。

 それに対し、ついに中国は正規軍である人民解放軍を投入する。

 無人偵察機や攻撃ヘリなどの近代兵器を惜しげもなく繰り出す敵に対し、
 アラタは的確なオペレーションで大打撃を与えていくのだが……。

 守護天使・ジブリールとの関係にも新たな季節が訪れる、熱誠の第4弾──!




大好きなライトノベル マージナル・オペレーション(4) ネタバレ



1、父の日常
2、イヌワシの子はダチョウ
3、アラタのバカ
4、戦いしか能がない
5、エピローグ・戦いは続く

 3巻で、最初の24人、でもかわいかったハキムが殺され
 アラタに惚れてくっついて来ていたソフィアがレイプされ
 ほんと、読むの辛かった・・

 そして4巻
 24人の精鋭のほかに
 キャンプ・ハキムから2000人近い少年少女兵が合流します
 あらたは、子供達を兵隊、ってあんまり見てないので
 父親目線でして
 子供たちは、親とかの縁が薄いので
 あらたが抱っことかしてあげると、とってもうれしいの

 死んだハキムも抱っこしたな、って思いだして落ち込むアラタですが
 国境でのつばぜり合いは、あらたたちの優位に運んでます

 中国とミャンマーの国境線で
 一応、あらたたちはミャンマー側なんだけど
 軍律があまくて、略奪もするミャンマー軍は嫌われてます
 
 さて、アラタがイヌワシなので
 小部隊まで鳥さんの名前がついていて
 偵察チームはダチョウ隊となりました

 で、もともと24人とかを扱っていたアラタなので
 ダチョウ隊を300作ってみることにしました
 中国と間違えてミャンマーを撃っちゃいました
 とかウソぶっこいて、素行の悪いミャンマー軍にきゅうを据えつつ
 ホリーとく、昔売春宿にいて、アラタに英語を教えてくれた女性とかも合流し
 そうすると、ジブリールが嫉妬して大変なんですが
 戦略以外には朴念仁のあらたは、相変わらず女子に翻弄されてます

 日本の軍人をひとり寄宿?させたりしつつ
 中国が本気になる前に、なんとか落としどころがほしいな〜と思いながら
 アラタのオペレーションは、本日も的確です(^^)

 って感じで4巻が終わります

 キャンプからの合流組に
 画がうまかったり、事務処理が上手だったり
 ハイスペックの子が増えてきて
 アラタは、戦場ではない、たとえば日本とかで学ばせてやりたいな、って思ってます

 そんなほっこりムードと
 ドンパチのオペレーションの差が、相変わらずの魅力でした
 

コメント(0)トラックバック(0)マージナル・オペレーション(芝村祐吏)★ライトノベル・あらすじとネタバレ|  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

February 06, 2017

 西一番街ブラックバイト 池袋ウエストゲートパーク(12) 大好きなIWGPシリーズ


 池袋ウエストゲートパークシリーズの最新刊
 第二期って、形になるんでしょうか

 このシリーズは
 キャラが立っているし
 物語が当時の時事問題にからんでいるので
 大好きです

池袋ウエストゲートパーク(1) 
少年計数機(2) 
骨音(3)
電子の星(4) 
反自殺クラブ(5) 
灰色のピーターパン(6)
Gボーイズ冬戦争(7) 
非正規レジスタンス(8) 
ドラゴン・ティアーズー龍涙(9)
PRIDE(10)
 
赤・黒(外伝)


二期開始
憎悪のパレード(11)
西一番街ブラックバイト 池袋ウエストゲートパーク? [ 石田 衣良 ]





西一番街ブラックバイト 池袋ウエストゲートパーク(12) あらすじ



 過酷な労働を強いられ、辞めることもできない。

 若者を使い潰すブラック経営者に、Gボーイズが怒りの声をあげる!

 多くの飲食店を経営するOKグループが若者を使い潰す方法は
、“憲兵”が脅し、“腐った五人”が痛めつけること。

 池袋にはびこるブラック企業に、マコトとタカシが立ち向かう。



西一番街ブラックバイト 池袋ウエストゲートパーク(12) ネタバレ注意



 オール読物に連載されてるので
 時々、図書館で立ち読みしますが
 いつもながら、おもしろいですね〜

 勧善懲悪で、ちゃんと正義(マコト側)が勝つのが好きです

西池第二スクールギャラリー/
 少子化で、都心の小学校が廃校になって
 そこを色々使いましょう〜って行政が動いてます
 そんな時代背景を選んでの一本

 マコトとタカシの元クラスメートで和菓子屋の次代女性社長のサエコさんが
 展示してる現代アートが壊されたので、犯人を押さえて、って依頼でした

 ゴジラをつくるおっさんのキャラが良かったです
 Gボーイズが張り込みやって、犯人は、作者がして嫌がらせへのお返し、っていう
 ま、因果応報で
 マコトが中に入って、手打ちになりました


ユーチューバー@芸術劇場/
 ユーチューブに投稿することで喰っている人たちの話
 あらし、というか、ディスられることでアクセス数が上がる、って現象のために
 相手をやとってのやらせだったけど
 お金が折り合わなくて、相手が本気になって
 マコトからキングにGボーイズ出場要請
 はい、無事に解決


立教通り整形シンジケート/
 整形手術の病院が、多額のキックバックを出していて
 精神的においこまれていく患者さんたちを食い物にしてまして
 Gガールズの女の子が痛い目にあったので、キング裁定でその病院はシャッタアウト
 でも、食い物にするエセお姉の方は、Gボーイズを騙った奴等もいたのでおしおきでした


西一番街ブラックバイト
 表題作でもあり、今、ほんとに多い話です
 コンビニでのクリスマスケーキや恵方巻きにも、ノルマがあるそうです
 高校生とかが、学校で頑張って友達に売ってる
 ほとんどマルチよね
 ブラックバイト・・

 今回は、安い給料でこき使われて
 責められたせいで追いこまれて、屋上から飛び降りた男の子
 その子は助かったけど
 翌日飛び降りた女の子は死んじゃった・・

 Gボーイズの子も、キングの紹介でその店に入っていたりしたから
 も〜、キングも本腰です

 今回、マコトの店である果物屋さんが、ブラック企業の手のものに店を荒されまして
 キングが、素手でお片付けを手伝ったりしてます

 文庫描き下ろしの「キング誕生」とか読むとわかりますが
 キングの亡きママさんと、まことのママさんはお友達だったのね

 キングはまことのママを、とっても大事にしてます

 今回は、久しぶりにキングが自らぶちのめしまして、かっこよかったです
 ってことでおしまい

 次巻はいつ出るのかな〜(^^)

 




 訪問、ありがとうございました。
 記事がお役に立つとうれしいです
 良い一日でありますように  \(^0^)/





記事がお役にたったり、面白かったら
応援クリックしていただけると嬉しいです。
別窓で開きます。 m(_ _)m


にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へブログランキング ドット ネット
ブログランキングページビューランキング


新品本、新刊本を合法的に安く買う方法はこちら

本はネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)

ベテランママは小説、エッセイ、ビジネス本大好き。あらすじ、ネタバレ注意のトップはこちらです。別窓で開きます




 
コメント(0)トラックバック(0)(石田衣良)池袋ウエストゲートパーク・シリーズ(あらすじ)★現代小説・あらすじとネタバレ|  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
今日のおススメ情報









訪問ありがとうございます
おかお
小説名と作家名一覧のカテゴ
本ブログランキング(別窓で開きます)
応援クリックしていただけると
嬉しいです(^^)

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へブログランキング ドット ネット ブログランキングくる天 人気ブログランキングページビューランキング


記事検索
小説・ビジネス本を安く買う、高く売る



アマゾンで中古を安く買う


高く売る



免責事項
このブログでいろいろとご紹介してますが、これは私の個人的な意見などであり、最新の情報でない場合もあります。ですから情報に対する苦情は、ご遠慮下さいませ。

また、当ブログを通しての登録及び購入後の、如何なるトラブル・損害・損益に関しては、一切の責任を負う事はできません。
ご了承くださいませ。

サイトへの登録などはみなさま方が規約をよく読んだ上、自己責任で判断して下さいませ。
よろしくお願いいたします。